1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 神奈川県
  5. 【2022年】神奈川県の内視鏡検査 おすすめしたい7医院

【2022年】神奈川県の内視鏡検査 おすすめしたい7医院

公開日:2022/03/08  更新日:2022/09/20
神奈川県の内視鏡検査 おすすめしたい医院

神奈川県で評判の内視鏡検査対応のクリニックをお探しですか?
神奈川県には、経鼻内視鏡検査に対応しているなど様々な内視鏡検査対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきたインタビューなどの情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、神奈川県でおすすめできる内視鏡検査対応のクリニックをご紹介いたします。
※2022年9月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

ドクターによる動画をYouTube配信中!

神奈川県で評判の内視鏡検査ができる7医院!

道躰クリニック梶原(鎌倉市)

  • バス停留所から徒歩3分

道躰クリニック梶原photo

アクセス・住所・診療時間

江ノ電バス:梶原 下車 徒歩2分
京浜急行バス:山の上ロータリー 下車 徒歩5分
JR横須賀線・JR湘南新宿ライン 鎌倉駅 車で8分
JR各線 大船駅 車で8分
JR東海道線・JR湘南新宿ライン 藤沢駅 車で10分

神奈川県鎌倉市梶原2-34-1

診療時間
9:00~12:00
14:30~17:00
胃内視鏡検査大腸内視鏡検査
9:00~12:00
14:30~17:00

※予約なしに当日検査も行えます。
※吐血・下血・異物誤飲等の緊急検査にも対応します。

【対応検査項目】
大腸内視鏡検査
胃内視鏡検査
・経鼻内視鏡検査
・麻酔を用いた(静脈内鎮静法)内視鏡検査

道躰クリニック梶原はこんな医院です

道躰クリニック梶原photo

鎌倉市梶原の道躰クリニック梶原は、鎌倉駅より車で8分の場所にあり、地域に根ざしたホームドクターとして日々診療が行われています。公共交通機関でお越しの場合は、江ノ電バスの停留所「梶原」または京浜急行バスの停留所「山の上ロータリー」で下車されると便利です。内視鏡検査に力を入れており、痛みに極力配慮した検査を行っているそうです。初期段階のがんはご自身では自覚症状がないケースも多いため、胃の痛みや下痢、便秘などにお悩みの場合はもちろん、現時点では困った症状はないという場合も、定期的な検査で病変の有無をチェックするのがおすすめです。特に40歳以上になると胃がんや大腸がんの発症リスクが高くなると言われており、道躰クリニック梶原では定期的な内視鏡検査を継続していただけるよう、麻酔下検査の実施や新しい内視鏡システムの導入で患者さんのご負担の軽減に努めているそうです。日本消化器内視鏡学会専門医が検査を担当しており、熟練の手技に裏打ちされた痛みの少ない検査が期待できます。

道躰クリニック梶原の紹介動画

道躰クリニック梶原の特徴について

道躰クリニック梶原photo

・苦痛に配慮した内視鏡検査!

内視鏡検査の痛みや嘔吐反射などを懸念してつい受診から足が遠のいてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。道躰クリニック梶原では、胃カメラを口から挿入する際の嘔吐感を緩和できるよう、鼻から極細のスコープを挿入する経鼻内視鏡検査を実施されています。また、静脈麻酔でウトウトとした状態で検査を行うことや鎮静剤を使用した検査も可能で、麻酔の量も患者さんごとに細かく調整しているそうです。大腸カメラにおいても痛みが比較的少ない軸保持短縮法という挿入方法で検査を行い、大腸が伸びる際の痛みや違和感を緩和しており、吸収率の良い炭酸ガス送気システムを使用して検査後の不快なお腹の張りや圧迫感なども軽減できるよう心がけられています。

・新しい内視鏡検査機器を使用!

道躰クリニック梶原では、わずかな病変や炎症なども見逃さない精密な内視鏡検査を目指し、オリンパス社製の新しい内視鏡検査機器「EVIS LUCERA ELITEを導入されています。外径5.4mmという細さでありながら、高精細な画像で消化器の病変を観察することができ、通常光では判別が難しいような微細な異常も短時間で発見できるNBIも導入しているそうです。また、検査に伴うリスクを徹底的に排除できるよう使用機器の洗浄や消毒にも注力されています。オリンパス社製の内視鏡用洗浄消毒器「OER-4」で検査機器を衛生的に管理し、病原体への感染リスクを軽減しているそうです。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら道躰クリニック梶原の紹介ページ

うちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科(川崎市)

  • バス停留所から徒歩2分

うちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科photo引用:https://www.uchiyama-naika.com/

アクセス・住所・診療時間

バス:南加瀬住宅前 下車 徒歩2分
JR横須賀線・JR湘南新宿ライン 新川崎駅 車で5分

神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目5番3号 トキワクリニックビル2階

診療時間
9:00~12:00
12:30~15:30
16:00~18:30

★:内視鏡検査
※日曜日の内視鏡検査は月1回の完全予約制となります。

うちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科はこんな医院です

うちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科photo引用:https://www.uchiyama-naika.com/

うちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科で診療にあたる院長は、日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医・指導医であり、内視鏡内科の診療に力を入れているそうです。
鎮静剤を使用し、患者さんに対して負担が少ない内視鏡検査が行われています。大腸の内視鏡検査では、体の吸収されやすい二酸化炭素を使用してお腹を膨らませることで腹部の張りの軽減を図っています。また、無送気軸保持短縮法を用いて内視鏡を挿入することでスムーズに挿入し、痛みが少なくなるように工夫しているそうです。
内視鏡検査の前処置などはプライバシーが守られた個室で実施されます。また、検査が終わった後はストレッチャーのままリカバリールームに移動して休むことが可能です。土曜日・日曜日の検査にも対応しているため、平日は仕事が忙しい方も検査を受けやすいでしょう。

うちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科の特徴について

・新しい機器を使用した内視鏡検査!

2種類のレーザーを使って検査を行える新しい内視鏡が導入されています。解析度が高いうえに画像補正機能も付いているため、検査環境によって画像に映り込みが起こったとしても速やかに修正することが可能だそうです。
内視鏡の画像を大型ハイビジョンモニターに映し出して鮮明な画像を確認しながら検査が行われるので、小さな病変も早期に発見できるでしょう。

・大腸のポリープ切除術に対応!

大腸ポリープがあった場合には、内視鏡を使用してサイズや形、ポリープの位置などを調べた後で切除できるかの検討がなされています。
可能であれば日帰り切除に対応しており、電流ではなく金属製の器具を使用して切除するコールドポリペクトミーや、薬を使用して電流で焼き切る内視鏡的粘膜切除術を実施するそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。がん化する可能性のあるポリープを早く取り除くことができるでしょう。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらうちやま南加瀬クリニック 内科・内視鏡内科の紹介ページ

消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニック(藤沢市)

  • 駅徒歩3分

消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックphoto引用:https://fujisawa-egacl.com/

アクセス・住所・診療時間

JR東海道本線 藤沢駅 徒歩3分

神奈川県藤沢市藤沢530-10 F.S.Cビル3階302

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★:検査のみ
※初診受付終了時間は午前~12:00・午後~18:00です。

消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックはこんな医院です

消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックphoto引用:https://fujisawa-egacl.com/

消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックは、内視鏡検査を気軽に行えるようにすることで、地域医療の質を高めることを目指しているクリニックです。
中でも力を入れている内視鏡内科では、内視鏡室専属の受付スタッフを配置しているそうです。胃がんや大腸がんの早期発見を目指した、鼻や口からの胃内視鏡検査と大腸検査が実施されています。
内視鏡検査は忙しい方も気軽に実施できるように、12時30分からというお昼休みの時間を活用した検査枠も用意されています。また、藤沢市胃がん検診を受ける方は、隔年で内視鏡検査が可能だそうです。病気の早期発見・早期治療を行うためにも、消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックでの検診を検討してみてはいかがでしょうか。

消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックの特徴について

・負担の少ない内視鏡検査を実施!

内視鏡では薬を使用し、眠っているような状態での検査を行うことにより、患者さんにとって苦痛の少ない検査となるよう努めています。また、大腸の検査の際に使用する下剤に不安を感じている患者さんが安心できるように、下剤を服薬することでの負担が少なくなるよう考慮されています。
胃と大腸の検査を同日に行うことで忙しい方でも検査を受けやすくするなど、患者さんの負担を軽減できるよう努めているそうです。

・病理検査を活用した丁寧な診断!

内視鏡検査は日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医・指導医の院長により実施されています。経験をいかして病変を見逃すことのないように丁寧に検査がなされます。
ポリープがあった場合には切除して病理検査へ提出することで、がんのリスクが潜んでいないか病理医による確認を行っているそうです。院長と病理検査を担当した機関の病理医の2名の医師による診断が行われているため、もしもの時には病気を早期に発見することができるでしょう(2021年11月現在)。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら消化器と内視鏡の内科 藤沢えがしらクリニックの紹介ページ

あつぎ内視鏡・内科クリニック(厚木市)

  • 駅徒歩3分

あつぎ内視鏡・内科クリニックphoto引用:https://www.atsugi-naishikyou.com/

アクセス・住所・診療時間

小田急線 本厚木駅 北口 徒歩3分
バス:本厚木バスセンター 下車 徒歩3分

神奈川県厚木市中町3-12-1 厚木国際ビル7F

診療時間
9:00~12:00
15:30~17:30

※第1・第3・第5土曜日は休診です。
※予約制

あつぎ内視鏡・内科クリニックはこんな医院です

あつぎ内視鏡・内科クリニックphoto引用:https://www.atsugi-naishikyou.com/

あつぎ内視鏡・内科クリニックは、内視鏡を活用し胃癌や大腸がんの早期発見に努めているクリニックです。
日本消化器内視鏡学会専門医である院長による検査時の診断に加え、内視鏡画像自動診断システムを活用したAIによる画像診断も実施されています。小さな病変も見逃すことがないよう細心の注意を払って検査を行っているそうです。
検査で使用する内視鏡スコープの長さや太さは、ひとりひとりの患者さんの身体に合わせたものが選択されています。忙しい患者さんのニーズに応えるために胃と大腸の内視鏡検査を同日に行ったり、受診した当日に内視鏡検査を行ったりしているそうです。待合室やリカバリースペースが用意されているので、患者さんも検査の前後を快適に過ごせるでしょう。

あつぎ内視鏡・内科クリニックの特徴について

・下剤を飲まない内視鏡検査を提供!

大腸内視鏡検査のために大量の下剤を飲むのが苦痛だと感じている患者さんに向けて、下剤を飲まずに実施可能な内視鏡検査が提供されています。鼻からチューブを挿入して下剤を流し込む方法と、胃内視鏡検査を行った際に下剤を直接注入する2通りの方法があるそうです。
鼻にチューブを挿入する方法では麻酔薬を使用することで、チューブを入れた際の違和感が少なくなるような工夫が行われています。

・不快感の少ない大腸内視鏡検査!

空気ではなく水を使用する水浸法による大腸内視鏡検査により、検査後に感じるお腹の張りなどの違和感を少なくすることができるそうです。また、水によってスコープの滑りが良くなり、大腸にスムーズに挿入することができるでしょう。
比較的痛みの少ない検査が行えるため、使用する麻酔の量も抑えることができるそうです。少量の麻酔で検査が行えるので、患者さんの身体の負担を減らすことができます。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらあつぎ内視鏡・内科クリニックの紹介ページ

高田消化器・内科クリニック(大和市)

  • 駅徒歩5分

高田消化器・内科クリニックphoto引用:https://www.takadaclinic.jp/

アクセス・住所・診療時間

小田急江ノ島線・東急田園都市線 中央林間駅 徒歩5分

神奈川県大和市中央林間6-11-15

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

★:15:00~17:00
※受付終了は10分前までとなります。

高田消化器・内科クリニックはこんな医院です

高田消化器・内科クリニックphoto引用:https://www.takadaclinic.jp/

高田消化器・内科クリニックは、丁寧な説明や診療を心がけているクリニックです。日本消化器内視鏡学会専門医・指導医として、院長が自ら胃や腸の内視鏡検査を実施し、必要があればポリープの切除も行っています。
内視鏡は、胃がんや大腸癌などの病気を早期発見する検査目的だけでなく、アニサキスの虫体を摘出するといった治療にも使用されています。鎮静剤を使用して眠ったような状態で検査をすることができるので、内視鏡検査で辛い経験をしたことがある方も安心して検査を受けられるでしょう。
忙しい方のため、内視鏡検査は午前中だけでなく午後からも受け付けており、働き盛りの方も検査を受けやすい環境が整えられています。また、小田急線中央林間駅から5分と、アクセスも良好です。

高田消化器・内科クリニックの特徴について

・検査方法に合わせたスコープの使用!

高田消化器・内科クリニックでは、求める検査画像の質や検査方法に合わせて、患者さんごとにスコープの種類を選択しているそうです。鼻から内視鏡を挿入する場合には、通常よりも細いスコープが使用されています。
また、大腸の検査には、小さな病変を見落としにくい高画質なものが使用され、スコープの硬度を変えることができる機能も付いているので、大腸のカーブもスムーズに挿入できるそうです。

・ポリープの病理検査にも対応!

スネアという器具と高周波を使用して、ポリープの切除が実施されています。ポリープの種類によっては生理食塩水をポリープ近くに注入してポリープを切除しやすくするひと手間を加えるなど、ポリープの種類に合わせた切除方法で治療が行われています。
ポリープはがんの初期症状である可能性も考えられるため、病理組織検査を行い、がんの早期治療が行えるようにも努めているそうです。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら高田消化器・内科クリニックの紹介ページ

しみず扇町クリニック(小田原市)

  • 駅徒歩5分

しみず扇町クリニックphoto引用:https://shimizu-ougicho.com/

アクセス・住所・診療時間

伊豆箱根鉄道大雄山線 井細田駅 徒歩5分

神奈川県小田原市扇町3-13-15-1F

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※平日14:00~15:00は大腸内視鏡検査を行っています。

しみず扇町クリニックはこんな医院です

しみず扇町クリニックphoto引用:https://shimizu-ougicho.com/

しみず扇町クリニックでは、体の不調を訴える患者さんに対して迅速に治療が提供できるよう、内視鏡検査に力を入れているそうです。胃・大腸内視鏡の検査は、日本消化器内視鏡学会専門医である院長により行われています。
病気の早期発見を目的とした内視鏡検査に加え、健康診断などの検査で要検査となった方の再検査や病気の経過観察のための検査にも対応しているそうです。
院内は定期的に換気や消毒を行い、清潔な環境が保たれています。内視鏡についても使用する毎に機器を使用した消毒が実施されており、滅菌した清潔な器具が検査で使用されています。大腸内視鏡検査は、木曜日を除く平日の14~15時に実施されているそうです。食欲不振や血便など気になる症状がある方は相談してみてはいかがでしょうか。

しみず扇町クリニックの特徴について

・病気の早期発見のための内視鏡!

しみず扇町クリニックでは、がんなどの病気の早期発見のための内視鏡検査が実施されています。胃がんは症状を感じてから検査すると病気が進行している場合があるそうです。
また、大腸がんの場合も、がん検診で通常行われる便潜血検査では異常がなくても安心できないそうなので、定期的な大腸内視鏡検査胃内視鏡検査が重要だと言えるでしょう。40歳以上の方は、定期的に内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。

・苦痛の少ない内視鏡検査!

患者さんにとって負担の少ない内視鏡検査となるように工夫されています。胃内視鏡検査では、嘔吐反射などの苦痛を軽減するため、鼻から挿入する検査を実施したり、検査前に咽頭に麻酔を行ったりしているそうです。
また、大腸内視鏡検査では体に吸収されやすい炭酸ガスを使用することで、腹部の不快感の軽減が図られています。細くて柔らかい内視鏡を使用してスムーズに挿入することによっても、負担の少ない検査を目指しているそうです。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらしみず扇町クリニックの紹介ページ

せいの内科・内視鏡クリニック(横浜市)

  • 駅徒歩2分

アクセス・住所・診療時間

横浜市営地下鉄ブルーライン 上永谷駅 徒歩2分

神奈川県横浜市港南区丸山台1-5-7 上永谷医療ビル4F

診療時間
9:00~12:00
16:30~18:00

※平日・土曜日の14:00~16:30は内視鏡検査を行っています。
※内視鏡検査、各種検診、予防接種は予約制となります。

せいの内科・内視鏡クリニックはこんな医院です

せいの内科・内視鏡クリニックは、患者さんに寄り添った医療の提供を目指しているクリニックです。
消化器内科では、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医の院長により、食道や胃、十二指腸、直腸、大腸、盲腸などの炎症やがんといった病変の有無を調べる内視鏡検査が行われています。
内視鏡検査の経験が豊富なので、患者さんにとって苦痛の少ない検査が受けられるでしょう。内視鏡検査で辛い思いをしたことのある方も、安心して検査を受けることができます。また、病気を早期に発見することで、がんだった場合にも早期治療が行えるでしょう。ピロリ菌に感染したことのある方や気になる症状がある方は、定期的に検査を受けてみてはいかがでしょうか。

せいの内科・内視鏡クリニックの特徴について

・患者さんが検査方法を選択!

胃カメラの検査を行う際には、口から挿入する方法と、鼻から挿入する方法の二通りがあるそうです。それぞれの検査方法にはメリットとデメリットがあるので、丁寧な説明がなされています。
経鼻内視鏡は嘔吐反射が少なく患者さんの負担が少ないのに対して、経口内視鏡では鎮静剤を使用することで寝ているうちに検査が終了するそうです。患者さん自身が、希望の検査方法を選択すると良いでしょう。

・日帰りでのポリープの切除を実施!

腸の内部を拡大しつつ、特殊な光を使用して検査する機能の付された新しい内視鏡を使用した検査が提供されています。検査中の色の変化や粘膜の状態を丁寧に観察することで、小さなポリープを発見することが可能だそうです。加えて発見されたポリープが腫瘍性であれば、検査中に切除がなされています。
ただし、一般的には検査中には切除しない有茎性のポリープであっても、内視鏡で切除できる大きさのものである場合には、出血などの危険があるため切除を行っているそうです。日帰りでの治療なので忙しい方も検査を受けやすいでしょう(※術前・術後の経過観察が必要です)。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらせいの内科・内視鏡クリニックの紹介ページ

おすすめの内視鏡検査対応クリニック7医院まとめ

内視鏡検査を受ける医院の選び方は人それぞれだと思いますが、神奈川県には様々な選択肢があることがわかりました。胃カメラは負担が少ない経鼻内視鏡に対応している、大腸の内視鏡検査に対応しているなど、、、ご要望にあわせて、じっくりクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?