親知らず・顎の痛み・舌のできもの・唇の痺れ─。お口まわりの心配は頼れる「口腔顎顔面ケア」クリニックへ【千葉県千葉市 佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI】

公開日:2020/04/06  更新日:2020/06/11

佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI
佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI

「長い間放置している親知らず、このままでいいのかな」「最近、顎の関節が鳴るけど大丈夫かな」「そう言えば歯の治療をしてから痺れを感じるんだけど……」。そんなお口まわりの心配を抱えたときに強い味方となってくれるのが、口腔外科を専門とする歯科医院。「佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI」は、お口の神経治療の権威として名高い佐々木研一医師が理事長を務める歯科クリニック。その院長として一人ひとりの患者に日々真摯に向き合う白井朋之先生に、受診のサインとなる症状や悩みを中心にお話を伺った。

佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI

Doctor’s Profile
佐々木研一(左)
医療法人社団渉仁会 理事長

1979年に東京歯科大学を卒業。これまでの歯科業界における活動は多岐に渡り、多くのドクターの教育にも専念している。
日本口腔外科学会専門医・指導医 / 日本顎顔面インプラント学会指導医 / 東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座臨床教授

Doctor’s Profile
白井 朋之(右)
佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI 院長

2009年に東京歯科大学を卒業し、東京歯科大学市川総合病院にて研修を受け、東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学講座を受講。
東京歯科大学市川総合病院歯科・口腔外科を経て、東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座で臨床教授も務める佐々木研一理事長の「佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニック」に勤務。
現在に至る。日本口腔外科学会認定医。

初めにクリニック名にある「口腔顎顔面ケア」についてご説明ください。

当院は「佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニック」(千葉県館山市)の分院として、アクセス良好な海浜幕張駅で開院しました。院長である私も口腔外科を専門としています。
とはいえ、もちろん虫歯・歯周病・インプラントなど一般的な歯科医院と同じように多岐にわたる診療を行っていますが、その根底に、口腔外科ならではの全身に配慮した診断力や、内科・耳鼻咽喉科など他科との確かな連携力があるということです。
気軽に通えるクリニックでありながら、それらを土台として口腔・顎・顔面のあらゆるお悩みに、大学病院にも引けを取らない設備や技術でお応えするということで、「口腔顎顔面ケアクリニック」と名乗っています。

親知らずの抜歯も待たずに安心。あらゆるお口まわりの相談役

口腔外科専門医の歯科クリニックには具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

第一に、一般的な歯科医院では対応が難しいと思われる難しい抜歯治療、歯科治療の後の合併症の予防などに対応できることが挙げられます。たとえば、親知らずは、しっかり噛み合っていたり完全にもぐっている状態なら抜かなくてもよいのですが、腫れる・痛みがある・手前の歯にくっついて歯周病の原因になるなどの場合は抜歯が必要になります。
ところが、親知らずは舌や下歯槽(下顎や歯根膜のある部分)の神経との距離が近いので、場合によっては抜歯した後でも、腫れ・痛みがおさまらない、痺れが続くなどの恐れもあるのです。
その点、口腔外科専門医なら顔面の骨や神経などについて顔面の骨や神経などについて専門的な知識や経験をもつ口腔外科専門医が担当しますので、安心して治療を受けていただけるのではないでしょうか。ですから、ちょっとでも親知らずが気になるなら、口腔外科専門医のいる歯科医院に行かれることをおすすめします。

親知らずの抜歯の治療期間はどのくらいですか?

まずは検査・診断・治療計画の説明を行い、当日は簡単なものなら10分程度、難しいものでも30分程度の施術となります。後日、抜歯で来院いただいて、おおよそ1カ月もあれば完了します。
もちろん不具合があればこの限りではありませんし、特に術後の問題がない方でも親知らずの抜歯を機に定期健診をおすすめしています。

親知らずの抜歯を1カ月で終えられるのはうれしいですね。

親知らずの抜歯は、一般的な歯科医院では、難しいと判断したら大学病院を紹介することになります。ただ、大学病院の場合、半年ほど待つことが多いようです。
ある患者さんは、半年後に予約を取ったけれど、当日お子さんが熱を出したので、キャンセルして予約を取り直し、結局2年近くかかってやっと抜歯できたそうです。
なかにはなかなか処置できずにいるうちに、ついつい放置して、後でお口のトラブルを起こす方もいらっしゃいます。このように気になる親知らずを放置するのは患者さんにとってデメリットが大きいと思いますので、早めに口腔外科専門の歯科クリニックを受診していただきたいですね。

親知らずの抜歯も待たずに安心。あらゆるお口まわりの相談役

そのほかの口腔外科専門のメリットは何ですか?

歯牙移植・再植といって、抜歯した親知らずの歯を、ほかのだめになった歯の部分に移植することができます。これは保険でも診療でき、インプラントより噛む感覚や免疫機構が残せるので大変おすすめです。
また、外科的な処置を行う上で常用薬との調整・出血を抑えるなど、全身的なリスクを想定した対応ができること、診断の際に歯科で対応できることなのか、あるいは内科や耳鼻咽喉科と連携すべきことなのかを判断し、医療の窓口にもなれることも口腔外科ならではのメリットです。
ですからお口まわりについて何か心配がある、けれどもどこで診てもらったらいいかわからないという方にはぜひ気軽にご相談に来ていただきたいですね。

顎の痛み・痺れ・口の中のできものなどは口腔外科受診のサイン

顎の痛み・痺れ・口の中のできものなどは口腔外科受診のサイン

親知らず以外では、どんな症状のときに口腔外科を受診すればよいのでしょうか。

歯の痛みから蓄膿症を引き起こす方もいます。これは歯性上顎洞炎といって、歯の神経や根っこに関わる手術をした後に歯の炎症がおさまらず、鼻にまで波及する場合に起こります。
耳鼻咽喉科で「歯が原因だ」と言われて来院される方もいますが、歯の痛みと鼻水が同時に起こった場合は口腔外科医のいる歯科医院を探してみてください。めったにないことですが、放置すると脳にまで影響することがあるので、放置は絶対に禁物です。

ほかにはどんな症状が考えられますか?

お口まわりのできものですね。お口の中に口内炎と違って痛みのないできものができたら、粘液のう胞の恐れがあります。これは唾液腺のところから出てくる管が破けて水ぶくれのようになったもので、唇・舌など口の粘膜ならどこにでもできます。
自然につぶれて治ればよいのですが、つぶれてまた再発することが多く、食事がしづらくなったりしますので、早めに処置することをおすすめします。
また、舌に痛みのないできものがある場合は口腔がんの恐れがあり、細胞検査をする必要があります。口腔がんの場合は痛みなど自覚症状が出たときにはかなり進行していますので、おかしいなと思ったらやはり早めの受診をおすすめします。

心療内科と連携する疾患もあるそうですね。

口の中の乾燥・舌の痛み・お口まわりの麻痺、痺れなどですね。これらについては一概に原因を特定できないケースも多く、きめ細かく検査・診断を行う必要があります。
麻痺・痺れは神経を損傷したために起こりますから、CTやレントゲンで検査して、何かの歯科治療によるものなのか、どこかでぶつけたためか、原因を特定し、必要なら大学病院と連携します。
当院では理事長をはじめ神経治療を専門とするスタッフがいるので、早い段階での適切な診断が可能です。口の中の乾燥や舌の痛みなどについては自律神経と関わっている場合もありますので、その際には心療内科との連携も行います。
乾燥の場合はシェーグレン症候群という免疫疾患の場合もあり、その場合は内科と連携して治療を行います。もし、日中何もしていなくても口の中が乾いて食べ物が飲み込みにくい・会話しづらい・できものがないのに舌が痛いなどの症状があるなら、一度口腔外科を受診してください。

お口まわりにもいろいろな症状があるんですね。

そのほか、口が開きづらい・顎の関節が鳴る・噛むと顎が痛い・耳の前が痛いなど顎関節症の症状にも対応しています。また、事故やスポーツなどで歯をぶつけた・折れた・唇や口内を切ってしまったという際にも応急処置とあわせてCTなどで診断し、すぐにこの後どんな科にかかればよいか窓口になることもできます。

顎の痛み・痺れ・口の中のできものなどは口腔外科受診のサイン

6名の口腔外科医による担当医制度。患者は遠方からも

6名の口腔外科医による担当医制度。患者は遠方からも

それでは改めて、貴院の特色について教えてください。

当院が自信を持って「口腔顎顔面ケア」と名乗れるのは、全員口腔外科専門の歯科医師が診療を行っており、さらに一人ひとりの患者さんに担当医制度を取っているからです。一人の医師が同じ患者さんを診ることでよりきめ細かく安心できる診療を提供しています。
また、麻酔科の医師もおり、外科処置を行う体制が整っています。さらに毎月、全スタッフで医療安全委員会を開き、ミスになる前にヒヤリハットを防止するため、常に改善に努めています。規模は小さいけれど大学病院にも引けを取らない体制であると自負しています。

6名の口腔外科医による担当医制度。患者は遠方からも

滅菌などの設備も整っているそうですね。

タービンなどの患者さんごとの滅菌・器具を1点ずつパッキングしての使用など当たり前のことをしっかりと高レベルで行い、一般診療は2階、オペ室は1階とフロアを分け、新たなウイルスに対しても感染を起こさない環境をつくっています。
また、再生医療のひとつのPRBを生成する機械も設置するなど、皆さんにお口に関することなら何でも安心してかかっていただける体制を整えています。

最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

当院は虫歯・歯周病治療・インプラントから親知らずの抜歯・あらゆる口まわりの疾患までを口腔外科を専門とする医師が診療する、安心してお口の治療を任せていただける歯科クリニックです。特に神経治療に関する知見がある歯科医院は全国的に見ても少ないため、北海道など遠方から見える患者さんもいらっしゃいます。
スタッフ全員、患者さんのお気持ちを何より大切に考えながらしっかりとコミュニケーションを取り、診療を行っていますので、ぜひ安心してお越しください。

編集部まとめ

親知らずの抜歯・歯牙移植・お口まわりのできもの、痺れなど、口腔外科の強みについて知ることができました。白井院長をはじめ担当医制で、いざというときにも安心して相談できる「佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI」。成田・羽田の両空港からも1時間程度。都心からのアクセスも良好なので、お口まわりに気になることがある方はぜひ相談に訪れてみてはいかがでしょうか。

佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI

医院名

佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックMAKUHARI

診療時間

9:30〜13:30/15:00〜19:00

休診日に関して

第一日曜日除く日曜日・祝日

診療内容

口腔外科 歯科一般 歯周病治療 インプラント 矯正歯科 審美治療 歯の保存と骨造成 特殊外来 訪問治療

所在地

千葉県千葉市美浜区ひび野2-1-1
QVCSQUARE1F・2F

アクセス

JR京葉線「海浜幕張」駅より徒歩3分
バス:「たうんせんたー前」停留所より徒歩0分

対応クレジットカードに関して

VISA/Master/American Express/Diners Club/JCB/DISCOVER

対応外国語

英語/韓国語