【2021年】大阪市の皮膚科♪おすすめしたい5医院

公開日:2021/06/10  更新日:2021/06/18

大阪市で評判の皮膚科をお探しですか?
大阪市は大阪府の市のひとつで、様々な皮膚科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、大阪市でおすすめできる皮膚科クリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

三愛クリニック

  • 駅徒歩2分

三愛クリニックphoto

JR東西線・JR学研都市線(片町線)・JRおおさか東線 放出駅 徒歩2分

大阪府大阪市鶴見区今津南1丁目7-27

診療時間
9:00〜12:30
18:00〜19:30

※受付は、診療終了時間の15分前に終了します。
【所属・学会など】
・日本医師会
・大阪府医師会
・鶴見区医師会
・日本消化器病学会
・日本美容皮膚科学会
・日本皮膚科学会

三愛クリニックはこんな医院です

三愛クリニックphoto

三愛クリニックは、街のかかりつけ医として幅広い皮膚のトラブルに対応されています。内科、胃腸内科、整形外科、リハビリテーション科にも対応されており、どの科にかかったらいいかわからないような症状も相談しやすいのではないでしょうか。
中でも皮膚科診療では、他院で治療が難しいようなAGAや毛孔性苔癬、ニキビ治療といった専門性の高い皮膚疾患の治療も行っているそうです。できる限り多くの方に、健康で美しく快適な毎日を過ごしていただけるよう、料金設定にも配慮されているので、経済的な負担を懸念している方も一度相談してみることをおすすめします。また、様々な皮膚のトラブルに対応できるよう、新しい治療法も積極的に導入しているそうです。

三愛クリニックの特徴について

三愛クリニックphoto

・気になる赤いぶつぶつに効果的なオリジナル治療法!

二の腕や太ももに生じる赤いぶつぶつは、毛孔性苔癬と呼ばれる皮膚疾患で、ニキビとは異なるそうです。三愛クリニックでは、薄着の季節にも快適に過ごせるように、遺伝的要素が強いとされている毛孔性苔癬の治療研究に注力されています。毛孔性苔癬の治療では、3~5カ月程度で効果が期待できるとされるオリジナルの外用薬を提供しているそうです。通院は月に1度で済むそうなので、ご自身での角質ケアなどでなかなか症状が改善されずにお悩みの方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

・乾癬や白斑に効果的なレーザー治療!

肌の一部が白く抜ける白斑や、皮膚が赤くなって盛り上がったり、ひび割れが起きてボロボロと皮膚が剥がれ落ちる乾癬の治療に尽力されています。皮膚疾患の治療に効果的とされている紫外線療法が採用されており、患部の大きさや症状によって使用するレーザー治療器を使い分けているそうです。 レーザー治療器は比較的痛みが少なく、健康な肌を守って患部だけを治療できると言われています。紫外線療法は、ほとんどの場合が保険適用で受診ができるそうなので、気になる症状のある方は受診をおすすめします。

・アトピーやにきびなど多くの方のお悩みに対応!

三愛クリニックでは、にきびやアトピー、アレルギー性疾患などでお悩みの方に寄り添った診療が提供されています。年代によって治療法が異なり、お子さまのアトピーは比較的改善が早いそうです。また、遺伝によるアレルギー体質であっても、薬の処方や食事指導などにより、苦しい症状の改善を目指されています。ニキビ治療ではニキビの予防も考慮した治療が行われているため、治療しながら徐々に改善が期待できるそうです。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら三愛クリニックの紹介ページ

大阪市で評判の皮膚科クリニック5医院

あずきざわ皮ふ科

  • 駅徒歩1分

あずきざわ皮ふ科photo引用:https://azukizawa-clinic.com/

大阪メトロ堺筋線・京阪本線 北浜駅 徒歩1分
京阪中之島線 なにわ橋駅 徒歩2分
大阪メトロ御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩7分

大阪府大阪市中央区北浜1-1-30 リバービュー北浜3階

診療時間
10:00~13:30
15:50~19:00

★:9:30~13:00
※最終受付は終了の30分前です。

あずきざわ皮ふ科はこんな医院です

あずきざわ皮ふ科photo引用:https://azukizawa-clinic.com/

大阪市中央区北浜にあるあずきざわ皮ふ科では、アトピーや蕁麻疹、にきびや乾癬など、幅広い皮膚疾患に対する診療が行われています。

処置の分野では、軟膏処置や創傷処置、熱傷処置などに対応しているそうです。また検査では皮膚エコーと呼ばれる体表面超音波検査や、皮膚生検などが取り扱われています。大阪府にある複数の医療機関と連携した診療が行われているので、有事の際も安心できるでしょう。

診療に際しては、インターネット予約や自動音声電話予約が導入されています。院内ホームページから問診票をダウンロードできるので、診療日までに用意しておくとよいでしょう。皮膚に関するお悩みは、あずきざわ皮ふ科に相談してみてはいかがでしょうか。

あずきざわ皮ふ科の特徴について

・基幹病院と連携して行う皮膚科診療!

アトピー性皮膚炎や乾癬をはじめ、あずきざわ皮ふ科では多岐にわたる皮膚疾患の診療が積極的に行われています。より精密な検査や治療が必要となった際には、基幹病院と連携して診療を進めているそうです。

大阪国際がんセンターや大阪警察病院、NTT西日本病院など、あずきざわ皮ふ科は複数の医療機関と連携されています。他の医療機関との結びつきを大切にした診療が提供されているので、皮膚のトラブルはあずきざわ皮ふ科に相談してみてはいかがでしょうか。

・慢性的な乾癬に対処!

乾癬は頭皮や髪の生え際などにみられる皮膚疾患で、炎症などの症状が慢性的に出ると言われています。乾癬の種類としては、関節や足の裏などに腫れを伴う乾癬性関節炎や、赤い膿ができる膿疱性乾癬などが代表的だそうです。

さまざまな皮膚疾患の診療が行われているあずきざわ皮ふ科では、乾癬の診療にも対応されています。症状が落ち着かない乾癬にお悩みの方は、あずきざわ皮ふ科に相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちらあずきざわ皮ふ科の紹介ページ

和皮ふ科クリニック

  • 駅徒歩3分

和皮ふ科クリニックphoto引用:https://yawara.clinic/

JR大阪環状線 天満駅 徒歩3分
大阪メトロ堺筋線・谷町線 天神橋筋六丁目駅 12番出口 徒歩5分

大阪府大阪市北区天神橋5丁目7-10 さかしん天神橋ビル4F

診療時間
10:00~13:00
15:30~18:30

★:16:00~19:00
▲:10:00~13:00/14:30~17:30(第2のみ診療)
※第2日曜日は診療、翌木曜日は代休となります。

和皮ふ科クリニックはこんな医院です

和皮ふ科クリニックphoto引用:https://yawara.clinic/

大阪市北区天神橋にある和皮ふ科クリニックでは、アトピー性皮膚炎や水虫、にきび、蕁麻疹など、皮膚疾患全般に対する診療が行われています。

また和皮ふ科クリニックでは、保険適用の診療だけではなく、自費診療やドクターズコスメにも対応しているそうです。ドクターズコスメでは、日焼けによる肌荒れを防ぎたい方に向けた日焼け止めクリームや、にきび予防に効果的と言われる化粧水などが取り扱われています。

アクセスは、天神橋筋六丁目駅の12番出口から徒歩5分です。天満駅からも徒歩3分の距離となります。車いすやベビーカーに対応されているので、お子さまから高齢の方まで年代を問わず通院しやすいでしょう。皮膚のお悩みは和皮ふ科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

和皮ふ科クリニックの特徴について

・かゆみの強い乳児湿疹に対応!

乳児湿疹は、生後2~3週間から2ヶ月頃の乳児に多くみられる湿疹だそうです。乳児湿疹を改善するためには、皮膚を清潔に保つとともに十分な保湿を行うことが大切であると言われています。

和皮ふ科クリニックでは、成人の湿疹だけではなく乳児の湿疹にも対応されています。かゆみが強い場合には、炎症作用を抑える薬を使用する場合もあるそうです。お子さまの湿疹にお困りでしたら、和皮ふ科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

・再発しないにきび治療を提案!

にきびには白にきびや黒にきび、赤にきびなどの種類があると言われています。いずれのにきびも、放置すると炎症を起こす場合があるので、早めの処置が大切だそうです。

和皮ふ科クリニックでは、保険適用と自費診療の両方に対応した診療が行われています。自費診療では、にきび菌の根源である皮脂腺を取り除く処置を実施しているそうです。にきびの再発抑制が期待できる診療方法が提案されているので、繰り返すにきびにお悩みの方は和皮ふ科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら和皮ふ科クリニックの紹介ページ

ももだに皮ふ科クリニック

  • 駅徒歩1分

ももだに皮ふ科クリニックphoto引用:https://momodani-hifuka.com/

JR大阪環状線 桃谷駅 徒歩1分

大阪府大阪市天王寺区烏ヶ辻1丁目3の1 熊谷ビル5階

診療時間
9:00~12:00
15:00~19:00

★:14:00~16:30

ももだに皮ふ科クリニックはこんな医院です

ももだに皮ふ科クリニックphoto引用:https://momodani-hifuka.com/

JR環状線桃谷駅より徒歩1分の場所に位置するももだに皮ふ科クリニックでは、全般的な皮膚疾患に対する診療が行われています。

湿疹や皮膚炎といった炎症系の皮膚疾患に加えて、肉芽腫症や皮膚がんなどにも対応しているそうです。また金属アレルギーや蕁麻疹などのアレルギーが原因となる疾患については、パッチテストやプリックテスト、血液検査などを実施し、アレルギーの原因検索が行われています。

待合スペースの色彩は白や明るい茶色が中心で、清潔感を醸し出しています。休診日は木曜日・日曜日・祝日です。土曜日の午後にも診療が行われているので、平日に受診の時間を割けない方も通院しやすいでしょう。赤みやかゆみなどの皮膚に出た症状は、ももだに皮ふ科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

ももだに皮ふ科クリニックの特徴について

・経験と技術を駆使した皮膚がんの診断!

皮膚がんは、進行すると膿や悪臭、出血などの症状が表れますが、早期のうちに診断を下すのは難しいと言われています。

ももだに皮ふ科クリニックでは、基幹病院で皮膚がんの診療に従事してきた医師が、皮膚がんの診断や治療にあたっているそうです。培った経験と技術を駆使した診療が提供されているので、皮膚にできものができた際には、ももだに皮ふ科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

・多岐にわたる皮膚疾患を診療!

急性の湿疹から悪性腫瘍である皮膚がんまで、重症度を問わず皮膚疾患には多くの種類があるそうです。ももだに皮ふ科クリニックでは、多岐にわたる皮膚疾患の診療が行われています。

診療においては、患者さんの話を傾聴することや、十分に診療内容を説明することなどを大切にしているそうです。また診療に役立つ各種機器も導入されています。皮膚に異常がみられた際には、ももだに皮ふ科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちらももだに皮ふ科クリニックの紹介ページ

潤皮ふ科

  • 駅徒歩1分

潤皮ふ科photo引用:https://jun-hifuka.jp/

JR阪和線 長居駅 西口 徒歩1分
大阪メトロ御堂筋線 長居駅 2番出口 徒歩2分

大阪府大阪市住吉区長居2丁目12番4号

診療時間
9:30~12:30
16:00~19:00

潤皮ふ科はこんな医院です

潤皮ふ科photo引用:https://jun-hifuka.jp/

御堂筋線とJR阪和線の長居駅より徒歩2分と通いやすい立地にある潤皮ふ科では、一般的な皮膚疾患からお肌のトラブルまで幅広く対応されています。

アトピー性皮膚炎に対しては、採血にて重症度の測定やアレルゲンの有無を確認しているそうです。症状が強い方に対しては、紫外線治療も併用されています。紫外線治療は、円形脱毛症の診療にも活用しているそうです。

待合室にはキッズスペースが設けられているので、お子さま連れでも通院しやすいでしょう。診療室や処置室、お手洗いに至るまで、院内は全体的に白が基調となっています。明るい空間で診療が行われているので、皮膚のお悩みは潤皮ふ科に相談してみてはいかがでしょうか。

潤皮ふ科の特徴について

・乳児に適した外用剤の処方!

成人の皮膚疾患の診療を行っている潤皮ふ科では、乳児の皮膚疾患の診療にも対応されています。乳児湿疹やおむつかぶれ、あせもやアトピー性皮膚炎、虫刺されや蕁麻疹などの診療を行っているそうです。

外用剤を処方する際には、乳児の肌に適したものが選定されています。また効果的な薬の塗り方の指導も行っているそうです。お子さまの皮膚疾患は、小児皮膚科を掲げる潤皮ふ科に相談してみてはいかがでしょうか。

・日常生活で生じる皮膚疾患に対処!

体にできた湿疹や唇にできたヘルペス、足にある水虫など、日常生活を送るなかで出てくる皮膚のお悩みは意外と多いと言われています。潤皮ふ科では、日常生活で生じる皮膚疾患への診療を行っているそうです。

受診者にはお子さまが多く、家族での来院も多いそうです。それぞれの症状に適した診療方法が提案されているので、ご家族やご自身に生じた皮膚のトラブルは、潤皮ふ科に相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら潤皮ふ科の紹介ページ

なかむら皮フ科

  • 駅徒歩1分

なかむら皮フ科photo引用:https://nakamuraderma.jp/

大阪メトロ中央線・千日前線 阿波座駅 1番出口 徒歩1分

大阪府大阪市西区西本町3-1-1 医療センター岡崎橋6階

診療時間
9:00~13:00
16:00~19:00

※多くの患者様がご来院される場合、診療受付時間内であっても受付を中断させていただく場合がございます。

なかむら皮フ科はこんな医院です

なかむら皮フ科photo引用:https://nakamuraderma.jp/

2007年8月から診療を開始したなかむら皮フ科では、小さなお子さまから高齢の方まで、幅広い層の患者さんを診療されています。外来での一般的な皮膚科診療のほか、往診も行っているそうです。

外来診療では、アトピー性皮膚炎や水虫、たこや魚の目など、さまざまな皮膚疾患に対応されています。また粉瘤や色素性母斑などの皮膚腫瘍も診療対象に含まれているそうです。

電車で通院する場合は、大阪メトロ中央線もしくは千日前線の阿波座駅が最寄り駅となります。阿波座駅の1番出口からなかむら皮フ科までは徒歩1分です。初診時には問診票を記入するそうなので、院内ホームページからダウンロードしておくとよいでしょう。皮膚のお悩みはなかむら皮フ科に相談してみてはいかがでしょうか。

なかむら皮フ科の特徴について

・尋常性疣贅に対して複数の診療方法を実施!

尋常性疣贅とはいわゆるいぼのことで、ヒトパピローマウイルスの感染によって生じると言われています。尋常性疣贅は、放置すると家庭内などでも感染してしまう場合があるそうです。

尋常性疣贅の治療が行われているなかむら皮フ科では、複数の診療方法が扱われています。液体窒素療法や内服療法、炭酸ガスレーザーなどを実施しているそうです。尋常性疣贅の治療を検討中でしたら、なかむら皮フ科に相談してみてはいかがでしょうか。

・かゆみの強いアトピー性皮膚炎に対処!

皮膚の乾燥と慢性的に繰り返す湿疹は、アトピー性皮膚炎の特徴であると言われています。アトピー性皮膚炎には、保湿剤や抗アレルギー剤などを使用した診療を行うのが一般的だそうです。

アトピー性皮膚炎によるかゆみが強く出る方に対して、なかむら皮フ科では、全身型ナローバンドUVB療法が実施されています。全身型ナローバンドUVB療法は紫外線治療にあたり、かゆみのコントロールに役立つそうです。アトピー性皮膚炎のかゆみにお困りでしたら、なかむら皮フ科に相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちらなかむら皮フ科の紹介ページ

おすすめの皮膚科クリニック5医院まとめ

相談する医院の選び方や好み、先生との相性などは人それぞれだと思います。ご要望にあわせて、じっくりクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?