1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を路線から探す
  4. 【2022年】関西エリアの眼瞼下垂 おすすめしたい6医院

【2022年】関西エリアの眼瞼下垂 おすすめしたい6医院

公開日:2022/11/11  更新日:2022/11/24
関西エリア眼瞼下垂おすすめしかい医院

関西エリアで評判の眼瞼下垂対応クリニックをお探しですか?
関西エリアには様々な眼瞼下垂対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、関西エリアでおすすめできる眼瞼下垂対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年11月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

関西エリアで評判の眼瞼下垂対応クリニック6医院

ひふみるクリニック(大阪府)

  • クレジットカード可
  • 専門医在籍
  • 電子マネー
  • 駐車場あり
  • ひふみるクリニック
  • ひふみるクリニック
  • ひふみるクリニック

ひふみるクリニックの特徴

ひふみるクリニックの院長は、2021年(6〜12月)で385件、2022年 (1〜10月)で920件の眼瞼下垂の手術を執刀されている経験豊富な先生です。(参照元)日本形成外科学会認定形成外科の専門医として培った熟練の技術を活かし、挙筋腱膜を瞼板に縫合する挙筋前転法や、緩んだ眼瞼挙筋を切除もしくは重ねて固定する挙筋短縮法、上まぶたの皮膚を除去する上眼瞼切開法(皮膚切除)、眉毛の下の皮膚を除去する眉毛下皮膚切除術(眉毛リフト)、まぶたと額の筋肉(前頭筋)を繋ぐ筋膜移植法(前頭筋吊り上げ術)といった術式などに幅広く対応しているそうなので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

眼瞼下垂の手術では、極小の麻酔の針を使用し、麻酔注射のチクッとした刺激を緩和することで目に余計な力がかからないよう配慮されています。また、レーザーメスと高周波メスを使用し、低侵襲な処置を行うことで、術後の腫れを抑えられるよう努めているそうです。両側眼瞼下垂症手術(挙筋前転法)は約30分-40分ほどで完了し、必要以上の時間をかけずに治療を進めているそうです。また、患者様の恐怖心を和らげ、術中の血圧変動を減らすのに有用な笑気麻酔を令和4年3月から導入しているそうです。血圧が安定すれば出血を抑えやすく、ダウンタイム短縮のメリットも見込めるそうです。手術を行う院長にとっても、出血が少なければ患部が見えやすく、より精密な処置が可能になるそうです。

ひふみるクリニックでは保険適用の眼瞼下垂手術を行っており、両目・片目どちらの手術にも対応されています。両目の手術の場合3割負担でおよそ45,000円(税込)で受けられるそうです。自費治療にも幅広く対応されているので、眼瞼下垂の治療とあわせて検討しているという方にもおすすめのクリニックです。眼瞼下垂の症状はそのままにすると、頭痛やめまい、不眠、律神経失調症といった症状に発展する恐れもあるので、費用負担を懸念して眼瞼下垂の治療をためらっていた方も、一度相談してはいかがでしょうか。

バス:大野芝 下車 徒歩1分

南海高野線 初芝駅 車で6分

第2駐車場完備

大阪府堺市中区新家町589-10

診療時間
9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~19:00
●:外来診療★:手術
▲:13:00~17:30(手術)
※美容・脱毛施術、カウンセリングは終日行っております。
※WebまたはLINE予約優先
※電話予約不可
※完全キャッシュレス会計です。

【所属・資格など】
・日本形成外科学会
・日本創傷外科学会
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

南海高野線の初芝駅より車で6分のひふみるクリニックは、国道310号近くのわかりやすい場所にあり、合計14台分の駐車スペースを完備されています。公共交通機関でお越しの場合は、バス停留所「大野芝」で下車されると便利です。皮膚の腫瘍の除去や外傷、火傷などを対処する形成外科や、皮膚のトラブルへの皮膚科、目元などのお顔のパーツの印象やエイジングサインを改善するための美容外科など、さまざまな診療が行われており、中でも眼瞼下垂の治療に力を入れているそうです。眼瞼下垂は、目を開ける力が弱まることでまぶたが重く垂れ下がる状態で、元々まぶたを持ち上げる力が弱い先天的な要因はもちろん、コンタクトの装用や目元を擦る癖、毎日のアイメイクなどが原因となっている場合もあります。視界不良が生じるだけでなく、常に目元に余計な力がかかっていることで、目の疲れやおでこのシワ、頭痛、肩こりなどに影響する恐れもあるため、気になる症状がある方は一度足を運んでみることをおすすめします。

ひふみるクリニック
お問い合せ

なかにし形成外科クリニック(奈良県)

  • なかにし形成外科クリニック引用 : https://nakanishi-keisei.com/
  • なかにし形成外科クリニック引用 : https://nakanishi-keisei.com/

なかにし形成外科クリニックの特徴

近鉄奈良線・近鉄けいはんな線 生駒駅 徒歩1分

奈良県生駒市元町1-3-22 アクタスビル4F

診療時間
9:00~13:00
16:00~19:00
※美容外科等は診療日時は異なります。詳細はお問い合わせください。
※まぶたの専門外来、下肢静脈瘤の専門外来は予約制です。
※受付は診療終了の30分前までです。

奈良県生駒市にあるなかにし形成外科クリニックは、形成外科や美容皮膚科、美容外科などの診療を行われています。特に眼瞼下垂の治療に力を入れており、日本形成外科学会認定形成外科専門医が診療にあたられているそうです。

診療では、患者さんが抱える多種多様な悩みに対して寄り添いながらオーダーメイド治療を提案されています。また、傷跡治療やレーザー脱毛、ほくろ除去など幅広い美容・形成外科治療を取り扱われており、各種治療機器を取り揃えることで対応できる体制を整えられているそうです。

生駒駅から徒歩1分と近く、土曜日・日曜日も診療されています。形成外科専門医による眼瞼下垂治療が気になる方は、訪ねてみてはいかがでしょうか。

なかにし形成外科クリニック
お問い合せ

鈴木形成外科 小児科(京都府)

  • バリアフリー
  • 予約制
  • 女医
  • 専門医在籍
  • 英語対応
  • 鈴木形成外科 小児科引用 : https://haruesuzuki.com/
  • 鈴木形成外科 小児科引用 : https://haruesuzuki.com/

鈴木形成外科 小児科の特徴

京都市営地下鉄東西線 三条京阪駅 2番出口 徒歩1分
京阪本線 三条駅 9番出口 徒歩1分

京都府京都市東山区大橋町89-1

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00
★:手術日
▲:10:00~14:00(小児あざ外来)/16:00~19:00
☆:10:00~12:30
※完全予約制
※小児科の診療日時は異なります。詳しい診療時間などは医療機関に直接ご確認ください。

京都市東山区にある鈴木形成外科 小児科は、形成外科と小児科のほか、美容皮膚科や美容外科の診療を行われています。日本形成外科学会認定形成外科専門医が院長を務めており、注力している眼瞼下垂治療では機能性と審美性の両方にこだわられているそうです。

診療では詳細なカウンセリングを実施し、患者さんが抱える加齢による悩みや肌のコンプレックスなど様々な症状に対応するため、複数の治療法を用意されています。また、内側からの美を追求するため、メディカルエステや栄養カウンセリングを取り扱われているそうです。

日曜日と祝祭日以外は診療されています。見た目を重視した眼瞼下垂治療を考えている方は、相談してみてはいかがでしょうか。

鈴木形成外科 小児科
お問い合せ

西宮とくい形成外科(兵庫県)

  • マイナンバーカードの健康保険証利用
  • 予約制
  • 完全予約制
  • 駅徒歩5分以内
  • 西宮とくい形成外科引用 : https://clinic-kurakuen.com/
  • 西宮とくい形成外科引用 : https://clinic-kurakuen.com/

西宮とくい形成外科の特徴

阪急甲陽線 苦楽園口駅 徒歩2分

阪急神戸線 夙川駅 車で3分

兵庫県西宮市南越木岩町11-10 TH医療ビル苦楽園2F

診療時間
10:00~13:00
17:00~19:00
※予約優先制
※14:00〜17:00は施術のみ(完全予約制)

兵庫県西宮市にある西宮とくい形成外科は、形成外科や皮膚科、美容外科、美容皮膚科の診療を行われています。日本形成外科学会認定形成外科専門医が院長を務めており、力を入れている眼瞼下垂症の治療では事前のシミュレーションからアフターケアまで実施されているそうです。

診療では十分な時間をかけてカウンセリングを行われ、患者さんの抱える悩みに寄り添い不安を取り除かれています。また、周囲を気にすることなく快適に受診できるよう、プライバシーに配慮した空間で診療されているそうです。

苦楽園口駅から徒歩2分と近く、予約優先制を採用されています。手術後のケアも考えた眼瞼下垂治療が気になる方は、訪ねてみてはいかがでしょうか。

西宮とくい形成外科
お問い合せ

ひの眼科クリニック(滋賀県)

  • 専門医在籍
  • 英語対応
  • ひの眼科クリニック引用 : https://hinoganka.com/
  • ひの眼科クリニック引用 : https://hinoganka.com/

ひの眼科クリニックの特徴

JR湖西線 堅田駅 徒歩10分

滋賀県大津市本堅田5-9-14

診療時間
9:00〜12:00
16:00〜18:00
★:手術のみ
※第1木曜日の午前中は手術日です。

滋賀県大津市にあるひの眼科クリニックは、眼瞼下垂症の治療や白内障手術、硝子体手術、硝子体注射などの診療を行われています。中でも眼瞼下垂症の治療に力を注いでおり、日本眼科学会認定眼科専門医の院長が治療にあたられているそうです。

気軽に相談できるクリニックとして、治療については専門用語を使用せず丁寧にわかりやすく説明されています。また、眼科疾患を早期に発見し患者さんに適した診療を提供するため、検査室や手術室、リカバリールームなどを設置し、精密な検査ができる機器を取り揃えられているそうです。

受診時に予約する必要はないと言われています。まぶたのたるみや開けづらさで悩んでいる方は、相談してみてはいかがでしょうか。

ひの眼科クリニック
お問い合せ

和歌山けいせい静脈瘤クリニック(和歌山県)

  • クレジットカード可
  • 専門医在籍

和歌山けいせい静脈瘤クリニックの特徴

JR紀勢本線 和歌山駅 徒歩1分

和歌山県和歌山市美園町5-12-1 水了軒ビル3F-B

診療時間
10:00~19:00
※完全予約制
※眼瞼下垂症の診療は木曜日・土曜日となります。

和歌山市にある和歌山けいせい静脈瘤クリニックは、形成外科や血管外科、皮膚レーザー治療などの診療を行われています。日本外科学会認定外科専門医や日本循環器学会認定循環器専門医の資格を持つ医師が在籍しており、眼瞼下垂の治療に力を入れられているそうです。

症状が気になる方からの相談を受け付けており、皮膚レーザー治療以外は手術を含め保険を適用されています。また、体質や年齢であきらめることなく、日帰り治療で機能や見た目を取り戻すことにこだわられているそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。

和歌山駅から徒歩1分と近く、完全予約制で、眼瞼下垂症は木曜日と土曜日に対応されています。まぶたの重さやくぼみで悩んでいる方は、訪ねてみてはいかがでしょうか。

和歌山けいせい静脈瘤クリニック
お問い合せ

おすすめの眼瞼下垂対応クリニック6医院まとめ

相談する医院の選び方や好み、先生との相性などは人それぞれだと思います。ご要望にあわせて、じっくりクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?