歯科医師談!マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正の費用差はどこに?【江戸川区 アルファー歯科】

アルファー歯科
アルファー歯科

マウスピース型矯正装置はワイヤー矯正に比べて目立ちにくいことから、治療中の見た目が気になる方に注目の歯列矯正です。しかし、歯科医院ごとで料金が違うことから「費用面に不安」を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
そこで今回はマウスピース型矯正に力を入れている【江東区平井駅 アルファー歯科 廣光 敦先生】に、マウスピース型矯正装置の費用の違いについてお話を伺いました。

Doctor’s Profile
廣光 敦
アルファー歯科 院長

1990年に城西歯科大学を卒業後、大手歯科医院を6院勤務し歯科医師としての経験を積む。口元の美から患者さまの楽しいライフスタイルの手助けが少しでもできるよう、歯科矯正をはじめとした審美治療に力を入れ、2008年アルファー歯科を開院。また、できる限り抜歯をせず、患者さまの負担を軽減できるような治療を提供できるよう心がけている。日本アンチエイジング歯科学会や国際審美学会など多数の学会にも参加。

歯並びを矯正したいとき、まずマウスピース型矯正装置かワイヤー矯正のどちらかを選ぶことになりますが、いくらくらい費用がかかるか、気になって決めかねている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「歯科医院に聞けばいい」と言ってしまえばそれまでですが、費用のことはなかなか聞きにくかったり、相談に行く手間が負担に感じたりすることもあります。
 
まずは一般的な情報として、マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正の違いを、費用面から確認していきましょう。

【マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正】費用の違いは?

マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正とは

マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正の特徴の違いをまとめると、以下のようになります。

マウスピース型矯正装置の特徴

  • 透明なマウスピースをつけるだけなので矯正が目立ちにくい
  • 矯正装置(マウスピース)は取り外し可能
  • 食事や歯みがきのときに取り外せるので、虫歯になりにくく、口臭も発生しにくい
  • 次のマウスピースに変更したときに、慣れるまで歯に圧力がかかり、痛みや締めつけ感が出ることがある
  • ワイヤー矯正に比べると、対応できる症状の範囲が限られる

※上記の特徴には個人差があります。

ワイヤー矯正

  • 金属製のワイヤーを使う場合は、口を開けたときに目立ちやすい
  • 矯正装置は自身で取り外せない
  • 食事のときに食べ物が挟まる、もしくはみがき残しがあると、虫歯や口臭の原因になる
  • 歯を矯正する力で痛みが出る場合や、ワイヤーやブラケットが口や歯に当たって痛みが出ることがある

※上記の特徴には個人差があります。

マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正の費用の違い

巷でも、「マウスピース型矯正装置が安価だ」「ワイヤー矯正のほうが安価だ」とどちらの情報も見受けられますので、その真意がわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ歯科矯正の費用は、自由診療であれば歯科医院ごとで自由に設定できるので、マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正、どちらの費用が高額とは一概に断言できません。

また、歯並びによっても費用差はあるため、仮にマウスピース型矯正装置を選んだとしても、どの種類のマウスピース型矯正装置にするかによっても費用が変わるといいます。

そこでこの費用差について、マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正のどちらの治療も行っていらっしゃるアルファー歯科の廣光先生に、詳しくお話を伺いました。

編集部

マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正には価格差がありますが、どちらのほうが高額で、どちらのほうが安価という基準はありますか?

廣光先生

一般的には矯正に手間も時間もかかるとされているのが、「ワイヤー矯正」です。そういった意味ではワイヤー矯正のほうが高額で、マウスピース型矯正装置のほうが安価で済むことが多いのかもしれませんね。
またインビザライン®(※)の場合は技工代がかかりますし、ニーズも高いので高額な設定している歯科医院も多いようです。

事実アルファー歯科では、多くの方にインビザライン®の矯正を受けてもらいたいと思っていますので、患者様が比較的受診頂きやすい価格設定にしています。

※インビザライン®とは
アメリカのアライン・テクノロジー®というメーカーが開発した独自のマウスピース型矯正システムのことです。治療を始める段階で、矯正終了までどのように歯を動かしていくかをコンピューターでシミュレートし、詳細な治療計画を立てていきます。また、インビザラインは未承認医薬品等であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

アルファー歯科の治療費
インビザライン 595,000円(税抜)

やはり費用に関しては、歯科医院ごとに違いがあるようですね。
ただし、インビザライン®では、技工代の影響で高額になるケースもあるとのご意見がありました。
この点ではマウスピース型矯正装置の種類によって費用が変わってくるのか、という疑問を感じます。そこで次は、この疑問について、さらに伺ってみましょう。

編集部

先程、インビザライン®では技工代がかかるので高額になることがあるとおっしゃっていましたが、マウスピース型矯正装置は種類によって費用に違いが出るのでしょうか。

廣光先生

そうですね。マウスピース型矯正装置は種類によって費用が異なります。大きな違いは、インビザライン®とその他の種類のマウスピースを比べたときですね。

インビザライン®は、最初から最後まで費用がパッケージ化されているので、最初の段階で費用の総額がわかります。
その他のマウスピース型矯正装置は、思うように歯が動かないケースなどもあるので通院回数がどのくらいかかるか読めませんし、技工代や治療費の総額も矯正が終わってみないとわからないことが多いのです。

費用が高額かどうかも気になりますが、最初の段階で総額がわかるというのは、どのマウスピース型矯正を受けるか、意思決定にかなり影響してくるのではないでしょうか。

マウスピース型矯正装置は保険適用になるか

歯科矯正は、基本的に自由診療のため、健康保険適用になりません。しかし、国が定めた病気に該当する場合には、健康保険が適用されることもあるといいます。ではその点、マウスピース型矯正装置はどうなのでしょうか。廣光先生から次のようなお話を伺いました。

編集部

マウスピース型矯正装置で保険が適用されることはあるのでしょうか。

廣光先生

今のところ、マウスピース型矯正装置が保険適用されることはありません。どのような症状、どのような歯並びであっても、マウスピース型矯正装置はすべて自由診療になり、費用は全額自己負担になります。

【マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正】費用の違いは?

このようにマウスピース型矯正装置はどの種類であっても保険適用にはならないので、費用について不安な方は、事前に歯科医院に確認したほうが良さそうですね。
ただし、インビザライン®は初回の段階で矯正費用がはっきりする、ということがわかったのは、大きな収穫なのではないでしょうか。

【気になる追加料金】マウスピース型矯正装置は費用が明瞭?

これまでの説明で、マウスピース型矯正装置の費用のことが、ある程度おわかりいただけたのではないでしょうか。
しかし、歯科矯正は治療を進めていくなかで治療方針が変更されたり、予定通りに矯正が終わらず、治療期間が伸びてしまったりするケースがあります。

このような場合、本来は追加料金が発生します。だからといって追加費用を理由に更なる治療が必要あるにも関わらず治療をしないという決断は望ましくありません。
このようなことを想定し、最近では、保証期間などを設定し、追加料金に配慮して患者の負担を減らそうと努力している歯科医院も増えてきました。

そこで矯正に対する追加費用の対策に、アルファー歯科がどのように取り組んでいらっしゃるかを、廣光先生にお話を伺ってみましょう。

【気になる追加料金】マウスピース型矯正装置は費用が明瞭?
編集部

マウスピース型矯正装置を始め、歯列矯正で追加治療が必要になることもあるかと思うのですが、アルファー歯科様ではどのような対応をされていらっしゃいますか?

廣光先生

アルファー歯科では、基本的に追加費用をいただいておりません。
他の歯科医院では、数年来院しなかったら追加費用が発生するなどもあるようですが、アルファー歯科では追加費用をいただかず、一定の金額で治療ができるようにしています。歯並びをきれいにしたいという患者様のお気持ちに一人でも多くお答えしたいので。
患者様のご負担を軽減できるよう、精一杯配慮したいですね。

編集部

すばらしいお考えですね。具体的にはどのような対応をされているのでしょうか?

廣光先生

先程説明した「追加料金なし」以外の対応では、月々の管理料金がかからないことなどが挙げられるでしょう。
あと、計画通りに歯が動かないこともあるので、回数の制限を設けず、必要に応じて何回でもスキャンが受けられるようにしています。

また、マウスピース型矯正装置ではワイヤー矯正を併用することもあるのですが、こういったケースでも追加費用も基本的にはいただいていません。

【気になる追加料金】マウスピース型矯正装置は費用が明瞭?

このような廣光先生のお話を伺って感じたのは、追加の治療はきれいな歯並びにするために必要なものであり、追加の検査や治療を「ネガティブ」にとらえてはいけないということです。

マウスピース型矯正装置、とくにインビザライン®はもともと費用がわかりやすい設定になっていますが、アルファー歯科様のように追加費用にも配慮されているとさらに治療費に関する不安が軽減できます。

保証内容は歯科医院ごとで違ってきますので、必ず事前に確認して納得がいく内容の医院を選んだほうがいいでしょう。

費用の安さでマウスピース型矯正装置を選んでも大丈夫?

ここまで費用のことを中心にお話をしてきましたが、歯科矯正は大切な歯の治療です。ただ費用が「安価だから」という理由で選んでもいいものでしょうか。

ここからは、マウスピース型矯正装置を検討したときに、費用以外にどのようなことを歯科医院に確認しておいたほうがいいかを、廣光先生に教えていただきたいと思います。

信頼でき、矯正技術があるかを確認する

歯科矯正に限らず、治療を受けるのであればやはり信頼できる歯科医院を選びたいものです。信頼できる歯科医院を選ぶには、どのようなことを確認すればいいのでしょうか。

費用の安さでマウスピース型矯正装置を選んでも大丈夫?
編集部

信頼できる歯科医院にマウスピース型矯正装置をお願いしたいと考えたとき、歯科医院の先生にはどのようなことを確認すればよいのでしょうか?

廣光先生

マウスピース型矯正装置は、従来のワイヤー矯正と違って、まだ歴史が短い治療技術です。必ず医師の症例をもとに自分の症状に近い治療経験の有無を確認しましょう。
あとはマウスピース型矯正の実績や知見についても確認するといいでしょう。更には、スキャナーの有無も確認したほうがいいです。スキャナーがないとどうしても精度が低くなります。

インビザライン®は特に技術が必要なマウスピース型矯正なので、納得いくまで質問したほうがいいですよ。

マウスピース型矯正装置は、総額を考えれば気軽に出せる金額とは言えません。とはいえ大切な歯の治療ですし、せっかく歯並びを矯正してキレイにするのですから、きちんと納得して担当の医師を信頼できるまで疑問点は聞いたほうがいいですね。

  • 自分と似た症例の治療経験
  • マウスピース型矯正装置の知見や経験
  • スキャナーの有無

上記の3点は、必ず事前に確認するようにしましょう。

マウスピース型矯正の成功の秘訣は医師との約束を守ること

せっかく費用をかけてマウスピース型矯正をしたのに、きれいな歯並びに矯正されなかった、というケースが全くないとも言い切れません。
ただしこれは歯科医院の問題ではなく、患者側に問題があるケースも少なくはないのです。

編集部

マウスピース型矯正装置で、計画通り歯並びがキレイになるように患者側で気をつけることはありますか?

廣光先生

これはどの歯科治療にも言えることですが、基本的なことを守ることが大切です。

  • マウスピースを入れなければいけないときは、きちんと入れる
  • 指定した日に予約をとり、通院する

この2つは絶対に守ってください。

アルファー歯科では、患者様ごとに通院頻度に差をつけています。患者様の状態にあわせたスケジュールを作っているので、「指定した日に来る」ということが重要です。

費用の安さでマウスピース型矯正装置を選んでも大丈夫?

マウスピース型矯正装置は、矯正装置を自分で外せてしまう歯科矯正です。「痛いから」「違和感があって気持ち悪いから」と自己判断で外してしまっては、計画通りのキレイな歯並びにはなりません。

矯正が計画通りきちんと進んでいるかを確認し、状況に合わせて医師が治療計画を変更したときは医師の指示を遵守しましょう。その際、治療変更に疑問や不安がある場合は、納得できるまで医師に質問することが重要です。

費用だけで決めてはダメ!歯科医師ごとにことなる治療詳細まで確認することが重要

マウスピース型矯正をインビザライン®とその他の矯正の2つで比べると、前者は最初から費用の総額が明瞭で、後者は最後まで総額がわからないといった違いがあります。
ただ、そもそもマウスピース型矯正装置は自由診療のため、歯科医院ごとで費用の設定も変わり、「この種類のマウスピース型矯正装置にはいくら費用がかかる」と明言できるものではありません。

そのためマウスピース型矯正治療を検討する際には、費用について次のような項目を歯科医院へ事前に確認する必要がある、といえるでしょう。
 

  • 歯科医院で取り扱うマウスピース型矯正装置の種類
  • 治療の変更や延長による治療費の追加やスキャンなどの検査費用

 
費用だけで決めるのではなく、マウスピース型矯正装置の知見や経験、医療機器や検査機などの院内設備、保証制度の内容も確認。更には一人ひとりに合わせた細やかな治療をしてくれるかどうかも見極めることが大切になるでしょう。

医院情報

アルファー歯科

アルファー歯科
所在地 〒132-0035
東京都江戸川区平井5-23-2
アクセス JR総武線「平井駅」より徒歩30秒
診療内容 歯科矯正・審美治療・歯科一般
マウスピース型矯正費用 透明マウスピース型矯正装置(診断料込) 635,000円(税抜)
マウスピース型矯正装置(インビザライン) 595,000円(税抜)