【2021年】港区の眼科♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/06/15  更新日:2021/07/07

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

港区で評判の眼科をお探しですか?
港区は東京都の区のひとつで、日曜診療や、夜間診療に対応しているなど様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、港区でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

港区で評判のおすすめ眼科6医院!

六本木 柴眼科

  • 駅徒歩1分

六本木 柴眼科photo引用:https://roppongi-shiba-eye.com/

東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩1分

東京都港区六本木1-7-28 落合麻布台ビル2F

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

※最終受付は午前午後とも終了の30分前です。
※予約優先制

六本木 柴眼科はこんな医院です

六本木 柴眼科photo引用:https://roppongi-shiba-eye.com/

六本木柴眼科は、東京都港区にある眼科診療医院です。東京メトロ南北線、六本木一丁目駅の2番出口より出て徒歩1分の、落合麻布台ビルの2Fに入っている、非常に通いやすい立地の診療医院です。

地域に根差した医療機関を目指し、多様な生活環境の患者様が来院しやすい環境を整えているそうです。一般的な目のお悩みから専門的な症状まで幅広く対応しています。

診療にあたっては、初診時の段階において患者様およびご家族からじっくりとお話をうかがい、相談を経た上で立てられた、適切な診療計画をに沿って治療を進めていくそうです。また電子カルテシステムを導入することにより、質の高い診療の提供と受付から会計までの時間短縮が可能になったとのことです。

六本木 柴眼科の特徴について

・良好な視界のお手伝い!

六本木柴眼科では、メガネおよびコンタクトレンズ処方の際には、単純な視力の度数検査だけではなく、詳細な診療による、視力低下の原因を把握した上での処方を行っています。病気のリスクは治療の可能性などを見極め、眼鏡の必要性や異なる診療方法の可能性などを判断し、適切なアドバイスを行っているそうです。

また中高年の方の老眼は、目の疾患の可能性など、さまざまな症状が隠れていることが少なくないので、ぜひ早めに相談をしてほしいとのことです。視力低下にお悩みの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

・いつも快適な目のために!

六本木柴眼科では、アレルギー性結膜炎やドライアイなどの、現代において多くの人が悩まされている症状の診療を行っています。高齢化およびコンタクトレンズ人口の増加、スマートフォンの長時間利用などにより、乾きや疲れ、目に見える異変などを感じたら、早めに受診してほしいとのことです。

また、毎年のようにひどい花粉症に悩まされている場合は、症状が現れる前の初期療法が行えるそうです。以上のような症状でお悩みの方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら六本木 柴眼科の紹介ページ

白金眼科クリニック

  • 駅徒歩1分

白金眼科クリニックphoto引用:https://shirokane-eye.com/

東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線 白金高輪駅 徒歩1分

東京都港区白金1-17-2 白金タワーテラス棟1F

診療時間
9:00~13:00
14:30~17:30

白金眼科クリニックはこんな医院です

白金眼科クリニックphoto引用:https://shirokane-eye.com/

白金眼科クリニックは、東京都港区にある歯科診療医院です。東京メトロ南北線「白金高輪駅」4番出口より徒歩1分の、白金タワー テラス棟1Fに入っている、非常に通いやすい立地の診療院です。

モットーとして、患者様お一人おひとりにご納得いただける、丁寧で分かりやすい説明を心がけて治療を進めています。手術が必要な場合においては、希望される施設および近隣の大学病院の紹介も行っているそうです。

また、健康診断による眼科検診において、何らかの異常などの診断が出された際には、病気のリスクや緊急性などを自分で判断せず、まずは相談してほしいとのことです。詳しい診療を受けるかどうかでお悩みの方は、活用してみてはいかがでしょうか。

白金眼科クリニックの特徴について

・小さなお目目も守ります!

白金眼科クリニックでは、小児診療において、目の仕組みが発達し切っていないお子様を対象にした相談を受け付けています。特に小さなお子様の目のトラブルは、外見からは分かりにくく見過ごされがちになるため、しぐさや目の周りの状況から兆候を見つけてあげることが大切になります。

テレビを前の方で見ている、目の大きさが変化したように感じる、まっすぐに走れない、などの症状が見られる場合、疾患の可能性があるかもしれないそうです。お子様の目のことでお悩みの方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

・健康な目で、いつも元気に!

結膜および角膜の疾患は、現代の生活環境の変化などにより、ますます患者とその予備軍が増えつつあるとのことです。白金眼科クリニックでは、さまざまな目の疾患についての診療を行っています

コンタクトレンズが原因の角膜の障害およびドライアイ、近年増加傾向にある、ハウスダストによる通年性アレルギー、花粉症、ものもらいなど、一過性のものから継続した治療が必要とされる症状まで対応しています。目に関するトラブルでお悩みの方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら白金眼科クリニックの紹介ページ

近隣エリアのおすすめクリニック[PR]

新馬場眼科新馬場眼科

富永クリニック眼科

  • 駅直結

富永クリニック眼科photo引用:https://eyewill.org/

都営地下鉄三田線 内幸町駅 A4b出口 直結
各線 新橋駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 徒歩7分

東京都港区西新橋1-3-1 西新橋スクエア3F

診療時間
10:00~13:00
14:30~18:30

富永クリニック眼科はこんな医院です

富永クリニック眼科photo引用:https://eyewill.org/

富永クリニック眼科は、港区の西新橋スクエア3階にあるクリニックです。眼精疲労や老眼、花粉症、白内障、緑内障の治療、メガネとコンタクトレンズの処方などさまざまな診療が実施されています。

院長は、アメリカのニューヨークにある眼科センターに留学していた経験があります。帰国してからは、眼科クリニックの副院長や院長として、眼科診療にあたられてきました。

目についての情報と医療の提供に力を注いでいるそうです。近年はテレワークの増加で眼精疲労が悪化しているそうですので、お困りの方はぜひ相談されてみてください。

富永クリニック眼科の特徴について

・眼底の三次元的な画像解析が可能!

目の下の方の眼底を診ることで、眼底出血、網膜剥離、黄斑変性などの病気が見つかることがあります。従来の眼底解析診断では、二次元的な画像解析・もしくは医師の主観による診療が主流だったそうです。

富永クリニック眼科では、眼底三次元画像解析装置が導入されています。客観的なデータをもとに診断でき、分かりやすい画像で説明できるそうです。瞳孔を開かない検査も可能とのことですので、お仕事前に受診することもできるでしょう。

・お子さまの斜視・弱視の治療に対応!

お子さまの目の異常は、早期発見・早期治療が大切だそうです。特に小さなお子さまは、自分の見え方がおかしいことに気づくことが難しいといわれています。検診などで問題がみられた場合は、速やかに富永クリニック眼科に相談して欲しいとのことです。

クリニックは内幸町メディカルモールの一角にありますので、他の診療科も一緒に受診したいときにも便利でしょう。お子さまの斜視・弱視の治療をお考えの方は、一度富永クリニック眼科に相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら富永クリニック眼科の紹介ページ

眼科スターアイクリニック

  • 駅徒歩1分

眼科スターアイクリニックphoto引用:https://www.starseye.com/

東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅 11番出口 徒歩1分

東京都港区赤坂2-11-15 第二堀内ビル4階

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00

※予約優先制

眼科スターアイクリニックはこんな医院です

眼科スターアイクリニックphoto引用:https://www.starseye.com/

港区の眼科スターアイクリニックは、一般的な眼科診療をはじめ、お子さまの近視抑制や緑内障・白内障の治療、コンタクトレンズの処方などを実施しているクリニックです。

健康診断で多い流作業のような診療はせず、患者さんの不安を解消できるように医師やスタッフが責任を持って治療にあたってくれます。「温かい医療」にこだわり、コミュニケーションを重視しているそうです。

また、「数よりもケア」の考えのもと、1日の手術数を抑え、患者さん一人ひとりへのケアの時間を大切にされています。アフターフォロー体制も万全だそうです。手術のときも安心して任せることができるのではないでしょうか。

眼科スターアイクリニックの特徴について

・機能性だけでなく審美性にも配慮した眼瞼下垂手術!

眼瞼下垂とは、目を普通に開いているつもりなのに、まぶたが黒目にかかってしまう状態のことをいいます。後天的な原因には、メイク、ハードコンタクトレンズの長期使用、アレルギーなどがあるそうです。

眼科スターアイクリニックでは、眼瞼下垂の日帰り手術に対応されています。(※術前・術後の経過観察が必要です)患者さんの症状に合わせて、皮膚切開と眼瞼挙筋の短縮を組み合わせているそうです。機能性だけでなく、見た目の美しさにもこだわられています。

・無縫合の白内障手術!

港区の眼科スターアイクリニックの白内障手術では、切開はわずか2.4mmで済むそうです。血管には触れないため出血する可能性はほとんどないといわれています。また、傷口を縫う必要もないそうです。

手術時間は10分ほどで、患者さんへの身体への負担も少ない点も嬉しいポイントでしょう。港区で眼科をお探しの方は、安心の手術を提供している眼科スターアイクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら眼科スターアイクリニックの紹介ページ

鴨下眼科クリニック

  • 駅徒歩1分

東京メトロ日比谷線 六本木駅 2番出口 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線 六本木駅 4b出口 徒歩2分

東京都港区六本木7-15-14 塩業ビル4F

診療時間
9:00~12:30
14:30~18:00

※第2・第4土曜日は休診です。
※最終受付は終了の30分前です。

鴨下眼科クリニックはこんな医院です

鴨下眼科クリニックは、幅広い眼科診療を提供している港区六本木のクリニックです。一般的な眼科診療のほか、糖尿病眼合併症に対するレーザー治療や白内障手術、眼瞼下垂手術、網膜硝子体手術などに対応されています。

地下鉄日比谷線六本木2番出口よりすぐの便利な立地にあります。六本木ヒルズからも近く、ビジネスパーソンの方も通いやすいのではないでしょうか。パソコン作業をする方に多い眼精疲労やテクノストレスの検診も可能とのことです。

そのほか、レーザーを活用して血行を促進するスーパーライザー治療やまぶたのけいれんを抑える治療などにも取り組まれています。総合的な眼科診療に対応されていますので、気になることがあれば何でも相談することができるでしょう。

鴨下眼科クリニックの特徴について

・就寝時に行える近視矯正治療を提供!

鴨下眼科クリニックでは、近視矯正治療の1つオルソケラトロジーが実施されています。就寝時に特殊な形をしたハードコンタクトレンズを装着し、角膜の形を矯正する方法だそうです。

手術に抵抗感のある方や裸眼でスポーツを楽しみたい方などにおすすめされています。お子さまの近視進行の抑制にもお使いいただけるそうです。近視でお悩みの方は、一度鴨下眼科クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

・日本眼科学会の医師による診療!

鴨下眼科クリニックの院長は、日本眼科学会の眼科専門医に認定されています。都内の中核病院にて、眼科部長として診療に従事されていた経験もあるそうです。緑内障や角膜疾患の治療にも対応されています。

経験豊富な医師が治療・手術を担当していますので、安心感があるのではないでしょうか。常に患者さんの立場に立ち、丁寧な説明を行い、納得の上で診療することを心がけているそうです。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら鴨下眼科クリニックの紹介ページ