EVIS LUCERA ELITEとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

EVIS LUCERA ELITEとは

EVISLUCERAELITEとは、オリンパス社の最新式の上部・下部内視鏡システムです。
従来の内視鏡システムの課題を克服するべく、使いやすさの向上・高精度画像の実現・操作性向上などが実現されています。
この製品は、従来製品を大幅に上回る高精細画像かつノイズの低減により鮮明になっています。
さらに、画角が170度ある、オリンパス社独自の狭帯域光観察(NBI)技術も進歩しており、従来の暗いという欠点を改善し、奥までより明るく観察することが出来るようになりました。
結果的に、従来製品より早期ガンでも早期発見がし易くなっている最新式内視鏡機械です。
観察システム以外にも、大腸ビデオスコープでは3層からなるシャフトの構造の見直し等により角に突き当たると自動的に曲がるシステムを開発しています。
大腸内視鏡検査時の患者さんの痛みは、腸が押されたり伸びたりすることが原因の多くを占めていましたが、その負担を軽減すべく、しなやかにシャフトが奥に進むように設計が見直されています。

メリット

・患者さんの負担が少ない
・拠点病院で使用されている最新機器であり、操作がしやすく病変の早期発見能力が高い

デメリット/副作用

・検査によって必ず全ての病変が発見できるわけではない

検査期間

通常の大腸内視鏡の検査時間と同じ、通常15~25分程度かかります。また、事前に下剤で大腸内を空にする時間が2~3時間程度必要です。

費用相場

健康保険適用で3割負担の場合は5千円程度(診察代金や薬代金は除く)ですが、組織採取やポリープ除去等あれば最大3万円程度の費用がかかります。使用する機種による費用差はありません。

注意点

検査期間や費用は、医療機関や検査内容などによって大きく異なる場合があります。