FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を市区町村から探す
  4. 東京都
  5. 【2024年】東京都の緑内障治療 おすすめしたい14医院

【2024年】東京都の緑内障治療 おすすめしたい14医院(1/3ページ)

 更新日:2024/06/12
東京都の緑内障治療 おすすめ医院

東京都で評判の緑内障治療対応クリニックをお探しですか?
東京都には、日本眼科学会の眼科専門医が在籍しているなど様々な緑内障治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめの緑内障治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2024年06月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判の緑内障治療対応クリニック14医院!

しおどめ眼科(港区)

  • 駅徒歩1分

しおどめ眼科photo

アクセス・住所・診療時間

都営地下鉄大江戸線 汐留駅 徒歩1分
ゆりかもめ 汐留駅 徒歩2分
都営地下鉄浅草線 新橋駅 徒歩3分
JR各線 新橋駅 徒歩4分
東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩5分

東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B1F

診療時間
10:00〜13:30
15:00〜18:30

★:17:00~18:30は内科外来の診療も行います。
▲:10:00~15:00(第2・第3・第5週は休診となります。)
※受付は診療終了15分前までとなります。

【所属・学会など】
・日本眼科学会 眼科専門医

しおどめ眼科はこんな医院です

しおどめ眼科photo

しおどめ眼科は、視野が狭くなったり、視界に異常が見られる「緑内障」の治療に注力されています。40歳以上の方の約20人に1人が緑内障と考えられていますが、発症していても自身で眼の違和感に気付くことはほとんどないと言われており、定期的な検査による早期発見が重要なのだそうです。
都営地下鉄大江戸線・ゆりかもめ線の汐留駅と、JR各線の新橋駅からも好アクセスで、通院に便利な立地です。平日だけでなく土曜日も診療(第2・第3・第5は休診)されているので、様々なライフスタイルの方がご都合に合わせて通院しやすいのではないでしょうか。お電話はもちろん、医院HPより24時間対応のインターネット予約も受け付けられています。まぶたの腫れや眼の痛みといった突発的なトラブルや、眼精疲労やドライアイなどの慢性的なお悩み、加齢に伴う視界の異常などにも対応されているので、気になる症状のある方は、しおどめ眼科へご相談ください。

しおどめ眼科の特徴について

・網膜断層検査(OCT)など検査機器が充実!

しおどめ眼科では、自覚症状がほとんどないとされる緑内障に対し、網膜の状態を断層ごとに分けて詳細に検査できる網膜断層検査(OCT)や、視野の異常の有無・緑内障の進行度合いを調べる視野検査などの機器を導入し、緑内障の早期発見・早期治療を目指されています。網膜断層検査(OCT)は、緑内障はもちろん網膜に関する様々な疾患の検査にも役立つそうです。緑内障と聞くと、「失明する場合もある疾患」というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、早期に治療を行うことで日常生活に支障がない程度に症状を抑えることもできるそうなので、現時点では視界の異常などの症状はないという方も、しおどめ眼科で定期的な目のチェックを受けてみてはいかがでしょうか。

・日本眼科学会の眼科専門医!

しおどめ眼科の院長や在籍する医師は、日本眼科学会・眼科専門医の資格を持つ、眼科診療のスペシャリストで、大学病院などで培った豊富な臨床経験と深い知識を活かした緑内障の治療が行われています。信頼できる医師のもとで治療に臨みたいという方も安心して治療をおまかせできるのではないでしょうか。視力の低下や眼の霞みといった視界の異常をお感じの方はもちろん、疾患の早期発見や、眼の健康を維持するための定期検診を受けたいという方は、眼科専門医による診断が行われているしおどめ眼科への受診をおすすめします。
また、カレッタ汐留の地下1階にある医院ですので、お仕事やご予定などに合わせて通院できるのも嬉しいポイントです。院内にはおむつベッドも設けられており、小さなお子さまをお連れの方も安心して受診できるでしょう。

もう少し詳しくこの緑内障治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらしおどめ眼科の紹介ページ

はしだ眼科クリニック(品川区)

  • 駅直結

はしだ眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

JR山手線・東京メトロ南北線・東急目黒線 目黒駅直結

東京都品川区上大崎2-16-9 アトレ目黒1-4F

診療時間
10:00〜13:00
14:30〜19:00

※予約制
※受付は、午前は診療終了30分前まで、午後は診療終了60分前までとなります。
※混雑を避けるために、受付を早めに終了することがございます。
※新型コロナの感染拡大、災害時、学会などのため、診療時間の急な変更、臨時休診をする場合がございます。

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科手術学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本緑内障学会

はしだ眼科クリニックはこんな医院です

はしだ眼科クリニックphoto

品川区上大崎にあるはしだ眼科クリニックは、緑内障治療に力を入れている眼科クリニックです。早期発見のための検診や、レーザー光凝固装置を使用した緑内障治療に対応されています。視野を狭く感じたり、部分的に見えない部分が生じるなど、緑内障と思われる症状でお悩みの方は、はしだ眼科クリニックへご相談ください。また、アトレ目黒内にあるクリニックで、土日祝日も診療を行われているので、様々なライフスタイルの方が通いやすい眼科クリニックと言えるでしょう。火曜日は手術日、水曜日は術後の患者さんの完全予約制での診療となります。予約制での診療が行われているため、あらかじめインターネットかお電話でご予約の上で受診をお願いいたします。

はしだ眼科クリニックの特徴について

はしだ眼科クリニックphoto

・多数の検査機器を導入し早期発見・早期治療!

緑内障は、早期では自覚症状がないことが多く、進行すれば失明する可能性もある疾患と言われています。そのため、早期発見が非常に重要となり、はしだ眼科クリニックでは、眼圧検査や眼底検査はもちろん、新しい検査機器を多数導入することでより精密な検査の提供に努められています。
ハンフリー自動視野計や、眼の奥の網膜をミクロン単位で断層撮影し、微細な変化を捉えることができる光干渉断層計「OCT、無散瞳で広範囲の眼底を確認出来るミランテなどが導入されています。また、視野検査が苦手な方でも簡単に楽に計測できるimoと呼ばれる視野計も導入し、緑内障が発見された場合は、レーザー網膜光凝固の装置も完備しているので、早期治療も行えるそうです。検査から治療までスピーディーに対応してくれるのは安心できるポイントです。

・日本眼科学会眼科専門医による専門性の高い診療!

院長は、日本眼科学会認定の眼科専門医の資格をもつ医師です。眼科専門医は、眼科に関する様々な検査・治療・手術について十分な知識と経験を持つ医師である証であり、日本眼科手術学会や日本白内障屈折矯正手術学会、日本緑内障学会などの複数の学会に所属し、日々進歩する医療について研鑽を積まれているので、専門性の高い治療を受けることができるでしょう。
緑内障は、40歳をすぎると20〜30人に一人が罹っていると言われており、末期になるまでほとんど自覚症状のでない疾患なのだそうです。はしだ眼科クリニックでは、少しでも眼に違和感や異常を感じている方に早めに受診していただくのはもちろん、40代以降の方は自覚症状のない場合でも、1年に1度のペースで検診を受けることを推奨されています。

もう少し詳しくこの緑内障治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらはしだ眼科クリニックの紹介ページ

日暮里眼科クリニック(荒川区)

  • 駅徒歩すぐ

日暮里眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

JR各線・京成本線 日暮里駅 北改札口 徒歩すぐ
日暮里・舎人ライナー 日暮里駅 徒歩すぐ

都営バス:日暮里駅 下車 徒歩すぐ

東京都荒川区西日暮里2-19-4 たちばなビル2F

診療時間
10:00~13:00
14:30~19:00

★:14:30~18:30
※第2・第4火曜日は18:00に受付終了になります。
※年末年始は休診です。
※初コンタクトレンズ、散瞳検査、眼鏡処方ご希望の方は、診療終了60分前までに受付をお願いしております。

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本緑内障学会
・日本小児眼科学会
・日本弱視斜視学会
・日本網膜硝子体学会
・日本眼科医会

日暮里眼科クリニックはこんな医院です

日暮里眼科クリニックphoto

日暮里眼科クリニックは、土曜日・日曜日・祝日も診療を行う眼科クリニックで、緑内障の治療に注力されています。緑内障の専門外来を受け付けており、「患者参加型の医療」をコンセプトに日々診療を行っているそうです。医師による一方的な診療ではなく、患者さんと二人三脚での緑内障治療を目指し、目のかかりつけ医として些細なことも相談していただけるような関係構築に努められています。2021年7月現在、4名の視能訓練士が常勤し、大学病院などの高次医療機関のような検査を実施できる体制を整えられています。24時間のインターネット予約に対応されており、院内には再来自動受付機を導入し、待ち時間の負担を軽減できるよう配慮しているほか、お会計のための自動精算機も導入しているそうです。また、日暮里駅よりほぼ直結の医院で交通アクセスも良く、待ち時間を有効活用できるようホームページ上でリアルタイムの診察番号を確認できるようになっているなど、様々なライフスタイルの方が通院しやすい環境を目指されています。

日暮里眼科クリニックphoto

日暮里眼科クリニックの特徴について

・大学病院並みの検査機器による緑内障の早期発見・早期治療と適切な緑内障フォローアップ

日暮里眼科クリニックの院長は、総合病院や医療センターの眼科医として臨床経験を重ね、日本眼科学会認定の眼科専門医の資格をお持ちの先生です。日本緑内障学会に所属し、緑内障についての知識と治療技術について現在も研鑽を積み、緑内障の患者さんに丁寧で分かりやすい診療を行い、症状の改善を目指されています。また、院内には緑内障の進行度合いを検査し、早期発見にも繋がる「全視野投影型視野計」を導入されており、静的視野・動的視野を測定し、緑内障による視野の欠損具合を詳細に把握することに努めています。緑内障の治療をお考えの方は、眼科専門医による診療が受けられる日暮里眼科クリニックへご相談ください。

もう少し詳しくこの緑内障治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら日暮里眼科クリニックの紹介ページ

うえだ眼科クリニック(杉並区)

  • 駅目の前

うえだ眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

西武新宿線 下井草駅 南口 目の前

東京都杉並区下井草3-41-1 パロ下井草2F

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

★:9:00~13:00
▲:手術のみ
※受付は診療終了30分前までとなります。

【所属・資格など】
・医学博士
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本医師会
・東京都眼科医会
・日本網膜硝子体学会
・日本眼科手術学会

うえだ眼科クリニックはこんな医院です

うえだ眼科クリニックphoto

杉並区下井草にあるうえだ眼科クリニックは、「見える喜びを、いつまでも」を合言葉に、地域の皆さんの目の健康をサポートされている眼科クリニックです。「快適・安心・わかりやすい医療の提供」、「総合病院に劣らない診断と治療」、「職員一同、一致団結したチーム医療」を心がけられています。
一般的な眼科診療のほか、特に緑内障の治療に力を入れているそうです。緑内障は日本の失明原因第一位である疾患であり、40歳以上の30人に1人が緑内障にかかっていることが明らかにされています。初期段階では自覚症状がないため、早期発見・早期治療が非常に重要です。うえだ眼科クリニックでは定期的な検診に加え、適切な治療ができる体制を整えており、眼圧を下げるための点眼治療のほかに、白内障手術と同時に行う低侵襲緑内障手術(MIGS)にも対応されております。患者さんのライフスタイルや病状に応じて治療方針を決めていくそうですので一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

うえだ眼科クリニックphoto

うえだ眼科クリニックの特徴について

・低侵襲緑内障手術(MIGS)に対応!

緑内障は眼圧の上昇より、視神経とその周囲の網膜血管を圧迫され、視神経に障害が発生して視野が欠損することで起こる病気です。一般的には緑内障の進行の抑制のため、眼圧を下げる点眼治療が行われます。うえだ眼科クリニックでは点眼治療のほかに、低侵襲緑内障手術(MIGS)併用の白内障手術に対応されており、白内障手術時にアイステントといわれる微小な金属片を目の組織に埋め込むことで眼圧を下げる効果が期待できるそうです。身体に負担が少なく、点眼に頼らない新しい緑内障治療の選択肢としても注目されている治療法です。気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。

・経験豊富な眼科専門医による診療!

院長は日本眼科学会認定の眼科専門医であり、防衛省の医師や杉並区の中核病院の眼科で勤務されたご経験をお持ちの、経験豊富な眼科医です。緑内障治療の点眼治療や、低侵襲緑内障手術(MIGS)併用の白内障手術に数多く携わってきたほか、白内障手術、眼瞼手術、加齢黄斑変性などに対する抗VEGF硝子体注射などを通して、開業医の枠を超えたスタイルで、地域医療への貢献を目指されています。また、患者さんを自分の家族だと思って治療方針を決定することを診療スタンスとされています。説明と同意を大切に、快適・安心・わかりやすい医療の提供に努められているので、安心して受診していただくことができるでしょう。

・利便性の高いクリニック!

うえだ眼科クリニックは、西武新宿線が通る下井草駅の南口の目の前に位置しています。下井草駅から徒歩1分以内という好立地のため、買い物帰りやお仕事帰りにも通いやすいのではないでしょうか。バスをご利用になれば、荻窪駅・石神井公園駅・阿佐ヶ谷駅方面からもお越しいただきやすいクリニックです。
また、Japan Taxiのアプリを導入されているので、クリニック入り口のエレベーターホール前にタクシーを呼ぶことも可能です。目の手術後なども安心してご帰宅いただくことができるでしょう。

もう少し詳しくこの緑内障治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらうえだ眼科クリニックの紹介ページ

三枝眼科医院(葛飾区)

  • 駅徒歩8分

三枝眼科医院photo

アクセス・住所・診療時間

京成本線・京成上野線 青砥駅 徒歩8分
京成バス:テクノプラザかつしか 下車 徒歩1分

東京都葛飾区青戸5-8-10

診療時間
9:00〜12:30
15:00〜18:30


【経歴】
平成4年 獨協医科大学大学院卒(医学博士)、東京慈恵会医科大学医局入局
平成10年 医療法人社団慈成会三枝眼科医院 副院長就任
平成21年 医療法人社団慈成会三枝眼科医院 理事長・院長就任
平成23年 医療法人社団慈成会よつぎ眼科クリニック(分院)開設

三枝眼科医院はこんな医院です

三枝眼科医院photo

葛飾区青戸にある三枝眼科医院は、「患者様のために。地域の眼科医療発展のために。」をモットーに、開業以来50年以上に渡り地域の方々の目の健康をサポートされてきた眼科クリニックです。赤ちゃんからご年配の方まで、幅広い年代の患者さんに安心して受診していただけるよう、豊富な診療メニューを用意されており、日帰り白内障手術(※術前・術後は経過観察が必要です)、硝子体注射、緑内障レーザー手術、レーシック手術などの眼科領域手術をはじめ、小児眼科、斜視・弱視治療、各種コンタクトレンズ処方、眼鏡処方などの眼科診療が提供されています。
特に緑内障治療に力を入れており、点眼薬による眼圧コントロールと、レーザー治療により、目の機能を温存できるよう尽力されています。視野検査装置や眼底カメラを用いて丁寧に検査、治療を行うことで、眼科疾患の早期発見を行い、地道な治療で悪化を防止できるよう努められています。
クリニックは、京成線が乗り入れる青砥駅から徒歩8分の場所にあり、駅から徒歩で通える便利な立地環境に位置しています。院内はバリアフリー設計となっているため、小さなお子さんからご年配の方まで安心して受診していただくことができるでしょう。

三枝眼科医院photo

三枝眼科医院の特徴について

・SLT緑内障レーザー治療!

YAGレーザーを使って隅角にある繊維柱帯にレーザーを照射し、目詰まりを改善させることで房水の流れを正常に戻していくSLT緑内障レーザー治療を提供されています。SLT緑内障レーザー治療は、点眼薬を試しても眼圧が十分に下がらない場合や、視野障害などの進行が止まらない場合などに用いられる治療法です。レーザー治療は痛みが少なく、5分程度で治療を完了できるため、目の手術に強い恐怖心をお持ちの方も受けていただきやすいのではないでしょうか。治療後は、眼圧を測定して正常範囲であることを確認してからご帰宅となります。
まずは点眼薬や内服薬を用いて眼圧をコントロールする治療が行われているので、手術治療に抵抗感のある方も、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。

・OCT検査で緑内障の早期発見!

40歳以上の20人に1人が緑内障であるという報告もあり、40歳を超えている方で近視が強い場合にはOCT検査を受けることを推奨されています。OCT検査では、網膜のむくみ、出血の範囲・深さ、視神経の状態を精密に診断することが可能となっています。緑内障によって欠けてしまった視野を取り戻すことはできないため、検査によって早期発見、早期治療が行えるのは安心できるポイントと言えるでしょう。保険適用内で行える検査のため、費用面の負担が少ないのも嬉しいですね。

もう少し詳しくこの緑内障治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら三枝眼科医院の紹介ページ

八王子友愛眼科(八王子市)

  • 駅徒歩5分

八王子友愛眼科photo

アクセス・住所・診療時間

JR各線 八王子駅 徒歩5分

東京都八王子市横山町22-3 メディカルタワー八王子5F-8F

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:00

★:9:30~16:00
※予約優先制

八王子友愛眼科はこんな医院です

八王子友愛眼科photo

東京都八王子市の八王子友愛眼科は、八王子駅から徒歩5分の距離にあり、提携駐車場を利用すればお車でも通いやすいアクセス良好な医院です。診療は基本的に予約制を採用されているので、待ち時間も少なく、気軽に通えるのではないでしょうか。平日は毎日17時半まで、土曜も15時半まで診療を行われているため、ご予定に合わせて通院できるのは嬉しいポイントです。

緑内障治療では、症状の進行を防ぐための点眼やレーザー治療を行い、どうしても眼圧が下がらない場合には、手術治療での対応をしているそうです。

緑内障によって失われた視野は取り戻すことはできないため、見える範囲が狭くなってきたなど少しでも緑内障の疑いがある場合には、すぐに受診することをおすすめします。予約は電話やインターネットに対応されており、お問い合わせはLINEでもできるそうです。

八王子友愛眼科の特徴について

八王子友愛眼科photo

・充実した検査機器を導入!

八王子友愛眼科では、さまざまな症状に合った検査機器を導入されています。緑内障の検査にはHFA(ハンフリーフィールドアナライザー)を視野の測定に使用されており、患者さんごとに予測された進行スピードや将来の状態に合わせて治療法を選択されているそうです。

緑内障の検査にかかる時間は片眼で5分程度だそうなので、視野が狭くなってきている方はもちろん、40歳を過ぎたら自覚症状は無くとも定期的に検査を受けることで早期発見に繋がるので、積極的に検査を受けることをおすすめします。

・緑内障の手術に対応!

八王子友愛眼科では、点眼治療やレーザー治療でも眼圧が下がらず緑内障の病状の進行が止まらない場合、日帰り手術を実施されているそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。

手術には線維柱帯を一部切り開いたり、切除したり、バイパスするパイプを埋め込む処置などいくつか種類があり、患者さんの状態に合わせ、適した手術を提案しているそうです。緑内障の手術について気になる場合は、一度受診を検討してみてはいかがでしょうか。

・日帰りの白内障手術も実施!

八王子友愛眼科では、日帰りの白内障手術にも対応しています(※術前・術後の経過観察が必要です)。白内障手術では、保険適用外の費用を負担することにより、患者さんが希望する眼内レンズを選択できるそうです。

また、どうしても手術が怖い場合には笑気ガスによってリラックスした状態で手術を受けることも可能です。一度濁ってしまった水晶体は元には戻らないため、視力の低下や視界のかすみを感じている方は、症状について相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの緑内障治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら八王子友愛眼科の紹介ページ