ハイブリッドセラミックとは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

ハイブリッドセラミックとは

ハイブリッドセラミックとは、プラスチックにセラミックを混ぜた歯科材料です。

オールセラミックと比べると、強度や審美性は劣りますが、比較的安価であり、金属を使用するより見た目の改善が望めます。

他のセラミック素材と異なり、健康保険改定により一定の条件下では保険適用となりました。

銀歯にかわる保険適用での被せ物治療として、ハイブリッドセラミックが選択できるようになっています。

メリット

・金属を使用しないで治療可能
・費用を安く抑えられる
・歯茎の黒ずみを起こさない

デメリット/副作用

・プラスチックには吸水性があるため、変色を起こしやすい
・プラスチック単体よりは耐久性があるが、すり減りやすかったり割れたりすることがあるため、治療部位によっては選択が困難な場合がある
・他のセラミックと比べると審美性が劣る

治療期間

詰め物・被せ物:通院回数2〜3回
型取りの後1週間程度

費用相場

詰め物:1本あたり3万円〜
被せ物:1本あたり6万円〜

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。