FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を市区町村から探す
  4. 東京都
  5. 【2024年】東京都の脊柱管狭窄症治療 おすすめしたい10医院

【2024年】東京都の脊柱管狭窄症治療 おすすめしたい10医院(1/2ページ)

 更新日:2024/06/12
東京都の脊柱管狭窄症治療病院及びクリニックおすすめしたい医院

東京都で評判の脊柱管狭窄症治療対応の病院およびクリニックをお探しですか?
東京都は日本整形外科学会の整形外科専門医が在籍しているなど様々な脊柱管狭窄症治療対応の病院およびクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめできる脊柱管狭窄症治療対応の病院およびクリニックをご紹介いたします。
※2024年06月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判の脊柱管狭窄症治療対応の病院およびクリニック10医院

ILC国際腰痛クリニック東京(港区)

  • クレジットカード可
  • 完全予約制
  • 駐車場あり
  • ILC国際腰痛クリニック東京
  • ILC国際腰痛クリニック東京
  • ILC国際腰痛クリニック東京
  • ILC国際腰痛クリニック東京

JR東海道新幹線 品川駅 北口・南口 徒歩5分

JR各線 品川駅 中央改札口 徒歩7分
京急本線 品川駅 高輪口 徒歩8分

東京都港区港南1-8-15 Wビル1F

診療時間
9:00~17:00
※完全予約制
※年末年始は休診いたします。
【所属・資格など】
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科 指導医・専門医
・日本スポーツ協会 スポーツドクター
・日本腰痛学会
・日本内視鏡外科学会

ILC国際腰痛クリニック東京はこんな医院です

ILC国際腰痛クリニック東京は、腰痛のお悩みに特化したクリニックとして、専門性の高い医療を提供されています。椎間板ヘルニアやすべり症、変形性腰椎症などさまざまな疾患に対応しており、その中でも椎間板という軟骨組織の老化などが原因で生じる「脊柱管狭窄症」の検査・治療に注力しているそうです。脊柱管狭窄症の根本的な原因である“椎間板の老化”による炎症や変形を解消するために、椎間板髄核内にオゾンを注入することで神経痛の改善をはかるPODD法(経皮的オゾン椎間板減圧術)や、低侵襲なセルゲル法によって症状の改善を目指しており、痛みや痺れといった症状から解放されてイキイキと過ごしていただけるようサポートされています。

ILC国際腰痛クリニック東京の特徴

ILC国際腰痛クリニック東京では、30分じっくりと患者さんと対話して適切な治療方法を提案されており、椎間板を修復する「セルゲル法」による脊柱管狭窄症の治療が行われています。セルゲル法は15年前にフランスで開発された治療法で、局所麻酔を施した上で腰椎の椎間板に針を挿入し、クッション機能を果たすインプラントとして薬剤を固定するため、椎間板の修復・温存が期待できます。世界54ヶ国以上で採用されており、身体への負担が少ない日帰り治療が可能なのだそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。30分前後の治療で完了でき、ご年配の方も安心して治療を受けられるでしょう。

ILC国際腰痛クリニック東京では、海外の医師と連携し、腰痛の治療のトレーニングを積んでいる“腰痛治療のスペシャリスト”による診療が行われています。脊柱管狭窄症をはじめ、関節・筋肉・靭帯が原因となる腰痛疾患を専門に治療を行っており、新しい医療技術やこれまでのノウハウを駆使し、腰の痛みやしびれを解消できるよう尽力しているそうです。腰痛特化型のリハビリを行い、腰痛の予防もサポートしており、一人ひとりの生活スタイルに適した治療が行われています。

セルゲル法による脊柱管狭窄症の治療は、局所麻酔下で行われるため、持病などの関係で外科手術を受けられないという方や、レーザー治療では効果が出なかったという方にもおすすめです。椎間板変性症の手術ではヘルニアを摘出する処置が行われており、損傷した椎間板はそのままになりますが、セルゲル法では椎間板の損傷そのものにアプローチできるため、再発のリスクも少ないそうです。針のみで治療を行えるため低侵襲な処置が可能で、治療後の通院も必要ないため、お仕事などが忙しいという方や遠方にお住まいの方なども安心して治療を受けられるでしょう。過去に外科的手術を受けた経験があるという場合でも治療が可能なので、まずはご相談をおすすめします。

ILC国際腰痛クリニック東京
お問い合せ

表参道総合医療クリニック(渋谷区)

  • 休日診療
  • 完全予約制
  • 専門医在籍
  • 駅徒歩5分以内
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック
  • 表参道総合医療クリニック

東京メトロ各線 表参道駅 出口b2 徒歩5分

東京都渋谷区神宮前5-46-16 イル・チェントロ・セレーノ1階

診療時間
10:00~19:00
△:木曜日は9:00~12:00
※完全予約制
※受付は初診の方は診療終了の30分前まで、再診の方は診療終了の20分前までとなります。
【所属・資格など】
・日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
・日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医
・日本低侵襲・内視鏡脊髄神経外科学会
・日本脊髄外科学会
・日本脳神経外科コングレス
・日本神経内視鏡学会
・日本再生医療学会
・日本頭痛学会
・日本抗加齢医学会
・日本遠隔医療学会
・日本メディカルAI学会
・日本メンズヘルス医学会
・日本脳神経血管内治療学会
・日本脳腫瘍の外科学会
・日本脳卒中学会
・日本間脳下垂体腫瘍学会
・日本予防医学会

表参道総合医療クリニックはこんな医院です

表参道総合医療クリニックは痛みの治療を得意とするクリニックで、特に腰痛でお悩みの方に向けた治療に力を入れており、中でも「脊柱管狭窄症」の治療に注力しているそうです。

脊柱管狭窄症は、お尻から太ももの裏、ふくらはぎにかけて痛みやしびれが生じる病気で、加齢や姿勢の悪さ、腰への負担により神経が圧迫されることが原因と言われています。腰や脚のしびれ、股間の違和感、残尿感なども脊柱管狭窄症の症状の一つです。レントゲン検査やMRI検査、CT検査で痛みの原因を調べており、軽度であれば神経ブロック注射や内服薬による痛みの緩和、装具療法や理学療法といった保存療法で症状の改善を目指しています。また、こういった保存療法では症状の改善が難しいと判断される場合は、身体への負担に配慮した内視鏡下手術を提案されています。

また、日帰り内視鏡手術※と再生医療由来の技術を組み合わせた診療も行っており、老化した椎間板に再生因子を注入し修復、組織再生を促進する多数の成長因子が含まれ、高い効果が期待できる治療も行っています。

脊柱管狭窄症と診断され数か月様子を見たが症状に改善がない、腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが、腰の痛みや、しびれが再発したという方は、一度表参道総合医療クリニックを受診してはいかがでしょうか。
※術前の検査、または術後の経過観察が必要となる場合があります。

表参道総合医療クリニックの特徴

表参道総合医療クリニックは、一人ひとりの症状を見極めて適切な治療を提案することを心がけられています。特に脊柱管狭窄症に対して幅広い治療選択肢を提供しており、症状や進行度に合わせて治療方針を定められているそうです。
保存療法では十分な効果が得られない場合は、先進の日帰り手術※として、PEL(脊柱管狭窄症内視鏡下手術)を提案されています。
これまでの狭窄症の手術は全身麻酔にて行う手術しかなく、ご高齢の方にとっては、全身麻酔では手術ができないという方も多くいました。
PEL(脊柱管狭窄症内視鏡下手術)では切開口が7mm~8mmと更に小さくなったことにより、患者さんの体への負担が軽くなり、局所麻酔下での手術が可能となりました。そのため80歳90歳の方でも手術が可能になりました。全身麻酔による身体の負担が懸念される方も検討してみるといいでしょう。
※術前の検査、または術後の経過観察が必要となる場合があります。

神経を熟知した脳神経外科医が提案する脊柱管狭窄症治療として、日帰り内視鏡手術と再生医療由来の技術を組み合わせた診療を実施しています。ダメージを受けている神経や組織の修復を助けるために、内視鏡手術に再生医療「再生因子注入療法」や「幹細胞培養上清液を由来とした技術を組み合わせています。
術者の技量が大きく関わりますが、圧迫を取り除いただけでは修復に時間がかかる神経や椎間板に対して再生医療由来の技術を用いた腰痛治療を取り入れるのは、理にかなった治療法であるため、長年腰痛でお悩みの方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

脊柱管狭窄症は、治療で改善は図れてもしびれが少なからず残るケースも少なくないそうです。しびれは腰だけでなく、脳や頸椎に原因があることもあるのです。田中院長は、脳神経外科を専門としつつ脊椎外科でも研鑽を積んだことから、脳から腰まで鑑別診断を行った上で適切な治療を提案してくれます。必要に応じて、再生医療由来の技術を用いた治療という選択肢もあり近年では狭窄症治療後のしびれ改善にも効果が出ているそうです。
また、セカンドオピニオンにも対応していますので、神経と脊椎を熟知した専門医の参考意見を聞く場としても利用してみてはいかがでしょうか。

表参道総合医療クリニック
お問い合せ

足立慶友整形外科(足立区)

  • クレジットカード可
  • 専門医在籍
  • 駐車場あり
  • 足立慶友整形外科
  • 足立慶友整形外科
  • 足立慶友整形外科
  • 足立慶友整形外科
  • 足立慶友整形外科
  • 足立慶友整形外科

東武スカイツリーライン 五反野駅 徒歩8分

バス:高砂町 下車 徒歩1分
バス:千住車庫前 下車 徒歩2分

東京都足立区足立1-12-12

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

足立慶友整形外科はこんな医院です

東京都足立区の足立慶友整形外科は、東武スカイツリーライン「五反野駅」から徒歩8分に位置する足立メディカルモール3階にある「痛み」の原因を調査し、解決するための「技術と設備」を兼ね備えた整形外科クリニックです。「患者さんの受診体験を素晴らしいものにする」クリニックを目指されており、病気を「治す」だけでなく「防ぐ」、健康を「支える」を大切にした診療に努められています。日本整形外科学会認定整形外科専門医など専門性が高い医師が在籍しているだけでなく、首や腰、肩関節や股関節、手足の外科など各分野のスペシャリストが揃っており、それぞれの強みを活かしながらチーム医療で患者さんの治療をされているそうです。また、検査時の騒音を抑えた1.5テスラのMRIや被ばく低減と高画質を両立させたCT、先進的なセラミックディテクターと高周波X線管球を採用した骨密度測定装置、あらゆる検査に対応できるレントゲン装置、約100坪の広々としたリハビリテーション室、サーキットトレーニングエリアなどの設備が揃っているため、より質の高い医療を受けることができるのではないでしょうか。また、併設されている慶友整形外科脊椎関節病院では、人工関節置換術をはじめとする手術やPRP療法自家脂肪組織由来幹細胞医療などより専門性の高い治療にも対応されています。「また通いたい」と思ってもらえるクリニックを心掛け、常に患者さんファーストの診療に努められているので「痛み」で悩んでいる方は、まず足立慶友整形外科に足を運んでみることをおすすめします。きっとあなたの悩みを解決するための道しるべを示してくれるでしょう。

足立慶友整形外科の特徴

脊柱管が狭くなり脊髄を圧迫することで、腰から足にかけての痛みやしびれ、筋力低下、歩行障害、膀胱直腸障害などを起こす脊柱管狭窄症の治療に注力している足立慶友整形外科では、脊柱管狭窄症治療のスペシャリストが在籍しており、豊富な経験に裏付けされた高度な治療が提供されています。狭窄や脊髄の圧迫レベルを把握するために、1.5テスラのMRIによる画像診断を行い、様々な角度から総合的に判断し、治療計画を立案しているそうです。症状のレベルに合わせて薬物療法や神経ブロック、コルセット、リハビリテーションなど保存的治療と外科的治療を適宜選択し、症状の改善に努められています。また、腰椎すべり症などを併発している場合では、除圧固定術を行うことで腰椎を安定させる治療に対応されているそうです。

脊柱管狭窄症の治療に必要な「技術・設備・体制」を兼ね備えている足立慶友整形外科では、大学病院と同等の治療環境を目指した体制が整えられているだけでなく、医師・理学療法士・作業療法士など専門チームによる治療からリハビリテーションまで総合的に行うことができるそうです。併設している慶友整形外科脊椎関節病院では、手術に対応できる設備が完備されており、狭くなり神経を圧迫している脊柱管を拡張するための除圧術や腰椎すべり症を併発している場合には、除圧固定術を採用し、除圧と腰椎の安定を同時に図っているそうです。様々な選択肢から一人ひとりに適した手術方法を選ぶことができるので、患者さんは安心して治療をお任せできるのではないでしょうか。

手術を行った患者さんが通常の生活を取り戻すためのリハビリテーションにも力をいれている足立慶友整形外科では、約100坪を擁する広々としたリハビリテーション室とサーキットトレーニングエリアを完備されています。患者さんの状態に合わせて専門の医師がリハビリテーションプログラムを構築し、理学療法士や作業療法士がタッグを組み、早期回復に努められているそうです。「楽しく通っていたら、健康になった」を目指したリハビリテーションを追求されているので、心身ともに充実したトータルな治療を任せることができそうですね。

脊柱管狭窄症だけでなく、幅広い整形外科疾患を診る足立慶友整形外科では、それぞれ専門分野を持つ医師による高度な治療が提供されています。痛みなどで悩む患者さんの気持ちに寄り添ったカウンセリングを行い、痛みの原因を追求し、根本から改善することを目標とした治療プログラムが組まれているため、症状の緩和が期待できるでしょう。また、院内はwi-fi環境が完備され待合室はゆったりと過ごせる環境が整えられているなど、質の高い医療だけでなく、快適に受診することができる取り組みがされている点も患者さんに取って嬉しいポイントではないでしょうか。

足立慶友整形外科
お問い合せ

東京腰痛クリニック(中央区)

  • クレジットカード可
  • バリアフリー
  • マイナンバーカードの健康保険証利用
  • 予約制
  • 完全予約制
  • 専門医在籍
  • 駅徒歩5分以内
  • 東京腰痛クリニック
  • 東京腰痛クリニック
  • 東京腰痛クリニック

東京メトロ各線 銀座駅 C2出口 徒歩3分
東京メトロ各線 日比谷駅 A0出口 徒歩3分

JR山手線・JR京浜東北線 有楽町駅 中央口 徒歩5分
東京メトロ有楽町線 有楽町駅 D7出口 徒歩6分

東京都中央区銀座5-1-15 第一御幸ビル2・3階

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00
※完全予約制
【所属・資格など】
・医学博士
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本整形外科学会 脊椎内視鏡下手術・技術認定医
・日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
・日本脊椎脊髄病学会 指導医

東京腰痛クリニックはこんな医院です

東京腰痛クリニックは、10年以上にわたり脊椎疾患の診療を専門とされており、脊柱管狭窄症の治療に精力的に取り組まれています。脊柱管狭窄症の治療では、薬やブロック注射、リハビリなどといった保存治療のほかに、症状が強い場合には手術にも対応されているそうです。治療方法は、脊椎に精通した医師が、症状の原因を含めて丁寧に説明されているので、納得したうえで治療に臨めるでしょう。
また、脊椎疾患を専門としているクリニックのため、内視鏡手術やレーザー、固定術といった様々な手術に対応されているので、治療の選択肢が多いのは嬉しいポイントですね。洗練された技術やノウハウによって個々の症状にあった治療を行ってもらえるでしょう。
診療は完全予約制で行われており、診療予約や問い合わせは電話で受け付けられています。診療申込書や問診票は、クリニックのホームページからダウンロードできるそうです。東京都内で脊柱管狭窄症の治療をご希望の方や、運動器に気になる症状がある方は、一度相談してみてみることをおすすめします。

東京腰痛クリニックの特徴

東京腰痛クリニックは、脊椎疾患の専門の医療機関として多くの術式に対応し、患者さんそれぞれに適した手術を実施されています。院長は、日本整形外科学会の整形外科専門医であり、脊椎手術の経験が豊富な医師です。これまでに培った高い技術力を活かして、小切開で身体への負担が少ない手術に努められているそうです。
薬物療法やレーザー手術は、軽度~中度の病状への治療法であり、対象に限界がありますが、内視鏡を使った手術や固定術は、様々な病状に対応ができ、さらに身体にも優しいとのことです。様々な治療方法を提案できる体制を整えられているので、ご自身に合った方法で症状の改善を目指せるのではないでしょうか。

東京腰痛クリニックでは、身体への負担が少ないMEL(内視鏡下除圧術)に対応されています。MELは、脊柱管狭窄症に対して実施されている手術で、脊柱管を広げることで圧迫されていた神経を楽にできる手術です。従来の手術よりも切開口が小さく、極細の内視鏡機器を使うことで、手術後の痛み軽減や回復期間の短縮といったメリットが期待できるそうです。入院は、短いもので2泊の短期入院であり、手術後も比較的早く日常生活に戻ることができる(※術前の検査、術後の経過観察が必要です)ため、体力が心配な方や、ご高齢の方も安心して受診できるでしょう。治療経験の豊富な医師が手術を行っているので、安心して手術に臨めるのではないでしょうか。

東京腰痛クリニックでは、腰痛や手足の痺れ、重度の肩こりや足のだるさなどの症状がある方に対して、脊椎ドックの受診を提案されています。適切な治療には正しい診断が必要なため、脊椎ドックでは、MRI検査やCT検査などの精密な検査が行われています。
脊椎ドックの最大のメリットは、本来2~3週間を要する保険検査が、半日で完了するところです。検査から結果や説明までがスピーディーなため、遠方の方や来院の時間がなかなか取れない方も受診しやすいのではないでしょうか。

東京腰痛クリニック
お問い合せ

New Spine クリニック東京(千代田区)

  • クレジットカード可
  • 予約制
  • 専門医・指導医在籍
  • 英語対応
  • 駅直結
  • New Spine クリニック東京
  • New Spine クリニック東京
  • New Spine クリニック東京

東京メトロ各線 永田町駅 直結

東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館地下1F

診療時間
9:00~12:45
14:00~18:15
※第2・4週木曜日と第1・3・5週土曜日は休診となります。
※学会出張などで休院となる場合もあります。
※予約制

【所属・資格など】
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本脊椎脊髄病学会 評議員
・日本最小侵襲脊椎治療学会 理事
・日本低侵襲脊椎外科学会 幹事
・日本抗加齢医学会 評議員

整形外科医 石井賢 オフィシャルサイト

New Spine クリニック東京はこんな医院です

New Spine クリニック東京は、負担の少ない「脊椎内視鏡手術」や「最小侵襲脊椎治療」を早期から導入された石井賢医師が総院長を務め、脊椎脊髄疾患に対する先進的な治療に特化したクリニックです。石井医師は長年大学教授を務め、5600症例以上(※公式HP参照)の脊椎脊髄疾患の手術治療実績に裏付けされた高い診断能力と治療技術を有しているそうです。また、高度な医療設備や手術室が完備され、総院長を中心に整形外科の専門スタッフが診療されています。手足のしびれや、首や腰の不調による歩行困難などの運動障害を引き起こす脊椎脊髄の様々な疾患に対応されており、特に首から腰までの脊柱管狭窄症の治療に注力されています。「手術以外の方法を極力優先し、手術が必要な場合には負担の少ない最小侵襲・内視鏡手術を優先する」と語る総院長は、一人ひとりに合った負担の少ない治療法を策定してくれるので頼りになりますね。また、背骨、筋肉、骨、関節、靭帯などの運動器のアンチエイジング(抗加齢)/リバースエイジング(若返り)治療に対応するクリニックであり、豊富な治療実績に基づく、適切かつ安全な治療が期待できるでしょう。

New Spine クリニック東京の特徴

石井総院長は、日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医としての豊富な経験を持ち、海外の大学や医療機関での手術指導にも従事されています。石井先生は1998年という早い時期から国内に脊椎内視鏡手術を導入され、国内外で実施されている様々な脊椎最小侵襲・内視鏡下手術法において卓越した技術を持っています。また、最小侵襲脊椎固定術(MISt:ミスト)の開発者の1人であり、黄色靭帯骨化症に悩むプロアスリートを競技復帰できるまでに導いた経験もあるそうです。「最小侵襲手術」は従来の方法と比べて切開を小さくし、身体への負担を軽減する難易度の高い手法ですが、石井先生になら安心して任せられそうですね。

首、背中、腰の脊柱管狭窄症は様々な原因で引き起こされ、患者さんによって治療法も多岐に渡るそうです。New Spine クリニック東京では、初診時に40分という十分な診療時間を確保し、個々に適した診断と治療選択に注力されています。一人ひとりの症状の原因を特定し、根本的な治療を目指す姿勢は頼もしいですね。また、手術後のリハビリテーションでは、個々のライフスタイルや仕事環境、運動習慣などを考慮し、経験豊富なトレーナーが早期の社会復帰をサポートしてくれるそうなので、治療を安心して任せることができるでしょう。

「手術以外の方法を極力優先する」と語る石井先生は、薬物療法やリハビリテーション、各種ブロック療法などの保存療法にも精通しているそうです。また、先進的な治療法や自由診療にも積極的に取り組んでいます。万が一手術が必要な場合には、独自に開発した椎間板修復術や硬膜外腔癒着剥離術、内視鏡下手術によって、日帰りでの治療が可能です(※術前の検査や術後の経過観察が必要です)。さらに、運動器のアンチエイジング(抗加齢)/リバースエイジング(若返り)治療も並行して実施できるとのことです。体の柔軟性を高め骨折を予防する独自の注射、筋肉疲労・倦怠感を改善させる点滴などが提供されています。「早く仕事に復帰したい」「自由に旅行に行きたい」方は受診されることをおすすめします。また、入院が必要な治療についても、連携医療機関での治療体制が整っているため、脊柱管狭窄症をはじめとするあらゆる脊椎脊髄疾患の治療を任せることができるでしょう。

New Spine クリニック東京
お問い合せ

品川志匠会病院(品川区)

  • マイナンバーカードの健康保険証利用
  • 品川志匠会病院
  • 品川志匠会病院
  • 品川志匠会病院
  • 品川志匠会病院
  • 品川志匠会病院

京浜急行線 北品川駅 徒歩5分
京浜急行線 新馬場駅 徒歩5分

東京都品川区北品川1-29-7

診療時間
9:00〜
15:00〜
【所属・資格など】
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本脊髄外科学会指導医
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
日本脳神経外科コングレス
日本脊髄障害医学会
品川志匠会病院 手術実績はこちら
顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術(MacF:マックF)について

品川志匠会病院はこんな病院です

東京都品川区の品川志匠会病院は、京浜急行線「北品川駅」「新馬場駅」から徒歩5分で通うことができる病院です。また練馬志匠会病院新横浜スパインクリニックにも施設があり、患者さんが通いやすい病院を選ぶことが可能です。日本整形外科学会整形外科専門医や日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医の資格を持つ、脊椎疾患のスぺシャリストである理事長を中心とし、高い専門性を持つ複数の医師で構成されたチーム医療によって脊椎のあらゆる疾患に対応されています。特に、脊柱管狭窄症の手術に注力されており、脊椎を専門とする医師と新しい医療技術、医療機器を余すことなく駆使して、難易度の高い術式含め腰部の様々な症例を治療されてきたそうです。「低侵襲かつ良質な治療」を目指す院長は、MRIや術中の3DCT撮影を可能にするOアームなどをはじめとする数々の先進的な精密機器や、複数の手術室、入院設備によってサポートされながらあらゆる面において質の高い治療を目指されているので、安心して任せることができるでしょう。

品川志匠会病院の特徴

膨大な手術実績によって蓄積されたデータやノウハウにより、椎弓形成術から後方進入椎体間固定術、などの各種固定術まで幅広く対応することが可能となっているそうです。「以前と同じ日常を取り戻したい」「スポーツに復帰したい」など、個々のニーズに合わせて治療プランを柔軟に策定されているほか、病状に合った手術方法を選択し、より効果の高い治療を目指されているので、満足度の高い治療が期待できるでしょう。

脊柱管狭窄症において、保存療法では成しえない根本的な原因を取り除くことに特化した品川志匠会病院では、医師の高い知見と、それをサポートする高性能な医療機器を融合させることで、精度の高い検査が実施されているそうです。手術は、骨や椎間板など神経を圧迫している原因を取り除き、神経の自己修復をサポートするということが求められるので、原因を正しく把握できる医療機器が揃っているのは魅力的なポイントですね。

品川志匠会病院は、脊椎疾患を専門とする病院であり多岐に渡る症例に対応されていることから、各地から治療を受けに来る患者さんもいらっしゃるそうです。顕微鏡を使った少ない切開による低侵襲固定術(MIS-TLIF/PLIF)をはじめ、他の手術方法と比べて背中の筋肉を痛めにくく、脊椎をより安定させることができるXLIF、など高度な技術を要する治療を駆使して難治性と呼ばれる脊柱管狭窄症に対処されているので頼りになりますね。品川以外にも、練馬(練馬志匠会病院)・横浜(新横浜スパインクリニック)にも分院があるため、お近くの病院に相談してみてはいかがでしょうか。

脊柱管狭窄症のみならず、頚部と腰部の全般的な脊椎疾患に対処されている品川志匠会病院は、医師の経験や知識、病院の設備全てが高水準だからこそ成しえる先進的な術式を取り扱っているそうです。顕微鏡を使い、神経根前方からの圧を神経根後方の椎間孔壁を削ることで逃がすという顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術(MacF)や、従来のものと比べて可動性の高いインプラントを使用し、治療後の椎間板への負担を軽減させる頚椎人工椎間板置換術など、少ない負担で高い治療を効果が得られる治療方法が揃っているので、気になる方は一度相談されてみてはいかがでしょうか。

世田谷人工関節・脊椎クリニック(世田谷区)

  • クレジットカード可
  • 専門医在籍
  • 英語対応
  • 駐車場あり
  • 世田谷人工関節・脊椎クリニック引用 : https://www.setagaya-joint.clinic/
  • 世田谷人工関節・脊椎クリニック引用 : https://www.setagaya-joint.clinic/

京王線 千歳烏山駅 徒歩7分

東京都世田谷区南烏山6丁目36-6

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜17:00
※予約優先制

世田谷人工関節・脊椎クリニックはこんな医院です

東京都世田谷区南烏山にある世田谷人工関節・脊椎クリニックは整形外科全般を診療科目とされており、人工関節と脊椎の病気の診療を専門とした医院です。特に脊柱管狭窄症の診療に力を入れられています

京王線千歳烏山駅より徒歩7分であり、都心からのアクセスが良い立地です。バス停からも徒歩2分であり、駐車場も用意しているのでお車でも公共交通機関でも訪れやすいのではないでしょうか。近隣のホテルと提携しており、遠方からお越しの患者さんにも対応されています。

脊椎の病気の診療時間は平日と土曜日に17時まで設定されており、待ち時間短縮のためにインターネットからの予約に対応されています。

世田谷人工関節・脊椎クリニックの特徴

世田谷人工関節・脊椎クリニック
お問い合せ