1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 埼玉県
  5. 【2022年】埼玉県のクマ治療 おすすめしたい6医院

【2022年】埼玉県のクマ治療 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/06/06  更新日:2022/06/28

埼玉県で評判のクマ治療対応クリニックをお探しですか?
埼玉県には、豊富な治療経験がある、様々な治療法に対応しているなど、クマ治療対応クリニックが多く、様々な治療の選択ができます。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、埼玉県でおすすめできるクマ治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

埼玉県で評判のクマ治療対応クリニック6医院

アリエル美容クリニック大宮院(さいたま市)

  • 駅徒歩1分

アリエル美容クリニック大宮院photo

アクセス・住所・診療時間

JR各線 大宮駅 西口 徒歩1分

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-4-4 五十嵐ビル3F

診療時間
9:00~18:00

※休診日が祝日と重なる場合、診療日が変更になる場合があります。
【所属・資格など】
・日本レーザー医学会
・日本美容皮膚科学会
・日本美容外科学会
・日本抗加齢医学会

アリエル美容クリニック大宮院はこんな医院です

アリエル美容クリニック大宮院photo

さいたま市大宮区桜木町にあるアリエル美容クリニック大宮院は、美容医療が初めての方にも安心して受診していただくことができるよう、一人ひとりの症状やお悩み、体質に合わせたオーダーメイドな施術の提供に努めている美容クリニックです。お顔から全身まで幅広い施術メニューを用意しており、なかでもクマ治療に力を入れているそうです。カウンセリングや診察でクマの原因や症状、肌の状態をしっかり確認し、それぞれのクマに合わせた治療を提案されています。
クリニックは、大宮駅の西口から徒歩1分と、駅近で利便性の高い立地環境に位置しています。人通りの少ない閑静な通りに面しているため、人目を気にせずご来院いただけます。待合から施術まで完全個室となっているため、他の患者さんの目を気にすることなく、ご自身の施術に専念していただくことができますよ。

アリエル美容クリニック大宮院の特徴について

アリエル美容クリニック大宮院photo

・大手美容クリニック出身の経験豊富な院長によるクマ治療!

アリエル美容クリニック大宮院では、大手美容クリニックでの院長経験を持つベテランの院長が施術を担当されています。大手美容クリニックでの豊富な執刀経験を活かしつつ、大手美容クリニックでは難しい一人ひとりに合った施術の提供に努めているそうです。クマ治療では、クマをただ取るだけでなく、こだわりの手技が凝縮された施術を提供されています。
また、院長は、柔らかく親しみやすい雰囲気をお持ちのため、相談しにくいことなども安心してご相談いただけるのではないでしょうか。

・一人ひとりに合った適切なクマ治療の実施!

一人ひとりに合った適切なクマ治療を提供するために、患者さんとの会話を大切に、本当に必要な美容医療は何かを考えながら施術を提供されています。クマの原因や症状、肌の状態にあわせ、それぞれの種類に適したクマ治療を提案されているそうです。
外用剤、レーザー、ピーリング、注入治療、切らないたるみ取りなど、豊富な施術メニューが用意されており、コストについても相談しながら治療を提案されています。自らもクマ治療を受けたスタッフによる生の体験談を聞くこともできるので、より安心して施術に臨むことができるでしょう。

・アフターフォローも充実!

「施術に満足できなかったらどうしよう」と不安をお持ちの方も少なくないと思いますが、そんな方でも安心して施術を受けていただけるよう、アリエル美容クリニック大宮院では、アフターフォローに力を入れられています。施術が完了したらそこで終わりではなく、気になることや心配なことがあれば何度も無料でアフターカウンセリングを受けることができるそうです。患者さんにご納得いただけるまで親身に寄り添っているので、安心してご相談いただくことができるでしょう。

もう少し詳しくこのクマ治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらアリエル美容クリニック大宮院の紹介ページ

川越TAクリニックアソシエ(川越市)

  • 駅徒歩2分

川越TAクリニックアソシエphoto引用:https://kawagoe.taclinic.jp/

アクセス・住所・診療時間

JR川越線 川越駅 西口 徒歩2分
東武東上線 川越駅 徒歩2分

埼玉県川越市脇田本町8-1 U_PLACE MEDICITY6階

診療時間
10:00~19:00

川越TAクリニックアソシエはこんな医院です

埼玉県川越市の川越TAクリニックアソシエは、JRおよび東武東上線の川越市駅から徒歩2分の場所にあります。美容外科および美容皮膚科を専門とするTAクリニックグループの一つだそうです。

美を追求する患者さんが理想とする顔や身体、肌に整えることが目指されており、それに導く方法の一つとして目元の施術に力を注いでいるとのことです。中でも、目の下のクマやたるみを取る施術を得意とされています。患者さん一人ひとりの要望を取り入れながら、美容面から見たトータルバランスを考慮された施術の提案をされているそうです。

疲れた印象を改善したい、目の下のクマが目立つといった悩みに真摯に向き合っているそうなので、診療を受けてみてはいかがでしょうか。

川越TAクリニックアソシエの特徴について

・下眼瞼切開術と脱脂術でクマを改善!

目の下のクマやたるみは、いわゆる目袋と呼ばれる下眼瞼の皮膚の膨らみが原因だとされています。目の周囲に輪状になって発達し、目の開閉を担っている眼輪筋が緩むと、眼窩内で眼球を覆っている眼窩脂肪が前方に押し出されてしまい、それが下眼瞼の皮膚状に膨らみとして現れてくるそうです。

川越TAクリニックアソシエでは、目の下のクマやたるみの改善を期待できる治療として、下眼瞼切開術と下眼瞼脱脂術が行われています。

・術後の痛みや腫れを抑える施術法を選択!

下眼瞼切開術では、目の下の余った皮膚を数ミリ単位で切除されるそうです。物理的に皮膚が除去されるため、目の印象が大きく変わり、エイジングケア効果も期待されます。目の下の脂肪が目立つ場合には、眼窩脂肪の除去も併せて行われるとのことです。

下眼瞼脱脂術では、下瞼の裏側を5ミリ程に抑えて切開し、脂肪の摘出がなされるそうです。切開を5ミリに抑えることで、術後の痛みや腫れ、内出血をできる限り少なく抑えられると考えられています。

もう少し詳しくこのクマ治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら川越TAクリニックアソシエの紹介ページ

千春皮フ科クリニック(さいたま市)

  • 駅徒歩1分

千春皮フ科クリニックphoto引用:https://chiharu-hifuka.com/

アクセス・住所・診療時間

JR宇都宮線・JR湘南新宿ライン・JR京浜東北線 浦和駅 東口 徒歩1分

埼玉県さいたま市浦和区東高砂町9-1 SUMIDA ONE本館5F

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:30

★:9:00~12:00/13:00~17:00
美容皮膚科・形成外科は予約制です。
※形成外科は火曜日午前中と水曜日のみです。

千春皮フ科クリニックはこんな医院です

千春皮フ科クリニックphoto引用:https://chiharu-hifuka.com/

埼玉県さいたま市浦和区にある千春皮フ科クリニックでは、美容皮膚科、皮膚科、形成外科などの診療が行われています。JR浦和駅から徒歩1分の場所にあり、と通いやすいやすさもポイントと言えます。

美容皮膚科では、肌の構造やメカニズムを考慮に入れたうえで、見た目や肌の質感にも重きが置かれた施術を心がけられています。しわやたるみ、シミのほか、エイジングケアに力を注がれており、目の下のクマにも丁寧な治療が施されているそうです。

千春皮フ科クリニックの美容皮膚科は予約制となっています。美容皮膚科を専門とする医師によるカウンセリングが行われたうえで治療法が提案されるそうなので、まずは電話で予約を取ってみてはいかがでしょうか。

千春皮フ科クリニックの特徴について

・青クマ、茶クマ、黒クマを注入治療で改善!

目の下のクマには3種類あるそうです。血行不良などが原因の青いクマ、色素沈着などによる茶色いクマ、肌のたるみやへこみ、加齢による黒いクマの3つとのことです。青いクマは20ぢ代と30代の方に多く現れ、茶色いクマと黒いクマは年齢を経た方に多いとされています。

千春皮フ科クリニックのクマ治療では、即効性が高いとされる注入治療やピーリングなどが選択されています。加えて、日常的なケアについてのアドバイスも行われています。

・乳白色のベビーコラーゲンが有効!

クマの改善が期待される一つが、ヒト由来のコラーゲンであるベビーコラーゲンを注入する治療だそうです。ベビーコラーゲンは乳白色をしているそうなので、青、茶、黒のいずれの色もカバーすると言われています。ムコ多糖類の1種であるヒアルロン酸を注入する方法も目の下のクマに効果があるとされています。

弱酸性の薬剤を塗布し、古い角質をゆっくり取り除くケミカルピーリングも、クマを改善させる方法として挙げられています。

もう少し詳しくこのクマ治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら千春皮フ科クリニックの紹介ページ

新座はなふさ皮膚科(新座市)

  • 駅徒歩5分

新座はなふさ皮膚科photo引用:https://mitakahifu.com/niiza/top/

アクセス・住所・診療時間

JR武蔵野線 新座駅 徒歩5分

埼玉県新座市野火止5-10-26

診療時間
9:30~12:30
14:30~18:00

★:8:30~13:00(診察開始は9:00~)
※午前の診察開始は10:00~になります。

新座はなふさ皮膚科はこんな医院です

新座はなふさ皮膚科photo引用:https://mitakahifu.com/niiza/top/

埼玉県新座市にある新座はなふさ皮膚科は、平成23年(2011年)の三鷹院開院を初めとし、東京と埼玉に8院の皮膚科クリニックを展開しているはなふさ皮膚科グループの1院だそうです。

ニキビや水虫などの一般的な皮膚科診療とともに、レーザー脱毛、ヒアルロン酸注入といった美容皮膚科の診療にも取り組まれています。新座はなふさ皮膚科では、平成26年(2014年)の開院以来、目の下のクマの改善に力を入れてきたそうです。

近年になって、目の周り専用のヒアルロン酸が開発されたことから、クマの治療を希望する患者さんがにわかに増えているとのことです。その期待に応えるべく尽力されているそうなので、新座はなふさ皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。

新座はなふさ皮膚科の特徴について

・色素沈着によるクマはトラネキサム酸の内服で対応!

目の下のクマには、色素沈着によるもの、影によるもの、下眼瞼の静脈うっ血によるものの3種類があるそうです。クマの原因を適切に診断し、然るべき治療方法を選択することがポイントとされています。

色素沈着によるクマは目の周りを擦ることで発症するそうなので、皮膚を擦らないようにアドバイスされています。そのうえで、美白効果が高いとされるトラネキサム酸の内服とメラニンの生成を抑えるハイドロキノンクリームの外用が併用されるそうです。

・影によるクマに新しいヒアルロン酸を導入!

影によるクマにはヒアルロン酸の注入が効果的だとされています。新座はなふさ皮膚科では、近年開発された、リデンシティⅡという新しいヒアルロン酸が導入されており、治療時間は5分程度で肌に凹凸が出るリスクも抑えられているそうです。

静脈のうっ血が原因のクマでは、血の巡りを改善する治療が基本的に行われています。漢方薬の内服と併せて、運動療法や食事療法を組み合わせるそうです。うっ血によるクマの治療は健康保険が適用されます。

もう少し詳しくこのクマ治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら新座はなふさ皮膚科の紹介ページ

東京中央美容外科 川口院(川口市)

  • 駅徒歩2分

東京中央美容外科 川口院photo引用:https://aoki-tsuyoshi.com/clinic/kawaguchi

アクセス・住所・診療時間

JR京浜東北線 川口駅 徒歩2分

埼玉県川口市栄町3丁目8-15 近代グループBLD.23号館8F

診療時間
10:00~19:00

※不定休

東京中央美容外科 川口院はこんな医院です

東京中央美容外科 川口院photo引用:https://aoki-tsuyoshi.com/clinic/kawaguchi

埼玉県川口市にある東京中央美容外科 TCB川口院は、美容外科と美容皮膚科を専門とする東京中央美容外科の全国に72院あるうちの1院だそうです。JR川口駅から徒歩2分と、通いやすい場所にあります。

フェイスメニュー、スキンメニューのほか、ボディメイクなどが診療メニューとして掲げられています。丁寧な聞き取りと十分な説明がなされており、患者さんが納得できたうえでの施術が心がけられています。

フェイスメニューでは、目の下の切らないクマ改善およびクマ改善を目指す再生注射に力を注がれています。ヒアルロン酸注射や下眼瞼除皺術なども用意されているので、クマの改善を希望している方は、東京中央美容外科 TCB川口院で診療を受けてみてはいかがでしょうか。

東京中央美容外科 川口院の特徴について

・茶クマにはピコレーザーを照射!

東京中央美容外科 TCB川口院では、目の下のクマのタイプに合わせて治療が施されています。クマのタイプには、茶クマ、青クマ、黒クマ、赤クマの4つが挙げられています。

茶クマは色素沈着によるものだそうです。肌の再生を促すトレチノインと美白効果が高いとされるハイドロキノンを組み合わせて色素沈着を改善へと導いていくとのことです。また、低出力のレーザーが1兆分の1秒というピコ秒で照射されるピコレーザーを用いる治療も行われています。

・たるみが大きい黒クマには下眼瞼除皺術!

青クマは、寝不足やストレスなどによる血行不良が原因だそうです。青クマの改善には、血小板を濃縮させた多血小板血漿の注射が有効とされています。

黒クマは加齢による皮膚のたるみにより、くぼんで黒い影ができた状態だそうです。たるみが小さければ、膨らんだ部位の脂肪を取ってクマの改善が図られます。たるみが大きいと余分な皮膚を切除する下眼瞼除皺術が選択されています。回復に時間はかかるそうですが、傷跡はわからなくなるとされています。

もう少し詳しくこのクマ治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら東京中央美容外科 川口院の紹介ページ