【2021年】名古屋市の根管治療 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/10/21  更新日:2021/10/29

名古屋市で評判の根管治療対応の歯医者さんをお探しですか?
名古屋市は愛知県の市のひとつで、日曜診療や、夜間診療に対応している、治療機器が充実しているなど様々な根管治療対応の歯医者さんの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、歯科医師の先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、名古屋市のおすすめの根管治療対応の歯医者さんをご紹介いたします。
※2021年10月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

名古屋市で評判の根管治療対応の歯医者さん6医院

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科

  • 駅徒歩1分

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科photo

アクセス・住所・診療時間

名古屋市営地下鉄東山線・リニモ 藤が丘駅 1番出口 徒歩1分

愛知県名古屋市名東区明が丘124-1 amiamiビル1階

診療時間
10:00~13:00
14:00~18:00

★:9:00~13:00/14:00~17:00
※予約制
矯正歯科は診療時間が異なります。

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科はこんな医院です

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科photo

名古屋市名東区にある医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科は、名古屋市営地下鉄東山線・リニモ「藤が丘駅」の1番出口より徒歩1分の好アクセスで、天然の歯を1本でも多く温存するための根管治療に注力されています。根管治療は、むし歯や歯周病などの細菌が根管(歯の根っこ部分)にまで到達し、強い痛みや炎症が生じる状態となっている場合に、根管内の汚れを洗浄し薬剤を詰めて根管を閉じることで、抜歯のリスクを回避する治療です。歯に強い痛みがある場合や、歯の根っこの治療が必要と判断された方、なるべくご自身の歯を長く使い続けたいという方は、医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科へのご相談をおすすめします。

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科の特徴について

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科photo

・できるだけ天然の歯を残す包括的な治療!

医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科では、根管治療をスムーズに行い、治療を成功に導く為に必要な医療機器を全て完備されています。歯の組織を立体画像で確認できる歯科用CT、狭い根管内も詳細に視認するためのマイクロスコープ、治療中の患部への細菌や唾液などの侵入を防ぐためのラバーダムを使用し、できるだけ天然の歯を残し再治療のリスクの少ない精密な治療を提供されています。また、保存療法や部分矯正など、様々な治療法を必要とする症例にも対応されていますので天然の歯を残すことを諦めかけてしまわれていた方にも、一度受診されてみることをおすすめいたします。

・根管治療が必要となるケースには3つの原因!

歯の根の治療が必要になるケースには「細菌、環境、力」という3つの原因があり、それぞれに対して有効な治療を行なわれています。細菌に対してのアプローチは、従来の肉眼での処置よりも視認性を向上できるマイクロスコープや、治療中の患部への細菌や唾液などの侵入を防ぐためのラバーダムを使用して根の細菌を徹底的に除去する治療を行われています。環境に対してのアプローチは、清掃不足を招いてしまう歯並びの治療や、口腔内に歯周病の症状がみられる場合は歯周組織の炎症を緩和するための治療を行って環境を整える治療を行われています。力に対してのアプローチは、噛み合わせの治療で顎の関節や歯にかかる過度な負担を軽減させる為に、矯正治療や詰め物・被せ物の調整を行われています。これらのように、現在の症状に対する処置を行うだけでなく、歯の根の治療が必要となるまで至ってしまった根本の原因追及まで、適切な診断を行い、包括的な治療方針をご提案されています。

・他院からのご紹介にも対応!

セカンドオピニオンやサードオピニオンにも対応されており、他の歯科医院からのご紹介や患者さん同士のご紹介で患者さんが来院されています。抜歯が必要と判断されるような難しい症例や、根管治療では改善がみられなかった場合の歯根端切除術など、豊富な治療の選択肢の中から適切な治療法を提供されています。抜歯と判断されてしまったケースでも、エクストルージョン法や歯周再生療法を用いて天然の歯を残して治療できる場合も多いそうです。
歯の寿命を延ばすためにとても重要なのが精密根管治療ですので、重症化して抜歯を検討しているという方も、ご自身の天然の歯を諦める前に一番納得のいく形で治療が実現できるよう一度相談されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの根管治療対応の歯医者さんのことを知りたい方はこちら医療法人信義会 名古屋イースト歯科・矯正歯科の紹介ページ

名古屋歯科

  • 駅徒歩2分

名古屋歯科photo引用:https://dental-hirai.jp/

アクセス・住所・診療時間

名古屋市営地下鉄桜通線 瑞穂区役所駅 1番出口 徒歩2分

愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

★:9:00~13:30/15:00~17:00

名古屋歯科はこんな医院です

名古屋歯科photo引用:https://dental-hirai.jp/

名古屋歯科は名古屋市瑞穂区にあり、お車でも地下鉄でも通院しやすい歯医者です。神経までむし歯の炎症が広がっている歯を残したいと考えている患者さんに対して、根管治療が行われています。
根管治療は、細菌感染部位を取り除き、消毒したうえで、根管に充填剤を入れて被せ物でふたをする治療方法だそうです。
壁で仕切られた半個室の診療室や、清潔な環境を維持し感染の危険性をできるだけ抑えた個室の診療室で、検査が行われています。診療室の椅子には低反発素材が使用されており、治療の時間が長引いた際も腰への負担が少なくて済むでしょう。また、トイレなどは車椅子の方が出入りしやすいように、広めに設計されています。土曜日・日曜日も診療が行われているため、平日は仕事や学校が忙しい方も受診しやすいでしょう。

名古屋歯科の特徴について

・丁寧な検査による根管治療!

根管治療を行う患者さんに対しては、マイクロスコープを使用して歯の中の状態をチェックしています。また、CT撮影を行い、立体的に様々な角度から歯の内部や歯の断面などの確認も行われます。
レントゲンやマイクロスコープだけでは見えない箇所も、CTで確かめてから治療を行うため、精密な根管治療が可能だそうです。確認が難しい感染部分に対してアプローチができるので、根管治療が行いやすいでしょう。

・ラバーダムを使用した根管治療!

細菌に感染したことで炎症が起こっているため、根管治療では神経内の細菌を除去すると共に、治療部位にはできる限り新たな菌を入れないことが大切だそうです。治療の際には、治療を行う歯がラバーダムと呼ばれるゴムシートを用いて他の歯から隔離されます。
また、器具や薬品が患者さんの口腔内に誤って落ちてしまうことを未然に防ぐことができるそうです。できるだけ清潔な状態で治療を行うことで、再発を予防することもできるでしょう。

もう少し詳しくこの根管治療対応の歯医者さんのことを知りたい方はこちら名古屋歯科の紹介ページ

外堀通歯科クリニック

  • 駅徒歩1分

外堀通歯科クリニックphoto引用:https://www.sotoboridorishika.jp/

アクセス・住所・診療時間

名古屋市営地下鉄東山線 本陣駅 3番出口 徒歩1分

愛知県名古屋市中村区本陣通3丁目54-1 エテルナ本陣2階

診療時間
10:00~13:00
14:00~20:00

★:14:00~17:00

外堀通歯科クリニックはこんな医院です

外堀通歯科クリニックphoto引用:https://www.sotoboridorishika.jp/

外堀通歯科クリニックは、抜歯をせずに天然の歯を残すことができる根管治療の実施に努めている歯医者です。
マイクロスコープで撮影した患部の画像を患者さんに見てもらうことで、治療の経過を患者さん自身も確認できるように工夫されています。また、治療内容について図を書いて説明したり資料を使用したりすることで、患者さんが納得したうえで治療が開始できるように努めているそうです。
完全個室で治療が行われるため、プライバシーが保たれた環境で治療を受けることができ、質問があれば他の患者さんを気にすることなく尋ねられるでしょう。土曜日・日曜日に診療が行われているだけでなく、木曜日以外の平日は20時まで診療が行われているので、学校や仕事が終わった後にでも通院ができます。

外堀通歯科クリニックの特徴について

・マイクロスコープを使用した精密治療!

根管治療では、感染した神経を取り除くために、細くていびつな部位の治療を行う必要があるそうです。マイクロスコープを使用して患部を3~20倍に拡大することで、肉眼ではわからない歯の細部までを確認しながら根管治療が行われています。
細菌などを丁寧に取り除くことが可能なので、むし歯などの再発を予防し、患者さんの歯を大切にすることができるでしょう。

・患部を清潔にする取り組み!

根管の細菌を取り除く際に使用する器具は、従来手で動かして使用するものが多いようですが、外堀通歯科クリニックでは電動の機器が使用されています。自動に動作するのファイルと呼ばれる機器により根管内の狭い部位をきれいにすることで、より早く清潔にできるそうです。
また、治療の際に患者さんの唾液が入って細菌が患部に付着することを防ぐためラバーダムを使用し、治療する歯だけを隔離した状態で治療が進められています。

もう少し詳しくこの根管治療対応の歯医者さんのことを知りたい方はこちら外堀通歯科クリニックの紹介ページ

まきの歯科クリニック

  • 駅から車で4分

まきの歯科クリニックphoto引用:https://makino-dc.jp/

アクセス・住所・診療時間

名鉄小牧線 味美駅 車で4分

愛知県名古屋市北区如意3丁目21番地

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

★:14:30~20:00
▲:14:30~18:00
※祝日がある週は水曜日診療いたします。

まきの歯科クリニックはこんな医院です

まきの歯科クリニックphoto引用:https://makino-dc.jp/

まきの歯科クリニックは、十分な説明を行い患者さんが安心して治療に取り組めるようにサポートされている歯医者です。
細菌に感染した歯を治療する根管治療や、一度行った根管治療の箇所が再発し、過去に詰めた充填材を取り除いて再度根管治療を行うといった治療内容にも対応しているそうです。
院内には段差がなく、車椅子やベビーカーを押したままの方も安心して通院できます。また、診療スペースにはキッズスペースがあり、家族みんなで治療を受けることのできる診療室が用意されるなど、子育てが忙しくて治療が受けられない方も気軽に歯医者に通える環境が整えられています。木曜日のみ20時まで診療が行われており、仕事が忙しい方も帰り道に治療に立ち寄れるでしょう。

まきの歯科クリニックの特徴について

・精密な治療を実施!

精密な治療を行うために、肉眼の20倍の拡大ができるマイクロスコープを使用した治療が行われています。根管治療は、歯の根管の中にある神経や細菌を取り除く必要があり、患者さんによって根管の形状は異なるので、十分な確認を行いながら進める細かな作業が求められるそうです。
弾力のあるニッケルチタン製ファイルが使われており、湾曲した根管を傷つけることがなく歯の神経や細菌を取り除くことができるでしょう。

・清潔な環境で治療を提供!

根管治療は歯の根にある細菌などを取り除くことで、天然歯を抜歯せずにいかす治療方法ですが、再発を予防するためには新たな細菌が治療中に患部に入るのを防ぐ必要があるそうです。
治療の際にはラバーダムを使用し、治療する歯以外にゴムシートをかぶせて患部だけを取り分けています。患部に唾液や細菌が侵入するのを防ぎ、菌の無い状態で治療が行えます。また、診療室も清潔を確保できるように、完全個室で治療しているそうです。

もう少し詳しくこの根管治療対応の歯医者さんのことを知りたい方はこちらまきの歯科クリニックの紹介ページ

野原歯科室

  • 駅徒歩3分

野原歯科室photo引用:https://www.nohara-dental.net/

アクセス・住所・診療時間

名古屋市営地下鉄東山線 栄駅 16番出口 徒歩3分

愛知県名古屋市中区栄三丁目6-20 辰晃ビル8F

診療時間
9:30~13:30
15:00~18:00

※完全予約制

野原歯科室はこんな医院です

野原歯科室photo引用:https://www.nohara-dental.net/

野原歯科室は、できる限り今ある天然歯を残しつつ、口腔内全体のことを考えたうえで治療を提案している歯医者です。新しい設備を導入し、根管治療に力を入れているそうです。
奥歯など、歯の根っこの本数が多い複雑な作業が求められる根管治療や再根管治療などにも対応されています。充填方法は患者さんの状態に合わせて、側方加圧根管充填・垂直加圧根管充填・糊剤根管充填から選択しているそうです。
診療スペースは個室になっており、他の患者さんとできるだけ会うことがないようプライバシーが保たれた空間です。また、歯を削る際には微粒子を吸い取る口腔外バキュームが使用されるなど、換気と空気清浄が行われているので、万全の感染症の対策のもと治療を受けられます。

野原歯科室の特徴について

・丁寧な作業による根管治療を実施!

根管治療では、歯の神経や細菌を取り除いた後で、隙間なく薬剤を充填し密閉することが大切だそうです。立体的に口腔内を確認できる歯科用CTを使用することで、目では確認できない歯の根の状態の把握がなされます。
また、マイクロスコープにより患部を20倍まで拡大して観察して、細菌が残ったり、充填の際に隙間ができたりしないように注意を払いながら精密な治療が行われています。

・細菌の侵入を防ぐ取り組み!

野原歯科室では、治療の際にラバーダムと呼ばれるゴムシートを使用して、治療中に患者さんの唾液が入らないようにすることで、新たな菌が患部に入り込むことがないように取り組んでいるそうです。
また、感染部位を除去する際に用いるニッケルチタンファイルが細菌の侵入する原因とならないよう、滅菌して使いまわすといったことはせず、患者さんごとに新しい器具を使用することにより清潔な状態を維持しているそうです。

もう少し詳しくこの根管治療対応の歯医者さんのことを知りたい方はこちら野原歯科室の紹介ページ