1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 「腕時計をつけると肌が赤くなってかゆい」これって金属アレルギー? それともかぶれ?

「腕時計をつけると肌が赤くなってかゆい」これって金属アレルギー? それともかぶれ?

公開日:2022/05/05  更新日:2022/05/02

腕時計に限らず、アクセサリー類をつけていた箇所がかゆくなったことがある人は多いと思います。金属は水分を吸収しないため、アクセサリー自体が汗で濡れることも考えられるでしょう。そんなとき、金属アレルギーと汗かぶれの鑑別は難しい印象です。今回は、有効な肌トラブル対策を「富士見スキンクリニック飯田橋」の小渕先生に伺いました。

小渕 英里医師

監修医師
小渕 英里(富士見スキンクリニック飯田橋 院長)

プロフィールをもっと見る

東京女子医科大学医学部卒業。東京女子医科大学東医療センター(現・東京女子医科大学附属足立医療センター)皮膚科はじめ、都内複数皮膚科・美容皮膚科クリニック勤務を経た2021年、東京都千代田区に「富士見スキンクリニック飯田橋」を開院。人それぞれに異なる悩みや理想に添った診療を心がけている。日本皮膚科学会専門医、日本内科学会認定医。日本美容皮膚科学会、日本臨床皮膚科医会、日本医真菌学会の各会員。

金属アレルギーで考えられること

金属アレルギーで考えられること

編集部編集部

腕時計をしている場所のかゆみって、金属アレルギーなのでしょうか?

小渕 英里医師小渕先生

そうですね。金属アレルギーが多いと思います。そのほかの原因としては、汗によるかぶれも考えられます。症状で原因を区別するのは難しいですが、いずれのケースでも赤みやブツブツ、かゆみなどの“共通した症状”が出ますので、皮膚科を受診しましょう。

編集部編集部

腕時計本体の場所よりも、皮のバンドの部分がかゆいとしたら、かぶれでしょうか?

小渕 英里医師小渕先生

革の加工に使う金属素材がバンドに残っていることがあるので、金属アレルギーの可能性があります。その反面、汗かぶれを起こしていることも考えられます。

編集部編集部

仮に金属アレルギーだとしたら、金属のすべてに反応してしまうのですか?

小渕 英里医師小渕先生

いいえ、個人ごとにアレルギーの元となる金属は異なります。パッチテストを受ければ、金属に限らず「何に対してアレルギーを持っているのか」を判別することができます。ただし、18Kやステンレスなどは複数の金属の合金で、そのほかにも含有金属があるので注意が必要です。

編集部編集部

「金属アレルギーは治らない」と聞いたことがありますが本当ですか?

小渕 英里医師小渕先生

そうですね。体が特定の金属を「敵」と覚えてしまうので、完治は望めません。免疫が「敵」と戦った結果として炎症を起こしてしまいます。したがって、この免疫を薬などで抑えつけるか、把握できているのであれば、原因物質そのものを遠ざけるのが現実的な対処法となります。

汗かぶれで考えられること

汗かぶれで考えられること

編集部編集部

一方、汗かぶれだとしたら、様々な市販品で対策できそうですね。

小渕 英里医師小渕先生

そうですね。汗かぶれは、自分の汗の成分によって刺激が起きている状態です。初歩的な症状であれば、市販品でも効果が出る場合もあります。他方、赤みやかゆみが治まらないようなら、皮膚科へご相談ください。

編集部編集部

医療機関で処方されるかぶれ用のお薬は、市販品と異なるのですか?

小渕 英里医師小渕先生

もちろんです。市販薬は、自己判断でも比較的安全に使える成分や濃度になっており、「どのようなかゆみにもある程度は対応できる」ように、1つの製品に複数の成分を含んでいます。そのため、効果が不十分であったり、お肌に合わなかったりするケースがあるかもしれません。

編集部編集部

汗や汚れも、免疫に「敵」として認識されているのでしょうか?

小渕 英里医師小渕先生

はい。汗の塩分やアンモニアなどの成分が刺激物質として炎症を起こします。また、汗で皮膚がふやけてバリア機能が低下すると、アレルギーの原因物質が皮膚に侵入しやすくなります。

編集部編集部

手首を小まめに洗っていれば、汗かぶれは防げるのですか?

小渕 英里医師小渕先生

汗をかいたとき過度に洗うのは、かえって肌のバリア機能を弱めてしまうかもしれません。毎回せっけんを使用する必要はありません。水道水で流したり、濡れタオルで軽く押さえるように拭ったりしましょう。また、通気性を確保して、過度に汗をかかないようにすることも大切です。

時計を外すのも1つの手

時計を外すのも1つの手

編集部編集部

いっそのこと、腕時計を使わないようにすればいいという気もしてきました。

小渕 英里医師小渕先生

そうですね。腕時計を使わないで状況が改善するかどうか、確かめる意味で一度やってみるのはアリだと思います。また、調子が良くなってきた段階で、あえて腕時計を付けてみるのも、確認方法の1つです。症状が再発するようなら、「腕時計が原因」なのでしょう。

編集部編集部

最近だと、かぶれや金属アレルギー対策をしている腕時計もあるそうですが?

小渕 英里医師小渕先生

アレルギー対策をしている製品には色々な種類があると思います。腕時計を“使わない”というお試しなら余計な出費は伴いませんが、新しい腕時計を買っても症状が続いていたとしたらもったいないですよね。そのため、新しい時計を購入する前に、どの物質にアレルギーを持っているかを確かめることをおすすめします。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

小渕 英里医師小渕先生

腕時計を一時的に外してみるというお試しは費用もかからず、比較的簡便な確認方法だと思われます。かぶれの症状が続く場合は皮膚科へご相談いただき、治療や対策を施していきましょう。

編集部まとめ

腕時計を外しても改善しなかったり、かえって症状がひどくなったりしたら、皮膚科を受診しましょう。金属アレルギーなのかかぶれなのかは、そのときの診断で判明します。そして、医療機関であれば症例に適した治療が期待できるということでした。

医院情報

富士見スキンクリニック飯田橋

富士見スキンクリニック飯田橋
所在地 〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目11-10 レオビルディングB1F
アクセス 東京メトロ・JR「飯田橋駅」 徒歩2分
診療科目 皮膚科、美容皮膚科、アレルギー科