高濃度ビタミンC点滴とは

公開日:2021/01/07  更新日:2021/11/12

高濃度ビタミンC点滴とは

高濃度ビタミンC点滴とは、高濃度のビタミンC(10〜100g)を点滴で静脈から体内に取り入れる医療行為です。
ビタミンCはコラーゲン生成促進やメラニン生成抑制の作用を持つため、美肌・美白とともにシミやソバカスの改善なども期待でき、経口摂取では吸収されずに体外に排出されやすいビタミンCを、直接体内へ取り入れることが可能です。

メリット

・エイジングケアや美肌などの効果が期待できる
・風邪などに対する抵抗力がつく
・歯肉出血へも効果が期待できる

デメリット/副作用

・腎疾患や糖尿病・甲状腺の疾患などがあると施行できない
・G6PD欠損症の場合は受けられない
・脱水が促進されるため、口が乾く
・点滴での治療のため、点滴部位に痛みがある

治療期間

投与量としては50〜100gとされていますが、効果をみながら量や期間を決定していきます。
アンチエイジングなどの場合は1回あたり10〜20g程度で、点滴時間は2時間程度です。

費用相場

10gあたり1〜2万円前後です。

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。