1. Medical DOCTOP
  2. 「寝るときだけ鼻づまり」が起こるのはどうして?

「寝るときだけ鼻づまり」が起こるのはどうして?

せっかくウトウトしてきたときに限って起きる鼻づまり。鼻をかんでみても通らず、ますますイライラが募るばかりだ。いったい、何が原因なのだろう。そんな、安眠を妨げる鼻づまりについて、水島耳鼻咽喉科の水島先生に解説いただいた。先生によると、生死に結び付きかねないリスクが隠れているそうだ。

監修医師
水島 豪太(水島耳鼻咽喉科 副院長)

プロフィールをもっと見る
日本大学医学部卒業、東京医科歯科大学耳鼻咽喉科入局。同大学付属病院や一般医院勤務後、カリフォルニア大学サンディエゴ校へ留学。2016年、AGAヘアクリニック開院とともに、水島耳鼻咽喉科の副院長に就任。最新の知見・技術と地域特性を組み合わせた医療に努めている。耳鼻咽喉科専門医。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本遠隔医療学会、日本再生医療学会、国際毛髪抗加齢医学学会などの各会員。

 

程度の差はあるものの、誰にでも起こりえる鼻づまり

編集部編集部

眠ろうとすると鼻がつまり、困っています。どうして夜だけ鼻づまりが起こるのでしょう?

水島先生

それは、夜になると、副交感神経の働きにより、鼻の粘膜が腫れてくるからです。副交感神経は、夜のような「お休みモード」で優位になってきます。そして、酸素を多く取り込むことにより、異物の侵入阻止を優先してくれるんですね。一方、日中の「活動モード」では交感神経が優位になり、鼻の通りを良くします。

編集部編集部

しょうがないと、あきらめたほうがいいのでしょうか?

水島先生

そんなことはありません。息すらできなくなるほどの鼻づまりには、何か原因があるはずです。例えばアレルギー性鼻炎で、もともと鼻の粘膜が腫れていたり、別の炎症を起こしていることも考えられます。

編集部編集部

布団の中にいるダニなども気になります

水島先生

十分ありえますよね。ただ、ダニのフンや死骸は、布団の中に限らず、部屋の床にも広がっているはずです。就寝中だけ鼻が詰まるのであれば、別の要因も考えられるでしょう。自分で決めつけずに、耳鼻科を受診してください。ただし、布団を清潔に保つことは重要なので、定期的なお手入れを続けましょう。

編集部編集部

市販の鼻づまり薬を使うのはどうでしょう?

水島先生

市販の点鼻薬には血管収縮剤が含まれていますので、鼻の通りを良くしてくれます。ただし、常用するようになると、「耐性」といって、お薬が次第に効かなくなってくるのです。依存症や薬物性鼻炎に発展することも考えられますので、お勧めできません。


 

怖いのは、本人が鼻づまりに気付いていないこと

編集部編集部

睡眠時の鼻づまりによる弊害はあるのでしょうか?

水島先生

自然と口呼吸になりますから、起きたときの口の渇き、口が渇くことで繁殖する細菌の影響、口臭の悪化などが考えられます。最も怖いのは、睡眠時無呼吸症候群でしょう。舌が喉のほうに落ちて、気道をふさいでしまうのです。

編集部編集部

睡眠時無呼吸症候群は、“怖い”らしいですね?

水島先生

良い睡眠が取れないため、日中のパフォーマンスを低下させます。だるさや疲れはまだしも、居眠り運転となると生死を分けますしね。そのうえ、自分が睡眠時無呼吸症候群だと気付いていない方も多いようです。

編集部編集部

寝ているときの鼻づまりに気付かないときは、どうすればいいでしょう?

水島先生

起きたときの口の渇きから推測していただくほか、家族からいびきを指摘される場合もあるでしょう。そのような場合は、耳鼻科を速やかに受診してください。もし睡眠時無呼吸症候群なら、改善によって日中の体調が一変します。とくに肥満傾向な方は、注意してください。


 

快適な睡眠に向けて、受診のススメ

編集部編集部

耳鼻科に相談した場合は、何をしてもらえるのでしょうか?

水島先生

根本原因の究明と排除です。アレルギーなら、アレルギーの改善とともに、部屋の清掃や空気清浄機の活用などをアドバイスします。蓄膿(ちくのう)症なら、専門的な治療が必要ですね。また、その間、鼻づまりの症状が和らぐお薬を処方します。

編集部編集部

鼻づまりをひどくする習慣などはあるのでしょうか?

水島先生

寝る前の飲酒です。アルコールには末梢の血管を広げる作用があるので、鼻づまりの原因になります。同様に、「鼻を温めて寝るといい」という説もあるようですが、患部を温めると末梢の血管が広がるので、むしろ詰まりやすくなるでしょう。

編集部編集部

最後に、アドバイスをお願いします

水島先生

呼吸は睡眠の質を大きく左右します。また、鼻呼吸そのものに、吸気を加湿したり異物を取り除いてくれたりといったメリットが含まれます。つまり、風邪にかかりにくいといった予防効果も兼ねるのです。口呼吸で悩まれている方は、気軽にご相談ください。


 

編集部まとめ

寝ているときの鼻づまりは、ある意味、自然な生理現象だったのですね。ただし、安眠を阻害されたり、日中の疲れや眠さが顕著だったりしたら、耳鼻科へ相談しましょう。市販の点鼻薬へ頼るのは、むしろ危険をはらむとのこと。専門のクリニックでしっかり治すことが肝要です。


 

医院情報

水島耳鼻咽喉科

水島耳鼻咽喉科
所在地 〒272-0805 千葉県市川市大野町3-185
アクセス 市川大野駅徒歩2分
診療科目 耳鼻咽喉科・アレルギー科・小児耳鼻科

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.