新型コロナウイルス(COVID-19)特設ページ (1/4ページ)

新型コロナウイルス(COVID-19)特設ページ

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策

  • 1.手洗い・うがい(自分がかからない)

    ドアノブや電車のつり革など、様々なものにウイルスが付着している可能性があります。帰宅時や調理時、食事の前などはもちろん、こまめに手を洗うことが重要です。

  • 2.マスクの着用・咳エチケット(他人にうつさない)

    自分がウイルスをもっている可能性を常に考え、他人にうつさない行動を心がけましょう。もしマスクがなければ、くしゃみや咳が出るときに、ティッシュ等で口と鼻を覆う、とっさの際には袖で覆うなどの咳エチケットを。

集団感染(クラスター)の起こりやすい場所を避けましょう

これまで集団感染が確認されたケースに共通するのは、次の3つの条件が重なった場合とされています。積極的に換気をおこなう、互いの距離をできるだけとる(2メートルほど)、近距離での会話をできるだけ避けるの3つを意識しましょう。

  • 1.換気の悪い【密閉】空間

  • 2.多くの人が【密集】

  • 3.【密接】距離での会話や発声

新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら

相談・受診の目安

発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休んで外出を控え、毎日体温を測定・記録し、次の症状がある場合は、各自治体の「帰国者・接触者相談センター」へ相談しましょう。

息苦しさ」「強いだるさ」「高熱」など強い症状のいずれかがある場合、高齢や持病があるなど重症化しやすい人は「発熱や咳など軽い風邪症状がある」場合

※相談後に医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底を