1. Medical DOCTOP
  2. 症状から調べる
  3. 胃・腸・肛門
  4. 「胃が気持ち悪くなる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「胃が気持ち悪くなる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「胃が気持ち悪くなる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

胃が気持ち悪い時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

マイマイテイリ イマム

監修医師
マイマイテイリ イマム(新宿アイランド内科クリニック 院長)

プロフィールをもっと見る
医師、医学博士。2009年新疆医科大学を卒業し、中国医師免許取得。2014年10月に血液悪性腫瘍の研究を志して、神戸大学大学院に入学。2019年3月に医学博士号と日本医師免許を取得。赤穂市民病院、亀田総合病院などを歴任後、2022年2月新宿アイランド内科クリニック院長に就任。内科全般の疾患を幅広く診療している。

目次 -INDEX-

「胃が気持ち悪い」症状で考えられる病気と対処法

胃の辺りがムカムカして気持ちわるいという症状は誰しも経験したことがあると思います。症状の原因はたくさん考えられますが、胃や腸といった消化管の病気が関わっているケースが多く考えられます。どんな場合に医療機関へ受診を行う必要があるのか解説していきます。

胃が気持ち悪い症状で考えられる原因と治し方

胃の辺りが気持ち悪くて吐き気を催すような症状がある場合には、胃腸炎が最も考えられる病気です。感染や食べ過ぎ、刺激物の摂取などにより胃や腸に炎症が起こり、吐き気や下痢を引き起こす疾患です。
自宅でできる対処法は、市販の吐き気止めを飲んでみるということです。
症状が辛く食事が食べられない場合には早めに消化器内科を受診しましょう。

胃の気持ち悪さ・不快感が続く症状で考えられる原因と治し方

胃がムカムカと気持ち悪く、不快感が継続するような症状がある場合、機能性ディスペプシアという疾患の可能性があります。この病気は原因が究明されていませんが、胃や腸の不快感が慢性的に継続する疾患です。
消化のよい食事を食べることや、市販薬を試してみることが効果的なことがあります。
緊急性はないので日中に消化器内科を受診しましょう。

ストレスで胃が気持ち悪い症状で考えられる原因と治し方

ストレスを強く感じている環境で胃が気持ち悪くなるような症状がある場合には、急性胃炎を考える必要があります。この病気はストレスやピロリ菌感染、薬の副作用などで生じる胃の炎症です。
まずできることはストレスの元となる原因の除去です。休息を取ったり、周りの人に協力してもらうようにしてみましょう。
強い腹痛が合併している時にはすぐに消化器内科を受診することが必要です。

胃が気持ち悪くゲップが出る症状で考えられる原因と治し方

胃が気持ち悪くゲップも出るような症状がある場合には、食道胃逆流症が疑われます。胸やけなどの症状も出ることが多く、胃酸が食道に逆流することによって引き起こされます。
すぐに症状を改善させるのは難しいのですが、食後しばらく経ってから横になったり、寝るときに枕を高くするなどの対策が効果的です。
緊急性はないため、日中に消化器内科を受診するようにしましょう。

胃が気持ち悪く頭痛もする症状で考えられる原因と治し方

胃がムカムカするような気持ち悪さがあり、さらに頭痛も合併しているような症状がある場合、考えられる病気は片頭痛です。この病気は疲労やストレス、気圧の変化などが引き金となり頭痛症状を引き起こす病気です。
症状を改善させるには胃に優しいアセトアミノフェン配合の市販の痛み止めなどを飲むことがお勧めです。
緊急性はないため、日中の脳神経内科・脳神経外科・頭痛外来への受診がよいでしょう。

妊娠初期に胃が気持ち悪い症状で考えられる原因と治し方

妊娠初期に胃が気持ち悪くなるような症状がある場合には、つわり(悪阻)を考えます。
すぐにできる対応としては食事を分割してこまめに食べたり、気分転換に外に出てみたりすることが挙げられます。
症状が辛い時には、かかりつけの産科医に相談するとよいでしょう。

すぐに病院へ行くべき「胃が気持ち悪い」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

食事が取れない場合は、内科へ

気持ち悪さが継続して食事が取れない場合には、身体の維持に必要な水分や電解質、栄養が不足する可能性があるため、医療機関への受診が必要です。原因の精査に加えて点滴などによる水分補給が必要な場合があります。まずは内科へ受診するとよいでしょう。

腹痛が強い場合は、消化器内科へ

胃の気持ち悪さに加えて腹痛が強い場合には胃や腸の炎症が考えられます。前述した急性胃炎でも強い痛みが出たり、また胃潰瘍などでも強い痛みが出る可能性があります。
特に胃潰瘍の程度が酷いと胃に穴が開いてしまうこともあります。早期の治療開始が大切です。まずは消化器内科に受診して原因を検索するのがよいでしょう。

胸痛もある場合は、循環器内科へ

胃の気持ち悪さに加えて胸痛もある場合には心筋梗塞などの重大な病気の可能性があります。緊急的な治療が必要になるため、胸痛が継続する場合はすぐに医療機関に連絡して受診するとよいでしょう。主な診療科は循環器内科です。

動悸がしたり体重が減ったり疲れやすい場合は、内分泌内科へ

胃の気持ち悪さに加えて動悸・息切れ・体重減少・倦怠感・手の震えなどの症状がある場合にはバセドウ病の可能性があります。この病気は甲状腺から出るホルモンが過剰に産生されることで、代謝が亢進して全身の症状が出てくる病気です。
内分泌内科を受診して詳しく検査することをお勧めします。

受診・予防の目安となる「胃が気持ち悪い」のセルフチェック法

  • ・胃が気持ち悪い以外に腹痛の症状がある場合
  • ・胃が気持ち悪い以外に胸焼けのような症状がある場合
  • ・胃が気持ち悪い以外に胸痛の症状がある場合
  • ・胃が気持ち悪い以外に動悸や体重減少といった症状がある場合

「胃が気持ち悪い」症状が特徴的な病気・疾患

ここではMedical DOC監修医が、「胃が気持ち悪い」に関する症状が特徴の病気を紹介します。
どのような症状なのか、他に身体部位に症状が現れる場合があるのか、など病気について気になる事項を解説します。

逆流性食道炎

胃食道逆流症は、胃内容物が食道へ逆流しておこる病気の総称です。発症の原因としては食生活の欧米化、胃酸分泌量の増加、ピロリ菌感染率の低下などです。
対処法としては、過食や脂肪の多い食事を避ける、睡眠前3時間以内の食事は控える、睡眠時に枕を高くするなどですが、酸分泌抑制薬による治療がより効果的です。
胃が気持ち悪い症状と共に胸焼けが続く場合には消化器内科へ受診するとよいでしょう。

胃腸炎

胃腸炎とは、ウイルス感染や過食、刺激物の摂取などにより胃や腸などの消化管に炎症が起こる病気です。気持ち悪さや下痢などが主な症状です。
下痢が多くなることにより脱水が生じる可能性があるので、適切な水分補給が大事です。
症状がひどく食事が全く食べられない場合には消化器内科への受診が必要です。

機能性ディスペプシア(FD)

機能性ディスペプシアとは、内視鏡などの検査では異常がないにもかかわらず、腹部の不快な症状が継続する疾患です。すぐにお腹いっぱいになる、胃の付近が気持ち悪い、胸焼けがするなどが特徴的な症状です。原因は複雑であり、ストレス、生活習慣、内臓の知覚過敏などが複雑に絡み合って発症するとされています。
緊急性はないため、日中に消化器内科を受診するとよいでしょう。

心筋梗塞

心筋梗塞は、心臓を栄養する血管(冠動脈)の動脈硬化などが原因で、閉塞してしまうために発症する病気です。生活習慣病である高血圧や脂質異常症、糖尿病などが危険因子とされ、緊急性の高い病気です。典型的な症状は前胸部の重苦しい痛みですが、胃が気持ち悪いという症状を訴えることもあります。

「胃が気持ち悪い」ときの正しい対処法は?

中脘(ちゅうかん)

胃が気持ち悪い時には、まずは薬局などで買える市販薬を試してみることがいいでしょう。ガスター10®︎や太田胃酸®︎などの胃薬を飲むことで症状が一次的に改善する可能性はあります。しかし胃が気持ち悪いという症状に加えて腹痛があったり、胸痛がある場合には病院で治療が必要な場合が多いため、市販薬を試すよりも早めに医療機関に受診しましょう。
胃が気持ち悪い時には脂肪が多く含まれた食事よりは、和食などのあっさりした食事やうどんなどの喉越しの良い食事がお勧めです。またカフェインやアルコールなどは控え、水やノンカフェインのお茶などを摂取するようにしましょう。
また、喫煙によって胃酸が増加して症状が悪化する可能性があるため、喫煙は控えましょう。
症状を改善するためにツボを押すことなどが効果的である場合もあります。みぞおちと臍の真ん中に当たる中脘(ちゅうかん)を指の腹で優しく押してみるとよいでしょう。
気持ち悪さが強い時にはなかなか運動ができないとは思いますが、普段から適度な運動習慣を心がけることは、胃の不快感を減らすなど健康によい効果があります。適度に運動して夜は早く寝るなど生活習慣を整えることが症状改善につながります。

「胃が気持ち悪い」についてよくある質問

ここまで症状の特徴や対処法などを紹介しました。ここでは「胃が気持ち悪い」についてよくある質問に、Medical DOC監修医がお答えします。

みぞおちが気持ち悪い・不快感があるときの対処法はありますか?

マイマイテイリ イマムマイマイテイリ イマム 医師

まずは消化のよい食事に変更してみる、しっかりと休息をとるなどの対処法をとってみてください。それでも改善しない場合は市販の胃薬などを試してみるのもよいでしょう。

胃がムカムカして気持ち悪いのはどんな病気の可能性がありますか?

マイマイテイリ イマムマイマイテイリ イマム 医師

胃がムカムカして気持ち悪い場合、胃や十二指腸、食道に炎症のある可能性があります。例えば急性胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎などが考えられます。

胃が気持ち悪い時のおすすめの食べ物はありますでしょうか。

マイマイテイリ イマムマイマイテイリ イマム 医師

口当たりが良く、薄味でやわらかいものがよいでしょう。具体的にはスープや豆腐、うどんなどを腹八分目程度まで摂取するとよいでしょう。

朝、胃が気持ち悪い・胃もたれがするのは病院で治療できますか?

マイマイテイリ イマムマイマイテイリ イマム 医師

逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍などの病気が潜んでいる可能性があります。専門的な治療を病院で受けることをお勧めします。

胃が気持ち悪い時、症状が和らぐ寝方はありますでしょうか。

マイマイテイリ イマムマイマイテイリ イマム 医師

気持ち悪い原因が逆流性食道炎の場合には左側を下にして横向きで寝たり、枕を高くして寝ることが有効な場合があります。気持ち悪さと共に胸やけを感じている場合、試してみるのもよいでしょう。

胃が気持ち悪い時は何を飲めばいいでしょうか。

マイマイテイリ イマムマイマイテイリ イマム 医師

常温の水や白湯など刺激の少なく身体を冷やさないような飲み物がよいでしょう。アルコールやカフェイン飲料は症状を悪化させる可能性があるため控えましょう。

まとめ

胃が気持ち悪いという症状は日常生活において多くの人が経験したことのある症状だと思います。胃や腸などの消化管に炎症が起こっている可能性があるため、症状が継続していたり、食事摂取が十分にできない場合には早めの医療機関受診がお勧めです。
症状が辛い時には無理せず早めに医師に相談してくださいね。

「胃が気持ち悪い」で考えられる病気と特徴

「胃が気持ち悪い」から医師が考えられる病気は10個ほどあります。
各病気の症状・原因・治療方法など詳細はリンクからMedical DOCの解説記事をご覧ください。

循環器系の病気

産婦人科の病気

  • つわり(悪阻)

脳神経系の病気

多くの場合、胃や腸といった消化管の病気による影響が考えられます。

「胃が気持ち悪い」と関連のある症状

「胃が気持ち悪い」と関連している、似ている症状は13個ほどあります。
各症状・原因・治療方法などについての詳細はリンクからMedical DOCの解説記事をご覧ください。

関連する症状

「胃が気持ちわるい」症状の他に、これらの症状がある場合も「胃食道逆流症」「胃・十二指腸潰瘍」「機能性ディスペプシア」「急性胃炎」「妊娠悪阻」などの可能性があります。症状が辛い場合には早めの医療機関受診をお勧めします。

ページTOPへ戻る

© Medical DOC.