短期間でバレずにきれいな歯並びを。気軽に始められるマウスピース型矯正治療とは【東京都千代田区 PCP丸の内デンタルクリニック】 2020/02/10

PCP丸の内デンタルクリニック
PCP丸の内デンタルクリニック

自分の歯並びに自信があるという人は、おそらくそれほど多くはいないだろう。それでも簡単に矯正治療を始められないのは、費用や期間、痛み、治療中の見た目など、さまざまな理由がありそうだ。しかし、歯並びは見た目ばかりでなく、機能的にもさまざまな影響を及ぼすという。矯正治療の重要性と、治療中の見た目が気にならないマウスピース型矯正について、PCP丸の内デンタルクリニックの安田和光院長に話をうかがった。

PCP丸の内デンタルクリニック
 

Doctor’s Profile
安田 和光(左)
医療法人社団浩昭会PCP丸の内デンタルクリニック 院長

東京歯科大学を1993年に卒業し、矯正専門のクリニックを含め、複数のクリニックで勤務医を経験した後、2003年からPCP丸の内デンタルクリニックに勤務。日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会所属。

阿部 賢一(右)
医療法人社団浩昭会PCP丸の内デンタルクリニック 副院長

北海道大学歯学部を2008年卒業し2016年より勤務。医療法人社団浩昭会の学術委員長を担当。常に新しい知識と技術の情報を講習会等で学び、クリニックに新たな風を吹き込んでいる。

長い治療期間中も目立たないのがうれしいマウスピース型矯正

マウスピース型矯正をされる患者さんは、どういった方が多いですか?

当クリニックの患者さんは20代~60代がメインですが、矯正治療も特に変わらず、若い方から年配の方まで幅広くいらっしゃいますね。年配の方の場合は、見た目を気にして以前から矯正したいと思っていたけれど、踏み切れず歳を重ねてしまったという方が多いです。
矯正希望の患者さんは、見た目よりも機能面で治療が必要な場合が多いので、こちらからコンサルテーションをして、「噛み合わせを治し、それにプラス見た目もきれいになりますよ」というご案内をすると、矯正治療を決心されるケースも多いですね。

長い治療期間中も目立たないのがうれしいマウスピース型矯正

矯正というと見た目をよくするためのイメージが強いですが、機能的な意味で必要なんですね。

当クリニックは矯正専門というわけではありません。ですから、審美性を求めて矯正のためにいらっしゃる患者さんより、一般歯科の治療を受けていらっしゃる患者さんに現状を説明して「矯正という選択肢もありますよ」という形でお話しすることが多いんですよ。
矯正治療の必要性に気づいていらっしゃらない場合も、ご説明すると、「そういう方法もあるのかな」と思われて矯正を始められます。

自覚していないけれど、実は矯正が必要な方は多いのでしょうか?

専門家の目から見れば、10人のうち9人は矯正の対象になります。矯正治療が必要ない方は、100人のうち数人だと思いますね。一見きれいな歯並びに見えていても、噛み合わせなどの機能面を専門的に考えれば、矯正が必要な方が多いんです。

長い治療期間中も目立たないのがうれしいマウスピース型矯正

矯正したいと思っているけれど、治療に踏み切れないのはどういった理由が考えられますか?

やはり治療中の見た目と費用ですね。痛みを伴うということもあります。それで今まで踏み出せなかった人たちでも、矯正の必要性をご説明すると決心されるんですね。

その点、マウスピース型矯正はやはり矯正装置が見えにくい点が大きなメリットでしょうか?

そうですね、やっぱり目立たないというメリットは大きいですね。取り外しも可能です。マウスピース型矯正を希望される患者さんも、そこに期待していらっしゃいます。当クリニックでは、クリアコレクトというアメリカのメーカーを使用しています。

逆に、マウスピース型矯正のデメリットはどういったことがありますか?

患者さんの中には、1日に20時間マウスピースをつけておかなければならないことをご説明すると、ためらわれる方もいらっしゃいますね。また、マウスピース型矯正には限界があるので、適応しない方もいらっしゃいます。そういった方にはワイヤーによる矯正をご案内します。

長い治療期間中も目立たないのがうれしいマウスピース型矯正

マウスピース型矯正とワイヤー矯正では、費用がずいぶん異なるようですが。

ワイヤー矯正はだいたい金額が決まっていて、一般的には100万円ぐらいですね。期間は平均2年ぐらいです。
マウスピース型矯正の場合は、数カ月のケースもありますし、費用も30万円ぐらいからです。もちろんマウスピース型矯正でも治療の難易度が高くなれば、それだけ期間も費用ももっとかかってきます。
歯の状況次第なので、一度いらしていただければご説明します。メリットやデメリットを踏まえた上で、患者さんに合った治療法を選択していただければと思います。

矯正に特化していない総合歯科だから、安心してすべてをまかせられる

こちらのクリニックで矯正治療をするメリットはどういったことがあるでしょうか?

矯正に限りませんが、急に痛くなったりしたときに、すぐに歯医者に行けないことは多いと思うんです。特に社会人の方は、勤務途中に何かあってもすぐにクリニックに行くのは難しいですよね。
当クリニックは丸の内にありますので、仕事場に近い方が多く、仕事の合間に治療にいらっしゃったりされています。

矯正に特化していない総合歯科だから、安心してすべてをまかせられる

勤務時間中に診療に来られるのですか?

仕事中に受診がOKという会社もあるので、そういった方は午前中などにもいらっしゃいますね。土日がお休みの方が、土曜日にわざわざ職場の近くの当クリニックへいらっしゃったりもします。
行き慣れている場所だからということもあるんですけれど、緊急のときに仕事の合間にすぐ受診できるというメリットが大きいですよね。家の近くのクリニックに通っていると、何かあっても仕事の合間に診てもらうわけにはいかないと思います。

確かに会社員にとって家の近所というのは、逆に平日は行きにくいですね。

また、当クリニックは東京駅からも近く交通の便がいいので、土曜日は新幹線でいらっしゃるような方もいますし、出張が多い会社員の方もお見えになっていますね。

矯正専門ではなくて、ほかの治療もされる歯科で矯正をするメリットはありますか?

それはいろいろあります。矯正専門の先生は普通、虫歯の治療をされません。クリーニングをしないクリニックもありますね。「矯正治療中ですけれど虫歯の治療をしてください」と、矯正専門のクリニックから紹介状を持って患者さんがいらっしゃることもあります。矯正治療中に虫歯になると、ほかのクリニックにわざわざ行かなければならなくなってしまいます。
けれども当クリニックでは、矯正治療中も虫歯の治療もできるし、クリーニングもすべてできます。わざわざあちこちに行かなくても済むというのは、メリットとして大きいんじゃないでしょうか。矯正専門歯科との違いはそういうところですね。ひとりの患者さんをトータルで診ることができるんです。

矯正に特化していない総合歯科だから、安心してすべてをまかせられる

それでは、矯正治療を受けるときの流れをご説明してください。

最初に診察をして、コンサルテーションをします。そのとき治療方法のメリットやデメリット、期間や費用などをご説明します。
治療が始まったら、1カ月に1回ぐらい通っていただくことになります。治療期間は歯の状態によって変わってくるので、数カ月から長い人は3年くらいかかる人もいらっしゃいますね。

メリットは審美性にとどまらない。矯正によって笑顔が増え、その後の歯の健康も保てる

こちらのクリニックにお勤めの方も、矯正されている方が多いと伺いました。矯正をした感想にはどんなことがあるんでしょうか?

子どもや大人に関わらず、歯が変わるとその人のイメージが変わるんですね。私も矯正をしましたが、変わりました。
ただ専門的な観点でいえば、見た目はプラスアルファのメリットです。一生自分の歯を使っていくために、矯正治療をして適正な噛み合わせをつくって、ブラッシングのしやすい、清掃性のいい状況をつくることが大切です。矯正することで「虫歯や歯周病のリスクを減らしていきましょう。それプラス見た目、審美性もよくなります」ということなんです。もちろん矯正治療にいらっしゃる方の場合は、まず見た目を気にしてだと思うんですが、それ以上のメリットがあるわけです。

メリットは審美性にとどまらない。矯正によって笑顔が増え、その後の歯の健康も保てる

矯正治療にあたるときに心がけていらっしゃるのはどんなことですか?

矯正治療に限らずに、患者さんが何を求めていらっしゃるのかを汲み取ることですね。何を求めているのかは人によって違いますから。見た目をきれいにしたいという方には、その気持ちを汲み取って治療にあたります。
おかしなもので、私からは「これが気になるだろう」と思うことがあっても、患者さんにとっては「違うところが気になる」ということもあるんですね。患者さんの意図を汲みながら、専門的に見て必要な治療については「こちらもどうですか」と提案するようにしています。

メリットは審美性にとどまらない。矯正によって笑顔が増え、その後の歯の健康も保てる

最後にこの記事を読んでいる読者にメッセージをお願いします。

矯正に限りませんが、歯の治療によってちょっと認識が変われば、人生も変わると思うので、その手助けをしていきたいと思っています。歯科治療は、単に歯を治すだけではない、それ以上のメリットがあるんです。特に矯正治療をして見た目がきれいになると、今まで自信を持って笑えなかった人が笑えるようになるので、そういった患者さんを見るとうれしくなります。
なかなか実感しにくいかもしれませんが、歯はとても大切なものだということをお伝えしたいですし、治療後のメンテナンスのためにも、通い続けられるクリニックを見つけていただきたいですね。

編集部まとめ

たとえ歯並びが気になっていなくても、矯正治療が必要なケースがあると聞くと、一度診察を受けたくなってきます。噛み合わせは自分では判断できないだけに、専門家の目で見てもらうことが必要でしょう。矯正治療は目立つというこれまでの常識に対しても、マウスピース型矯正という新たな選択肢があります。専門家の目と知識に頼ることの大切さを感じました。

医院情報

PCP丸の内デンタルクリニック

PCP丸の内デンタルクリニック
所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内2F
アクセス JR各線 東京駅 八重洲南口 徒歩1分
診療内容 歯科一般 小児歯科 矯正歯科 審美治療 インプラント 他