安心のカウンセリングから患者さまに寄り添った顔貌を意識した矯正治療【兵庫県たつの市 やまもと歯科】

公開日:2021/04/16

安心のカウンセリングから患者さまに寄り添った顔貌を意識した矯正治療
安心のカウンセリングから患者さまに寄り添った顔貌を意識した矯正治療

数ある矯正治療の中でも、近年は特にマウスピース型のカスタムメイド矯正(以下・マウスピース型矯正)が注目を集めている。その最大の特徴ともいえる「目立ちにくさ」は、矯正治療のハードルを大きく下げた。しかし未だ、さまざまな理由から矯正に一歩踏み出せない人も少なくないようだ。マウスピース型矯正とはどのような治療法なのか、マルチブラケット矯正とは何が違うのか。「やまもと歯科」副院長の山本修平先生に話を伺った。

Doctor’s Profile
山本 修平
やまもと歯科 副院長

大阪歯科大学卒業後、大阪歯科大学付属病院歯内療法科勤務。医療法人小室会小室歯科天王寺ステーションビル診療所では医長・副院長を務め、日々の診療に加え研修医の指導も担当。FTAレギュラーコース、FCOC矯正コース、DAOアライナー矯正コース、MAOアライナー矯正セミナー、明石矯正研修会アドバンスコース修了。マルチブラケット矯正を含めた歯科矯正全般を診療。インビザラインライセンス取得。「メリット・デメリットを知った上で患者が治療を選べる」診療を提供する。

目次 -INDEX-

見た目の問題だけではなかった、歯並びの乱れの影響

貴院では、どのようなお悩みを持った方が矯正相談に来られますか?

大人の場合、歯並びの見た目を気にされてご相談に来られる方がほとんどです。タイミングとしては、大学生や社会人になったとき、子育てがひと段落したときなどが多いでしょうか。お子様の場合は、定期検診などに通っているときに保護者様からご相談いただいたり、私のほうからお話をしたりといったことが多くなります。

見た目の問題だけではなかった、歯並びの乱れの影響

見た目の問題だけではなかった、歯並びの乱れの影響

大人になってからでも、歯はしっかりと動くのでしょうか?

大人でも、適切な方法で治療を行えば、十分に歯は動かせます。治療後の長い人生を、きれいな、清掃性の高いお口で過ごせるメリットを考えれば、遅いということはありません。当院には、60代の患者さんも来られます。

清掃性というのは、歯が磨きやすくなるということですか?

そうです。食べ物が詰まりにくい・歯ブラシが当たりやすい・フロスを通しやすいことで、汚れの溜まりにくい、虫歯・歯周病などの口腔トラブルに強いお口になります。歯科医院で行われるクリーニングの効果も高くなるといえるでしょう。

矯正治療は、予防につながる治療なのですね。逆にいえば、歯並びが悪いまま放置していると、虫歯・歯周病のリスクが高くなるということですか?

清掃性が低いまま、しっかり磨いているつもりなのに汚れを落としきれないということになり、虫歯・歯周病のリスクが高くなります。とても悲しいことですので、見た目を気にしないという方であっても、歯並びがよくないようでしたら、ぜひ一度矯正治療を検討していただきたいですね。

矯正治療の中で、マウスピース型矯正はどのような点が優れているのでしょうか?

一番は、まわりに気づかれないくらい目立たない、透明で薄いマウスピースで治療ができる点でしょう。また、食事と歯磨きのときには外しますので、食べ物が引っかかる・装置が邪魔というストレスもありません。歯を動かすときの痛みも、マルチブラケット矯正と比べると小さくなります。

見た目の問題だけではなかった、歯並びの乱れの影響

目立たず、食事・歯磨きの邪魔にならず、痛みも少ない…と、マルチブラケット矯正の欠点といわれる部分をしっかりカバーしていますね。

ただ、1日20時間以上の装着が必要になってきますので、患者さまの協力度が重要になってきます。欠点といわれる部分をカバー出来るのも患者さまとの信頼関係があってこそなのでまずはご相談して頂けると幸いですね。

インビザラインも、歯科医院によって結果が違う

インビザラインも、歯科医院によって結果が違う

いくつか種類のある矯正用マウスピースの中で、貴院でも導入されているインビザライン(※1)にはどのような特徴がありますか?

最大の特徴は、膨大な症例に基づいた、効率的な歯の動かし方ができる点です。現在も頻繁に改良が加えられ、適応の範囲も広がっており、矯正用マウスピースにおいて世界トップシェアを誇ります。歯が動く過程から治療後の歯並びまで、事前に3D画像によるシミュレーションをご確認いただけるのも大きな特徴です。

インビザラインも、歯科医院によって結果が違う

患者さんのモチベーションもアップしそうですね。印象材を使った型取りが必要ない、という話をききました。

はい。iTero(アイテロ)という口腔内デジタルスキャナーを使えば、スティック状の機械で口腔内を5分ほどでスキャンし、3Dデータとして取得できます。そのデータをアメリカのアライン・テクノロジー社に送れば、治療終了までのすべてのマウスピースが設計されます。

患者さんのモチベーションもアップしそうですね。印象材を使った型取りが必要ない、という話をききました。

はい。iTero(アイテロ)という口腔内デジタルスキャナーを使えば、スティック状の機械で口腔内を5分ほどでスキャンし、3Dデータとして取得できます。そのデータをアメリカのアライン・テクノロジー社に送れば、治療終了までのすべてのマウスピースが設計されます。

そこからすぐにマウスピースの作製に入るのでしょうか?

歯科医院によって異なりますが、私はデータを何度もやりとりし、設計図に微調整を加えます。やはり臨床的には「ここはもう少しスムーズに動く」「ここはそんな簡単には動かない」というところが出てきますので、修正をしてから作製に取りかかってもらいます。

歯科医院によって、出来上がってくるインビザライン(※1)も異なるのですね。先生は、矯正治療でどのようなことを大切にしていますか?

資料取りをした上での、十分なカウンセリングです。CT画像、セファログラム、口腔内写真、顔貌写真をモニター上で重ね合わせるなどして、「なぜ歯並びが悪くなったか」「どのように歯を動かせば解消できるか」「この装置であればどこまで改善できるか」ということを説明します。

インビザラインも、歯科医院によって結果が違う

顔貌写真では、どのようなことがわかるのでしょうか?

歯並びとお顔のバランスはもちろんですが、「笑ったときはどう見えるか」「閉じたときに口元の膨らみはどうなっているか」ということがわかります。同じ角度、距離、倍率、レンズで撮影する“規格写真”であることで、問題点や変化がより明確になります。

歯並びだけでなく、口元の膨らみの改善なども考えてもらえるのですか?

もちろんです。そもそもが、「きれいになりたい」という想いで来られる方がほとんどで、口元の膨らみを気にされているケースも少なくありません。「歯並びをこう治せば、口元もきれいなラインになりますよ」ということをお伝えできます。

インビザライン(※1)での治療が難しい、という場合には、どのような選択肢がありますか?

マルチブラケットで対応したり、小型のインプラントを支点として歯を立体的に動かすインプラントアンカーの併用などを検討します。また、歯科用ワックスで治療後の歯列を再現し、そこから逆算してマウスピースをつくるという方法もあります。矯正治療を専門とする歯科技工士と当院で協力してつくる、オリジナルのマウスピースです。

豊富な選択肢があれば、患者さんも安心ですね。小児矯正にも力を入れているとのことですが、どのような装置を使いますか?

一般的な小児矯正で使用される急速拡大装置、マルチブラケットに加えて、インビザラインファースト(※1)、混合歯列期の前歯に対する2×4(ツーバイフォー)などで対応します。また、歯並びの乱れの原因となる口呼吸や舌の癖を改善する口腔筋機能療法(MFT)にも取り組んでいます。

インビザラインも、歯科医院によって結果が違う

歯科医院選びのポイントは「豊富な選択肢・知識・誠実さ」

歯科医院選びのポイントは「豊富な選択肢・知識・誠実さ」

自費診療となる矯正治療は、費用面もハードルのひとつになっています。先生は、矯正治療の価値をどのようにお考えですか?

最初にお話した虫歯や歯周病の予防という意味でも、もちろんコンプレックスの解消という意味でも、大きな価値を持つと考えます。そして、その価値が一過性のものではない、というところが重要です。治療を終えた瞬間からその後の長い人生を、きれいでトラブルの起こりにくい歯並びで過ごす、ということが可能になります。

お口の健康と美の礎を築く治療なのですね。ただ、どうしても「後戻り」のリスクのことを考えてしまいます…

後戻りのリスクを完全にゼロにすることは、残念ながらできません。矯正装置を外してから、歯並びを安定させるためのリテーナーを正しく使用することが何よりも大切です。また、保定期間やその後も、定期的にメンテナンスを受けましょう。万が一後戻りが起こったときも、必要最小限の処置で対応できます。

では、やまもと歯科での矯正治療の料金を教えていただけますか?

小児矯正であれば11~66万円、成人のマルチブラケット矯正が22~84万7,000円、マウスピース型矯正が33~96万8,000円(すべて税込)です。デンタルローン、現金での分割払いにも対応しています。矯正相談は無料で行っておりますので、お気軽にお問合せください。

先生が考える、矯正治療を受けるときの受診先の選び方を教えてください。

選択肢が豊富であること、各装置の特性を知る歯科医がいることが重要なのではないでしょうか。また、長いお付き合いになるので、それぞれの装置のメリットとデメリットを説明してくれたり、症例写真を見せてくれたりする誠実さも、重要視すべき点だと思います。

歯科医院選びのポイントは「豊富な選択肢・知識・誠実さ」

インビザライン(※1)がいい!と決めている場合には、インビザラインだけを取り扱う歯科医院でもいいのでしょうか?

できれば、それ以外の選択肢を持つ歯科医院に一度は相談していただければと思います。話を聞いてみると、「やっぱりマルチブラケットにしよう」と考えが変わることがあります。見た目が気になるのであれば、透明のプラスチックやセラミックでできた、目立ちにくいブラケットでも対応できます。

最後に、読者の方々へのメッセージをお願いします。

矯正治療は、歯科医院ごとに使用する装置や使い方、また選択肢の数に違いがあり、同じ症例であっても結果に差が出ます。当院は、カウンセリングと資料取りを丁寧に行い、そこから専門家としてのアドバイスをしつつ、いくつかのプランをご提案します。成人矯正も小児矯正も、お気軽にご相談ください。

※1 未承認医薬品等であるため医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

編集部まとめ

目立たず、食事・歯磨きの邪魔にならず、痛みも少ないマウスピース型矯正は、とても魅力的な矯正治療です。ただ、マルチブラケットでしか対応できない症例もあるとのこと。先生がいうように、どの装置がいいのかは一般論で考えても答えは出ません。自分の歯並び・ライフスタイル・目的に合った治療法を選択するためには、選択肢の豊富な、気持ちに寄り添って考えてくれる歯科医院に相談するのがよさそうです。無料相談を実施している歯科医院も多いようなので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

やまもと歯科

医院名

やまもと歯科

診療内容

矯正歯科 むし歯治療 歯周病治療 小児歯科など

所在地

兵庫県たつの市御津町苅屋361-3

アクセス

山陽電鉄網干線「山陽網干」駅より車で5分
JR山陽本線「網干」駅より車で10分
JR山陽本線「竜野」駅より車で10分