新しい機材を使った安心・安全なインプラント治療【愛媛県伊予郡 中矢歯科医院】

中矢歯科医院
中矢歯科医院

歯を失ったときの治療として、入れ歯やブリッジに次ぐ治療法として注目されているインプラント。天然の歯のように噛める見た目が自然に近いといった大きなメリットの反面、「痛みがとれない」「歯が抜け落ちた」といったずさんな治療によるトラブルも報道され、患者さんが治療を受けるかどうかの懸念材料にもなっているようだ。安全で後悔しないインプラント治療とはどのようなものか、今回は愛媛県伊予郡の【中矢歯科医院】の中矢先生に話を伺った。

 

Doctor’s Profile
中矢 賢史
医療法人 中矢歯科医院 院長兼理事長

平成16年日本歯科大学新潟歯学部卒業後、医療法人渡部会一箕歯科医院勤務を経て、平成19年医療法人渡部会ほっと歯科医院院長、平成22年医療法人渡部会一箕歯科医院副院長に。平成24年4月中矢歯科医院を開院、平成28年1月医療法人 中矢歯科医院を開設。日本口腔インプラント学会所属、大阪口腔インプラント研究会所属、日本臨床歯周病学会所属ならびに臨床研修医指導員。

失敗しないインプラント治療は歯科医選びが重要!

インプラントのメリット・デメリットを教えてください。

インプラントは自分の歯に近い機能が回復でき、審美性も優れています。また、人工の歯をしっかり固定して、残っている歯を削ったり、入れ歯のバネのように残っている歯に負担をかけることもありません。
デメリットとしては必ず手術を必要とすること。また、歯ぎしりや食いしばりがある方は、噛み合わせのコントロールが少し難しいかもしれません。というのも、インプラントは歯槽骨に直接くっついています。天然歯は歯槽骨と歯の間に歯根膜があり、髪の毛一本でも噛んでいることがわかります。ただ、メンテナンスで力のコントロールも行っていきますので心配はいりません。

失敗しないインプラント治療は歯科医選びが重要!

インプラントのメリットは十分周知されていると思います。それでも敬遠する人が多いのはどうしてでしょうか。

安全性をないがしろにした一部の治療で失敗した例がクローズアップされ、インプラントは怖いというイメージがついてしまっているのかもしれません。インプラントは高度な技術と正確さが求められる専門性の高い手術です。治療に入る前に、よく調べた上で慎重に歯科医を選ぶことが、失敗しないインプラント治療へのポイントになるかと思います。

インプラントはどの程度の耐久性があるのでしょうか?

どのメーカーのインプラントを使っているかにもよります。きちんとした品質のものを使っていれば20年~30年と長持ちします。適切に治療をして、その後も定期的な経過観察を欠かさなければ、一生にわたって自分の歯のように使える可能性は高いといえるでしょう。

インプラント以外だと、失った歯の代替手段は入れ歯やブリッジです。それぞれのメリット、デメリットについて教えてください。

入れ歯やブリッジは保険が使えて、費用がリーズナブルです。ですが、ブリッジは健康な歯を削る必要があり、そこは大きなリスクだと考えています。入れ歯はブリッジのように削らなくてもいいのが最大のメリットですが、プラスチックなので噛み応えの点でいうと難があります。天然歯の噛み応えを10とすると、入れ歯は5分の1程度の噛み応えしかありません。

先生のところではどのような方がインプラント治療を受けていますか?

年齢的には50代~70代の方が一番多いです。もちろん80歳代という高齢の方がインプラントを希望されることもあります。健康状態が良好な方であれば、安心して受けていただけますので、まずはご相談ください。

まったく歯のない人に対してもインプラント治療はできるのですか?

できます。骨の状態にもよりますが、上顎に5本、下顎に4本以上のインプラントを入れて施術しています。患者さんの要望があれば、骨のあるところにバランスよく4本のインプラントを埋める「オールオン4」治療も行っています。この治療は埋め込む本数も少ないので、費用的にリーズナブルなのが特徴です。

顎の骨の薄い方にインプラント治療は可能でしょうか?

患者さんの状態にもよりますが、顎の骨が薄くても、少しでも残っていれば可能です。自身の骨を最小限切り出して、骨が足りなくなった箇所に移植するボーンクラフトという術式も行っておりますし、人工代用骨を使用して手術することもできます。また、当院で使用しているインプラント体は「ロキソリッド」と呼ばれる従来のチタンにジルコニアを混ぜた非常に強度の高い製品ですので、直径の小さなインプラント体を選択した場合でも破損のリスクがありません。

失敗しないインプラント治療は歯科医選びが重要!

まれに患者さんによってはインプラントを施せないケースがあると聞きました。それはどのような場合なのでしょうか。

心臓手術をされている方は半年以上たってからでないとできません。また抗血栓薬を飲んでいる方や骨粗しょう症などでビスホスフォネート製薬を飲んでいる方は難しい場合もあります。当院では必要に応じて、患者さんが通われている医科と連携を取りながら、手術の時期などを決めています。

新しい機械を使った手術前の正確な診断で治療の質もアップ

中矢歯科のインプラント治療の流れについて教えてください。

まずはカウンセリングで歯に関する悩みや全身の健康状態について聞いていきます。インプラントが可能かどうかCTや口腔内写真を撮影し、大丈夫な場合は患者さんの要望をお聞きしながら、3パターンの治療計画を提案いたします。
患者さんの口腔内の状態によっては、インプラントではなく、入れ歯やブリッジで提案をすることもあります。その際、インプラントのメリット・デメリットはすべて説明し、患者さんが納得されて、はじめて同意書を交わします。
手術前には3Dプリンターで精密なガイドを作製します。手術は日帰りで、約2~3時間かかります。

新しい機械を使った手術前の正確な診断で治療の質もアップ

治療を受ける人にとって一番の恐怖は手術に伴う痛みだと思います。それに関してどのように対処されていますか。

手術に対する不安や恐怖を和らげるため、インプラント手術をされる方には静脈内鎮静法を行っています。全身麻酔のように意識を失うことはなく、リラックスした状態で処置を行うことができます。
骨に厚みを持たせるサイナスリフトなど難易度の高い手術は、連携している大学病院の麻酔科の先生に担当していただいていますので、安心して治療を受けていただけます。

院内に手術室も完備されているのですよね。

そうです。環境にはこだわっていて、目に見えない小さなホコリを完全に取るクリーンエリアを設置しています。感染の原因となるホコリを遮断することで、大病院の手術室のような手術環境を可能にしました。血圧を常時測定するモニタリングマシンや、骨や歯を超音波で切るピエゾサージェリーも導入しています。歯科ユニットに付属の吸引器ではなく、手術用の吸引器で手術時の出血量を確認することができます。また手術専用の無影灯により術野を明瞭に照らすことができます。手術中は必ず手術用ビデオで撮影し、衛生士三人にアシストしてもらっています。

インプラントは治療する医師の技量もさることながら、充実した医療機器も手術をスムーズに行うポイントだと思います。先生のところはどのようなシステムを導入していますか。

当院では松山では数少ないコンピュータ3Dガイド手術をしております。インプラントを埋入してから仮歯や最終補綴物を考察するやり方では、機能性に問題が出ることがあります。しかし、あらかじめ術前に最終補綴物の形態をコンピューター上で作製して、逆算してインプラント埋入部位を決めて仮歯をつくっておくことで、審美性、機能性が飛躍的に改善します。もちろん当院の3Dプリンターで作製することができ、できたインプラント3Dガイド(マウスピースのようなもの)はオートクレーブ滅菌処理をして使用しております。
治療前に計画したインプラント体の位置と手術後に確認した埋入後のインプラント体の位置にズレがないのがなによりの特徴となります。
顔全体を撮影することができる歯科用のコーンビームCT、口腔内スキャンはTrios3(トリオススリー)を導入しています。Trios3は粘土のような材料を口に入れて型取りをすることなく、歯の周囲を先端でなぞるだけで型を取ることができます。模型をつくるのは3Dプリンターの役割です。そして、コンピューターで設計した最終補綴物(うわもの)のデザインを寸分の狂いなく歯の形に仕上げるのがミリングマシンの役割です。ミリングマシンでできたものを焼成器で焼き上げ、技工士の手によって完成させます。かみ合わせがいいのはもちろんですが、美しい色合いと形のうわものを提供することができます。院内生産(メイド・イン・中矢歯科医院)に私がこだわる理由がお分かりいただけるかと思います。非常に精度の高い器械を使って作製したものを当院の技工士が精魂込めて一人一人の患者様に合うように完成させております。だから口の中に馴染むんですよね。

新しい機械を使った手術前の正確な診断で治療の質もアップ

インプラントはどこのメーカーを使用していますか?

インプラントの治療を受けるときに、ポイントにして欲しいのはメーカー選びです。当院では主にストローマン社のインプラントを使用していいます。数多くの論文で良好な結果が報告され、トラブルがあれば永久無償で交換してくれるなど、信用性も高いインプラントブランドメーカーです。実は口腔内スキャナ(Trios3)、3Dプリンターおよびミリングマシンはすべてストローマン社製です。一元化された診療システムは同一系統のソフトで作業ができる点と高精度の点、メインテナンスのしやすさの点で優位性があります。

光機能化など見えない部分にも徹底的にこだわる

施術に際し、先生が特に工夫されているのはどんな点ですか。

インプラントを埋め込んでから人工の歯を装着するまで、当院では従来よりも短い期間を可能にしています。これはインプラント体の表面性状機能を特殊な光を照射することで製造時より何倍も結合能力を向上させた光機能化したインプラントを使用しているからです。
実はインプラントも人間と同じく、製造直後から歳をとっていき、性能が劣化します。(エイジング現象・老化現象)表面に炭素が多く付着し、ネジのくぼみに血液が浸透しなくなるのです。反対に光機能化されたインプラントは、老化現象の原因となっている炭素を取り除くので、骨とインプラント体が強固にくっつくことができます。患者さんにしてみると、光を当てているだけなので目に見えない部分かもしれませんが、そういった細かい部分も徹底的にこだわっています。

光機能化など見えない部分にも徹底的にこだわる

一日で手術が完了することもあるそうですね。

はい。当院では症例によりますが歯の抜歯、インプラント埋入、仮歯の装着のすべてを一日で行うこともあります。手術したその日に自宅に帰ることができ、自分の歯のような感覚でかむこともできます。ただし、ワンデイインプラント治療(即時荷重)はインプラント埋入後に歯接触分析装置(オステルIDx)を用いてISQ値(インプラント安定指数)を計測して70以上の高値(1~100)がでる症例に限ります。

施術後のケアは重要ですか?

とても重要です。インプラント周囲炎は、粘膜の炎症が進んでインプラントを支える骨が溶けてしまう病気です。インプラントは骨が溶けるスピードが天然歯よりも早く、気が付いたら手遅れという場合もあります。
骨とくっついているのでわかりにくく、自分では症状に気が付かないのです。それを防ぐためにも3カ月に一度は来院してもらい、メンテナンスをすることが大切になります。

インプラント治療を安心して受けるためには歯科医選びも重要だと思います。それに対して、先生はどんな見解をお持ちですか。

家から近いという理由で歯科医を選ばないほうがベスト。インプラントは一生に一度の大きな手術です。ちゃんと歯科医師が信念を持って取り組んでいるかどうかが大切です。カウンセリングや検査が充実しているか、院内の衛生管理や設備がしっかりしているかなど、治療前によく調べた上で慎重に歯科医を選びましょう。

光機能化など見えない部分にも徹底的にこだわる

最後に読者へのメッセージがあればお願いします。

歯を失った方に、再度噛む喜びを実感してもらいたい。費用や、保証、治療方法などインプラント治療を検討されている方は不安がたくさんあると思います。当院に来ていただければ、どんな相談にもお答えいたします。インプラントは高度な技術を持った医師が治療にあたれば、一生の価値があります。必ず成功するように、一人ひとりにあった治療計画を提案いたします。

編集部まとめ

インプラントは怖いというイメージがあったのですが、新しい機器を使った正確な診断のもと、中矢先生のように高度な技術を持った専門医にかかればまったく問題がないということがよくわかりました。中矢歯科は口コミで来院する患者も多く、セカンドオピニオンにも積極的に対応されています。インプラントか、入れ歯か、ブリッジかで悩んでいる方は、一度ご自分の歯の状態を診断してもらってはいかがでしょうか。

医院情報

中矢歯科医院

中矢歯科医院
所在地 〒791-3152
愛媛県伊予郡松前町大字永田298番地13
アクセス 伊予鉄郡中線 古泉駅 車で4分
診療内容 歯科一般 歯周病 歯科口腔外科 インプラント治療 他