ヘミオステオトミーとは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/07

ヘミオステオトミーとは

ヘミオステオトミーとは、歯の土台となる顎の骨にヒビを入れることで矯正治療期間を短縮できる治療法です。同様の術式であるコルチコトミー法をさらに発展させたもので、歯を支えている顎の骨にヒビを入れて矯正装置で歯を動かしやすい状態にしたうえで矯正装置を使用します。
よりスムーズな治療ができるように、インプラント矯正と併用されることもあります。一度切られた骨は丈夫になり、矯正後の後戻りも少ない傾向があります。

メリット

・治療期間を4分の1から2分の1まで短縮できる可能性がある
・抜歯をしなくても良くなる場合が増える
・後戻りが軽減される
・血液循環が良くなるので歯肉の色が良くなる

デメリット/副作用

・外科手術をしなくてはならない
・矯正装置のみを使った治療よりも高額
・治療を行っている医院が限られる
・通院回数は比較的多い

治療期間

手術自体は1時間程度で終わり、その日のうちに帰宅できます。矯正治療として1年~3年程度かかりますが、へミオステオトミーをすると治療期間を短縮できるケースが多いです。

費用相場

手術料は10~20万円程度です。それに通常の矯正治療の料金が加わります。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。