1. Medical DOCTOP
  2. ドクターインタビュー
  3. インプラント治療の安全性を追求することが、最終的に費用対効果を高める【大阪市住吉区 いのうえ歯科・矯正歯科】

インプラント治療の安全性を追求することが、最終的に費用対効果を高める【大阪市住吉区 いのうえ歯科・矯正歯科】

公開日:2022/10/03

インプラント治療の安全性を追求することが、最終的に費用対効果を高める【大阪市住吉区 いのうえ歯科・矯正歯科】
インプラント治療の安全性を追求することが、最終的に費用対効果を高める【大阪市住吉区 いのうえ歯科・矯正歯科】

近年、インプラントに対応する歯科医院がどんどん増えている。症例の積み重ね、技術の進歩によって安全性も向上してきているが、治療を受ける歯科医院選びに悩んでいる患者は多い。数字で見える費用だけに注目するのはよくないことは理解できても、何を比較すればいいのかがわかりにくいからだ。インプラントのメリット、インプラントにおいて重要となる設備や技術について、「いのうえ歯科・矯正歯科」の井上元司院長に詳しい話を伺った。

Doctor’s Profile
井上 元司
いのうえ歯科・矯正歯科 院長

2015年大阪歯科大学卒業後、大阪歯科大学附属病院総合診療科研修医。医療法人開成会ハシモトデンタルオフィス、医療法人真摯会クローバー歯科・美容クリニックを経て、2022年「いのうえ歯科・矯正歯科」を開院。歯を失った症例においては、インプラントに固執しすぎず、入れ歯・ブリッジと十分に比較検討した上で治療法を提案することを大切にしている。日本口腔インプラント学会、日本矯正歯科学会会員。

目次 -INDEX-

審美性・機能性に加えたメリット「お口の健康寿命の伸延」

現在、インプラントを希望される患者さんからの相談はありますか?

以前から通ってくださった患者さんがインプラントを希望される、あるいは無料カウンセリングを受けた患者さんがインプラントを希望される、というケースが増えています。以前は「特別な治療」というイメージがあったようですが、最近は入れ歯、ブリッジと横一線で検討されている印象を受けます。

審美性・機能性に加えたメリット「お口の健康寿命の伸延」

インプラントの自然な美しさと、強く噛める点は、広く認知されるようになりましたね。ほかにも、インプラントのよさはありますか?

私は特に、お口全体の健康寿命を延ばしてくれる治療として、インプラントを推奨します。インプラントは顎の骨に埋入して、天然歯と同じように1本1本が独立しています。ブリッジのように両隣の歯を削る必要がありません。

入れ歯と比較した場合はどうでしょうか? 入れ歯なら、基本的に残存歯を削ることはないかと思いますが

部分入れ歯では、まわりの歯に金属のバネをかけます。これによって、どうしても必要以上に残存歯が揺れます。歯科医師が治療の一環として歯を抜くときに歯をグラグラと揺らしますが、程度の差こそあれ、部分入れ歯ではこれと同じことが起こってしまうのです。

なるほど…。審美性や機能性だけでなく、お口の健康寿命から考えた場合にも、インプラントがおすすめなのですね。しかし、インプラントが受けられないというケースもあると聞きました

全身疾患があって手術に大きなリスクを伴う方、未成年の方、妊娠中の方は、インプラントが受けられません。また、歯周病などによって顎の骨が不足している場合には、歯科医院によっては対応が困難となります。

審美性・機能性に加えたメリット「お口の健康寿命の伸延」

「歯科医院によっては」ということは、可能になることもあるのでしょうか?

当院でも行っているGBR法サイナスリフトソケットリフトといった「骨造成」によって、顎の骨の量を増やしたり、厚くしたりすれば、インプラントが可能になります。
また、どうしても手術への恐怖感が強いという方には、鎮静薬を静脈に点滴する「静脈内鎮静法」によるインプラント治療も行っています。リラックスでき、恐怖心や痛みを感じにくくなります。

インプラントを長く快適に使い、費用対効果を高めるためにできること

インプラントを長く快適に使い、費用対効果を高めるためにできること

インプラントの費用も、患者さんの気になるところです。いのうえ歯科・矯正歯科のインプラントの料金を教えてください

1本あたり393,000円~448,000円(税込み)です。変動分は、上部構造(被せ物)の種類によるものですね。
あと、顎の骨の量が不足している方の場合には、これに骨造成の費用が加算されます。GBR法で77,000円、ソケットリフトで77,000円、サイナスリフトで242,000円(それぞれ1本あたり・税込み)を加算します。 カウンセリングの際に詳しく説明させていただきますので、ご安心ください。

先生は、一般的に高額となる「インプラントの価値」について、どのようにお考えでしょうか

たとえば3年でインプラントをダメにしてしまえば、それは明らかに「高い」治療です。しかし10年、20年、あるいは一生快適に使えれば、極めて費用対効果の高い治療といえます。もちろん、決して「安い」治療ではありませんが。

確かに、長く使えば“コスパの高い治療“にもなりますね。インプラントを長持ちさせるには、メンテナンスが大切だと聞きました

はい、治療後の定期的なメンテナンスは欠かせません。当院では、歯周病・インプラント周囲炎の検査、自費ではありますが、パウダーを使ったインプラントを傷つけないクリーニングを行っています。
ただし、これは「治療後にできること」です。長持ちさせるためには、それ以前の対応も重要です。

治療前や、治療中の対応ということですね。具体的には、何を指すのでしょうか?

CTを使った精密な診断により、適切にインプラントを埋入することです。見た目だけでなく、噛み合わせを考慮して埋入の位置・角度・深さを決定します。噛み合わせが悪いと、インプラント、そして残存歯や顎の骨の負担が大きくなり、それぞれの寿命に影響します。

噛み合わせのよし悪しがインプラントの寿命にも影響するというのは意外でした。また、やはりCTはインプラントには欠かせない検査のようですね

診断・シミュレーションの材料として、CTは欠かせない検査だと考えています。また、神経や血管の位置を立体的に、事細かに把握することで、手術の安全性も向上します。
そして、さらに重要となるのが、実際にシミュレーション通りにインプラントを埋入できるかどうかという点です。

シミュレーション通りに埋入するためには、歯科医師の技術が頼りになるのでしょうか?

もちろん技術も重要ですが、人は完璧ではありません。当院では、サージカルガイドという装置を作製し、埋入の正確性の向上に努めています。
サージカルガイドとは、インプラントの埋入の位置・角度・深さを“強制的に誘導してくれる穴”がついたマウスピースのような形をした装置です。

先生のお話を伺っていると、インプラントを長持ちさせるためには、治療の安全性を向上させることが大切になるように感じます

はい、CTやサージカルガイドで安全性を高めることが適切な埋入を可能とし、それが長持ちにつながるということがいえます。これは同時に、費用対効果が高くなるということを意味します。
また、必要に応じて、先ほどお話しした骨造成ができるかどうか、特に年齢を重ねている方は、これもポイントとなりますね。中高年の方はもちろん、80代の方でも、顎の骨の状態がよければインプラントは可能です。

歯科医院全体として、デジタル化に取り組んでいると伺っています

非接触で、約2分で歯型が採取できる口腔内スキャナー「iTeroエレメント」、補綴物の精度を高める「CERECプライムスキャン」を導入しています。どちらも、インプラントの上部構造を精密な作製に貢献しています。また、上部構造を院内でつくることができるため、費用も抑えられます。

インプラントを長く快適に使い、費用対効果を高めるためにできること

患者さん1人ひとりが「最良の治療」に出合えることが大切

患者さん1人ひとりが「最良の治療」に出合えることが大切

インプラントのメリット、また長く使うためにできることについて、たくさん教えていただきました。それでも、入れ歯やブリッジの方がいい、ということはあるのでしょうか?

全身疾患や顎の骨の極端な不足などの問題で適応外になる場合はもちろんですが、納得できないまま・不安の残るままインプラント治療を受けることはおすすめしません。
また、入れ歯やブリッジにも、治療期間が短い・手術が必要ない・費用を抑えられるといったメリットがありますので、「インプラントしかない」というふうには考えないでください。

合う・合わないはやはりどんな治療でもあるのですね

当院では、数本のインプラントで総入れ歯を支える「インプラントオーバーデンチャー」、インプラントで人工の連結した歯列を支える「インプラントブリッジ」にも対応しております。どちらも、通常のインプラントよりは費用が抑えられるので、選択肢の一つとしてお考えいただければと思います。

先生は、患者さんが治療法を選びやすいように、何か工夫をしていますか?

私からも治療の説明はしますが、最終的にはスタッフととことん話し合ってもらって、私のいないところで治療法を選択できるようにしています。その相談を担当するスタッフは、「トリートメントコーディネーター」の資格を持っておりますので、安心してお話ししていただけると思います。

「やっぱり入れ歯にします、ブリッジにします」ということも伝えやすいですね。トリートメントコーディネーターがつくのは、インプラントを検討している患者さんだけですか?

いいえ。歯科医師に直接伝えにくい、質問しにくいこともあるので、インプラント以外の自費診療、保険診療、つまりすべての治療において取り入れているシステムです。もちろん、私に直接伝えてくださっても結構ですよ(笑)。

患者さん1人ひとりが「最良の治療」に出合えることが大切

相談しやすく、通いやすい医院であることが伝わってきます。ほかに、患者さんに安心していただくために行っていることなどはありますか?

ほかの患者さんの目を気にせず、リラックスしてお話ししたり、治療を受けたりしていただくため、インプラント治療を行う場合には、完全個室を使用しています。もちろん、手術を伴う治療ですので、感染対策としても欠かせないものと考えています。

最後に、読者の方にメッセージをお願いします

インプラントに抵抗があるという方も、一度は歯科医院に相談し、インプラントについて知っていただきたいと思います。「知らない」状態だと、必要以上に抵抗感が生じてしまうためです。その上で、患者さん1人ひとりにとっての最良の治療と出合うことができれば、それだけで私はうれしく思います。カウンセリングは無料ですので、ぜひ当院にもご相談ください。

編集部まとめ

近年ますます普及しているインプラントですが、どこで受けても同じというわけではなく、さまざまな違いがあることがよくわかりました。
また、インプラントを長持ちさせるためには、メンテナンスに通うだけでなく、検査や治療の質も重要であるとのこと。当たり前といえば当たり前のようですが、よい結果を得るためには、よい過程が欠かせないものなのですね。
いのうえ歯科・矯正歯科では、インプラントの10年保証にも対応しているそうです。まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

いのうえ歯科・矯正歯科

医院名

いのうえ歯科・矯正歯科

診療内容

インプラント 入れ歯 歯周病治療 予防治療 など

所在地

大阪府大阪市住吉区南住吉3-1-10
コノミヤ南住吉店2F

アクセス

JR阪和線「我孫子町」駅より徒歩8分
南海電鉄高野線「沢ノ町」駅より車で4分