眉毛下皮膚切除とは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/26

眉毛下皮膚切除とは

眉毛下皮膚切除とは、眉下を切開して余分な皮膚を切除し、目元をぱっちりと若々しく見せる手術です。軽度の眼瞼下垂や、まぶたの厚ぼったさを改善させることができます。局所麻酔の際に多少の痛みを感じますが、その後は痛みがほとんどありません。
手術を受けることで、目元に自信を持つことができるというメリットがあります。

メリット

・まぶたのたるみや厚ぼったさが解消され、目元がすっきりとした印象になる
・二重幅の左右差の調整がしやすい
・加齢によって狭くなってきた二重幅を広くすることができる

デメリット/副作用

・傷跡が目立たなくなるまでに半年〜1年程度かかることがある(特に術後1ヶ月は傷跡の赤みやむくみが目立ちやすい)
・目の内側の皮膚のたるみが強い場合はこの手術だけでは十分に改善しないことがある
・術後は運動などをすると内出血が悪化するため、抜糸まで安静にしていなければいけない
・術後は一時的に紫の皮下出血や創部の皮下出血が起こる可能性があり、腫れや傷跡が目立つ
・仕事をしている方は抜糸までの1週間休むのが理想だが、難しい場合は最低3日間は休まなければいけない

治療期間

手術後5~7日程度で抜糸し、その後1ヶ月程度は腫れが残ります。

費用相場

保険診療で片側約1万8千円程度です。
保険診療になるのはたるんできた皮膚が黒目にかぶさってきたようなケースで、軽度のたるみは保険が適用されません。

注意点

治療期間や費用は治療内容などによって大きく異なる場合があります。