1. Medical DOCTOP
  2. 症状から調べる
  3. 耳・鼻・のど・肺
  4. くしゃみが止まらないで考えられる病気・原因は?医師が徹底解説!

くしゃみが止まらないで考えられる病気・原因は?医師が徹底解説!

くしゃみが止まらない

くしゃみと咳は似ていますが、同じものではありません。くしゃみは、鼻粘膜が刺激されて、鼻に溜まった分泌物を体外へ出す動作のことをいいます。一方で、咳は、気管や気管支の粘膜が刺激されて、喉頭より下の気道に溜まった分泌物を体外へ出す動作のことをいいます。

ある特定の状況でくしゃみが止まらなかったり、鼻がムズムズしてくしゃみに伴って鼻水も止まらない、などの症状が見られることがあります。

原因はたくさん考えられるため、既往歴や病歴聴取は大事になります。アレルギー性鼻炎のようなアレルギー性疾患、血管運動性鼻炎のような非アレルギー性疾患、風邪症候群などの病気の可能性が考えられます。

アレルギー性鼻炎とは、体にとって異物とみなされる花粉やダニなどに暴露されることで起きます。異物に対するからだの免疫反応のひとつで、アレルギー症状が起きると鼻粘膜に炎症がおこりくしゃみが起きます。花粉症のように季節性のアレルギー性鼻炎と、ハウスダストや動物のように通年起きる可能性があるアレルギー性鼻炎があります。その中でも、成人の原因としてもっとも多いのは花粉で、スギやヒノキが有名です。

血管運動性鼻炎は、アレルギー性鼻炎と同様にくしゃみや鼻づまりといった症状をきたすものを指します。しかし、アレルギー性鼻炎との違いは、アレルギーの関与がはっきりしないことです。くしゃみが止まらなくなるのは、鼻粘膜の自律神経の異常によるためです。くしゃみのきっかけの原因には、寒暖差や、飲酒なども考えられています。

風邪をひいたときにくしゃみがでる原因はウイルス性疾患が多いです。鼻汁や鼻閉感を伴うことも多く、発熱や倦怠感などもみられます。

すぐ病院に行ったほうが良い「くしゃみが止まらない」の症状は?

緊急性を要することは多くありませんが、生活に支障をきたす場合には投薬が効果的です。症状の強さに応じて病院受診を検討してください。

行くならどの診療科が良い?

主な受診科目は、内科です。
問診、診察、画像検査(レントゲン)などを実施する可能性があります。

病院を受診する際の注意点は?

持病があって内服している薬がある際には、医師へ申告しましょう。
いつから症状があるのか、考えられるきっかけはあるか、他にも気になる症状があるのかを医師に伝えましょう。

治療をする場合の費用や注意事項は?

保険医療機関の診療であれば、保険診療の範囲内での負担となります。

くしゃみが止まらない症状の病気

関連する病気

この記事の監修医師