FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を市区町村から探す
  4. 東京都
  5. 【2024年】東京都の老眼治療 おすすめしたい5医院

【2024年】東京都の老眼治療 おすすめしたい5医院

 更新日:2024/05/20
東京都の老眼治療 おすすめしたい医院

東京都で評判の老眼治療対応クリニックをお探しですか?
東京都には、日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍しているなど様々な老眼治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめの老眼治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2024年05月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判の老眼治療対応クリニック5医院

八王子友愛眼科(八王子市)

  • 駅徒歩5分

八王子友愛眼科photo

アクセス・住所・診療時間

JR中央本線・JR横浜線・JR八高線 八王子駅 徒歩5分

東京都八王子市横山町22-3 メディカルタワー八王子5F-8F

診療時間
9:00~12:30
14:45~17:30

★:9:00~15:30(休憩なし)
※糖尿病内科は水曜日9:30~12:00です。
※予約制

八王子友愛眼科はこんな医院です

八王子友愛眼科photo

八王子市横山町の八王子友愛眼科は、JR中央本線・JR横浜線・JR八高線が通る八王子駅より徒歩5分の場所にあり、患者さんとともに考える診療をコンセプトに二人三脚で目のお悩み、疾患に対応されています。八王子友愛眼科では各手術に精通した先生が治療を担当しており、患者さんの身体への負担の少ない、安全性の高い処置を目指されています。老眼治療にご興味のある方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

八王子友愛眼科photo

八王子友愛眼科の特徴について

・手術の経験が豊富!

老眼の治療や目の手術に不安をお感じの方も多くいらっしゃるかもしれませんが、八王子友愛眼科では手術の執刀経験が豊富な先生が老眼治療を担当されています。視界の霞みやぼやけが生じる白内障の手術や、フェムトセカンドレーザーを使用した低侵襲かつ、V-リンクシステムを使用した的確な眼内レンズ選択ができるプレミアム白内障手術、緑内障と白内障を併発している難症例の手術など、さまざまな症例に対応されているそうです。信頼できる先生をお探しの方や、老眼治療を受ける医院は慎重に検討したいという方は、八王子友愛眼科へ相談してみてはいかがでしょうか?

八王子友愛眼科photo

・各分野に精通したドクター!

八王子友愛眼科では、老眼の治療をはじめ、屈折矯正手術が専門の先生や白内障に精通した先生などが在籍しており、視野の欠損が広がる緑内障や、視界の歪みが生じる加齢黄斑変性の専門外来も設けられています。各分野に精通した先生方によるチーム医療が提供されているので、老眼の症状に加え、白内障の進行が認められる場合や、緑内障の検査を受けたいという場合も、シームレスにご対応いただけるのは安心できるポイントです。

八王子友愛眼科photo

・日帰り手術に対応!

八王子友愛眼科では、白内障手術をはじめ、ICLを使用した屈折矯正手術、網膜疾患など各種手術を日帰り手術で対応されています。(※術前・術後の経過観察が必要です)。お仕事などで忙しく、手術のために長いお休みを確保するのが難しいという方の希望に柔軟に対応しており、スムーズな日常生活への復帰が期待できます。

もう少し詳しくこの老眼治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら八王子友愛眼科の紹介ページ

三枝眼科医院(葛飾区)

  • 駅徒歩8分

三枝眼科医院photo

アクセス・住所・診療時間

京成本線・京成上野線 青砥駅 徒歩8分
京成バス:テクノプラザかつしか 下車 徒歩1分

東京都葛飾区青戸5-8-10

診療時間
9:00〜12:30
15:00〜18:30

★:手術日
【経歴】
平成4年 獨協医科大学大学院卒(医学博士)、東京慈恵会医科大学医局入局
平成10年 医療法人社団慈成会三枝眼科医院 副院長就任
平成21年 医療法人社団慈成会三枝眼科医院 理事長・院長就任
平成23年 医療法人社団慈成会よつぎ眼科クリニック(分院)開設

三枝眼科医院はこんな医院です

三枝眼科医院photo

葛飾区青戸にある三枝眼科医院は、1963年の開業から50年以上に渡って地域の方々の目の健康を守っている眼科医院です。各手術やレーザー治療など幅広い診療に対応されているなかで、老眼の治療にも重点を置いて取り組まれています。

年齢を重ねるにしたがって水晶体が白く濁り視力が低下していく白内障の患者さんに対しては、経験豊富な医師による日帰り手術(※術前の検査・術後の経過観察が必要です)も可能だそうです。また、患者さん一人ひとりに対し、より適したコンタクトレンズやメガネを処方されています。

アクセスは京成線青砥駅より徒歩8分で、駐車場も設けられているのでお車での通院も便利でしょう。白内障手術後の患者さんには、無料タクシーで自宅まで送り届けるサポートもされているそうです。白内障手術を得意とする眼科での老眼治療を希望する方は、ぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか。なお、水曜日は手術日とされており、そのほかの平日は18時30分まで、土曜日は12時30分まで診療を行われています。

三枝眼科医院photo

三枝眼科医院の特徴について

三枝眼科医院photo

・保険と自費の両方から選べる白内障治療!

白内障手術は、白く濁った水晶体を取り出し、代わりに人工の水晶体である眼内レンズを挿入する手術だそうです。新たに入れる人工の水晶体には、一般的に保険適用の単焦点レンズをはじめ、選定療養で一部保険適用の多焦点眼内レンズ自由診療で自費となる多焦点眼内レンズがあると言われています。

三枝眼科医院でも、患者さんの希望によって選べるように保険適用と自由診療、どちらのタイプの眼内レンズも用意されているそうです。単焦点レンズは焦点を1か所に合わせられるレンズで、多焦点レンズは2か所以上に焦点を合わせられるレンズとなっています。白内障に加えて老眼の症状でお困りの方は、白内障に加えて老眼の症状でお困りの方は、自分の希望する見え方の眼内レンズを選ぶことで、白内障と同時に老眼の改善も期待できるでしょう。

三枝眼科医院photo

・技術力の高い白内障手術!

白内障手術は顕微鏡を使用する精密さが求められる手術だそうです。三枝眼科医院では白内障手術を得意とする医師が在籍しており、豊富な経験を活かして治療にあたられています。事前説明も丁寧にされているので、手術に不安がある方も安心してお任せできるのではないでしょうか。

手術では点眼タイプの麻酔を使うため、術中の痛みはほとんど感じにくいそうです。手術自体は15~20分ほどで完了し、日帰り(※術前の検査・術後の経過観察が必要です)が可能とされています。術後の患者さんの負担に配慮し、無料タクシーのサービスも提供されています。

三枝眼科医院photo

・患者さんの安心を第一に考えた治療体制!

大学病院などの高次医療機関に引けを取らないクリーンな手術室や検査室を設け、手術を受ける患者さんが安心できる治療体制を整えられています。

患者さんがより納得できる治療を受けるためには複数の医師の意見を聞くことが大切だと考え、少しでも多くの方に安心できる診療を受けてもらえるようセカンドオピニオンにも積極的に対応されています。
経験豊富な医師の意見を聞くことで患者さんの選択肢も増え、より納得のいく治療を受けられるのではないでしょうか。

三枝眼科医院photo

・白内障だけでなく幅広い治療が可能!

得意とする白内障の治療以外にもレーシックや緑内障、網膜症や網膜剥離、加齢性黄斑変性、翼状片、眼瞼痙攣や眼瞼下垂、老眼など、幅広い眼科疾患に対応されています。

なかでも緑内障は、40歳以上の日本人の20人に1人がかかると言われている疾患だそうです。緑内障治療には新しい視野検査装置や眼底カメラを導入されており、レーザー治療にも対応されています。レーザー治療は隅角光凝固術という治療法で、5分程度で完了できるそうです。目の症状でお困りの方は、幅広い眼科診療を行われている三枝眼科医院へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

三枝眼科医院photo

もう少し詳しくこの老眼治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら三枝眼科医院の紹介ページ

サピアタワーアイクリニック東京(千代田区)

  • 駅直結

サピアタワーアイクリニック東京(千代田区)photo引用:https://eyeclinic-tokyo.jp/feature/cleanroom/

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ東西線 大手町駅 B7出口 直結
東京駅 日本橋口 徒歩3分

東京都千代田区丸の内1丁目7番12号 サピアタワー7階

診療時間と休診日
9:00~12:30
14:00~19:00

★14:00~18:00

サピアタワーアイクリニック東京はこんな医院です

サピアタワーアイクリニック東京は、千代田区丸の内1丁目にある、老眼治療に力を入れているクリニックです。交通アクセスは、東京メトロ東西線「大手町駅」B7出口直結、各線東京駅「日本橋口」徒歩3分とアクセスに便利な好立地です。同クリニックは、さまざまな店舗や施設が入る高層ビルであるサピアタワー7階にあり、車で来院される患者さんはサピアタワーの共用駐車場を利用できます。診療日時は、平日は9時〜12時30分と14時〜19時の二部制、日曜日は9時〜12時30分と14時〜18時の二部制となっています。休診日は木曜日です。オンライン予約にも対応しています。

サピアタワーアイクリニック東京の特徴について

・メスを使うことが無いレーザー白内障手術!

サピアタワーアイクリニック東京では、メスを使わずレーザーで手術するレーザー白内障手術が行われています。自動化したレーザーで手術できるため、それぞれの患者さんの状態に合わせて術前に計画した手術の提供が可能です。そして何より、レーザーの手術なので眼球にメスを入れる必要が無いため、精神的にも安心して手術を受けられるのではないでしょうか。手術は片眼約10分程度で終了するので、体への負担も抑えられるそうです。
手術の前には、視能訓練士による精密な検査と眼科医の診察により、一人ひとりの目に適した手術方法について説明がなされます。手術を強引に進めたりするようなことはせず、患者さんの眼の状態や矯正手段などから手術が不向きな場合は、手術をおすすめしないこともあるそうです。白内障が初期段階の場合は、点眼薬による薬物療法が行われることもあるそうです。

・角膜を削らない視力矯正施術ICL(眼内コンタクトレンズ)!

サピアタワーアイクリニック東京は、ICL(眼内コンタクトレンズ)を第一におすすめするICLに力を入れたクリニックです。ICLの手術においては、角膜を削りません。水晶体のピント調節機能を残したまま、ICLという眼内レンズをインプラントする手術法です。挿入した眼内レンズは、メンテナンス不要で長期間良好な状態を維持できることから眼内コンタクトレンズとも呼ばれます。眼内コンタクトレンズは目の中にあるため、汚れたり傷になったりすることもありません。さまざまな度数に対応したレンズをインプラントするため、乱視や強度の近視、遠視でも矯正可能だそうです。
ICL手術に用いられる手術機器には、手術中の眼内圧を感知し眼への負担を軽減できるCenturion Active FluidicsTMテクノロジーという機器が導入されています。手術室はガラス張りのクリーンルームとなっており、手術が行われていないときは医療機器を見ることもできます。手術中はスモークガラスとなるため、プライバシーも保護されます。家族は見学スペースから手術の様子を確認することも可能だそうです。
ICLについてもっと詳しく知りたい場合は、無料説明会、無料オンライン説明会、クリニックのチャンネルによるYouTube動画、クリニックホームページ上にあるマンガで説明するICLなどで確認することもできますよ。

もう少し詳しくこの老眼治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらサピアタワーアイクリニック東京の紹介ページ

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷(杉並区)

  • 駅直結

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷photo引用:https://tokyo2020vision.com/asagaya/

アクセス・住所・診療時間

JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 直結

東京都杉並区阿佐谷南3-58-1 ビーンズ阿佐ヶ谷1F

診療時間と休診日
10:00~13:00
15:30~18:30

※予約優先制

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷はこんな医院です

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷は、杉並区阿佐谷南3丁目にある眼科クリニックです。眼科一般から白内障、緑内障・網膜疾患、オルソケラトロジー、ドライアイ、円錐角膜、角膜ジストロフィー、花粉症・アレルギーなどの診療が行われています。
交通アクセスは、JR中央線・総武線「阿佐ヶ谷駅」直結です。駅直結のため他の用事と合わせて通院するときや仕事・学校帰りにも便利で、悪天候時でも雨に濡れることなくクリニックへ行けます。診療時間は、10時〜13時と15時30分〜18時30分の二部制となっています。休診日は水曜日と祝日です。予約優先制となっているため、待ち時間を短くしたい方は事前に予約をしてから行くのがよいでしょう。オンラインウェブ予約にも対応しています。

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷の特徴について

・多岐にわたる検査で眼の総合的な検査を行う眼科ドック!

一般的な健康診断では、失明の原因にもなりうる緑内障などの疾患が判断されないこともあります。東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷では眼科ドックによって眼の総合的な診断が行われています。老眼の進行具合も調査するそうです。検査の所要時間は約2時間で、眼の健康状態を詳しく検査し、自覚症状の無い緑内障や網膜裂孔など、さまざまな眼の病気の早期発見、予防に努められています。
同クリニックで行われている眼科ドックの検査内容は、屈折検査、視力検査、眼圧検査、涙液層破壊時間検査、角膜内皮細胞検査、角膜形状解析、視野検査、細隙灯顕微鏡検査、染色検査、眼底検査・眼底カメラ・網膜断層画像解析(光干渉断層計)の10項目です。
40歳以上の方は自身の眼の状態を確認するためにも、一度眼科ドックを受けてみてはいかがでしょうか。

・手術なしで近視矯正を行うオルソケラトロジーなどの自由診療!

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷では、オルソケラトロジーなどの自由診療も取り扱われています。オルケソラトロジーは、夜寝ているときに特殊な角膜矯正用ハードコンタクトレンズを使用することで、角膜の形にクセをつけて近視を矯正する角膜矯正療法です。同クリニックでは、オルケソラトロジーに使用するレンズとして、東レ株式会社のブレスオーコレクトが採用されています。近視の矯正を行いたいけれど、レーシックなどの外科的手術に抵抗がある方や術後の感染症などを不安視する方におすすめの治療法です。
その他にも、特殊な点眼薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療法や、他クリニックでの診断内容や治療法等に関して助言を行うセカンドオピニオン外来なども提供しています。

もう少し詳しくこの老眼治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷の紹介ページ

新宿東口眼科医院(新宿区)

  • 駅から徒歩1分

新宿東口眼科医院photo引用:https://www.shec.jp/

アクセス・住所・診療時間

JR新宿駅 東口 徒歩1分

東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階

診療時間と休診日
11:30~13:45
15:00~19:30

★11:00~13:45/15:00~19:00
▲11:00~18:00(昼休みなし)
※休診:12/31~1/3
※予約優先制
※午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

新宿東口眼科医院はこんな医院です

新宿東口眼科医院は、新宿区新宿3丁目にある眼科クリニックです。緑内障、白内障、ものもらい、結膜疾患、角膜疾患、ドライアイ、網膜・硝子体疾患、眼精疲労、眼瞼疾患などの眼科全般の診療、メガネやコンタクトレンズの処方が行われています。当日の検査データ、診察室で撮影した目の画像は無償でお渡し可能で、過去の検査・診療データも有料にはなりますが受け取れるそうです。老眼治療はメガネか遠近両用コンタクトレンズで対応されています。検査を行い、一人ひとりに適した矯正レンズを購入できます。
診療日時は、平日は11時30分〜13時45分と15時〜19時30分の二部制、土曜日は11時〜13時45分と15時〜19時の二部制、日曜日および祝日は昼休みなしで11時~18時となっています。休診日は年末年始のみで12月31日~1月3日です。
ホームページは英語、中国語、韓国語、スペイン語に対応しているため、外国の方の受診にもおすすめのクリニックです。

新宿東口眼科医院の特徴について

・新宿駅から徒歩1分の好立地、土日祝日も開院しており通院しやすい!

新宿東口眼科医院は新宿駅東口から徒歩1分の場所に位置しており、とても好立地のクリニックです。平日でも19時30分まで開院しているため仕事帰りなどの通院もしやすく、周辺には商業施設が多数ありますので他の用事と合わせてクリニックに通うのにも便利でしょう。
さらに、休診日は年末年始のみで、土・日曜日や祝日でも診療を受けられます。お盆やゴールデンウィークといった連休中でも診療が行われているので、忙しくてなかなか平日には通院できない方など、さまざまなライフスタイルの方にとって通院しやすいクリニックです。
また、患者さんの利便性を高めるために、クリニック内はバリアフリー設計でフリーWi-Fiも利用できます。患者さんの手荷物は受付で預けることもでき、待合室には鍵付きのロッカーも設置されています。ホームページには、時間帯別の混雑状況、疾患別の所要時間・検査費用の目安なども掲載されており、はじめてでもしっかりとクリニックのことを確認してから通院できますよ。

・点眼麻酔と術後の眼帯を使わない白内障手術!

新宿東口眼科医院では、初診から1カ月以内の白内障手術が可能だそうです。手術は2~3mmの切開部から施術を行いわずかな傷口でできるため、入院不要の日帰り手術が可能です(※術前・術後は経過観察が必要です)。麻酔は点眼麻酔を使用するため恐怖感を抑えられ、手術の多くは10~15分で終わるそうです。
また、同クリニックでは術後の眼帯を廃止し、プラスチック製の保護メガネを採用されています。それにより施術直後から目が見えるので、術後の生活での支障も最小限に抑えられます。術後翌日から洗顔・洗髪でき、術後2日目から仕事への復帰もできるそうです。

もう少し詳しくこの老眼治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら新宿東口眼科医院の紹介ページ

ふくおか眼科クリニック中野(中野区)

  • 駅から徒歩3分

ふくおか眼科クリニック中野photo引用:https://fukuoka-eyeclinic-nakano.com/clinic/

アクセス・住所・診療時間

JR 中野駅 北口 徒歩3分
東京メトロ東西線 中野駅 北口 徒歩3分
中野駅 北口バス停 徒歩1分

東京都中野区中野5-67-5 SKGT長谷部 2階・4階

診療時間と休診日
9:30~12:00
14:00~17:30 手術

※受付時間は午前12:30まで/午後18:30まで
※はじめてのコンタクト希望の方は午前12:00まで/午後18:00まで
※予約優先制

ふくおか眼科クリニック中野はこんな医院です

ふくおか眼科クリニック中野は、患者さんの「見える」の最善を追求し人生の起点となるようなクリニックを目指されている、2022年1月に開院した眼科クリニックです。一般的な眼科診療から、白内障手術、緑内障手術、網膜硝子体手術屈折矯正手術ICLレーシック)などの手術に日帰りで対応しています(※術前・術後は経過観察が必要です)。同クリニックで行う手術は、さまざまな執刀経験をもつ福岡佐知子院長がすべて執刀されています。
交通アクセスは、JR「中野駅」北口から徒歩3分、東京メトロ東西線「中野駅」北口から徒歩3分、「中野駅北口バス」停留所から徒歩1分です。診療日時は、火・木曜日を除く平日が9時30分〜13時と15時30分〜19時の二部制、火・木・土曜日が9時30分〜13時となっています。受付時間は午前が12時30分まで、午後が18時30分までです。休診日は日曜日と祝日です。

ふくおか眼科クリニック中野の特徴について

・単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの選択肢がある白内障手術!

ふくおか眼科クリニック中野では、基本的に患者さん自身が白内障により生活に不便を感じるようになった時期に手術を検討します。白内障手術では、濁った水晶体を取り除き、代わりとなる眼内レンズを入れます。使用する眼内レンズは、患者さんの希望にあわせて、保険診療となる単焦点眼内レンズや選定療養・自由診療の多焦点眼内レンズを選択することが可能だそうです。単焦点眼内レンズは1カ所のみにピントが合い、多焦点眼内レンズは複数のピントを合わせられるレンズです。そのため多焦点眼内レンズでは遠くにも近くにもピントを合わせられ、老眼も同時に改善することが期待できます。多焦点眼内レンズの中でも、選定療養対象となるレンズを3種類、自由診療のレンズを4種類導入されており、患者さんの希望やライフスタイルに適したレンズを提案してくれます。
チン小帯脆弱や小瞳孔眼などの難易度の高い白内障手術、網膜硝子体疾患や緑内障と併せて手術、アトピー性白内障など合併症がある白内障でも対応が可能だそうです。

・患者さんに応じて薬品・レーザー・手術などによる緑内障治療!

ふくおか眼科クリニック中野では、薬物治療、レーザー治療、手術など緑内障の状態や患者さんに応じて適した治療方法を提案されています。
薬物治療では、房水の産生を抑制、または房水の流出を促す薬を処方することで眼圧を低下させます。それでも十分な効果が得られない際には、レーザー治療または手術を実施するそうです。
レーザー治療は2種類あり、1つはレーザーで虹彩の根元に小さな穴を開けることで、房水を通す道を作るレーザー虹彩切開術、もう1つは繊維柱帯にレーザーを照射することで房水の排出促進により眼圧を低下させる選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)というものです。
手術では、強膜に弁(房水の通り道)を作ることで眼圧を下げる線維柱体切除術(トラベクレクトミー)や合併症が少ない線維柱体切開術(トラベクロトミー)、患者さんへの身体の負担をできる限り抑える低侵襲緑内障手術(アイステント)といった手術が選択されています。

もう少し詳しくこの老眼治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらふくおか眼科クリニック中野の紹介ページ

おすすめの老眼治療対応クリニック5医院まとめ

老眼治療対応クリニックの選び方は人それぞれだと思いますが、少しエリアを広げてでも信頼できる老眼治療対応クリニックを探したいものだと思います。東京都の老眼治療対応クリニックには様々な選択肢があることがわかりました。日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍しているなどはわかりやすいポイントですが、ご要望にあわせて、あなたにふさわしい老眼治療対応クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?