1. Medical DOCTOP
  2. 被せ物が欠けたら審美歯科へ!美しく回復させるための治療法

被せ物が欠けたら審美歯科へ!美しく回復させるための治療法

歯の被せ物が欠けたりはずれたりしてしまった場合、できるだけ早く歯科医院で治療することが大切です。歯科医院の保険治療では銀歯になることがほとんどです。しかし審美歯科での自由診療にすると、見た目がもっと美しく違和感なく治療することができます。そこで審美歯科での被せ物治療のメリットや方法についてMedical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修歯科医師
大久保 雅嗣 (大久保歯科医院 院長)


 

 被せ物が欠ける原因

歯の治療のために被せ物をしたものの、長い年月を経ていくと、どうしても被せ物がはずれてしまうことがあります。被せ物が銀歯などの金属である場合は欠けるということは滅多にありませんが、はずれてしまうということは起こり得ます。一旦治療が終わっても、いろいろな理由で再び被せ物の治療をしなければならないことが多いです。


 

 虫歯

被せ物をした歯が虫歯になって、土台の歯が欠けたために被せ物が合わなくなってしまい、結果的にはずれてしまうことがあります。虫歯で被せ物が取れる場合は虫歯菌が被せ物の間から入り込み、虫歯自体が相当進行してしまっていることがありますので、早急に治療が必要です。


 

 経年劣化

被せ物の材質や接着剤が経年劣化してしまい、どうしても取れやすくなってしまいます。特に歯を噛み締めたり歯ぎしりをしたりする癖がある場合は、劣化の速度が速くなってしまうことがあります。


 

 技術的な問題

被せ物が短期間ではずれてしまう場合は、歯科医師の技術的な問題によることもあります。削り方や技術的なわずかな問題が、被せ物の耐久性を短くしてしまうことがあります。短期間ではずれてしまった場合は、歯に異常がない場合が多いので、すぐに付け直してもらうようにしましょう。


 

 被せ物を欠けたままにしておくリスク

被せ物が欠けたりはずれたりしてしまった場合、そのままにしておくと土台の歯や周囲の歯に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。虫歯が原因ではない場合、特に急いで治療する必要はないと考えて放置しがちですが、歯を守るためにもできるだけはやく治療をするようにしましょう。


 

 虫歯や歯周病のリスク

虫歯が原因で被せ物が欠けたりはずれてしまったりした場合は、土台の歯が欠けやすくなっていますので、そのままにしておくと虫歯が悪化してしまいます。また食べかすや汚れがたまりやすくなり、虫歯だけでなく歯周病の原因になる可能性もあります。また口臭の原因になることもあります。


 

 噛み合わせが変わるリスク

被せ物がはずれることによって、歯に隙間ができてしまいますが、その隙間を埋めるために、隣の歯や噛み合う歯が移動します。そのために噛み合わせが変わってしまうリスクがあります。噛み合わせが変わると、歯がすり減ったり浮き上がったりすることがあります。


 

 土台の歯が欠けるリスク

被せ物がはずれてしまうことで土台の歯がむき出しになり、食べ物を噛んだり無意識に噛み締めることによって欠けやすくなってしまいます。土台の歯が欠けてしまうと被せ物を作り直さなくてはならなくなり、治療費が高くなってしまいます。


 

 保険治療と自由診療のメリットとデメリット

被せ物が欠けたりはずれたりしたときの治療は保険治療と自費治療になります。審美歯科で被せ物の治療を行うと、見た目の美しさを重視するため保険適応の材質を使わず、高価なセラミックなどを使うために自費治療になります。新しく被せ物を作り直す場合、審美歯科で治療をすれば美しく自然な感じにすることができます。


 

 保険治療のメリット

保険治療のメリットは、料金がどの病院でも一律なので料金に関する心配をしなくていいということでしょう。そして材質には金属を使用しますので強度があり、噛み締めることが多く強度がかかる奥歯にも向いています。


 

 保険治療のデメリット

保険治療では使用できる材質が決められているために、白い歯にすることができず金属を使うことになり銀歯になってしまいます。奥歯であれば、それほど目立たないこともありますが、どうしても見た目が不自然になります。また汚れが付きやすいので歯磨きに注意が必要です。金属アレルギーや歯茎の黒ずみの可能性もあります。


 

 自由診療のメリット

審美歯科で被せ物の治療を行うときは自費治療になりますが、自分に合った材質を選ぶことができ、自然に近い白い歯をよみがえらせることができます。金属を使わないで被せ物を作ることができるので、金属アレルギーを起こすことが少なくなります。長持ちする材質が多いので、再治療の可能性が低くなります。


 

 自由診療のデメリット

自費治療のデメリットは、保険治療と比べるとどうしても費用がかかってしまうことです。材質によってはかなり高額になることもあり、費用の負担が大きくなります。また材質によっては歯よりも硬いので、嚙み合う歯を傷めることもあります。金属を使った材質は金属アレルギーや歯茎の黒ずみの可能性があります。


 

 審美歯科で作る被せ物の材質

審美歯科で被せ物の治療を行う場合、自分の歯や費用のことを考えて材質を選びます。ほとんどの場合は自然に見えるように白い材質を使用しますが、それにも種類があります。主にどういう材質が使用されるのかを説明します。


 

 オールセラミック

金属を一切使わずにセラミックだけで被り物を作ります。耐久性があり、長期間自然な白い歯を保つことができます。


 

 ジルコニア

ジルコニアはオールセラミックの一種ですが、セラミックよりも自然な白さと透明感があり、強度もある素材です。正式名は「二酸化ジルコニウム」と呼ばれ「人工ダイヤモンド」とも言われています。


 

 メタルボンドクラウン

金属のフレームにセラミックを焼き付けて作った被せ物です。金属を使っているので強度があり、見た目も自然な感じになり、オールセラミックよりも安価です。しかし金属アレルギーの人には使用できないことがあります。


 

 ハイブリッドセラミック

歯科用プラスチックのレジンとセラミックを混ぜ合わせて作った被せ物です。オールセラミックに比べると安価です。また材質が硬すぎないので、噛み合う歯を傷つけることが少ないです。色調はオールセラミックよりもやや劣りますが、金属を使用していないので金属アレルギーを起こす心配がなく、割れにくいというメリットがあります。


 

 美しさを重視するなら審美歯科での自費治療

被せ物が欠けたりはずれたりした場合は、また治療に行くのが面倒だと考えがちですが、美しさにこだわる場合は、丈夫で美しい材質の被せ物に変えるチャンスであると考えることもできます。見た目にこだわる場合の治療は自費治療になりますが、審美歯科で治療をすることがおすすめです。審美歯科での被せ物の治療は、材質も自分の歯や費用に合わせて選ぶことができますので、より自然な感じに白い歯をよみがえらせることができます。

大久保 雅嗣 歯科医師 大久保歯科医院 院長監修ドクターのコメント
『セレック』というドイツメイドの3Dプリンターがあります。スキャナーにより型どりをし、メタルフリーなハイブリッド、セラミック、ジルコニアを自院内で製作可能になりました。(約69000件の歯科医院の約2700件(4%)に設置) 自由診療では当日仕上げも可能な時代になりました。また、保険治療においても下の奥歯(下顎第一大臼歯)にハイブリッドが適応に!その上金属アレルギーがある患者さんは医師の診断書の提出にて、奥歯全てもハイブリッド可能になりました。金属アレルギーもなく、見た目も綺麗な白い歯!皆さんも是非白い歯をお試し下さい。
 
監修ドクター:大久保 雅嗣 歯科医師 大久保歯科医院 院長



 

 審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編


 

 大久保歯科医院

出典:http://www.okuboshika.jp/

電話番号 044-814-4618
住所 神奈川県川崎市高津区久地4-24-30 グリーンスクウェア2階004号室
アクセス JR南武線 久地駅 徒歩3分
診療時間 【平日】9:30~12:30/14:30~18:30
【土曜】9:00~13:00
※土曜午後はインプラント等の外科手術あり
※水曜、木曜は場合により休診あり(学会、会合、出張健診等出席の為)
※水曜午後、木曜午後は場合により休診あり(学会、会合、出張健診等出席の為)
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.okuboshika.jp/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.