【2018年】川崎市幸区で評判のいい眼科♪おすすめ7医院(1/4) 2018.03.09

川崎市幸区で評判の眼科をお探しですか?

明治天皇の御幸があることにちなみ、名付けられたという川崎市幸区。東京都大田区に隣接し、横浜市と東京都を結ぶ中間点に位置します。梅の名所としても知られており、「幸区」という区名は、明治天皇が梅見に行幸したことにちなんで名付けられました。現在、幸区にある御幸公園では、区民が一丸となって梅の名所としての魅力を復活させようという御幸公園梅香事業が行われており、地域の活性化が進められています。 川崎市幸区に在籍する医師は2016年時点で290名。眼科系診療所は17件あります。眼科に関する特徴としては、人口10万人あたりの施設数が全国平均で6.23に対し、幸区では10.57と倍近くあることが挙げられます。 また、東京都と横浜市の間に位置すること、JR線や京急線など鉄道でのアクセスもしやすいことから、土日祝も診療を行っている眼科では遠方からの来院者が多いのも特徴です。

私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報をもとに、川崎市幸区でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2018年3月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。


 

川崎市幸区で評判のおすすめ眼科7医院!


 

川崎おぐら眼科クリニック JR川崎駅からバスで10分

出典:http://www.kawasaki-ogura.com/

電話番号 044-599-1212
住所 神奈川県川崎市幸区小倉5-19-23
アクセス JR京浜東北線・南武線「川崎駅」からバスで10分
JR南武線「尻手駅」からバスで5分
JR南武線「矢向駅」からバスで12分
東急東横線「綱島駅」からバスで15分
診療時間 【平日】9:00~12:30/14:30~18:00
【土曜】9:00~12:30 ※土曜日は午後休診
休診日 日曜日・祝日
Pickup 【認定資格】
日本眼科学会眼科専門医
【所属学会】
角膜学会/緑内障学会/網膜硝子体学会
【手術対応】
白内障・硝子体手術
※検査・説明を行い、連携施設へ無料送迎
URL http://www.kawasaki-ogura.com/

川崎おぐら眼科クリニックはこんな医院です

出典:http://www.kawasaki-ogura.com/

川崎おぐら眼科クリニックは、川崎市幸区小倉にあり、一般眼科、小児眼科に関する診療を行っています。最寄り駅はJR京浜東北線やJR南武線の川崎駅、尻手駅、矢向駅、東急東横線の綱島駅で、各駅からバスでアクセス可能です。また、無料駐車場があるので車での来院も可能です。日本眼科学会眼科専門医の資格を有する院長を含め、3名の医師と4名のスタッフが在籍しています。 現在、白内障の手術に関しては、説明や検査までに対応しており、手術に関しては利便性の高い横浜駅直結のスカイビル眼科(横浜市西区)へ医療連携しているようです。ゆくゆくは院内対応できるよう準備中とのことです。安全性が高く短時間ですむと思われがちな白内障手術について、あくまでも手術終了をゴールとはせず、術後の感染予防やケアを重視した対応を心がけていらっしゃいます。 患者さんのプライバシーに配慮しつつ、ガラス張りの壁を採用するなど、外からでも院内の雰囲気が伝わるような開放的な設計になっています。白を基調とした清潔感のある受付や広々とした空間に置かれた暖色系のおしゃれなソファなど内装も充実。患者さんがゆったりとした気持ちで過ごせるような工夫が感じられます。地元の人に愛されるクリニックづくりに特化した川崎おぐら眼科クリニックは自信をもっておすすめできます。

川崎おぐら眼科クリニックの特徴について

・視能訓練士による検査と色覚異常の確定診断!

出典:http://www.kawasaki-ogura.com/

色覚異常の確定診断には、専用の設備で検査し、診断を下す必要があります。大半のクリニックでは色覚異常の有無に関する診断にとどまるなか、川崎おぐら眼科クリニックでは視能訓練士の国家資格を有する医療技術者が精度の高い検査を実施。数多くの実績を誇る視能訓練士の小鷲宏昭先生を始め、複数の視能訓練士が高い技術力を駆使して検査を行っています。色覚異常のタイプなど、より詳細な診断を受けられるので、実生活に根ざしたアドバイスを受けられるようです。 また、検査結果が治療内容を左右するため、精度の高い検査を行うことが重要だと考える川崎おぐら眼科クリニック。一般スタッフより高度な技術力をもつ視能訓練士が多数在籍し、様々な検査を行っています。

・個人の生活スタイルを重視したオーダーメイド型の近視治療!

出典:http://www.kawasaki-ogura.com/

お子様のメガネから老眼鏡、遠方近方用メガネの処方箋や、ハード、ソフトコンタクトレンズの処方箋まで、個人の生活スタイルに合わせた治療を行っている川崎おぐら眼科クリニックでは、オルソケラトロジーという、寝ている間に装用すると視力が回復するハードコンタクトレンズも扱っています。通常のコンタクトレンズの管理が難しいお子様や、近視矯正手術を受けられる年齢に達していない若い人は、大人に比べて角膜がやわらかいことからオルソケラトロジーの使用に適しているといわれています。レンズを装着するのは眠っている間だけで日中は裸眼で過ごせるという手軽さも魅力。個人差はあるものの、およそ1週間で裸眼視力1.0以上の効果を感じられる方が半数程度、1ヶ月後には7割以上の方が1.0以上に矯正される実績のある、安全な治療方法として注目を集めています。視力が落ちて気になっている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら川崎おぐら眼科クリニックの紹介ページ


 

眼科小鹿倉医院 鹿島田駅 徒歩2分

出典:http://www.kogakura-eye-clinic.jp/

電話番号 044-522-1930
住所 神奈川県川崎市幸区下平間144
アクセス JR南武線 鹿島田駅 徒歩2分
JR湘南新宿ライン・横須賀線 新川崎駅 徒歩6分
診療時間 【平日】9:00~11:30/15:00~18:30
【土曜】8:30~11:30
休診日 火曜日・日曜日・祝日
Pickup 【提携先医療機関】
総合新川橋病院(川崎市川崎区)
日本医科大学武蔵小杉病院(川崎市中原区)
帝京大学医学部附属溝口病院(川崎市高津区)
東京女子医科大学病院(東京都新宿区)
URL http://www.kogakura-eye-clinic.jp/

眼科小鹿倉医院はこんな医院です

出典:http://www.kogakura-eye-clinic.jp/

川崎市幸区下平間にある「眼科小鹿倉医院」は、JR南武線「鹿島田」駅から徒歩2分、JR湘南新宿ライン・横須賀線「新川崎」駅からは徒歩6分のアクセス便利な眼科医院です。“明るく!丁寧に!わかりやすく!を診療モットーの眼科小鹿倉医院は、約半世紀代々にわたって、地域の方々の目の診療をされています。小児眼科にも力をいれ、お子さんの弱視や斜視なども対応されています。そして各検査は、視能訓練士で検査チーフが中心となって、お子さんの検査、ケアを担当されています。検査チーフは2児のお父さんですので、お子さんにとても慣れておられ、対応もスムーズです。また眼科小鹿倉医院では、さまざまな最新機器を導入され、網膜の精密検査も可能です。視力検査は、患者さんが見やすい発光タイプの視力検査機を採用され、検査を行なっています。診療時間は、月・水・木・金曜は夕方6時半まで。土曜は午前11時半までの診療となっています。

眼科小鹿倉医院の特徴について

出典:http://www.kogakura-eye-clinic.jp/

・眼科小鹿倉医院の“3歳半児眼科検診”!

眼科小鹿島医院では、お子さんの弱視などの早期発見をするために、3歳半児の眼科検診を推進されています。お子さんの視力の成長は、6歳までにと言われています。お子さんの約70%が、3歳までに視力が1.0以上になるそうです。大人ですと、目に異常があれば、すぐにわかりますが、お子さんですと視力の異常を認識することはできないため、弱視になっていても気付くことが困難です。弱視を放置されますと、成長してから眼鏡やコンタクトレンズを使用しても効果が得られない可能性もあります。3歳児眼科検診は、弱視を事前に発見ができる大切な検査です。

・眼科小鹿倉医院の“お子さんの弱視、斜視治療”!

眼科小鹿島医院の小児眼科では、眼鏡やコンタクトレンズを使用しても視力があがらない弱視、また子供全体の2%が発症すると言われている斜視の治療に対応されています。お子さんが目を掻いて痛がっていたり、見え難いと訴えたりされている方はいらっしゃいませんか?そのような場合は弱視が考えられます。眼科小鹿島医院の小児眼科の弱視の治療には、矯正トレーニングを採用され、お子さんが楽しくトレーニングできるように動物やハートの絵柄のお子さん用の矯正パッチを用意されています。

・お子さんのコンタクトレンズ対応!

最近、スマートフォンやパソコンなどを使用するお子さんが、ますます増えてきています。近くのものを見過ぎて目を酷使するため、近視になりやすい傾向にあると言われています。近視であると診断された場合は、眼鏡やコンタクトレンズの矯正治療が必要です。眼科小鹿島医院の小児眼科では、検査の結果、近視であると診断されたお子さんの状況そして年齢に応じて、眼鏡にするかコンタクトレンズにするか、親御さんと相談しながら、どちらにするか、それぞれのお子さんに合うものを提案をされています。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら眼科小鹿倉医院の紹介ページ


 

たけお眼科 新川崎駅から徒歩3分

出典:http://www.takeo-ganka.com/

電話番号 044-201-7226
住所 神奈川県川崎市幸区鹿島田1丁目1番3号
新川崎スクエア 3F
アクセス JR「新川崎駅」から徒歩3分
JR「鹿島田駅」から徒歩4分
診療時間 【月〜木・土】10:00~13:00/15:00~19:00
【日・祝】10:00~13:00/15:00~18:00
休診日 金曜日 ※祝日の金曜日は診療
URL -

たけお眼科はこんな医院です

出典:http://www.takeo-ganka.com/

JR新川崎駅、JR鹿島田駅を最寄り駅とするたけお眼科は、川崎市幸区鹿島の新川崎スクエア 3Fにあるクリニックです。「みなさまの眼科医」として、子どもから大人まで幅広い世代を対象に診療を行っています。院長は日本眼科学会認定の眼科専門医の有資格者で、『患者目線の診察・治療を心がけ”見える喜び”を提供する』(COMPANY TANK 2015年6月号)というテーマで雑誌に掲載された実績もあります。一般眼科のほか、白内障、アレルギー性結膜炎・花粉症の対応、糖尿病・高血圧の眼科検診やレーザー治療、また小児眼科にも対応しています。メガネやコンタクトレンズの処方も可。目の視能検査および視能矯正のプロである視能訓練士が安全かつ確実に検査を行い、よりスムーズに診療が進められるように心がけています。

たけお眼科の特徴について

・土・日・祝日もあいている!

土曜診療を行っているクリニックは最近ではあまり珍しくありませんが、日曜、祝日に診療を行っている眼科クリニックはなかなか見つけにくいものです。横浜市幸区のたけお眼科は、土曜日に加え、日曜・祝日も診療を行っている貴重なクリニックです。「平日は仕事で時間がなかなかとれない」という方や、「学校がお休みの日に子どもを連れてゆっくりと診察してもらいたい」と考える親御さんにも通いやすいと大変好評です。平日金曜は休みですが、祝日の場合には診療を行っています。

・患者さんが落ち着いて過ごせるクリニック!

たけお眼科の特徴とされるのが院内のクリーンな雰囲気で、白とベージュの優しい色調で統一された受付、待合室、検査室は清潔感が漂い、リラックスした気持ちで過ごせるよう配慮されています。また、受付は患者さんとのコミュニケーションを重視したオープンカウンター設計です。 網膜から脈絡膜にかけての検査を行えるOCT(光干渉断層計)、緑内障診断および脳梗塞の視野障害を診断する際に用いる自動視野計、糖尿病網膜症や網膜裂孔などの治療に使用する眼内アルゴンレーザーなど、様々な疾患や治療に対応可能な検査機器が数多く揃っています。