フェイシャルマスクとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

フェイシャルマスクとは

フェイシャルマスクとは、主に小児の受け口と呼ばれる反対咬合の矯正に用いられる装具のことです。フェイシャルマスクを装着した状態でワイヤーに繋がれたゴムが矯正装置を引っ張り上顎を前方に出します。主に7~12歳頃の成長期にフェイシャルマスクを使用することで上あごの成長を促進、歯列全体の前方への移動を促し、上下顎のバランスを整える効果があります。

メリット

・反対咬合の治療に有効
・取り外しが可能
・自宅にいるとき、就寝時など使用のタイミングを自分で決められる

デメリット/副作用

・装着時間が守られないと治療が進まない
・頭部に装着するため、違和感がある
・顎に負担がかかる
・毎日ゴムの交換が必要

治療期間

1日12~14時間ほどの装着が必要です。使用期間は3~6カ月程度、半年から1年ごとに評価を行い、平均1~2年ほどの治療期間を要します。

費用相場

小児矯正の場合、20~50万円程度です。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。