歯牙移植術とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

歯牙移植術とは

歯牙移植とは、歯がないところに別の場所から歯を移植する治療です。特に、残せない歯の抜歯を行った直後、抜いた部分に親知らずや機能していない、使われていない歯を移植することが多いです。
ブリッジとは違い両隣の歯を削る必要もなく、移植後に正常な歯として機能するのが特徴です。

メリット

・インプラントではなく自分の歯で噛め続ける
・インプラントよりも手術の負担が少ない
・不要な歯を再利用できる
・歯牙移植した歯も矯正治療ができる

デメリット

・即効性はないので、長期的に治療にが必要
・むし歯や歯周病が完治するわけではない
・予後が不良のことがある

治療期間

治療期間は、基本的に全行程で6~9ヵ月ほどかかります。
手術時間は1~2時間です。傷の状態が安定し次第、被せ物の作成、装着をおこないます。
治療後も定期的に通院し、経過観察していく必要があります。

費用相場

費用は保険適用の場合3割負担で1万円程度です。保険外の場合は10~20万円程度です。
医院によっては、別途診察費がかかります。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。