【2021年】横浜市の下肢静脈瘤治療♪おすすめしたい5医院

公開日:2021/02/02  更新日:2021/02/17

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

横浜市で評判の下肢静脈瘤対応のクリニックをお探しですか?
横浜市は神奈川県の市の一つで、日帰り手術に対応している、治療経験豊富な医師が在籍しているなど、様々な下肢静脈瘤対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、横浜市でおすすめできる下肢静脈瘤対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年2月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

横浜市で評判の下肢静脈瘤対応のクリニック5医院

関内医院

  • 駅徒歩3分
  • 感染症対策強化

関内医院photo

横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅 7番出口 徒歩3分
JR根岸線 関内駅 北口 徒歩4分
みなとみらい線 馬車道駅 徒歩9分
横浜市営バス:馬車道 下車 徒歩1分

神奈川県横浜市中区尾上町5-76 明治屋尾上町ビル3F

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

★:15:00~18:00
▲:10:00~13:00
※一般外来の受付:午前は12:45まで、月曜日・木曜日午後は17:45まで、火曜日・水曜日・金曜日午後は17:00までとなります。
※発熱外来の受付は、火曜日・水曜日・金曜日17:30~(予約制)、土曜日・日曜日は午後適宜予約となります。
※来院前に必ずご予約いただき、当院より指定されたお時間にお越しください。

【所属学会・資格など】
・日本外科学会 外科専門医
・日本脈管学会
・日本血管外科学会
・日本循環器学会
・日本静脈学会
・日本大腸肛門病学会

関内医院はこんな医院です

関内医院photo

横浜市中区尾上町にある関内医院は、人対人の医療をモットーに、苦痛の少ない検査・治療を提供されているクリニックです。横浜市営地下鉄ブルーライン・関内駅の7番出口から徒歩3分、JR根岸線・関内駅の北口から徒歩4分、みなとみらい線・馬車道駅から徒歩9分の場所に位置しており、複数路線利用可能な便利な立地にあるクリニックのため、お近くにお住まいの方だけでなく、沿線にお住まいの方も通っていただきやすいでしょう。バスでお越しの方は横浜市営バスの「馬車道」でお降りください。
診療時間は、午前9時〜13時と午後15時〜19時の二部制です。金曜日午後は15時〜18時、日曜日は10時〜13時の診療となります。土日も診療を実施されているので、平日はお忙しくてなかなかお時間が取れない方も通いやすい診療スケジュールとなっています。土曜日午後、日曜日午後、祝日は休診日です。受診をご希望される方は、お電話で必ず事前にご予約ください。

関内医院の特徴について

関内医院photo

・複数の治療の選択肢から症状に合わせて適切な治療を提供!

下肢静脈瘤の治療には、従来のストリッピング手術と比べて傷が小さく痛みも少ない血管内焼灼術とレーザー焼灼術によるレーザー治療、大腿部やふくらはぎの伏在静脈を抜去する静脈抜去術、ラジオ波により下肢静脈瘤を凝固閉塞させる高周波カテーテルが行われています。患者さんの症状にあった適切な治療を提供されており、これらの組み合わせで治療を行う場合もあるそうです。
また、新しい治療法として2019年12月に保険適用となったグルー治療も実施されています。
グルー治療は瞬間接着剤を静脈に注入することによって逆流を防ぐ治療法です。
従来の治療法と比較して、合併症のリスクが抑えられ、静脈を焼かず、局部麻酔になる為、痛みも少なく済むそうです。
関内医院では下肢静脈瘤の手術に秀でた先生が複数名在籍しており、患者さんの症状に合わせて、豊富な選択肢が用意されている為、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

関内医院photo

・診療科の枠を超えて多角的に患者様をサポート!

下肢静脈瘤の治療では、TLA麻酔と呼ばれる局所麻酔と静脈麻酔を組み合わせた日帰り手術(※術前・術後は経過観察が必要です)が行われており、仕事が休めない方や入院を望まない方に便利です。また、関内医院では、皮膚科、動脈硬化症診療などの血管に関する外科、循環器内科の3つの領域から、診療科の枠を超えて多角的に患者さんをサポートされています。総合医療により、難症の治療を可能にし、再発性の高いものや合併症のリスクにも即座に対応することができるそうです。

関内医院photo

・知識・経験・実績が豊富!

院長は、日々進歩する医学の知識・技術を得るために積極的に学会活動に参加されており、日本外科学会、日本脈管学会、日本血管外科学会、日本循環器学会、日本静脈学会などに所属し、2018年にはアメリカ静脈学会でAbstract Grant Winner(特別賞)を受賞された経歴をお持ちです。
知識・経験・実績が豊富な医師による下肢静脈瘤手術をご希望の方は、関内医院にご相談することをおすすめします。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら関内医院の紹介ページ

つなしま医院

  • 駅徒歩1分

つなしま医院photo

東急東横線 綱島駅 東口 徒歩1分

神奈川県横浜市港北区綱島東1-6-10 T'sBRIGHTIA綱島301

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜15:30
17:30〜18:30

★:9:30~11:00(不定休)
※予約優先制

【所属・資格など】
・日本外科学会 外科専門医
・日本血管外科学会
・日本心臓血管外科学会
・日本静脈学会
・日本脈管学会
・日本フットケア学会

つなしま医院はこんな医院です

つなしま医院photo

横浜市港北区綱島東にあるつなしま医院は、足首・ふくらはぎ・太ももなどに生じる内側下肢静脈瘤の治療を得意とされています。些細なことでも相談できる話しやすい雰囲気作りを心がけ、アットホームな雰囲気を大切にしているそうです。地域のホームドクターになれるようなクリニックを目指し、下肢静脈瘤治療のほか、一般的な内科診療、外科診療、血管外科、循環器内科、消化器内科、肛門科などに幅広く対応されています。
最寄駅は東急東横線の綱島駅で、東口から徒歩1分のアクセスで、駅からすぐの通いやすい場所に位置しています。祝日は休診、日曜日は不定休となっています。

つなしま医院の特徴について

つなしま医院photo

・下肢静脈瘤を専門的に治療する女性医師が在籍!

つなしま医院の院長は、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医かつ、日本外科学会認定の外科専門医の資格をもつ女性医師で、専門性の高い診療が行われています。大学病院で心臓血管外科に入局し、血管外科、 下肢静脈瘤の治療を専門的に診療されてきた、豊富な経験に基づく質の高い治療を提供されています。足首やふくらはぎ、太もも内側に欠陥が浮き出てボコボコしていたり、足が重い、だるいと感じる方は、一度つなしま医院に相談してみてはいかがでしょうか。受診をご希望の方は、来院前に必ずお電話にてお問い合わせください。

つなしま医院photo

・日帰りで下肢静脈瘤手術が受けられる!

下肢静脈瘤の日帰り手術に対応されています(※術前・術後は経過観察が必要です)。手術は一般的に片足30分〜1時間ほどで終了するそうで、麻酔は静脈麻酔、局所麻酔にて行い、手術中に痛みが出る場合は追加投与もできるため、手術に伴う痛みが不安な方も安心して手術を受けていただけます。
また、下肢静脈瘤切除にともなう傷をできるだけ小さくするために、約1mmの細いレーザーファイバーを用いて傷を目立ちにくくする工夫がされています。下肢静脈瘤でお悩みの方や、気になる症状のある方は、つなしま医院への受診をおすすめします。

つなしま医院photo

・フットケアをトータルで診断!

つなしま医院では、様々な診療科目に対応されているため、他の標榜科とも連携をとりながら、1つのクリニックでフットケアをトータルに診断・治療することが可能です。
トータルな診断・治療ができるのは、つなしま医院ならではですので、足に気になる症状があり悩んでいる方も、安心して受診していただけるでしょう。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちらつなしま医院の紹介ページ

横浜静脈瘤クリニック

  • 駅徒歩3分

横浜静脈瘤クリニックphoto引用:https://www.sbc-kekkan.com/

JR各線 横浜駅 西口 徒歩3分

神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル4階

診療時間
10:00~19:00

※予約制

横浜静脈瘤クリニックはこんな医院です

横浜静脈瘤クリニックは、JR各線・東急東横線・横浜市営地下鉄ブルーライン・相鉄線「横浜駅」西口より徒歩3分と、複数路線からのアクセスが大変良好です。
診療時間は10:00~19:00、休診日は日曜日・月曜日です。平日の19時まで診療、土曜日・祝日も診療されているので、学校帰りや仕事帰りなど、ご自身のライフスタイルに合わせて通いやすいですね。予約制で診療を行われているため、事前に診療予約を取ってからの来院をおすすめいたします。診療予約はお電話はもちろん、医院HPより24時間のWeb診療予約にも対応されています。
下肢静脈瘤の治療を得意とされているクリニックで、知識と経験豊富な医師が在籍されています。

横浜静脈瘤クリニックの特徴について

・負担が少ないレーザー治療!

横浜静脈瘤クリニックの下肢静脈瘤治療では、患者さんの負担が少ないレーザー治療を採用されています。
「エルベス1470」という新しいレーザー機器を導入されていて、これは従来の機器よりも術後の痛みや内出血が少ないのだそうです。また、治療時間も20分前後でメスを入れずに行えたり、術後に歩いて帰宅することができたりと、お体への負担が少ないことも特徴です。
レーザー治療をお考えの方は、相談してみてはいかがでしょうか。

・セカンドオピニオンを行われています!

横浜静脈瘤クリニックでは、下肢静脈瘤治療についてのセカンドオピニオンを行われています。
院長は日本外科学会の外科専門医、日本脈管学会の脈管専門医という資格をお持ちで、下肢静脈瘤に関する知識と経験が豊富なので、安心して下肢静脈瘤に関する疑問点や不明点を質問することができますね。
他にも、医療用のストッキングを処方していただくこともできるそうなので、下肢静脈瘤でお困りの方は相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら横浜静脈瘤クリニックの紹介ページ

横浜血管クリニック

  • バス停留所から徒歩1分

横浜血管クリニックphoto引用:https://yokohama-kekkan.com/span>

バス:岡野町 下車 徒歩1分
JR各線 横浜駅 西口 徒歩7分

神奈川県横浜市西区岡野1-14-1 横浜メディカルセンタービル2階

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

※予約制

横浜血管クリニックはこんな医院です

横浜血管クリニックphoto引用:https://yokohama-kekkan.com/

横浜市西区岡野にある横浜血管クリニックは、横浜駅の西口から徒歩7分ほどの場所に位置している横浜メディカルセンタービルの2階にあるクリニックです。バスでお越しの方は、「岡野町」でお降りになると便利です。提携駐車場を完備しているので、お車での通院も可能です。
診療時間は、午前9時〜13時と午後14時〜18時の二部制です。土曜日も診療を実施されているので、平日お忙しい方でも通いやすい診療スケジュールとなっています。金曜日・日曜日・祝日は休診日です。予約制での診療となりますので、事前にお電話かメールにてご予約ください。
血管外科、循環器内科の診療が行われており、下肢静脈瘤の日帰り治療(※術前・術後は経過観察が必要です)にも対応されています。

横浜血管クリニックの特徴について

・症状やご希望に合わせた下肢静脈瘤治療!

下肢静脈瘤の治療方法は、弾性ストッキングによる圧迫療法、注射による硬化療法、弁不全を起こしている静脈を引き抜くストリッピング手術、静脈の中に細い光ファイバーを通すレーザー治療と大きく分けて4種類の治療法があり、症状、病気の段階、患者さんのご要望などを踏まえて決定されています。
下肢静脈瘤は、一度発症すると自然に治ることはない病気です。進行性疾患のため、症状がある方は、一度横浜血管クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

・レーザー治療の日帰り手術を実施!

レーザー治療は、日帰り手術で実施されています(※術前・術後は経過観察が必要です)。経験豊富な血管外科を専門とする医師により、新しい保険適応のレーザー治療機器を使用して手術が行われており、従来の外科手術に比べ傷痕がほとんど残らず目立ちにくいそうです。ガイドワイヤーやレーザーファイバーなどの体内に入る部分は全て使い捨てとなっており、感染のリスクも少ないため安心です。
保険治療の範囲内で治療を受けたい、短期間で治療を終わらせたいという方は、まずは横浜血管クリニックにご相談ください。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら横浜血管クリニックの紹介ページ

長津田ファミリークリニック

  • 駅徒歩1分

JR横浜線・東急田園都市線 長津田駅 南口 徒歩1分

神奈川県横浜市緑区長津田5-4-1 長津田クリニックビル2階・3階

診療時間
9:00~13:00
16:00~19:30

▲:15:00~18:00
★:9:00~11:45/14:00~16:45
※皮膚科は診療時間等が異なります。

長津田ファミリークリニックはこんな医院です

長津田ファミリークリニックは、JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」南口より徒歩1分の場所にあります。
診療時間は9:00~13:00/16:00~19:30、水曜日の午後は15:00~18:00、土曜日は9:00~11:45/14:00~16:45、休診日は日曜日・祝日です。待ち時間や混雑が気になる方は、あらかじめお電話で診療予約を取ってからの来院をおすすめいたします。
下肢静脈瘤の治療はもちろん、内科・皮膚科・内視鏡検査・禁煙外来など、さまざまな年代の患者さんのお体に関する幅広い診療に対応されているため、家族の「かかりつけ医」として地域に根付いた診療を行われています。

長津田ファミリークリニックの特徴について

・痛みに配慮した治療!

長津田ファミリークリニックの下肢静脈瘤の治療では、 弾性ストッキングによる圧迫療法・硬化療法・限局的ストリッピング手術(静脈瘤抜去術)・レーザーストリッピング手術などの幅広い治療法から、一人ひとりに合わせた治療を行われているのだそうです。
注射を行う際は痛みを和らげるテープを貼ったり、手術が必要な場合は笑気麻酔を導入されていたりと、痛みに配慮した治療を受けることができるそうなので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

・レーザーストリッピング手術を導入!

長津田ファミリークリニックでは、レーザーストリッピング手術を導入されています。
ELVeS 1470nm 半導体レーザー」というレーザー機器を導入されていて、従来の治療に比べて皮膚を切開せずに治療を行うことができたり、合併症が少ないことが特徴なのだそうです。また、限局的ストリッピング手術では、傷が1か所で済む新しい手術法も導入されているのだそうです。
負担の少ない治療をお探しの方は、受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら長津田ファミリークリニックの紹介ページ

おすすめの下肢静脈瘤対応のクリニック5医院まとめ

相談する医院の選び方や好み、先生との相性などは人それぞれだと思います。ご要望にあわせて、じっくりクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?