【2021年】札幌市の白内障手術♪おすすめしたい5医院(1/2ページ)

公開日:2021/02/01

札幌市で評判の白内障手術をお探しですか?

札幌市は北海道の市のひとつで、手術方法や実績、移植する眼内レンズの種類など様々な眼科クリニックの選択肢があります。

私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、札幌市でおすすめの白内障手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2021年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

札幌市で評判のおすすめ白内障手術5医院!

ひきち眼科

  • 駅徒歩3分

ひきち眼科photo引用:https://www.hikichi-eye.jp/

JR各線 札幌駅 西口・北口 徒歩3分

北海道札幌市北区北七条西5-7-1 札幌北スカイビル14階

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:30

★:手術日
※予約制

ひきち眼科はこんな医院です

ひきち眼科photo引用:https://www.hikichi-eye.jp/

ひきち眼科は、受診する患者さんが快適に過ごせるよう院内の空間づくりに注力されている眼科クリニックです。明るく開放的な雰囲気で、リラックスして受診できるような環境作りがされています。

診療内容は日帰り白内障手術や緑内障、飛蚊症やドライアイなど患者さんの治療ニーズに対応されているそうです。中でも白内障手術では患者さんのライフスタイルに合わせた治療計画を提案してもらえるので、術後の不安も軽減されるでしょう。(※経過観察が必要)

JR札幌駅西口より徒歩3分とアクセスしやすい環境です。診療時間は日曜日・祝日を除いた9時~12時/14時~17時30分、火曜日午後・金曜日午後は手術専用時間帯のため、受診の際は注意してください。

ひきち眼科の特徴について

・安心して受診できる白内障手術!

日本眼科学会に認定された専門医が在籍しており、丁寧で迅速な日帰り白内障手術が行われています。白内障手術は通常10~15分程度で終了し、術後はリカバリールームでゆったりと休憩できるそうです。(※経過観察が必要)

リカバリールームとは別にドレッシングルームも完備されているため、落ち着いて身だしなみも整えられるでしょう。

・ライフスタイルに合わせて選択可能な眼内レンズ!

ひきち眼科の白内障手術では、患者さんのライフスタイルによって挿入する眼内レンズを選べるそうです。1ヶ所がはっきりと見える単焦点眼内レンズと、遠近両用の多焦点眼内レンズがあります。

眼鏡をかけることに負担を感じているのであれば、多焦点眼内レンズがおすすめされています。自費診療で適応検査もあるそうですが、術後は快適に過ごせるそうなので、気になる方は1度相談されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらひきち眼科の紹介ページ

太平眼科

  • バス停留所から徒歩5分

太平眼科photo引用:https://www.taihei-ganka.com/

太平9条1丁目バス停留所 徒歩5分
JR学園都市線 百合が原駅 車で6分

北海道札幌市北区太平10条1丁目2-1

診療時間
9:00~11:00
14:00~16:00

★:不定期で手術のため休診する場合がございます。
▲:手術日

太平眼科はこんな医院です

太平眼科は、日帰り白内障手術に力を入れている眼科クリニックです。また幅広い年代の患者さんが悩みがちな眼精疲労の治療にも注力されているそうで、より快適に生活できるような診療が提供されています。

ほかにも眼瞼下垂や加齢黄斑変性症などにも対応されており、ライフスタイルに合わせた治療計画が考案されています。日帰り白内障手術も行っているそうなので、忙しい方でも受診しやすいのではないでしょうか。(※経過観察が必要)

JR学園都市線 百合が原駅より徒歩15分、駐車場も12台分設けられています。診療時間は9時~11時/14時~16時、休診日は日曜日・祝日です。

太平眼科の特徴について

・日常への影響を最低限に抑える短時間手術!

太平眼科では忙しい患者さんも気軽に白内障手術が受けられるよう、短時間の日帰り手術が提供されています。問題がなければ10分前後で手術が終了し、点眼麻酔で部分的な麻酔なので体への負担も抑えられているそうです。(※経過観察が必要)

また無縫合のため術後の抜糸も不要となり、術後の通院も経過観察のみで特別な処置は必要ないとのことです。日常への影響をできるだけ軽減した治療が受けられるので、ぜひ1度受診されてみてはいかがでしょうか。

・白内障手術で老眼鏡が不要に!

白内障手術後にできるだけ眼鏡をかけたくない方に向けて、太平眼科では多焦点眼内レンズが推奨されています。見え方のシャープさは単焦点眼内レンズに劣るものの、遠近両用なので見える範囲が広くなるそうです。

眼鏡に頼らず視野が広がるため、読書や新聞を読む際も老眼鏡が不要になると言われています。ライフスタイルた適応検査の結果によっては多焦点眼内レンズが使用できない場合もあるので、手術前に医師と相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら太平眼科の紹介ページ

おくしば眼科

  • 駅徒歩1分

おくしば眼科photo引用:https://okushiba-eyeclinic.com/

JR函館本線・学園都市線 桑園駅 東口 徒歩1分

北海道札幌市中央区北11条西14丁目1-1 ほくやくビル2F

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:手術

おくしば眼科はこんな医院です

おくしば眼科photo引用:https://okushiba-eyeclinic.com/

網膜硝子体の治療を主に質の高い診療を行っているおくしば眼科は、幅広い年代の患者さんが気持ちよく過ごせる院内環境作りに力を入れている眼科クリニックです。明るい雰囲気の院内には、リラックスできるようなクラシック音楽や絵画が用意されています。

網膜硝子体のほかにも白内障や飛蚊症、加齢黄斑変性など、目に関するお悩みに多岐にわたって対応されています。白内障手術では乱視矯正が可能なトーリック眼内レンズも選べるそうで、術後に眼鏡をかける頻度が減ると期待できるでしょう。

JR桑園駅東口より徒歩1分、市立札幌病院の向かいと、通院しやすい立地でしょう。診療時間は9時~12時/14時~17時、休診日は木曜日午後・土曜日・日曜日・祝日です。

おくしば眼科の特徴について

・超音波を用いた白内障手術!

白内障手術では、点眼麻酔や結膜の下の部分へ麻酔が行われており、痛みの少ない状態で手術を受けられるそうです。白内障によってにごってしまった水晶体を取り出す際は、超音波で核と皮質を超音波で砕いて吸引するため、切開幅も小さく縫合も不要とのことです。

体への負担を極力抑えた施術が行われているので、手術への不安が強い方も安心でしょう。また挿入される眼内レンズも、患者さんのライフスタイルにあった種類が選べるそうです。

・トーリック眼内レンズの導入で乱視の矯正にも対応!

おくしば眼科では、白内障手術に用いる眼内レンズとして、乱視矯正もできるトーリック眼内レンズが提供されています。今までは白内障手術後も乱視矯正用の眼鏡が必要でしたが、トーリック眼内レンズは乱視が軽減できるため裸眼でも生活ができると考えられているそうです。

適用できれば裸眼で過ごせるようになるので、メガネをかける煩わしさが軽減できるでしょう。気になる方はぜひ1度医師へ相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらおくしば眼科の紹介ページ

ことに眼科クリニック

  • 駅徒歩1分

ことに眼科クリニックphoto引用:https://www.kotoni-eye-clinic.com/

JR函館本線 琴似駅 徒歩1分

北海道札幌市西区琴似2条1丁目1-20 琴似タワープラザ2F

診療時間
9:30~12:30
14:00~18:30

★:手術・予約検査日

ことに眼科クリニックはこんな医院です

ことに眼科クリニックは、厚生労働省から先進医療認定施設として認定されている医院です。患者さんの利便性を重視した診療を心がけられており、
大学病院などで培った知識と経験を生かし、不安が解消できるような優しい治療が提供されています。

一般的な眼科診療を始め、白内障日帰り手術、糖尿病網膜症、緑内障など専門的な治療も行っているそうです。特に力が入れられている白内障手術では体への負担も考え、短時間手術の提供に尽力されています。

JR琴似駅直結、お車で来院した際も提携駐車場の利用も可能です。診療時間は9時30分~12時30分/14時~18時30分となり、休日も通常診療が行われています。

ことに眼科クリニックの特徴について

・眼科専門医による綿密な診療!

ことに眼科クリニックの院長は、多くの患者さんの目のお悩みを解消してきたプロフェッショナルです。大学病院での手術・臨床経験を生かして、幅広い年代の患者さんの目のお悩みに応えられています。

白内障手術も日帰りで受診できる環境が整えられ、さらに緑内障のレーザー治療も院内で受診できるそうです。優しく丁寧な診療が行われているとのことなので、目に違和感を感じる方は1度受診されてみてはいかがでしょうか。

・体への負担を軽減する日帰り手術!

ことに眼科クリニックでは、白内障の進行度によって早期の手術も推奨されています。白内障手術は日帰りで行われるため、費用面や体面への負担が少なく、日常への復帰も早いでしょう。(※経過観察が必要)

手術自体は15分程度で終了し、術後はしばらく院内にて安静に過ごし異常がなければ帰宅できるそうです。アフターフォローも充実しているので、経過に気になる症状がある場合も相談しやすいでしょう。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらことに眼科クリニックの紹介ページ

大塚眼科病院

  • バス停留所から徒歩2分

北18条西5丁目バス停留所 徒歩2分
札幌市営地下鉄南北線 北18条駅 徒歩3分

北海道札幌市北区北16条西4丁目2番17号

診療時間
9:00~12:30
13:30~17:00

大塚眼科病院はこんな医院です

大塚眼科病院は、地域に根ざした眼科病院です。幅広い年代の患者さんが通院しやすいようバリアフリー設計になっており、地下鉄南北線 北18条駅より徒歩3分とアクセス良好な立地にあります。

目に関するお悩み全般に対応されており、網膜剥離などの専門性の高い治療も多く行われています。中でも白内障手術では、患者さん1人ひとりに合わせた治療法を提案してもらえるので、日常への負担も少なく治療が受けられるでしょう。

駐車場が28台分用意されています。診療時間は9時~12時30分/13時30分~17時、休診日は日曜日・祝日です。

大塚眼科病院の特徴について

・さまざまな種類の白内障に対応!

白内障の原因は人それぞれ異なり、加齢に伴うものもあれば、先天性やアトピー性皮膚炎などの疾病が原因で起こるものもあるそうです。大塚眼科病院では、白内障の進行度や原因を精密な検査で調べ、患者さん1人ひとりに適した治療が提供されています。

症状が軽い場合には、白内障の進行をおさえる点眼薬や内服薬を用いるそうですが、ほとんどの場合には手術を推奨されているそうです。比較的体への負担が少ない白内障手術が提供されているため、ぜひ1度受診されてみてはいかがでしょうか。

・眼鏡を使う頻度を減らせる多焦点眼内レンズ!

白内障手術は、濁ってしまった水晶体レンズを人工の眼内レンズに交換し、固定する手術だそうです。挿入する眼内レンズは患者さんのライフスタイルによって適したものが異なるため、手元も遠くも眼鏡を使わずに見えるようにしたい場合は、多焦点眼内レンズが推奨されています。

普段眼鏡をかけることに負担を感じていない方は、よりはっきりとピントが合う単焦点眼内レンズがおすすめされています。どちらもメリット・デメリットがあるそうなので、医師と相談してみてはいかがでしょうか

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら大塚眼科病院の紹介ページ