水晶体再建術とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

水晶体再建術とは

水晶体再建術とは、白内障に対して行われている白内障手術の術式です。主に、加齢が原因によって濁った水晶体を眼内レンズに置き換える手術です。
顕微鏡を用いて行う繊細な手術ではありますが、局所麻酔によって痛みが少なく、早い場合は10分程度で終了してその日のうちに帰宅できます。高齢になれば誰もが受ける手術であるといっても過言ではないほど症例数が多く、保険も適用されます。

メリット

・手術時間が短く患者さんへの負担が少ない
・日帰り手術を行うことができるので、生活への負担が少ない
・眼内炎や網膜剥離など別の病気を発症するリスクが少ない

デメリット/副作用

・水晶体再建術を行うと老眼のような状態になってしまうことがある
・左右の目で見え方に差が出ることがある
・周囲の景色が、青みがかったり、まぶしすぎたりする可能性がある
・眼内の状態によってはこの手術を行うことができない可能性がある

治療期間

現手術は30分から1時間ほどで完了します。日帰り手術も可能となっており、翌日には視力が回復していることもあります。手術後1週間〜数ヶ月間は傷口から菌などが入らないように気をつける必要があります。

費用相場

水晶体再建術は保険適用を受けることができます。日帰り手術の場合、費用相場は17000円~45000円です。入院を伴う場合は2~5万円が相場となっています。

注意点

治療期間や費用は治療内容などによって大きく異なる場合があります。