フェイスボウとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

フェイスボウとは

フェイスボウとは、上顎の位置を咬合器に再現するために用いる器具のことです。被せ物や入れ歯を作る際、またかみ合わせ治療の際に咬合器に歯の模型を取り付けますが、フェイスボウを用いることでより精密なものを作製することが出来ます。
フェイスボウを用いることで、口の中の動きを咬合器上でもより実際の動きに近づけて再現することが出来ます。その結果、口の中に入れるものを精密に作製することが出来、長持ちしやすくなります。

メリット

・フェイスボウを使わないで技工物を作製するよりも精密に作ることが出来る
・自分の顎に合った装置を作成できるので、より効果的な治療ができる
・実際のかみ合わせの不調を再現することができる

デメリット

・フェイスボウトランスファーをする歯科医師・技工士が少ない
・フェイスボウトランスファーを行った後、かみ合わせを精密に考えて作ることが出来る歯科医師・技工士が少ない
・フェイスボウトランスファーをするのに手間がかかる

治療期間

治療期間は、被せ物や入れ歯を作製する流れの一部ですので、1回の予約で出来ます。
治療の流れとしては、検査をおこなった後に、フェイスボウを使用して上顎の位置を記録し、記録を咬合器に移します。
顎関節と上顎の位置関係を咬合器に移すことで、口腔内の動き(下顎運動)が再現できます。

費用相場

一貫した治療の一部となりますので、フェイスボウだけの費用はありません。
医院によっては、別途診察費がかかります。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。