部分入れ歯とは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは、歯がない部位の歯ぐきの上に人工歯が並んだ床(しょう)を乗せ、残っている歯にバネをかけて固定する治療方法です。前歯や奥歯だけにはめるもの・左右の奥歯にまたがるものなど形はさまざまで、歯を1本だけ失ったケースから複数本失ったケースまで対応できます。

メリット

・治療期間が比較的短く、噛む機能を早く回復できる
・自費の部分入れ歯でれば見た目や噛み心地も回復できる
・支えとなる歯を少し削るだけで済む

デメリット/副作用

・金属製のバネの場合、見た目が劣る
・バネをかける歯がむし歯・歯周病になりやすい
・ブリッジやインプラントよりも噛みにくい
・バネなどによる違和感がある
・食べ物がつまりやすい

治療期間

・制作期間:1ヶ月程度
・通院回数:4回程度

費用相場

・5千円〜1万5千円程度
※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります。