1. Medical DOCTOP
  2. 症状から調べる
  3. 皮膚・爪・髪
  4. 「手のひらがかゆい」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「手のひらがかゆい」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「手のひらがかゆい」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

手のひらがかゆい時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

後藤 和哉 医師

監修医師
後藤 和哉 医師(京都大学医学部附属病院)

プロフィールをもっと見る
大分大学医学部卒業後、関西電力病院、京都大学医学部附属病院、研修医を経て
京都大学医学部附属病院、天理よろづ相談所、皮膚科医。

「手のひらがかゆい」症状で考えられる病気と対処法

手のひらがかゆいといっても、手荒れがあってかゆいのか、手荒れなどはないのにかゆいのか、指の間がかゆいのかなど考えられる症状はさまざまです。手のひらがかゆいと仕事や家事にも支障が出たり、ストレスになってしまいます。これから、その手のかゆみの考えられる原因や対処法をお話しします。

手のひらがかゆい症状の原因と治し方

とくに湿疹などはないのに手のひらがかゆい場合、皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)が考えられます。
皮膚掻痒症の治療はかゆみを抑える飲み薬です。それ以外にかゆみを和らげる軟膏を試すこともあります。皮膚掻痒症は何かしらの内科的疾患が原因で起こることもあるため、それを調べるためにもまず皮膚科を受診しましょう。

手のひらがかゆく、ブツブツがある症状の原因と治し方

手のひらがかゆくてぶつぶつがある場合まず、ぶつぶつの種類で考えられる病気が変わります。
指先や指の腹にも赤みや赤いぶつぶつがあり、皮めくれもあるときは、手湿疹、アトピー性皮膚炎、手白癬(水虫)、アレルギー性接触皮膚炎などが考えられます。
手のひらだけでなく指先や指の腹にも赤みや赤いぶつぶつがあり、皮めくれもあるときは、手湿疹、アトピー性皮膚炎、水虫によるものが考えられます。
また、手のひらにかゆくて小さい水ぶくれが多発しているときは、汗疱(かんぽう)が考えられます。水疱も膿疱(膿の溜まったぶつぶつ)もあるときは、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が考えられます。
どうしてもかゆくて仕方がない時は保冷剤などを握り極力かきつぶさないようにしてください。かきつぶすと症状が悪化してしまいます。
治療は、湿疹や赤みに対してはステロイド外用を用いることが多いのですが、手白癬に対しては抗真菌薬のぬり薬を使います。手白癬は水虫(真菌)により手に炎症がおこる病気です。足の水虫は有名ですが、体のどこにでも起こる可能性があります。見た目だけではよくある湿疹なのか、水虫なのか判断できないため皮膚科を受診しましょう。

手のひらがかゆくて赤い症状の原因と治し方

手のひらがかゆくて赤みがある場合、まず考えられるのは先ほど述べた手湿疹などの初期です。それらである場合は皮めくれなどが起こってしまう前に治療を開始しましょう。
湿疹ではなく手のひらが赤い場合は手掌紅斑(しゅしょうこうはん)と言います。全体が赤いこともありますが、多くの場合には指の付け根のあたりだけ赤くなります。かゆみが強い場合は、引っ掻かずに冷却してください。もし手の赤みが手掌紅斑であった場合、その原因となる病気が隠れていることがあります。最も多いのは肝硬変などの肝臓の病気です。そのほかに白血病や自己免疫性疾患、糖尿病関節リウマチなどがあります。女性ですと妊娠の影響で女性ホルモンのバランスが変化し手掌紅斑を起こすこともあります。
手掌紅斑かな、と思った場合まず皮膚科を受診して適宜検査をしてください。

手のひらがかゆい症状とストレスで考えられる影響と治し方

ストレスがかかった時に決まって手がかゆくなるという場合は、じんましんの可能性が高いです。じんましんはアレルギーで起こるイメージがあるかも知れませんが、温度の変化や物理的な刺激などさまざまな原因で起こります。じんましんの特徴は赤みなどの皮疹が24時間以内に消失することです。そのため疲れたとき「だけ」かゆい、赤いけれども翌朝はなんともない、という場合はじんましんの診断で問題ないと思われます。
治療はかゆみ止めの飲み薬となります。皮膚科を受診し相談してください。

すぐに病院へ行くべき「手のひらがかゆい」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

手のひらに赤みをともなう水ぶくれができた場合は、皮膚科へ

小さな水ぶくれであれば汗疱などが考えられますが、直径1cmなど比較的大きめの水ぶくれができ始めた場合は天疱瘡や類天疱瘡といった自己免疫疾患の可能性があります。これらの場合には、早期診断と早期治療が重要ですので速やかに皮膚科を受診しましょう。
これ以外にも先ほど述べた手掌紅斑は背景に重大な病気が隠れていることがあるため、すみやかな皮膚科受診をお願いします。

「手のひらがかゆい」症状が特徴的な病気・疾患

ここではMedical DOC監修医が、「手のひらがかゆい」に関する症状が特徴の病気を紹介します。
どのような症状なのか、他に身体部位に症状が現れる場合があるのか、など病気について気になる事項を解説します。

汗疱 (かんぽう)

汗疱は、なんらかの原因で汗を出す穴が塞がることで、汗がつまってそれが酸化することで起こることが考えられています。緊急性はないので、とくに赤みやかゆみがない場合は保湿などで様子を見てください。赤みが出てきたりかゆくなったりした場合は、ステロイド外用剤で炎症を抑える必要があるため、皮膚科を受診しましょう。

手湿疹

手湿疹は美容師や水仕事が多い人がなりやすく、刺激により湿疹が慢性化したものを言います。強いステロイド外用剤で治療しますが、原因の除去ができない限り治らない方もいらっしゃいます。市販のステロイド外用剤では強さが足りないことが多いため皮膚科を受診しましょう。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症は手のひらや足の裏にかゆみのある水疱や膿疱が多発する病気です。タバコや金属アレルギー虫歯などが原因と言われていますが、詳しいことはわかっていません。
ステロイド外用や内服薬で治療しますが、病態が不明のため混治療法がなく治りにくい方が多い印象です。早期に治療を開始できれば少しでも症状を落ち着かせることができるので早めに皮膚科を受診してください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はもともと皮膚のバリア機能が低いため、外部からの刺激を受けると健常な皮膚と比べて炎症が起こりやすくなっています。治療はおもにステロイド外用剤ですが、ここ数年でステロイド以外の外用剤も開発されています。悪化し強い炎症が起こるほど色素沈着や瘢痕を残してしまうためそうなる前に皮膚科を受診しましょう。

皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)

皮膚掻痒症は明らかな皮疹はないがかゆい病気です。ほとんどの原因が皮膚の乾燥ですが、腎臓や肝臓などの機能が悪化した影響で体がかゆくなることもあるため、一度は精査をした方が良いでしょう。乾燥のみの場合は保湿剤とかゆみに対する飲み薬で治療します。皮膚科を受診してください。

肝臓病

慢性の肝臓病でもかゆみの症状が見られます。例えば、肝硬変や肝炎の病状が進行すると、疲れやすさや食欲不振、腹水に加えて、黄疸や全身のかゆみが出現することがあります。肝臓の機能が悪化し、胆汁の流れが悪くなることでかゆみ症状が出るといわれています。皮膚にぶつぶつなど皮疹がないのにかゆいというのが特徴的な症状です。まずは皮膚科を受診して相談するのが良いでしょう。数年前から健康診断などで肝機能異常をいわれていた場合には、内科を受診して検査を受けるようにしましょう。

「手のひらがかゆい」ときの正しい対処法は?

手がかゆくて仕方がない場合、まずはステロイドの入っていない非ステロイド性抗炎症薬の塗り薬を使用しましょう。大半の手荒れに対してステロイド外用剤は有効ですが、副作用もあり実際に湿疹ではない部分に漫然と塗り続けると、皮膚が薄くなってしまうばかりなのでやめましょう。さらには、悪化の原因になる場合もあるため自己判断で使用するのは避けた方が無難でしょう。
かゆみが強い場合、冷やしたり、メントールの入ったものを塗るのも良いです。また、保湿することで肌を刺激から保護できるため、保湿はしっかりと行ってください。
家事などの水仕事をどうしてもしないといけない場合、刺激を少しでも緩和するため手袋をつける、頻回(頻繫)に保湿するなどしましょう

「手のひらがかゆい」についてよくある質問

ここまで症状の特徴や対処法などを紹介しました。ここでは「手のひらがかゆい」についてよくある質問に、Medical DOC監修医がお答えします。

手のひらと足の裏がかゆい症状は放置しても大丈夫ですか?

後藤 和哉(ごとう かずや)医師後藤 和哉(ごとう かずや)医師

自然と治る病気もありますが、全身療法が必要になる病気の可能性もあるため皮膚科を受診しましょう。また、皮膚に炎症が遷延すると後々の皮膚老化の原因にもなります。

夜になると手のひらがかゆいのは、病院で治療できますか?

後藤 和哉(ごとう かずや)医師後藤 和哉(ごとう かずや)医師

じんましんの可能性があります。じんましんですと飲み薬での治療となるため病院受診で治しましょう。

手のひらがかゆくて赤い斑点があるのは、手湿疹でしょうか?

後藤 和哉(ごとう かずや)医師後藤 和哉(ごとう かずや)医師

手湿疹も考えられますが、それ以外にも汗疱な異汗性湿疹などさまざまな可能性があります。それぞれで微妙に治療も変わってくるため一度皮膚科を受診しましょう。

アルコール消毒で手のひらがかゆいときどう対処したら良いですか?

後藤 和哉(ごとう かずや)医師後藤 和哉(ごとう かずや)医師

このご時世どうしてもアルコール消毒は欠かせません。消毒前後の保湿をしっかり行いましょう。

まとめ

手がかゆいと一言にいっても考えられるし病気や原因はさまざまで治療もそれぞれ異なります。中には内科的な病気が隠れていることもあるため放置せず一度は病院を受診しましょう。
また、かゆいからとかきつぶしてしまうとさらにかゆくなり、治りにくくなるため冷却したり、かゆみを抑える塗り薬を塗るなどしてなるべくかかないようにしてください。しっかりと治療してきれいな手になりましょう。

「手のひらがかゆい」で考えられる病気と特徴

「手のひらがかゆい」から医師が考えられる病気は14個ほどあります。
各病気の症状・原因・治療方法など詳細はリンクからMedical DOCの解説記事をご覧ください。

皮膚科の病気

手のかゆみがあるときには、手を中心にした部位に限った皮膚の病気のことが多いのですが、なかには内臓の病気や自己免疫疾患の一つの症状として皮膚症状が現れていることも考えられます。

「手のひらがかゆい」と関連のある症状

「手のひらがかゆい」と関連している、似ている症状は11個ほどあります。
各症状・原因・治療方法などについての詳細はリンクからMedical DOCの解説記事をご覧ください。

関連する症状

「手のひらがかゆい」の他に、これらの症状が見られる際は、「金属アレルギー」「手湿疹」「肝硬変」「天疱瘡」「汗疱」などの疾患の可能性が考えられます。発熱や倦怠感がある場合やあざが増えている場合は、早めに医療機関への受診を検討しましょう。

ページTOPへ戻る

© Medical DOC.