【2021年】東京都の大腸カメラ♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2020/10/30

東京都で評判の大腸カメラ対応のクリニックをお探しですか?
東京都には、苦痛の少ない麻酔を用いた内視鏡検査に対応しているなど様々な大腸カメラ対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめできる大腸カメラ対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判の大腸カメラ対応のクリニック6医院!

きたやま胃腸肛門クリニック

  • 駅徒歩2分

きたやま胃腸肛門クリニックphoto引用:https://colopro.jp/

東急田園都市線 桜新町駅 徒歩2分

東京都世田谷区桜新町2-2-14

診療時間
9:00~12:00
16:30~18:00

★:9:00~16:00(第2・第4のみ診療)
※平日13:00~16:30は手術・検査のみ
※予約制

きたやま胃腸肛門クリニックはこんな医院です

きたやま胃腸肛門クリニックphoto引用:https://colopro.jp/

きたやま胃腸肛門クリニックは、患者さん一人一人にあった医療を丁寧に提供することを心がけた胃腸肛門専門クリニックです。内視鏡検査や肛門手術に力をいれ、2019年度の実績では内視鏡検査を年間2850件以上と豊富な内視鏡検査経験を持っています。

内視鏡検査が苦痛で受診したくないと思っている方でも安心して検査が受けられるように、リラックス出来る環境を整えられるよう努めているそうです。

医院は東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩2分とアクセスしやすい立地で、専用駐車場も2台分利用できます。診療時間は9:00~12:00/16:30~18:00で、休診日は火曜日と祝日です。

きたやま胃腸肛門クリニックの特徴について

・お腹の張りを軽減する無送気軸保持短縮法!

大腸カメラ検査は空気を注入しながら内視鏡の挿入がされることが多く、お腹が張って痛みを伴うことが多いようです。きたやま胃腸肛門クリニックではお腹の張りを軽減するために、腸を丁寧にたたみこんで短縮させながら大腸カメラを進める無送気軸保持短縮法が採用されています。

この方法は強い鎮静剤を使用する必要がなく、大腸への負荷も少ないので痛みの軽減にとても有効だそうです。今まで検査後に不快感や圧迫感で苦しんでいた方は、ぜひ相談されてみてはいかがでしょうか。

・リラックスした状態で受けられる大腸カメラ!

きたやま胃腸肛門クリニックが提供している大腸カメラ検査は、患者さんの身体に優しい痛みの少ない検査が提供されているそうです。大腸カメラは痛くてつらいものと感じている患者さんのために、リラックスして受診できるよう静脈麻酔を使用して検査が行われます。

患者さんの体調に合わせて麻酔量を調整しウトウトとした状態で検査が進み、希望であれば検査画面を見ながら検査を受けられるようです。検査後は麻酔が切れるまでリカバリールームで休むことができるので、落ち着いて帰宅できるでしょう。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらきたやま胃腸肛門クリニックの紹介ページ

かわさき内科クリニック

  • バス停留所から徒歩1分

かわさき内科クリニックphoto引用:https://www.kawasakicl.com/

西尾久2丁目バス停留所 徒歩1分
都電荒川線 小台駅 徒歩5分
JR山手線・京浜東北線 田端駅 車で5分

東京都荒川区西尾久2-14-11 ラフィネ21 1階

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00

※午前の最終受付は終了の30分前です。

かわさき内科クリニックはこんな医院です

かわさき内科クリニックphoto引用:https://www.kawasakicl.com/

かわさき内科クリニックは生活習慣病から内視鏡検査まで、地域のホームドクターとして幅広い診療が行われているクリニックです。多くの症例に立ち会ってきた院長によって総合内科・苦しさの少ない内視鏡検査が行われています。

内視鏡検査では患者さんの負担を考えて、嘔吐反射の少ない経鼻内視鏡や完全に眠っている状態で受けられる全身麻酔の対応もできるそうです。

交通アクセスは都電荒川線「小台駅」より徒歩5分、JR「田端駅」からも15分と2路線利用ができます。診療時間は9:00~13:00/15:00~18:00で、平日受診が難しい方のために土曜日も午前診療も行い患者さんの利便性を高めているそうです。

かわさき内科クリニックの特徴について

・土曜日も受けられる大腸カメラ!

かわさき内科クリニックは平日お仕事や学業で忙しい方でも気軽に大腸カメラ検査が受けられるように、土曜日も大腸カメラ検査が実施されているそうです。大腸がんは早期発見できれば予後が悪いがんではないそうなので、早期発見がカギとされています。検査は鎮静剤を用いてボーッとした状態で受けられるので苦しさを感じにくいでしょう。

40歳を超えた方は発症リスクが高まってしまうようなので、患者さんへの負担を軽減することに尽力されている同院で大腸カメラ検査を受けてみてはいかがでしょうか。

・大腸ポリープも日帰り切除!

大腸カメラ検査中にポリープが発見された場合は、その日の内にポリープの切除ができるようです。(経過観察が必要)大腸ポリープはそのままにしておくとがんになってしまうこともあり、かわさき内科クリニックでは早期発見・治療に努められています。切除後もしばらく休んで問題なければ食事も普通に取れるそうです。

ポリープが大きすぎる、個数が多いなど医院で切除が難しい場合は近隣の大学病院や総合病院を紹介してもらえるので、安心して大腸カメラを受けられるでしょう。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらかわさき内科クリニックの紹介ページ

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

  • 駅徒歩3分

えどがわ橋内科・内視鏡クリニックphoto引用:https://edogawabashi-naishikyo.com/

東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 4番出口 徒歩3分
東京メトロ東西線 神楽坂駅 1番出口 徒歩8分

東京都新宿区水道町4-13 スーパーマルエツ江戸川橋店3階

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

※最終受付は終了の30分前です。

えどがわ橋内科・内視鏡クリニックはこんな医院です

えどがわ橋内科・内視鏡クリニックphoto引用:https://edogawabashi-naishikyo.com/

えどがわ橋内科・内視鏡クリニックは患者さんの希望を尊重し、より負担の少ない内視鏡検査を提供している内視鏡クリニックです。過去に内視鏡検査で痛みを感じて検査に嫌悪感を抱いている方も、安心して受診できるようなきめ細やかな診療が行われています。

診療内容は内視鏡検査をメインに一般内科やピロリ菌の除去など、腹部に関する診療に幅広く対応されているそうです。内視鏡検査は院長が25年以上の豊富な経験と高い技術力を生かして行うそうなので、不安な気持ちも相談しやすいでしょう。

交通アクセスは東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口より徒歩3分、ビルの3Fにあります。診療時間は9:00~12:30/14:30~17:30となっていて、休診日は日曜日・祝日です。

えどがわ橋内科・内視鏡クリニックの特徴について

・痛みを軽減する挿入法!

えどがわ橋内科・内視鏡クリニックで行われている大腸カメラ検査では、軸保持短縮法を用いて挿入時の痛みを軽減することに努められています。大腸カメラ検査で痛みを感じる原因は、検査中に大腸が伸縮する際空気が入ってしまうことによるものが多いそうです。

検査への不安が強い方や痛みに敏感な方には鎮痛剤や鎮静剤も同時に用いられるそうなので、気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。

・豊富な内視鏡経験を持つ院長!

日本消化器内視鏡学会に認定された専門医である院長は、豊富な大腸カメラ検査経験を持っています。苦痛を感じやすい内視鏡検査も25年以上の経験を生かして、患者さんがウトウトしている間に素早く終わらせてくれるので安心できるでしょう。

ポリープの切除や生検が行われると前後しますが、大腸カメラ検査自体は30分前後で終わるそうなので鎮静剤の効果が落ち着いて異常がなければすぐに帰宅できるとのことです。検査後にお腹が張る感じが長く続かないように体内に吸収が早いガスが採用されているので、体への負担も少ないそうです。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらえどがわ橋内科・内視鏡クリニックの紹介ページ

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川

  • バス停留所から徒歩1分

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川photo引用:https://www.osawacl.jp/

不動前駅入口バス停留所 徒歩1分
東急目黒線 不動前駅 徒歩3分
各線 目黒駅 徒歩10分

東京都品川区西五反田3-10-12 TFX五反田ビル3F

診療時間
9:00~12:00
15:30~18:00

※最終受付は終了の30分前です。
※完全予約制

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川はこんな医院です

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川photo引用:https://www.osawacl.jp/

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川は、内視鏡専門医によって痛みの少ない診療が提供されている内視鏡クリニックです。内視鏡検査への苦手意識を持っている患者さんのために、挿入法や送気システムなど痛みを軽減するさまざまな工夫が採用されています。

院内はゆっくりとリラックスして受診ができるように、温かみのあるアイボリーとダークブラウンを基調にして緊張を和らげる雰囲気作りがされているそうです。

交通アクセスは東急目黒線「不動前」駅より徒歩3分、大型提携駐車場が利用できるのでお車での来院も安心でしょう。診療時間は9:00~12:00/15:30~18:00で、休診日は木曜日・日曜日・祝日です。

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川の特徴について

・お腹の張らない検査!

大腸カメラ検査は通常空気を入れて大腸を膨らませながら観察をするので、検査後はお腹が張って痛む場合が多いそうです。おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川では、このお腹の張りを軽減するために炭酸ガス送気システムを導入しています。

このシステムは空気の代わりに炭酸ガスを使用することで、体内に速やかに吸収されていくのでお腹の張りや痛みを感じないそうです。検査後のお腹の張りに悩んでいた方はぜひ一度受診されてみてはいかがでしょうか。

・精度の高いデジタルハイビジョン内視鏡!

おおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川では、デジタルハイビジョン内視鏡とハイビジョンモニターを用いた観察性能の高い内視鏡を導入しているようです。新しい機種は観察可能な視野角も広く死角が少なく、わかりにくい大腸のひだの後ろの病変も細かく確認してもらえます。

内部を観察する際は特殊な青と緑の光を照らすことで、判別の難しい粘膜の変化もわかりやすく映像化されるそうです。またスコープが大腸の壁に当たると自然に曲がる設計になって挿入時の痛みも軽減されたそうなので、痛みに敏感な方も安心ではないでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらおおさわ胃腸肛門内視鏡クリニック品川の紹介ページ

はやま消化器内科クリニック

  • バス停留所から徒歩3分

杉並区役所前バス停留所 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅 2a・2b出口 徒歩4分
JR中央・総武線 阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩6分

東京都杉並区阿佐谷南1-17-17 朝倉ビル1F

診療時間
9:00~12:00
15:30~19:00

★:9:00~13:00(外来)/13:00~15:00(検査)
※月曜日・水曜日・金曜日の13:30~15:30は検査です。
※平日の最終受付は18:45です。
※大腸カメラは完全予約制です。

はやま消化器内科クリニックはこんな医院です

阿佐ヶ谷エリアにあるはやま消化器内科クリニックは、地域に根ざしたレベルの高い内視鏡検査を提供している消化器内科クリニックです。検査の負担を軽減するために、お腹の張りを軽減する炭酸ガスの使用や挿入法の工夫など尽力されています。

診療は内視鏡検査を主に、総合的な内科診療や消化管やすい臓などの疾患も丁寧に対応し病気の早期発見に努めているそうです。院内はリラックスして過ごせるような明るいライムグリーンを基調にした医院になっています。

丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」 2a・2b出口より徒歩4分、JR「阿佐ヶ谷駅」南口より徒歩6分と2路線の利用が可能です。診療時間は9:00~12:00/15:30~19:00となっていて、13:30~15:30は検査専用時間帯となっています。

はやま消化器内科クリニックの特徴について

・細くしなやかなカメラで負担を軽減!

大腸カメラ検査は腸の壁に当たってしまうと痛みの原因になることが多いため、はやま消化器内科クリニックではしなやかなカメラを採用しています。採用されている大腸カメラも11.7mmと9.2mmの2種類を使い分け、痩せ型の方やお腹に手術後の癒着がある方でも比較的楽に検査が受けられるそうです。

自動でしなる機構になっているので患者さんの痛みや不快感を軽減するように努力されているようなので、過去に大腸カメラで苦しさを感じた方は相談されてみてはいかがでしょうか。

・できる限り無送気で行う大腸カメラ!

はやま消化器内科クリニックは大腸カメラ検査を受ける時にできるだけお腹が張らないよう、炭酸ガスが使用されています。従来の大腸カメラ検査では空気で大腸を膨らませて検査されていましたが、痛みや圧迫感があり患者さんへの負担も大きかったそうです。

今ではできるだけ患者さんの負担を軽減するため、空気よりも体への吸収が150倍早い炭酸ガスを用いて、できるだけ無送気で検査が行われています。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらはやま消化器内科クリニックの紹介ページ