1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 大阪府
  5. 【2022年】大阪府の副鼻腔炎治療 おすすめしたい7医院

【2022年】大阪府の副鼻腔炎治療 おすすめしたい7医院(1/2ページ)

公開日:2022/07/27  更新日:2022/08/09

大阪府で評判の副鼻腔炎治療対応クリニックをお探しですか?
大阪府には、日本耳鼻咽喉科学会の耳鼻咽喉科専門医が在籍しているなど様々な副鼻腔炎治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、大阪府でおすすめできる副鼻腔炎治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年7月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

大阪府で評判の副鼻腔炎治療対応クリニック7医院

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院(和泉市)

  • バス停留所から徒歩2分

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院photo

アクセス・住所・診療時間

バス:弥生自治会館前 下車 徒歩2分
泉北高速鉄道 和泉中央駅 車で3分
JR阪和線 和泉府中駅 車で9分

大阪府和泉市弥生町2-14-13

診療時間
9:00~12:30
16:00~19:00

※受付時間は8:30~12:30/15:45~19:00となります。
※第5土曜日は休診となります。

【所属・学会など】
・医学博士
・日本耳科学会
・耳鼻咽喉科臨床学会

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院はこんな医院です

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院photo

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院では、鼻茸や蓄膿症、鼻中隔湾曲症、アレルギー性鼻炎といった鼻のトラブルにお悩みの方へ、高品質な医療を提供されています。なかでも副鼻腔炎の治療に注力しており、鼻詰まりやそれに起因する口呼吸、いびきなどの症状や、嗅覚の異常、頭痛といった症状を改善し、QOL(生活の質)を改善することめざしているそうです。副鼻腔炎が通院治療でよくならない場合には、ESSと呼ばれる内視鏡を使用した鼻内下副鼻腔手術にも対応しているそうです。

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院の特徴について

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院photo

・「自分の家族に受診してほしい医院」を目指して!

職員が自分の家族に受診してほしい医院」を目指し、患者さんの目線に立った診療に努められています。医院の取り組みの真価は身近な職員が一番よく理解しているからこそ、その職員が自信をもって家族に受診を薦めることができる医院であることが、医院の質の高さを測るバロメーターと考えているそうです。鼻詰まりによる様々な不快な症状でお悩みの方により快適な生活を送っていただけるよう、辛さに寄り添って粘り強く治療を行われています。

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院photo

・豊富な手術件数と熟練の技術!

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院では、入院を要する鼻・副鼻腔手術を年間で200件以上執刀し、外来で行う手術を含めると年間250件以上の治療を行っており、手術のノウハウや様々な症例の知識が蓄積されています(※HP参照)。内視鏡下鼻・副鼻腔手術についても数多くの経験があり、鼻内視鏡システムや半導体レーザーといった新しい機器を積極的に導入し、大学病院などの高次医療機関にも引けを取らない設備になっているとのことです。日進月歩の耳鼻科医療の分野で、熟練の技術と新しい知識をフル活用して手術を行っており、高解像度のCT装置を使用して安全性の高い手術に努めているそうです。

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院photo

・1泊以上の短期滞在手術にこだわっています!

副鼻腔炎・鼻茸の日帰り手術はあえて行っておらず、安全性の高さにこだわって1泊以上の短期滞在(入院)手術を提供しているそうです。手術には万全を期すために2名以上の経験豊富な医師とナースのチーム体制でリスクを排除することに努めていますが、どんなに高い技術があっても医療は予測不可能な面もあるからこそ、日帰り手術ではなく最低1泊の入院をお願いしており、妥協のない治療が行われています。また、再発防止のためには術後の適切なケアが重要となるため、丁寧な経過観察が行われています。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院の紹介ページ

わたなべ耳鼻咽喉科(大阪市)

  • 駅徒歩4分

わたなべ耳鼻咽喉科photo

アクセス・住所・診療時間

大阪メトロ長堀鶴見緑地線 西大橋駅 2号出口 徒歩4分
大阪メトロ四つ橋線 四ツ橋駅 2号出口 徒歩6分
大阪メトロ中央線 本町駅 23号出口 徒歩7分

大阪府大阪市西区新町1-33-1 OneShinmachiビル1F

診療時間
9:00~12:00
12:00~15:00
16:00~19:00

★:手術
【所属・資格など】
・日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
・耳鼻咽喉科臨床学会
・日本音声言語医学会
・日本鼻科学会
・日本医師会
・大阪府医師会

わたなべ耳鼻咽喉科はこんな医院です

わたなべ耳鼻咽喉科photo

大阪市西区新町にあるわたなべ耳鼻咽喉科は、患者さんとの話し合いを大切に、症状に適した治療の提供に努められています。診療では特に副鼻腔炎の治療に力を入れ、治りにくい慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の治療にも対応されています。青い鼻水が出る、鼻水が喉の奥に垂れて痰になる、頭痛や目の奥の痛みがある、額から鼻にかけての内側や頬の内側に不快感があるなどの症状のある方は、慢性副鼻腔炎の可能性があるそうです。
副鼻腔は外側から肉眼で観察することができないため、レントゲンやCTによって画像検査を行い、精密な診断を行った上で治療を開始されています。慢性副鼻腔炎の治療では主に投薬治療とネブライザー療法を用いており、それでも十分な効果がみられない場合には内視鏡による副鼻腔の手術が行われています。患者さんへの負担を抑えた手術のため、手術が必要となった場合も安心して治療をお任せすることができるでしょう。

わたなべ耳鼻咽喉科の特徴について

わたなべ耳鼻咽喉科photo

・ナビゲーションを導入した精密な慢性副鼻腔炎手術!

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の手術では、閉塞してしまった鼻内の腫れた粘膜やポリープを取り除き、鼻が本来持つ自浄作用を回復させる「内視鏡下鼻内副鼻腔手術」が行われています。従来の手術と比べ切開範囲が小さいため、出血や術後の痛み、顔の腫れなども少なく済むそうです。また、手術をより精密に行うために、ナビゲーションと呼ばれる医療機器を導入されており、安心して受けていただける環境を整えられているクリニックです。

・鼻中隔弯曲症も一緒に治療できる!

鼻中隔と呼ばれる鼻の穴を隔てる壁が左右に歪み、様々な鼻症状を引き起こす鼻中隔弯曲症の治療にも対応されています。検査により鼻中隔弯曲症の可能性があると判断された方は、副鼻腔炎と一緒に治療することができるそうです。
鼻づまりや頭痛・肩こりがある、匂いを感じにくい、鼻血や鼻水がよく出る、注意力が低下した気がするという方は、鼻中隔弯曲症の可能性があるそうです。鼻の症状でお悩みの方は、様々な鼻の病気を治療しているわたなべ耳鼻咽喉科に一度相談してみてはいかがでしょうか。

・他の病院との連携で短期入院が必要な手術にも対応可能!

わたなべ耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術を日帰りで受けていただける体制が整っています(※術前・術後は経過観察が必要です)。局所麻酔を使って短時間で手術を行っているので、患者さんへの負担も軽減されます。
しかし、患者さんの体調や症状の程度によっては、短期入院が必要になることもあるのだそうです。その場合も、他の病院と連携することで、必要な治療にスムーズにアクセスできる体制が整えられています。症状や体調に合わせて適した医療を受けられるのは安心できるポイントですね。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらわたなべ耳鼻咽喉科の紹介ページ

ばば耳鼻科クリニック(門真市)

  • バス停留所から徒歩3分

ばば耳鼻科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

京阪バス:南部市民センター口 下車 徒歩3分
京阪バス:島頭 下車 徒歩5分
京阪バス:門真団地 下車 徒歩5分
大阪メトロ長堀鶴見緑地線 門真南駅 車で5分
京阪本線 大和田駅 車で7分
京阪本線 古川橋駅 車で9分

大阪府門真市横地604-3

診療時間
8:30~11:30
12:30~15:30
15:30~18:30

★:8:30~12:30(第1・第3週のみ診療)
▲:手術
※予約制

【所属・資格など】
・医学博士
・日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医・指導医
・日本アレルギー学会 アレルギー専門医
・難病指定医

ばば耳鼻科クリニックはこんな医院です

ばば耳鼻科クリニックphoto

ばば耳鼻科クリニックは、大阪メトロ長堀鶴見緑地線が通る門真南駅から車で5分の場所にあり、9台分の駐車スペースを完備されています。公共交通機関でお越しの場合は、京阪バスの停留所「南部市民センター口」で下車されると便利です。地域に根ざした耳鼻咽喉科診療を行っており、耳の痛みや聞こえにくさ、鼻詰まり、喉の痛みやいびきの相談など、さまざまな耳・鼻・喉のトラブルに対応しており、なかでも副鼻腔炎の治療に力を入れているそうです。副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれ、鼻の換気と排出を担う副鼻腔がポリープ(鼻茸)や炎症などが原因で塞がってしまったり、膿が溜まってしまうことで鼻詰まりや頭痛といった症状を引き起こす疾患です。ばば耳鼻科クリニックでは、レントゲンやCT、内視鏡を使った検査や血液検査で診断を行い、急性副鼻腔炎の場合は内服療法、鼻腔洗浄で改善を目指されています。症状が継続や反復し慢性副鼻腔炎と判断される場合は、自浄作用を高めるマクロライド系抗生物質の処方や鼻洗浄といった保存的治療を行い、炎症を起こしている粘膜やポリープを除去する手術にも対応しているそうです。

ばば耳鼻科クリニックの特徴について

ばば耳鼻科クリニックphoto

・緑広がる清潔感のある院内!

ばば耳鼻科クリニックはタイル張りの外観で、院内は柔らかな光が差し込みリラックスできるつくりとなっています。辛い副鼻腔炎の症状を抱えて来院する方の気持ちを少しでも楽にできるよう、緑が広がる病院らしくない雰囲気作りに努めているそうです。半個室タイプの診察室を用意しており、一人ひとりの患者さんとじっくりと向き合って診療が行われています。

ばば耳鼻科クリニックphoto

・副鼻腔炎の日帰り手術!

副鼻腔炎手術(内視鏡下鼻・副鼻腔手術)を日帰りで行っており、患者さんに負担の少ない方法で副鼻腔炎の完治を目指されています(※術前・術後は経過観察が必要です)。副鼻腔炎手術は病的な粘膜やポリープを取り除くために歯茎を切開する方法が過去には一般的でしたが、ばば耳鼻科クリニックでは身体への負担を軽減できるよう鼻から内視鏡を挿入する方法を採用し、副鼻腔炎の原因となっている組織を吸引しながら削り取ることができる「マイクロデブリッター」で処置が行われています。また、安全性の高い手術を行えるよう、大きなモニターに患部の様子を映し出す「4K内視鏡カメラ・モニター」を導入しており、術者の視認性が向上して精密な手術が可能となるそうです。また手術と同様に術後治療も重要であり、術後の外来処置でも診察室の常設ベッドで精緻な処置が可能となっています。

ばば耳鼻科クリニックphoto

・安心安全を追求!

ばば耳鼻科クリニックでは、患者さんファーストの診療をコンセプトに日々診療を行っており、「安全安心を最優先にして完治を目指す」「病気に費やす時間を最小限に」「患者さんと接する時間を最大限に」「見える化で共に考え、納得できる医療」「大切な人に勧めたくなる医療」の5つを重視されています。満足度の高い診療を目指し、副鼻腔炎の症状にお悩みの方が病気から解放されてより生き生きと過ごすことができるよう尽力しているそうです。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらばば耳鼻科クリニックの紹介ページ

南大阪蔦耳鼻咽喉科(堺市)

  • バス停留所から徒歩6分

南大阪蔦耳鼻咽喉科photo

アクセス・住所・診療時間

バス:太井南 下車 徒歩6分
南海高野線 北野田駅 車で8分
南海高野線 初芝駅 車で8分

大阪府堺市美原区黒山490-1

診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

★:9:00~11:30
▲:手術日(外来は休診)

【所属・資格など】
・日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
・堺市医師会

南大阪蔦耳鼻咽喉科はこんな医院です

南大阪蔦耳鼻咽喉科photo

堺市美原区黒山にある南大阪蔦耳鼻咽喉科は、技術と設備を追求し、短期滞在での耳鼻咽喉科手術を提供されている耳鼻咽喉科クリニックです。患者さんとのコミュニケーションを密に行うことで、より負担の少ない治療を提供できるよう努められています。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎(花粉症)、慢性中耳炎、声帯ポリープの短期滞在手術をメインに行われており、なかでも副鼻腔炎治療に力を入れられているそうです。
納得のいく治療をより安心して受けていただくために、内視鏡やビデオスコープシステムを活用したわかりやすい説明に努められています。ほかにも、スピーディーな検査が可能なCTスキャナや、医療情報を映し出せるモニターなどの設備も充実しているので、安心して治療に臨めるでしょう。また、院内にはキッズスペースも完備されているので、お子さんも待ち時間を退屈せず過ごせるでしょう。

南大阪蔦耳鼻咽喉科photo

南大阪蔦耳鼻咽喉科の紹介動画

南大阪蔦耳鼻咽喉科の特徴について

南大阪蔦耳鼻咽喉科photo

・独自の「鼻涙管下鼻甲介スウィング法」!

一般的に蓄膿症と呼ばれる副鼻腔炎に対しては、独自に開発した「鼻涙管下鼻甲介スウィング法」による手術が行われています。術後の治癒が比較的早く、効果も長く持続するそうです。
副鼻腔炎は、副鼻腔に粘性の鼻漏が溜まり続けてしまう病気で、鼻漏が喉に落ちていくことで、気管支炎などを併発することもあります。副鼻腔炎でお悩みの方は、一度南大阪蔦耳鼻咽喉科に相談してみてはいかがでしょうか。

南大阪蔦耳鼻咽喉科photo

・関西一円から来院!

「鼻涙管下鼻甲介スウィング法」による手術は、南大阪蔦耳鼻咽喉科で独自に開発した手術法で、関西一円から多くの患者さんが来院されているそうです。お車でのアクセスが容易なインターチェンジ近くに開院されており、46台分の駐車場を完備されているので、広いエリアの患者さんに対応できるサージセンターと言えるでしょう。
また、周辺の医療機関とも積極的に連携を取りながら、機能的な診療ネットワークの構築に努められています。より新しく、質の高い医療を提供するための体制が整備されているのは安心できるポイントですね。

・経験豊富な医師による副鼻腔炎鼻内手術!

副鼻腔炎鼻内手術は、長年にわたり数多くの手術を担当されてきた経験豊富な医師により行われています。クオリティはもちろんのこと、スピード感も重視して短期間で手術を行えるよう努めているそうです。従来の手術では術後に顔の腫れ、しびれなどの症状がありましたが、鼻涙管下鼻甲介スウィング法ではその心配が少なく、術後の治癒が早くなるそうです。ダウンタイムが少ないのはうれしいポイントですね。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら南大阪蔦耳鼻咽喉科の紹介ページ

こにし耳鼻咽喉科(八尾市)

  • 駅徒歩10分

こにし耳鼻咽喉科photo引用:https://www.konishi-ear.com/

アクセス・住所・診療時間

近鉄大阪線 近鉄八尾駅 徒歩10分

大阪府八尾市萱振町1-13-6

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:30

※月曜日~木曜日の13:00~15:30は手術です。
※予約優先制

こにし耳鼻咽喉科はこんな医院です

こにし耳鼻咽喉科photo引用:https://www.konishi-ear.com/

こにし耳鼻咽喉科は2019年3月に開院した比較的新しいクリニックです。院長の小西将矢先生は、患者さんへの負担が少ない低侵襲治療を得意とし、副鼻腔炎の治療も多く扱っているといいます。
院内は段差もなく、靴を脱ぐ必要もないバリアフリー設計になっているので、車椅子やベビーカーでの来院も安心です。キッズスペース、授乳室も準備されており、お子さんを連れた患者さんにも優しい作りになっているようです。
アクセスは、電車なら近鉄・八尾駅から徒歩10分となっています。6台分の専用駐車場があるほか、近隣のコインパーキングも駐車証明書の提示で1時間分の費用を負担してくれるため、お車で来院されてもよさそうです。

こにし耳鼻咽喉科の特徴について

・顕微鏡や内視鏡、CTを使った精密検査!

副鼻腔炎の検査では、顕微鏡や内視鏡を使った視診、菌検査のほか、CTを使って綿密な検査が行われるそうです。CTには座って撮影ができるシステムを導入しており、少しでも患者さんの負担が軽く済むように工夫がされているといいます。
治療は抗生物質を使ったもの、吸入器を使ったものを併せて行われるほか、正しい鼻のかみ方も指導してくれるようです。

・患者さんに負担をかけない日帰り手術!

薬剤を使った治療だけで副鼻腔炎が改善しない場合、ポリープやいらない粘膜を取り除く、日帰り手術も行っているそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。症状が重い場合には片方の鼻ごとに日を分けて手術するなど、極力患者さんに負担がかからない対応を採っているといいます。
手術時間は約1〜2時間で済むらしく、多くの場合3〜4週間で症状も改善するそうです。手術の負担も少ないので、体を動かさないデスクワークなら翌日から働いても大丈夫だとされています。時間がかかるのではないか、痛いのではないかなどと不安をかかえている方は、一度こにし耳鼻咽喉科に相談してみてください。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらこにし耳鼻咽喉科の紹介ページ