1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. ~実録・闘病体験~ パートナーに勧められて受けた検査で発覚した子宮頸がん

~実録・闘病体験~ パートナーに勧められて受けた検査で発覚した子宮頸がん

公開日:2022/05/11
~実録・闘病体験~ パートナーに勧められて受けた検査で発覚した子宮頸がん

日々普通に生活していると、「がん検診」なんて自分に関係ないものと思ってしまう人も多いでしょう。婦人科系の不調や違和感をパートナーに言い出しにくいという女性も多いかもしれません。今回は、パートナーに勧められて子宮がん検診を受け、そこでがんと診断された、まりせさんに闘病中の話を聞きました。

※本記事は、個人の感想・体験に基づいた内容となっています。2021年10月取材。

まりせさん

体験者プロフィール
まりせさん(仮称)

プロフィールをもっと見る

鹿児島県在住。子育てが一段落し10年来のパートナーとこれからの人生を楽しもうとしていた矢先にがん宣告を受ける。手術、治療が終わり、色々な症状に悩まされながらも救っていただいた命を前向きに楽しくエンジョイ中。

マイマイテイリ イマム

記事監修医師
マイマイテイリ イマム(新宿アイランド内科クリニック 院長)
※先生は記事を監修した医師であり、闘病者の担当医ではありません。

パートナーに勧められて子宮がん検診へ

パートナーに勧められて子宮がん検診へ

編集部編集部

病気が判明した経緯について教えてください。

まりせさんまりせさん

パートナーとの性交時に痛みがあったのですが、相手に伝えることができず放置していました。しばらくすると出血も伴うようになり、性交する度に出血する私を心配してパートナーが病院に行こうと言ってくれました。検査をし、結果は後日の予定でしたが「すぐ受診して下さい」と連絡が来てそのまま別の大きい病院へ。そこで組織診の際に「おそらくがんの診断が出ます」と言われました。案の定結果はIB期程度の子宮頸がんでした。がんが子宮筋層の内側半分以上に拡がっていたんです。

編集部編集部

そのときの心境は?

まりせさんまりせさん

20年程医療関係の仕事をしてきたこともあり、あまり取り乱すことなく受け入れられた気がします。むしろ、家族に心配をかけてしまうとか、転職したばかりなのに職場に迷惑をかけてしまうなどと考えていました。

編集部編集部

どのように治療を進めていくと医師から説明がありましたか?

まりせさんまりせさん

その病院では手術ができないので、遠方のさらに大きな病院を紹介されました。そこでは「まずは円錐切除術を行い、その結果で次の治療を考えていきましょう」と言われました。これは子宮頸部だけをレーザーや高周波メスで切り取る方法で、子宮を残すので妊娠や出産も可能です。

子宮全摘出術

子宮全摘出術

編集部編集部

しかし、結局は子宮の摘出手術が必要になったそうですね。

まりせさんまりせさん

はい。その2ケ月後に広汎子宮全摘出術をしました。このまま放っておくと転移する確率が80%だったそうです。また、抗がん剤治療と放射線治療が必要であることも告げられました。病院は自宅の近くが良かったので、組織診をしてくれた地元の病院に戻り、抗がん剤治療5クールと、放射線治療28回を約1ケ月半の入院で全て行いました。副作用は吐き気が一番辛かったです。体重も10kg近く落ちました。

編集部編集部

治療中の心の支えはなんでしたか?

まりせさんまりせさん

家族やパートナーが気分転換で外に連れ出してくれたり、美味しい物を食べさせてくれたりしたときは嬉しかったです。本当に感謝しています。あとは、家族が送ってくれる甥っ子の動画にもたくさん元気をもらいました。

編集部編集部

現在の体調や生活などの様子について教えてください。

まりせさんまりせさん

職場復帰はできたのですが、フルタイムはまだ難しく1日5時間のパートで、軽作業のみの仕事しかできていません。放射線の影響で十二指腸から直腸にかけての炎症が見られ、昼夜問わず嘔吐と下痢に悩まされています。また、疲れると帯状疱疹もよく出ます。

闘病体験でいちばん伝えたいこと

闘病体験でいちばん伝えたいこと

編集部編集部

もし昔の自分に声をかけられたら、どんな助言をしますか?

まりせさんまりせさん

よく子宮がん検診のお知らせを受け取っていましたが、すぐに捨てていました。「捨てる前に一度読んで、検診に行って」と言いたいです。

編集部編集部

あなたの病気を意識していない人に一言お願いします。

まりせさんまりせさん

がんという病気は、抗がん剤治療で髪の毛が抜けない限り、見た目は健康な方とさほど変わりありません。ですが、個々により症状も辛さも全然違います。見た目で判断するのはやめて下さい。「がん? 元気そうだけどね」などと言われて、切ない想いをしたことが何度もありました。

編集部編集部

医療従事者に望むことはありますか?

まりせさんまりせさん

患者は、医療従事者の言葉で一喜一憂すると思っていてほしいです。病名が確定してない時期に「がんじゃないかも」と言われましたが、結局がんだったことがわかったときはすごくがっかりしました。また、勇気を出して質問したり気になる症状を話したりしているのに、「あー、それね」などと簡単に答えられると悲しくなります。一度「気のせいじゃない?」と言われて安定剤を出されたこともありました。もちろん気のせいなんかではなかったし、安定剤は効きませんでした。後日改めて別の医師に診てもらい、治療や薬を処方してもらって改善していきました。

編集部編集部

最後に、読者に向けてのメッセージをお願いします。

まりせさんまりせさん

がん検診は必ず受けて欲しい。これに尽きます。がんは当人だけでなく家族やパートナーなど周りの人にとっても本当に辛く乗り越えるべきことの多い病気です。周りの人のためにもがん検診に行って下さい。受けていれば助かる命も沢山あるはずです。

編集部まとめ

ご自身が医療関係のお仕事ということもあってか、診断や手術、治療のことなどとても落ち着いてわかりやすく説明してくれました。その分、「がん検診に行って下さい」「受けていれば助かる命が沢山あるはず」という熱い思いが際立っていました。まりせさん、ありがとうございました。