信頼できる医療機関を探す

医療機関 199,659軒

  • 大腸がんで死ぬのはもったいない! 予防のための3つの方法
    がんの死亡数を部位別にみると、大腸がんは女性で第1位、男性でも第3位と高い順位になっている。しかし、予防医療普及協会 顧問の石川秀樹先生は「大腸がんで死ぬのはもったいない。他のがん検診の狙いが早期発見…(続きをみる)
    • 大腸がん
    • 予防医療普及協会
  • 【医師に聞く】視力がよくなるトレーニングってありますか?
    健康雑誌や書籍、TVなどでもたびたび紹介されている「視力がよくなるトレーニング」。視力の回復・向上に効果のあるトレーニングは本当にあるのか? 日本眼科学会 眼科専門医である川崎おぐら眼科クリニック院長…(続きをみる)
    • 視力
    • 眼科
    • 医師に聞く
  • 【医師に聞く】胃炎薬を飲んでも胃痛や胸焼けが治らない...『異常のない病気』機能性ディスペプシアっていったい何?
    検査などで調べても炎症などの異常が認められない。それなのに、胸焼けや胃のもたれ、痛み、吐き気などが続く・・・。いま、若い世代を中心に、原因の特定できない胃腸の変調が増えているらしい。かつては「ストレス…(続きをみる)
    • 機能性ディスペプシア
    • 胃腸の病気
    • 医師に聞く
  • たった1回の簡単検査で胃がんは防げる! ―ピロリ菌と胃がんの関係とは
    日本では毎年約5万人が亡くなっている胃がん。筑波大学附属病院の鈴木英雄先生は、「ピロリ菌を除菌することで、胃がんは撲滅することが可能」という。どういうことなのか。ピロリ菌感染のリスクや胃がんとの関係な…(続きをみる)
    • 胃がん
    • ピロリ菌
    • 予防医療普及協会
  • 虫歯がないのに総入れ歯になる!? 歯を失う原因1位は歯周病だった
    成人の約80%が罹患しているといわれるほど蔓延している歯周病。 ちゅうりっぷ歯科の村上 知先生は、『歯周病による慢性炎症が続けば、糖尿病を悪化させ、動脈硬化から心疾患や脳血管疾患を引き起こし、全身の…(続きをみる)
    • 歯周病
    • 予防医療普及協会
  • 女性必見!産婦人科医がすすめる「子宮頸がんにならない方法」
    子宮頸がんは進行すれば命に関わることはもちろん、手術で命が助かったとしても子宮を失うことに加えて、リンパ浮腫などつらい後遺症に苦しむ可能性があります。子宮頸がんの原因や治療方法、早期発見と予防について…(続きをみる)
    • 子宮頸がん
    • ヒトパピローマウイルス
    • 予防医療普及協会