特集「妊活」 「いつでも妊娠できる」思考は危険!?釈由美子が語る、不妊の兆候と治療法 女優 釈由美子さん 特集「妊活」 「いつでも妊娠できる」思考は危険!?釈由美子が語る、不妊の兆候と治療法 女優 釈由美子さん

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん/PCOS)に該当する人は、20~30人に一人いるといわれています。重度の場合は不妊になりやすく、早期の対策・治療が望ましいとされていますが、釈由美子さんもPCOS治療経験者の一人。「生理不順を放置しないで」と語る産婦人科医、稲葉可奈子先生と対談形式で不妊治療について掘り下げていきます。生理不順に隠れた不妊が……?

釈由美子さん

インタビュアー
釈 由美子(女優)

プロフィールをもっと見る
女優。映画『修羅雪姫』、『ゴジラ×メガゴジラ』、『KIRI職業・殺し屋』、ドラマ『スカイハイ』、『7人の女弁護士』などの作品で主演を務めるなど出演作品は累計100作を超える。不妊治療を経て38歳で一児の母となる。
稲葉可奈子先生

監修医師
稲葉 可奈子(予防医療普及協会)

プロフィールをもっと見る
医師・医学博士・産婦人科専門医。京都大学医学部卒業、現在は関東中央病院産婦人科勤務。四児の母。子宮頸がんの予防や性教育など、正しい知識の効果的な発信を模索中。
chapter01 釈由美子さんも経験――多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは? chapter01 釈由美子さんも経験――多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

釈由美子さん釈さん

わたしは20代のときに生理不順が気になり、婦人科を受診した際に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と言われたのですが、そのときは正直、どういう病気なのかわかっていませんでした。

稲葉先生稲葉可奈子先生

そういう患者さんがほとんどです。PCOSは20~30人に一人該当するという割合ですが、あまり知られていない病気です。釈さんのように、婦人科できちんと診てもらわないとわからない病気ですし、痛みなどはありません。

釈由美子さん釈さん

初めて多嚢胞性……PCOSだと診断されて、「赤ちゃんができにくい」と言われたので、そのときはビックリしてボロボロ泣いてしまいました。まだ結婚もしていませんし、妊娠を考えていたわけではなかったんですが、お医者さんから突然伝えられたショックは大きかったです。

稲葉先生稲葉可奈子先生

PCOSの方が必ずしも不妊になるわけではないのですが、「赤ちゃんができにくい」と突然言われたらショックですよね……。正確には「赤ちゃんができにくいかもしれない」です。生理が規則正しい方は、いつが排卵日かを予測しやすいですが、PCOSは排卵しにくくなる病気なので、いつ排卵するのかが予測しづらく、結果として、ねらって妊活しづらい、という意味です。

釈由美子さん釈さん

原因はなんなのでしょうか?

稲葉先生稲葉可奈子先生

原因は正確には解明されていません。

釈由美子さん釈さん

遺伝も関係ないと?

稲葉先生稲葉可奈子先生

遺伝はしないと考えられています。

釈由美子さん釈さん

なるほど。それなら確かに、認知度が低いというのも納得できます。

稲葉先生稲葉可奈子先生

そうですね。PCOSが原因で生理不順になる人もいますが、生理不順の原因はいろいろありますし、なかなか気がつきにくい病気だと思います。

chapter02 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の検査・治療法について chapter02 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の検査・治療法について

釈由美子さん釈さん

わたしの場合もそうだったのですが、卵巣をエコーで検査してみないと、診断できないということですよね?

稲葉先生稲葉可奈子先生

はい、そうです。

釈由美子さん釈さん

他にも検査項目や、診断基準はありますか?

稲葉先生稲葉可奈子先生

月経異常があること血液検査をしてホルモン値が異常であることなどが基準になります。

釈由美子さん釈さん

痛みがない病気って、自覚症状がなくて気がつきにくいですよね。

稲葉先生稲葉可奈子先生

そのとおりです。ですから、ごく一般的な目安になりますが、「生理が3か月来なかったら受診してね」とお伝えしてます。生理って、必ずしも毎月こなきゃいけないものではないので、気にしすぎる必要はなくて、多少は不順でも大問題ではありません。ただ、目安として、3か月以上生理がこない場合は、子宮をリセットさせてあげたほうがいいですし、原因がなにか調べるのも大事ですから、受診していただければなと思います。

釈由美子さん釈さん

わたしも生理不順でしたが、確かに3か月こないのは心配したほうがよさそうです。

稲葉先生稲葉可奈子先生

はい。生理不順は必ず直さないといけないというわけではないですが、ただの生理不順かと思っていたら、実は妊娠していたということもあったりしますし、様子をみていてよい状態かどうかを確認してもらうことは大事です。 PCOSは程度も人それぞれで、みんなが治療を必要とするわけではなく、妊娠を希望しているかどうかによっても方針は変わってきます。釈さんは20代のころから、なにか治療をされていたのですか?

釈由美子さん釈さん

当時、ピルを処方されたのでしばらく飲んでいたのですが、なんとなく数年でやめてしまって、そのままでした。結婚を機にもう一度受診したら、「やはりPCOSです」といわれて、不妊治療を受けることになったんです。

稲葉先生稲葉可奈子先生

どのくらい不妊治療をされたのでしょうか?

釈由美子さん釈さん

排卵誘発剤を処方されたので、それを飲んで、2か月目で妊娠することができました。すごく幸運だったと思っています。

稲葉先生稲葉可奈子先生

それは本当に幸運でしたね! PCOSで、妊娠を希望している場合は、まずは排卵誘発剤を使用して排卵を促しますが、重度の場合は、内服だけでは卵子が育たなかったり、排卵しなかったりということもありますから。

釈由美子さん釈さん

主人に理解があり、すぐに二人で妊活に取り組めたこともよかったと思っています。

稲葉先生稲葉可奈子先生

それはなにより大事なことだと思います。パートナーと二人で協力して取り組むこと、まずは二人の気持ちをお互いに確認して尊重し合うことが、幸せな妊活の秘訣です。

chapter03 生理不順は放置しないで! chapter03 生理不順は放置しないで!

釈由美子さん釈さん

生理不順は、将来の不妊につながることがあるのでしょうか? わたしは早めに対処できたので、妊娠、出産することができましたが……。

稲葉先生稲葉可奈子先生

そうですね、生理不順が必ずしも不妊の兆候とは限りませんが、生理が不順だと、自分たちで妊活するにもタイミングをはかりづらいですし、生理が不順な方で、妊娠を希望される場合は、産婦人科へ相談にきてもらえればと思います。釈さんのように、ちょっとした治療ですぐに妊娠できることもありますし。

釈由美子さん釈さん

ほかになにか気をつけた方がよい症状はありますか?

稲葉先生稲葉可奈子先生

はい。また、生理痛がひどすぎるとか、経血量が多すぎるなど、なかなか他人とは比べられないですが、生理に伴う症状で日常生活が制限されているような場合は受診してほしいと思います。なにか隠れた病気のサインかもしれませんし、生理に伴う症状から解放されることでQOLがとてもあがりますので。

釈由美子さん釈さん

すぐに妊娠を考えていなければ、ピルを処方してもらって卵巣を休ませるなどの方法もありますし、やはりお医者さんに相談すると安心ですね。

稲葉先生稲葉可奈子先生

今は女医さんのいる婦人科も増えていますし、気軽に相談しにきていただければと思います。

釈由美子さん釈さん

恥ずかしがらずに、ですね!

妊娠を考えているすべての女性たちへ

稲葉先生稲葉可奈子先生

たとえ今すぐに妊娠を考えていない人でも、自分の体と向き合うことは将来に備えることにつながります。生理にともなうことは我慢しがちですが、生理不順に限らず、生理痛や生理の量など、なにかつらいことがあれば、一人で我慢せずに産婦人科へ相談しにきてください。不妊につながる病気が隠れていないかなど確認することもできますし、なにより、生理のつらい症状から解放されると毎日が本当に快適になります。そして定期的に子宮頸がん検診を受けて、自分の体を守っていきましょう。

釈由美子さん釈さん

妊娠・出産は、当然ですが女性一人でできるものではありません。不妊治療も同じ。わたしの体、大丈夫かな? と少しでも気になることがあったら、パートナーにちゃんと話せる関係が理想的だと思います。結婚前に、主人に「わたしは子どもができない体質かもしれないから、そしたら違う奥さんのほうがいいよ」みたいなこと言ったことが……。それ以来、主人が「協力」というより、「自分ごと」としてとらえてくれたので、夫婦二人で妊活できました。パートナーがいて妊娠を考えているけどクリニックに行く勇気が出ないという人は、この記事を相手に見てもらうのもいいかも。不妊に悩む女性が一人でも減るといいなと願っています。

編集部より

不妊の原因はさまざまですが、生理不順がきっかけでわかる病気もひとつではありません。自覚がなくても、PCOSのような病気が隠れている可能性も……。今すぐに妊娠を考えていない人でも、気になる症状があればなるべく早く婦人科を受診しましょう。

こちらもおすすめ!