1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 群馬県
  5. 【2023年】群馬県の硝子体手術 おすすめしたい7医院

【2023年】群馬県の硝子体手術 おすすめしたい7医院

公開日:2022/03/25  更新日:2023/02/01
群馬県の硝子体手術 おすすめ医院

群馬県で評判の硝子体手術対応クリニックをお探しですか?
群馬県には、日本眼科学会認定の眼科専門医や手術経験豊富な医師が在籍しているなど様々な硝子体手術対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、群馬県でおすすめの硝子体手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2023年2月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

群馬県で評判のおすすめ硝子体手術7医院!

高崎佐藤眼科(高崎市)

  • バス停留所から徒歩4分

高崎佐藤眼科photo

アクセス・住所・診療時間

市内循環バス「ぐるりん」:中居一丁目 下車 徒歩4分
JR各線 高崎駅 東口 車で8分

群馬県高崎市南大類町1000-1

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※予約優先制
※コンタクトレンズ処方は完全予約制
※手術(白内障、硝子体手術等):月曜日~金曜日/緊急手術は随時対応

【所属・学会など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科手術学会
・日本網膜硝子体学会
・日本眼循環学会

高崎佐藤眼科はこんな医院です

高崎佐藤眼科photo

高崎佐藤眼科では「光を守る」をコンセプトに、眼から感じる光はもちろん、患者さんにとって大切なものを守ることができるように、専門性の高い眼科診療で、高崎市の地域医療に貢献されています。硝子体手術に注力し、視力の低下を伴う網膜剥離や、糖尿病の三大合併症とも呼ばれる糖尿病網膜症、眼球の奥底に生じる黄斑(網膜)前膜、網膜に丸い穴が開く黄斑円孔、眼底出血を引き起こす網膜静脈閉塞症、硝子体出血や網膜下出血といった眼球周辺の出血、硝子体混濁の治療が行われています。「高崎駅」東口より車で8分ほどの場所にあり、54台分の駐車スペースが完備されています。公共交通機関をご利用の方は、高崎駅より市内循環バスぐるりんに乗車し、「中居一丁目」停留所で下車すると便利です。

高崎佐藤眼科の特徴について

高崎佐藤眼科photo

・経験豊富な医師による硝子体手術!

院長は、群馬大学で眼科講師を勤めた医学博士で、日本眼科学会の専門医として活躍しながら、2020年には米国のベストドクターズにも選出されています。大学病院で20年以上に渡り、多くの難症例にも対応した経験をもち、硝子体手術などの手術係責任者を15年間務め、難症例にも数多く対応しているそうです。また、日本眼科手術学会で硝子体手術の講師を担当して、全国の術者と知識と経験を共有しているそうです。

・日帰り手術で緊急手術対応!

高崎佐藤眼科では硝子体手術に力を入れ、患者さんの身体の負担に配慮して小切開硝子体手術(25G,27G)を採用されています。高速回転カッターと細い器具を使用しているため、少ない患者負担で手術は日帰りで行われております。また緊急を要する網膜剥離等は当日ないし翌日緊急手術に対応できるように、常勤医師3名と常勤看護師7名の体制を整えているそうです。

・低濃度笑気ガス麻酔を導入!

眼に行う手術に、強い緊張や恐怖心を感じる方も多いのではないでしょうか。高崎佐藤眼科では、硝子体手術の際に通常の局所麻酔に加え、痛みを緩和してリラックスした状態で手術を受けられるよう配慮して、低濃度笑気ガス麻酔を行っております。笑気と医療用酸素を混ぜた気体を吸入する方法で、鎮痛作用と鎮静作用も期待でき、全身麻酔のようにウトウトと眠った状態になることはないため、吸入を中止するとスピーディに元の状態に戻ることができると言われています。硝子体手術がご不安な方も、低濃度笑気ガス麻酔を導入している高崎佐藤眼科へ相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら高崎佐藤眼科の紹介ページ

羽生田眼科医院(前橋市)

  • 駅徒歩5分

羽生田眼科医院photo

アクセス・住所・診療時間

JR両毛線 前橋駅 徒歩5分
上毛電鉄 中央前橋駅 徒歩5分

バス:表町 下車 徒歩1分

群馬県前橋市本町2-19-1

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00

★:手術のみ
※受付は診療終了時間の30分前までになります。
※木曜日9:00~10:00は手術後の患者さんを優先します。
※予約優先制

【経歴】
・昭和51年 6月27日生
・平成14年 東京医科大学卒業
・平成14年 医師免許取得 第429746号
・平成14年 東京医科大学病院救急医学教室勤務
・平成17年 群馬大学医学部 眼科学教室
・平成22年 日本眼科学会 眼科専門医(認定番号17080)
・平成26年 当眼科医院四代院長

羽生田眼科医院はこんな医院です

羽生田眼科医院photo

羽生田眼科医院は、JR両毛線が通る前橋駅、上毛電鉄が通る中央前橋駅よりそれぞれ徒歩5分の好アクセスで、けやき並木通り沿いの分かりやすい場所に位置しています。駅から歩いて通える好立地で、お車でお越しの方のために25台分の駐車スペースを完備されています。お身体が不自由な方に配慮して院内はバリアフリー設計で、待合室はガラス張りでリラックスできる明るい空間となっています。幅広い年代の目の症状に対応しており、なかでも硝子体手術に注力しているそうです。硝子体手術とは、網膜の中心である黄斑の異常で視界の歪みなどが生じる「黄斑前膜」や、黄斑の網膜に丸い孔が開く「黄斑円孔」、糖尿病の合併症の一つである「糖尿病網膜症」、硝子体腔の中に血が溜まる「硝子体出血」、網膜が剥がれて視力低下を引き起こす「網膜剥離」といった疾患に行われる治療で、高い技術と専門性が求められる治療の一つと言われています。

羽生田眼科医院の特徴について

羽生田眼科医院photo

・経験豊富な先生!

羽生田眼科医院で硝子体手術を担当するのは、大学病院の救急医学教室や大学医学部の眼科学教室での勤務経験のあるベテランの先生です。硝子体手術をはじめ、加齢に伴って視界の霞などが生じる白内障手術や眼底の病変へのレーザー光凝固術、近視矯正治療ICLといった様々な目の手術の経験が豊富で、これまでに培った高い技術と知識に裏打ちされた高品質な硝子体手術が期待できるのではないでしょうか。信頼できる先生に硝子体手術について相談したいという方は、羽生田眼科医院への受診をおすすめします。

・専門性の高い治療!

硝子体は眼球内の大部分を占める部分で網膜や視神経と接触しており、加齢や強度の近視、目の病気などで網膜から剥離したり、硝子体膜にあるゴミのような塊が飛蚊症として現れると言われています。羽生田眼科医院の院長は眼科診療を専門とする医師として研鑽を重ねている先生で、高い専門性を活かした硝子体手術を実施されています。硝子体手術では麻酔を使用するため痛みを感じることはなく、状況にもよりますが手術そのものは約20~40分で完了するそうです。飛蚊症や視界の歪みなど気になる症状がある場合は、羽生田眼科医院へご相談ください。

・新しい医療機器を導入!

羽生田眼科医院では、アルコン社のコンステレーションビジョンシステムと、カールツァイス社の広角観察システムResightを使用した硝子体手術が行われています。患部への負担を極力少なくできるよう切開創を小さく抑えることに努めており、25ゲージシステムと言われている「無縫合小切開硝子体手術」という術式を採用しているそうです。目への負担に配慮した手術が行われているので、硝子体手術対応の医院をお探しの方は一度相談してはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら羽生田眼科医院の紹介ページ

新田眼科(伊勢崎市)

  • 駅から車で7分

新田眼科photo引用:https://www.nitta-ganka.or.jp/

アクセス・住所・診療時間

JR両毛線・東武伊勢崎線 伊勢崎駅 車で7分

群馬県伊勢崎市連取町2349-1

診療時間
8:45~12:00
13:45~17:00

★:外来手術
▲:8:45~13:30
※平日は予約制です。

新田眼科はこんな医院です

新田眼科photo引用:https://www.nitta-ganka.or.jp/

新田眼科では、一般的な眼科治療だけでなく、技術を必要とする様々な目の手術が行われており、他県から治療に通う患者さんもいるそうです。とりわけ硝子体手術では、黄斑上膜、黄斑円孔、網膜静脈(分枝)閉塞症、糖尿病網膜症など、様々な疾患に対応した治療が行われています。

手術によるメリットとデメリットを考えたうえで、治療方法を選択され、緊急性の高いハイリスクな症状がある場合には、入院設備の整った他の病院を紹介するなど医療連携も充実しています。場合によっては、硝子体手術と一緒に白内障手術も行うなど、硝子体以外の目の疾患の治療を同時に行うことも可能だそうです。

治療に際しては、患者さんに丁寧な説明を行うように心がけていて、患者さんが納得したうえで治療を開始されるので安心して治療に臨めるでしょう。

新田眼科の特徴について

・新しい機器を使用した豊富な手術実績!

2021年4月時点で年間102件の日帰り硝子体手術を実施されており、手術経験が豊富な医師によって施術されるため安心して手術を受けられます。新しい機器を導入することにより、従来に比べ切開部分が小さくなり術後の回復が早いでしょう。加えて、眼の違和感や炎症も軽減できるそうです。

手術は火曜日に行われていて、手術時間は重症の場合2時間以上が目安ですが、軽症なら30分以内で終わります。日帰りでの手術が行われるので負担が少ないでしょう。(※経過観察が必要)

・手術を受けやすい環境作りとサポート体制!

硝子体手術は局所麻酔で行うため体への負担が少ないそうです。もし、手術中に痛みを感じる場合には麻酔を追加して、痛みを少なくするような治療を行っています。手術室はヘパフイルターにより清潔な空気を維持し、次亜塩素酸水を噴霧することで、感染のリスクを抑えているそうです。

他の病院からの紹介で手術を行った患者さんの場合は、手術内容や術後経過を元の病院に報告し、術後のサポートを継続して受けられるようにされています。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら新田眼科の紹介ページ

前橋中央眼科(前橋市)

  • バス停留所から徒歩3分

前橋中央眼科photo引用:https://www.maebashi-eye.jp/

アクセス・住所・診療時間

バス:下小出 下車 徒歩3分
JR上越線・JR吾妻線 群馬総社駅 車で8分

群馬県前橋市下小出町2-54-5

診療時間
9:00~12:30

※午後は特殊検査の方のみ対応(14:00~17:30)
※最終受付は11:00です。
※完全予約制

前橋中央眼科はこんな医院です

前橋中央眼科photo引用:https://www.maebashi-eye.jp/

前橋中央眼科では、群馬大学医学部付属病院の眼科で診療にあたられていた医師が、網膜硝子体疾患を中心に様々な眼科疾患の治療を行われています。

診療室は5つ、手術室は3つ用意されていて、黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫、網膜症、網膜剥離などに対する日帰り硝子体手術を実施されています。なお、2021年4月時点で手術までに2~4週間ほどの待ちが発生しているため、早めの受診がおすすめです。 (※経過観察が必要)

全身麻酔や入院での手術が必要な患者さんには、他の病院を紹介し連携を図っており、大学病院との距離も近いので連携を取るのに適した立地条件です。また、JR前橋駅・上毛電鉄中央前橋駅から医院への送迎バスもあり、電車での通院も便利でしょう。

前橋中央眼科の特徴について

・豊富な日帰り硝子体手術の実績!

前橋中央眼科では、新しい網膜硝子体手術装置を導入して、日帰りでの硝子体手術を行っています。硝子体手術は2021年4月時点で年間451例と豊富な施術実績があり、安心して手術を受けられるでしょう。 (※経過観察が必要)

手術は局所麻酔で行われ、術中は音楽を聴くことが可能です。さらに、手術前の待合室や手術後のリカバリースペースも完備されており、スタッフが丁寧に対応しているので、手術に対する不安も軽減されリラックスできます。

・新しい検査機器により的確な硝子体手術が可能!

眼底カメラ、光干渉断層計、超広角眼底撮影装置など、網膜硝子体疾患の検査から解析までを行うための新しい検査機器を完備されており、大学病院レベルの機器を揃えているそうです。

また、モニターを見ながら検査結果についての説明を聞くことができ、手術が必要かどうかはもちろん、手術後の経過に関してもわかりやすく説明されています。的確な検査と診断の基に手術が実施されるので、安心して受診できるでしょう。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら前橋中央眼科の紹介ページ

群馬県済生会前橋病院(前橋市)

  • バス停留所から徒歩1分

アクセス・住所・診療時間

バス:済生会前橋病院前 下車 徒歩1分
JR両毛線・JR上越線 新前橋駅 車で7分

群馬県前橋市上新田町564-1

診療時間
8:30~11:00

※午後の検査・特殊外来は完全予約制です。
※科目により診療日時が異なります。

群馬県済生会前橋病院はこんな医院です

群馬県済生会前橋病院は、質の高い医療を目指した総合病院です。県内では硝子体手術を行う設備の整った病院が限られているため、手術が必要な患者さんの治療に尽力されています。中でも硝子体手術は、経験豊富な医師により行われています。

硝子体手術とは、細い機器を使用して眼球の奥を治療する手術のことで、入院での手術が行われているそうです。病院内には売店もあり、入院中に必要な物が不足した場合にも揃えやすいでしょう。ただし、緊急なものや、さらに高度な処置が必要な場合には大学病院などと連携して治療を行われています。

木曜日の午前に網膜硝子体の疾病に関する外来が行われているので、関心のある方は受診してみてはいかがでしょうか。

群馬県済生会前橋病院の特徴について

・入院による硝子体手術を実施!

硝子体手術は月曜日に行われており、黄斑円孔、網膜前膜、進行した糖尿病網膜症の患者さんなどに対して実施されています。黄斑円孔では、術後しばらくはうつぶせの姿勢などで安静を維持する必要があるそうです。月曜日に入院して、手術を行い、木曜日に退院予定の計4日間の入院で行われています。

遠方から手術を受けに来る方や、一人暮らしの高齢の方など手術直後の家での生活に不安がある方などにおすすめでしょう。

・丁寧な検査により安心して手術が受けられる!

十分な検査により的確に診断し、患者さんの希望も踏まえ治療方法が提案され、丁寧な説明により治療方針が決定されています。患者さんの気持ちや権利を尊重した医療が提供されているので、安心して受診できるでしょう。

硝子体手術後に白内障が進行することもあり、60歳以上の患者さんの場合には硝子体手術と同時に白内障手術を行う場合もあるそうです。また、手術後の経過を見て再度必要な治療を実施するなど、丁寧なフォローが行われています。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら群馬県済生会前橋病院の紹介ページ

沼田キラリ眼科(沼田市)

  • バス停留所から徒歩2分

アクセス・住所・診療時間

バス:材木町 下車 徒歩2分
JR上越線 沼田駅 車で7分

群馬県沼田市東倉内町282-9

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:手術

沼田キラリ眼科はこんな医院です

沼田キラリ眼科は、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症といった様々な疾病の治療を行っており、大学病院や総合病院などで勤務した経験を活かして、網膜硝子体の手術に尽力されています。

他にも緑内障やドライアイといった角膜に関する病気など、幅広い眼の疾患の治療に対応されていて、質の高い医療の提供を目指しているそうです。眼のことで不安に感じることがあれば、どんなことでも気軽に相談できます。

日曜日以外の午前中は各曜日診療があり、手術は火曜日の午後に予定されているので、都合を合わせて通院しやすいでしょう。また、駐車場は20台と十分な数が用意され、お車での通院も安心です。

沼田キラリ眼科の特徴について

・手術や病状に関する詳しい説明を実施!

患者さんへの問診や各種検査機器を用いた詳しい検査を通して、患者さんの眼の症状を的確に診断し、治療方法を考えています。

さらに、患者さんとのコミュニケーションを大切にされており、現在の眼の状態や治療方法、網膜硝子体などの手術に関する詳しい説明など、分かりやすい説明を心掛けているそうです。今後の病状の進行がどうなるかについても真摯に話がなされるので、疑問に感じることがあれば、何でも事前に質問すると良いでしょう。

・快適な手術環境を提供!

沼田キラリ眼科では、網膜硝子体の日帰り手術を実施されており、手術のための十分な衛生管理を行った手術室を完備されています。施術室にはLEDライトの光天井を使用し、蛍光灯などに比べて眼に負担がかかりにくい優しい光となるような工夫がなされているそうです。 (※経過観察が必要)

また、術後はゆったりとした一人掛けリクライニングソファのある回復室で休むことができ、落ち着いてから帰宅できるでしょう。患者さんが安心して手術を受けられる環境が整えられています。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら沼田キラリ眼科の紹介ページ

羽鳥眼科(前橋市)

  • 駅から車で6分

アクセス・住所・診療時間

JR両毛線 前橋駅 車で6分

群馬県前橋市天川町75-2

診療時間
9:00~12:00
14:30~19:00

★:手術日
▲:14:30~18:00
※最終受付は終了の15分前です。

羽鳥眼科はこんな医院です

羽鳥眼科では、網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈分岐閉塞症、加齢性円盤状黄斑変性など様々な眼の病気の治療を実施されています。特に力を入れている治療の中に硝子体手術があるそうです。

受診する高齢の患者さんがつまずいたりしないよう、診療室はコードを床下に埋め込んだ構造で、使われている照明の色は、視力の検査などに影響しない優しい色のものを使用するなど工夫がなされています。また、診療を待つ間に使えるベビーベッドや、トイレのベビーシートも設置されているため、子育て中の方も通院しやすいでしょう。

手術は水曜日に行われています。初診や検査などの診療は平日の19時まで、土曜の18時までなので、仕事帰りでも通院しやすいでしょう。

羽鳥眼科の特徴について

・眼科専門医による硝子体手術を実施!

通常、糖尿病網膜症などの治療はレーザーで行えますが、もし病状が悪化した場合には硝子体手術が必要になるそうです。院長は日本眼科学会認定の専門医で、大学病院などで勤務した経験を活かし、治療に当たられています。

手術に際しては目の検査だけでなく、心電図や血液検査などの全身の検査も合わせて実施されています。手術が可能かどうかの確認は事前に十分行われるため、安心して手術が受けられるでしょう。

・定期検査により手術が必要な状態を予防!

まるで蚊のような虫が飛んでいるかのような錯覚が見える、飛蚊症の治療にも取り組まれています。飛蚊症は加齢に伴う硝子体の萎縮が主な原因だそうですが、まれに網膜剥離や硝子体出血などの硝子体手術が必要な疾患が原因により起こる場合もあるそうです。

もし、目の異変を感じた時には、すぐに受診した方が良いでしょう。さらに、定期的な検査を行うことで、病状の早期発見や悪化も防ぐことが可能です。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら羽鳥眼科の紹介ページ

群馬県でおすすめの硝子体手術対応クリニック7医院まとめ

眼科の選び方は人それぞれだと思いますが、目の病気などで治療や手術が必要な場合は、少しエリアを広げてでも信頼できる眼科を探したいものだと思います。群馬県内の眼科には様々な選択肢があることがわかりました。日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍しているなどはわかりやすいポイントですが、豊富な経験や手術方法に対応しているなど、、、ご要望にあわせて、あなたにふさわしい硝子体手術対応クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?