1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 神奈川県
  5. 川崎市
  6. 【2022年】川崎市の皮膚科 おすすめしたい6医院

【2022年】川崎市の皮膚科 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/08/04  更新日:2022/08/09

川崎市で評判の皮膚科をお探しですか?
川崎市は神奈川県の市のひとつで、様々な皮膚科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、川崎市でおすすめできる皮膚科クリニックをご紹介いたします。
※2022年8月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

川崎市で評判の皮膚科クリニック6医院

小田栄皮フ科(川崎区)

  • 駅徒歩2分

小田栄皮フ科photo

アクセス・住所・診療時間

JR南武線 小田栄駅 徒歩2分

神奈川県川崎市川崎区小田栄2丁目3-1 コーナン川崎小田栄店2階

診療時間
10:00~12:30
14:00~17:30

★:10:00~13:00/14:00~17:00
※予約制
※受付時間は診療終了の15分前までです。

【所属・資格など】
・医学博士
・日本皮膚科学会 皮膚科専門医
・日本病理学会
・日本皮膚免疫アレルギー学会

小田栄皮フ科はこんな医院です

小田栄皮フ科photo

小田栄皮フ科は2022年4月に開院したクリニックで、さまざまな皮膚のトラブルに対応されています。
平日はもちろん、土曜日も17時まで診療を行われていますので、平日はお仕事や学業などで忙しく受診する時間を確保しづらいという方も、週末を利用して受診しやすい環境が整っています。診療は予約制で、オンライン予約システムを導入されているので、受診をお考えの方はご活用ください。赤ちゃんからご年配の方まで、ご家族みなさまのお肌の悩みに幅広くお応えしているそうなので、気になる事、心配なことなどあれば小田栄皮フ科にご相談してみてはいかがでしょうか。

小田栄皮フ科の特徴について

・アクセス良好なクリニック!

小田栄皮フ科photo

小田栄皮フ科はJR南武線「小田栄駅」より徒歩2分の好アクセスで、コーナン川崎小田栄店の2階に位置していますので、初診の方も迷わず受診できるでしょう。施設内には大型駐車場も完備されていますので、お車での通院も安心ですね。
通院しやすい立地環境で幅広い皮膚のお悩みに対応しているので、ご家族で通えるかかりつけ皮膚科医院としてもおすすめです。

・TARNABによる紫外線療法!

小田栄皮フ科photo

小田栄皮フ科では、新しいターゲット型ナローバンドUVB治療器(TARNAB)による紫外線療法を実施されています。
アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬や尋常性白斑などの皮膚疾患への効果が期待できる治療法で、従来の機器に比べると照射後の赤みやひりつき、色素沈着などの副作用も少ないそうです。光を照射するだけですので治療に伴う痛みも少なく、小さなお子さんも安心して受けられる治療法ですので、慢性皮膚疾患でお困りの方は相談してみてはいかがでしょうか。

・経験豊富な女性医師による診療!

小田栄皮フ科photo

小田栄皮フ科の院長は女性の先生で、きめ細やかな配慮が行き届いた診療が行われています。異性には相談しにくいデリケートな皮膚のトラブルがあるという方や、衣類に覆われた部分の症状がある場合も、安心して相談できるのではないでしょうか。
また、皮膚科診療に関する知識と経験が豊富な医師のみが取得できる日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格をお持ちで、豊富な経験と知識に基づいた診療が期待できます。
また院長先生の専門分野はアレルギー疾患で、39種類のアレルゲンを一度に調べられるアレルギー検査やアトピー鑑別試験などを保険適応で行っているそうです。ニキビ治療では、欧米での治療指針に基づいた、保険外の内服治療も行っており、難治性で重症のニキビのある方に適応の治療法となっているそうです。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら小田栄皮フ科の紹介ページ

武蔵小杉皮ふ科(中原区)

  • 駅直結

武蔵小杉皮ふ科photo

アクセス・住所・診療時間

東急東横線・東急目黒線・JR各線 武蔵小杉駅 直結
バス:東横線小杉駅 下車 徒歩1分

神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1302 ららテラス4F

診療時間
9:00~12:30
14:30~18:00

【所属・資格など】
・日本皮膚科学会 皮膚科専門医
・日本臨床皮膚科医会
・神奈川県皮膚科医会

武蔵小杉皮ふ科はこんな医院です

武蔵小杉皮ふ科photo

川崎市中原区の武蔵小杉皮ふ科は、「皮膚のお悩みに心を込めて対応すること」を信条に、地域に根ざした皮膚科診療が行われています。日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格を持つ先生が診察を行っており、土曜診療にも対応されています。じんましん(蕁麻疹)や湿疹・皮膚炎、うおのめ・たこ、円形脱毛症、といった突発的な皮膚トラブルはもちろん、アトピー性皮膚炎や乾癬といった慢性的な皮膚疾患、肌のバリア機能が未発達なお子さんのおむつかぶれ(おむつ皮膚炎)やあせも(汗疹)、とびひ(伝染性膿痂疹)などのトラブルの相談も受け付けられています。また、ホクロの除去や巻き爪(陥入爪)、粉瘤といった外科的処置にも対応可能だそうです。

武蔵小杉皮ふ科の特徴について

武蔵小杉皮ふ科photo

・日本皮膚科学会皮膚科専門医による治療!

武蔵小杉皮ふ科には、2名の日本皮膚科学会皮膚科専門医が在籍しており、専門医としての深い知識とノウハウを生かした診療が行われています。昭和大学医学部で講師を務め、昭和大学病院や東京都立大塚病院の皮膚科での臨床経験をもとに、身近なクリニックでありながら専門性の高い検査・治療を提供されています。女性の先生による診療も可能なので、異性には相談しにくいデリーケートな症状がある場合や、衣類に覆われた部分の皮膚トラブルについても比較的リラックスして相談できるのではないでしょうか。

・美容施術にも幅広く対応!

湿疹や皮膚炎など、皮膚の健康に関する治療はもちろんですが、美容領域のお悩みにも幅広く対応されています。美容皮膚科では、生まれつきのそばかすや光老化によるシミ、左右対称にできる肝斑、シワ・たるみといったエイジングサイン、ニキビや毛穴など肌質に関するお悩みなどへの治療が行われています。ピコレーザーライムライト、高周波治療機器といった新しい医療機器も数多く導入しており、有効成分を肌に届けるエレクトロポレーション(※1)や、肌の生まれ変わりを促すケミカルピーリングといった施術も可能だそうです。日々のスキンケアに関する相談にも丁寧に対応しており、健やかで生き生きとした肌作りを支えられています。

・アクセスの良さ!

武蔵小杉皮ふ科は、東急東横線・東急目黒線・JR各線が通る武蔵小杉駅直結の好アクセスで、アクセス良好な点も魅力の一つです。天候に左右されずに足を運ぶことができ、平日は18時まで診療を行っているため、通勤や通学の帰りなどにも立ち寄りやすいのではないでしょうか。定期的な通院が必要になった場合も、アクセスしやすい武蔵小杉皮ふ科であれば無理なく治療を継続できるでしょう。(※1) 未承認医薬品等であるため医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら武蔵小杉皮ふ科の紹介ページ

川崎たにぐち皮膚科(幸区)

  • 駅徒歩3分

川崎たにぐち皮膚科photo引用:https://k-derm.net/

アクセス・住所・診療時間

JR東海道線・JR京浜東北線・JR南武線 川崎駅 西口 徒歩3分

神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3F

診療時間
11:00~14:30
16:00~19:00

★:9:30〜12:00/14:00〜16:30
※平日午前中の初診の方の受付は終了の10分前までになります。

川崎たにぐち皮膚科はこんな医院です

川崎たにぐち皮膚科photo引用:https://k-derm.net/

シミやあざのレーザー治療からアレルギーテストに至るまで、川崎たにぐち皮膚科では、幅広い内容の皮膚科診療が行われています。一般的な皮膚科診療とあわせて、美容皮膚科診療にも積極的に取り組んでいるそうです。

また川崎たにぐち皮膚科では、おむつかぶれや湿疹など、お子さんに多く見られる皮膚のトラブルにも対応されています。異所性蒙古斑や血管腫には、レーザー治療を実施しているそうです。保険適用のレーザー治療に対応しているそうなので、費用面を気にせず安心して受診できるでしょう。

アクセスは、JR各線の川崎駅西口より徒歩で約3分です。診療は予約制ではないので、急に症状が現れた際も足を運びやすいでしょう。なお、手術やレーザー治療、医療脱毛や美容施術については、時間予約制が採用されています。

川崎たにぐち皮膚科の特徴について

・ほくろやいぼを日帰り手術で切除!

さまざまな皮膚の悩みに対応されている川崎たにぐち皮膚科では、ほくろやいぼといった、皮膚のできものに対する診療が行われています。皮膚のできものは、できるだけ傷が残らない方法で切除しているそうです。

ほくろやいぼに対しては、日帰り手術が実施されています(※術前・術後の経過観察が必要です)。切除には、組織を切る効果と止血効果のあるラジオ波メスを使用しているそうです。ほくろやいぼが気になる方は、手術による切除を検討してみるとよいでしょう。

・アレルギーテストを実施!

毎年決まった時期にくしゃみや鼻水が出る方や、皮膚が弱く湿疹ができやすい方は、アレルギーを抱えている可能性があると言われています。川崎たにぐち皮膚科では、アレルギー検査を実施し、症状の原因を調べているそうです。

近年では、40種類近くの項目がセットになったアレルギー検査を保険適用で受けられると言われています。IgEと呼ばれる血液中の免疫グロブリンEの量を調べることで、対象の物質に対するアレルギーの有無を予測できるそうです。鼻炎や皮膚炎にお困りでしたら、アレルギー検査で原因を調べてみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら川崎たにぐち皮膚科の紹介ページ

宮前平すずらん皮ふ科クリニック(宮前区)

  • 駅徒歩1分

宮前平すずらん皮ふ科クリニックphoto引用:https://suzuran-skin.jp/

アクセス・住所・診療時間

東急田園都市線 宮前平駅 南口 徒歩1分

神奈川県川崎市宮前区小台2-6-6 宮前平メディカルモール2F

診療時間
10:00~13:00
14:30~18:00

▲:14:30〜18:30
★:11:00〜15:00(予約制)
※平日17:00以降の診療は予約制

宮前平すずらん皮ふ科クリニックはこんな医院です

宮前平すずらん皮ふ科クリニックphoto引用:https://suzuran-skin.jp/

2014年に開院された宮前平すずらん皮ふ科クリニックでは、一般的な皮膚科診療のほか、美容皮膚科診療や医療脱毛が行われています。子育て世代が多い川崎市宮前区の土地柄に合わせて、お子さんを対象とした皮膚科診療にも力を入れているそうです。

診療室は、プライバシーに配慮された完全個室となっています。また院内は、車いすやベビーカーがそのまま入室できるバリアフリー設計だそうです。キッズスペースが完備されているので、小さなお子さん連れの方も快適に過ごせるでしょう。

診療は基本的に当日受付制で行われていますが、完全予約制の曜日や時間帯もあるので、受診時は注意しましょう。皮膚の症状に気になる点がある方は、宮前平すずらん皮ふ科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

宮前平すずらん皮ふ科クリニックの特徴について

・ナローバンドUVB照射機器を導入!

皮膚の過剰な免疫反応を抑える治療方法である光線治療は、慢性皮膚疾患に高い効果を発揮すると言われています。宮前平すずらん皮ふ科クリニックでは、複数種類のナローバンドUVB照射機器を導入して、光線治療を実施しているそうです。

乾癬やアトピー性皮膚炎などの治療には、全身型ナローバンドUVB照射機器が用いられています。掌蹠膿疱症をはじめとする手足病変の治療には、手足専用型ナローバンドUVB照射機器を使用しているそうです。

・お子さんが受診しやすい環境を整備!

乳児湿疹やおむつかぶれをはじめ、お子さんの皮膚はさまざまなトラブルを起こしやすいと言われています。宮前平すずらん皮ふ科クリニックでは、お子さんが受診しやすい環境づくりに注力し、小児皮膚科診療に取り組んでいるそうです。

環境づくりの具体的な内容としては、キッズスペースの設置やネット予約システムの導入などがあげられます。やさしい雰囲気づくりも心がけているそうなので、小さなお子さんも安心して受診できるでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちら宮前平すずらん皮ふ科クリニックの紹介ページ

すぎのこ皮ふ科クリニック(中原区)

  • 駅徒歩3分

すぎのこ皮ふ科クリニックphoto引用:https://suginoko-hifu.com/

アクセス・住所・診療時間

東急東横線 新丸子駅 徒歩3分
JR南武線・東急東横線 武蔵小杉駅 徒歩6分

神奈川県川崎市中原区小杉町1-524-2 2F

診療時間
10:00~13:00
15:00~18:30

★:9:00〜13:00

すぎのこ皮ふ科クリニックはこんな医院です

すぎのこ皮ふ科クリニックphoto引用:https://suginoko-hifu.com/

神奈川県川崎市中原区にあるすぎのこ皮ふ科クリニックでは、湿疹や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎や水虫などに対する診療が行われています。「来院されたおひとりおひとりの幸せに皮膚科診療を通じて貢献すること」を目標に掲げ、さまざまな皮膚症状の改善に努めているそうです。

またすぎのこ皮ふ科クリニックでは、ほくろや粉瘤の切除手術が行われています。手術は日帰りで実施しているそうなので、受診にあまり時間を割けない方も取り組みやすいでしょう(※術前・術後の経過観察が必要です)。

最寄り駅である新丸子駅からクリニックまでは、徒歩3分の距離です。武蔵小杉駅からも徒歩圏内で、駅からは徒歩6分となります。川崎市中原区で皮膚科のホームドクターをお探しでしたら、すぎのこ皮ふ科クリニックを訪ねてみてはいかがでしょうか。

すぎのこ皮ふ科クリニックの特徴について

・小児アトピー性皮膚炎を診療!

小児皮膚科を掲げるすぎのこ皮ふ科クリニックでは、小児アトピー性皮膚炎に対する診療が行われています。小児アトピー性皮膚炎の治療は、痒みへの対策や、スキンケアによる皮膚バリアの維持が主軸となるそうです。

炎症や痒みを抑制する方法としては、外用薬や内服薬の処方が採用されています。すぎのこ皮ふ科クリニックでは、一人ひとりの症状に合わせて用法や用量を決定しているそうです。お子さんのアトピー性皮膚炎にお悩みでしたら、皮膚科クリニックへの受診を検討してみるとよいでしょう。

・ほくろを切除!

ほくろは、基本的には良性腫瘍の一種であると言われています。しかし将来的に悪性腫瘍に発展する可能性がある際には、切除する場合もあるそうです。

すぎのこ皮ふ科クリニックでは、ほくろの切除が行われています。切除方法としては、炭酸ガスレーザーによる焼灼や、外科的手術があげられるそうです。ほくろが気になる方は、切除を視野に入れつつ、皮膚科医に相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちらすぎのこ皮ふ科クリニックの紹介ページ

のぼりと皮膚科(多摩区)

  • 駅徒歩1分

のぼりと皮膚科photo引用:https://noborito-hifuka.com/

アクセス・住所・診療時間

JR南武線・小田急小田原線 登戸駅 生田緑地口 徒歩1分

神奈川県川崎市多摩区登戸2427-5 メディカルプレイスタナカ2F

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:30

★:隔週診療

のぼりと皮膚科はこんな医院です

のぼりと皮膚科photo引用:https://noborito-hifuka.com/

登戸駅より徒歩1分の場所にあるのぼりと皮膚科では、地域に根差した皮膚科診療が行われています。保険適用の一般的な皮膚科診療から、自費診療の薄毛治療まで、幅広く対応しているそうです。

木目調の待合室には、ソファ席のほか、カウンター席が用意されています。カウンター席は窓に面しているので、外を眺めながらリラックスして待ち時間を過ごせるでしょう。

診療予約は、インターネットにて受け付けされています。他院からの紹介状や画像データがある場合は、受診時に持参するようにしましょう。川崎市多摩区で皮膚科医院をお探しの方は、のぼりと皮膚科に足を運んでみてはいかがでしょうか。

のぼりと皮膚科の特徴について

・皮膚のトラブルに幅広く対応!

皮膚は、全身を映す鏡であると言われています。皮膚のトラブルは、皮膚疾患に起因するものだけではなく、内臓疾患が原因で起きる場合もあるそうです。

のぼりと皮膚科は、湿疹や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎やにきびなど、皮膚のトラブルに幅広く対応されています。診療においては、アレルギーの有無をはじめ、あらゆる可能性を考慮しているそうです。原因不明の皮膚のトラブルにお困りでしたら、皮膚科医院への受診を検討した方がよいでしょう。

・レーザートーニングを実施!

肝斑や色素沈着、毛穴の開きなどに対して、のぼりと皮膚科では、レーザートーニングを実施されています。レーザートーニングとは、レーザー治療の一種で、メラノサイトを活性化することなくメラニンを減らせる点が持ち味だそうです。

施術にあたっては、カウンセリングや肌の状態確認などが行われています。レーザーの照射時間は10~15分程度で、施術全体の所要時間は30分程度だそうです。レーザートーニングに対応している点は、のぼりと皮膚科の特色のひとつと言えるでしょう。

もう少し詳しくこの皮膚科のことを知りたい方はこちらのぼりと皮膚科の紹介ページ