骨造成術とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

骨造成術とは

骨造成術とは、インプラント埋入ができない場合に行われる治療で、骨が足りないためにインプラント埋入ができない患者に、患者本人の骨や人工骨を足すことによってインプラント埋入ができるようにする治療法です。
足した骨が安定するまでには時間がかかるため、骨造成術をしない患者よりも治療期間が長くなるのが普通です。通常のインプラントができる患者でも審美性を高めるために骨造成術を行うこともあります。

メリット

・足りない骨を補うことで条件が難しい場合もインプラント治療ができる
・審美面で有効なこともある

デメリット/副作用

・手術の回数が増え、治療期間が長くなる
・治療する医師の技術が必要で仕上がりに差が出る可能性がある
・骨が薄い場合には通常の施術ができない可能性がある

治療期間

骨が安定するのに約4~6ヶ月程度の期間が必要です。

費用相場

方法によって異なりますが、3~30万円程度となっています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。