【2021年】神奈川県の白内障手術♪おすすめしたい10医院(1/2ページ)

公開日:2021/07/08  更新日:2021/07/30

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

神奈川県で評判の白内障手術をお探しですか?
神奈川県には、手術方法や実績、移植する眼内レンズの種類など様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、神奈川県でおすすめの白内障手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2021年7月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

神奈川県で評判のおすすめ白内障手術10医院!

みなとみらいアイクリニック(横浜市)

  • 駅徒歩1分
  • 感染症対策強化

みなとみらいアイクリニックphoto

みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩1分
JR根岸線 桜木町駅 徒歩10分
横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅 車で2分

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC 8F

診療時間
10:00〜12:00
13:00〜18:00

★:10:00〜13:00/14:00〜18:00(不定期で手術日となります。)
▲:手術(不定期で診療日となります。)
※完全予約制
※手術日は、外来診察は行なっておりません。
※年末年始は休診となります。
※学会・講演会にて、不定期に休診することがあります。
※詳しい診療時間はクリニックホームページの診療スケジュールをご確認ください。
【所属学会・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医

みなとみらいアイクリニックはこんな医院です

みなとみらいアイクリニックphoto

みなとみらいアイクリニックは、豊富な診療・手術経験をもとに、白内障手術をはじめとした様々な視力矯正手術が行われています。また、手術室や各種機械のメンテナンス、器具の滅菌を徹底しており、安心して受診できる環境を整えられています。みなとみらい線のみなとみらい駅から徒歩1分、JR根岸線の桜木町駅から徒歩10分の場所に位置しており、横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅からも徒歩圏内の、電車でのアクセスに便利な立地です。火曜日・日曜日・祝日・年末年始は休診日で、診療時間は平日は10:00〜12:00/13:00〜18:00、土曜日は10:00〜13:00/14:00〜18:00の二部制です。完全予約制のため、待合室の混雑や待ち時間の心配もないでしょう。

みなとみらいアイクリニックの特徴について

みなとみらいアイクリニックphoto

・フェムトセカンドレーザーによるレーザー白内障手術!

従来は医師の感覚や経験により行われていた「角膜切開」、「水晶体前嚢切開」、「水晶体分割」などの施術ですが、みなとみらいアイクリニックでは、コンピューター制御下で行えるフェムトセカンドレーザーを導入し、より精密な治療に役立てられています。フェムトセカンドレーザーは、それぞれの患者さんに合わせたレーザー照射設定を作成できる断層解析や、誤差がほとんどないとされるレーザー照射、眼内レンズの位置ズレが発生しにくいなどの特徴があるそうです。また、レーザー照射時間は約1分と短く抑えられており、接触面が目に優しく、眼内組織への影響も軽減できるなどのメリットがある安全性の高い手術法と考えられています。

・術中測定装置により精度の高い視力回復が可能!

念入りに手術前の検査を行っていても、白内障の濁りにより精密なデータを測定することは難しく、手術後に度数誤差が出てしまう場合もあるそうです。みなとみらいアイクリニックでは、手術後の眼内レンズの度数誤差を減らすために、手術中にリアルタイムで目の度数を測定できる術中波面収差解析装置を導入されています。事前に用意した眼内レンズの度数が、実際に合っているかを確認し、合っていない場合は臨機応変に別の度数のレンズに変えるなど、柔軟な対応もできるそうです。

・様々な眼内レンズに対応!

みなとみらいアイクリニックでは、選定療養対象の多焦点眼内レンズ自費による多焦点レンズなど、様々な眼内レンズを取り扱われています。健康保険での白内障手術は同ビル4Fのクイーンズアイクリニックで荒井医師が執刀しているそうです。また、9種類の多焦点眼内レンズを取り扱っており、遠くから中間が見やすいものや、手元が見やすいもの、夜間の光のにじみが他のレンズより抑えられているものなど、目の状態やライフスタイルを考慮した上で、適切なものを選択してくれるそうです。 白内障手術をお考えの方は、みなとみらいアイクリニックへご相談することをおすすめします。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらみなとみらいアイクリニックの紹介ページ

新横浜かとう眼科(横浜市)

  • 駅徒歩1分

新横浜かとう眼科photo

JR横浜線・JR東海道新幹線 新横浜駅 東口 徒歩1分
横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 出口3 徒歩1分

神奈川県横浜市港北区新横浜3-5-1 新横浜KTビル5F

診療時間
10:00~12:30
14:30~18:30

★:10:00〜12:00
▲:14:30〜18:00
※予約優先制
※検査の一部は予約制となります。
【所属学会・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医

新横浜かとう眼科はこんな医院です

新横浜かとう眼科では、日本眼科学会の眼科専門医による白内障手術が行われています。院長は大学病院の眼科助教授や労災病院の眼科責任者を務めた経験をお持ちで、豊富な臨床経験に裏付けられた白内障手術が行われているので、安心して治療をお任せできるのではないでしょうか。専門医として培った長年の経験と深い知識を活かし、目の疲れや視界のぼやけ、霞みといった白内障の症状を改善されています。患者さん一人ひとりのお仕事の状況や自動車運転の頻度などを考慮し、日帰り手術でできる限り身体への負担を軽減できるよう努めているそうです。

新横浜かとう眼科の特徴について

新横浜かとう眼科photo

・日帰り白内障手術!

新横浜かとう眼科photo

新横浜かとう眼科では、濁った水晶体を取り出し、眼内レンズを挿入することで視界の違和感や視力を回復する白内障手術を、日帰りで行われています(※術前・術後は経過観察が必要です)。局所麻酔を行い、超音波で水晶体を取り除く方法で、手術の全行程を一台で行う装置を使用しており、切開は直径0.4mmという非常に小さな穴で済むそうです。角膜の細胞の状態を確認するスペキュラーマイクロスコープや、角膜から眼底までを検査する細隙灯顕微鏡スリットランプなど、精密な診断に欠かせない医療設備も充実しています。

・術後の乱視をできる限り防ぐ工夫!

新横浜かとう眼科photo

新横浜かとう眼科では、白内障の手術後の乱視をできる限り減らすため、「光学的眼軸長測定装置」を利用されています。角膜前面乱視と角膜後面乱視を検査でき、角膜が歪んで生じる乱視をより精密に評価することで、良好な裸眼視力が期待できるそうです。視力の低下でお悩みの方や、視界がはっきりと見えないなど気になる症状のある方は、新横浜かとう眼科を受診してみてはいかがでしょうか。

・メガネをかけたくない方向けに多焦点眼内レンズにも対応!

眼鏡を装着せずに日常生活を送りたいとお考え方に、選定療養対象の多焦点眼内レンズ、自費による多焦点レンズなども提案されています。多焦点眼内レンズは特殊な加工が施されており、1つの範囲にのみピントを合わせる単焦点眼内レンズと比べて、遠方と中間距離、近方にも焦点を合わせることができ、老眼鏡などを併用する必要がないそうです。スムーズな視界が期待できるアクリバ トリノバ(※1)や、日本国内初承認の3焦点眼内レンズであるパンオプティクス、運転やパソコン作業に適したアクティブフォーカス、読書などに向いたテクニス マルチフォーカルなど、目的や要望に応じて様々な種類が取り揃えられています。白内障手術を検討している方は、ライフスタイルに適した多焦点眼内レンズが提案されている新横浜かとう眼科へご相談ください。
※1 未承認医薬品等であるため医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

もう少し詳しくこの白内障対応クリニックのことを知りたい方はこちら新横浜かとう眼科の紹介ページ

川崎・多摩アイクリニック(川崎市)

  • 駅徒歩1分

川崎・多摩アイクリニックphoto

小田急小田原線・JR南武線 登戸駅 徒歩1分

神奈川県川崎市多摩区登戸2428番地 NoboritoGateBuilding4階

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

★:9:30~14:00(一般外来/網膜硝子体外来)
※はじめてのコンタクト、眼鏡処方の最終受付は診療終了時間の60分前となります。

【所属・資格など】
・日本眼科学会
・日本糖尿病眼学会
・日本眼科医会

川崎・多摩アイクリニックはこんな医院です

川崎・多摩アイクリニックphoto

川崎・多摩アイクリニックは、白内障手術に注力している眼科クリニックです。小田急線・南武線の登戸駅から徒歩1分という便利で通いやすい立地にあります。疾患ごとに担当の医師が診療を行なっていますので、白内障をはじめとする目のさまざまな病気のことを相談しやすいでしょう。アクセスがよく、土曜日も診療が行われています。働いている方でも気軽に通いやすい診療体制と言えるでしょう。手術は大学で実績を積んでいる医師が担当し、網膜、白内障、緑内障などそれぞれの得意分野を活かし、診療や手術にあたられています。高い専門性を駆使しながら、患者さんに寄り添った診療を提供されています。術前の診療と手術はもちろんのこと、アフターフォローの体制もしっかりと整えているとのことです。

川崎・多摩アイクリニックの特徴について

川崎・多摩アイクリニックphoto

・大学病院に引けをとらないレベルの治療!

視力がよくても日常生活で見えづらくなったと感じる方も気軽に相談できます。白内障は視力の低下だけで判断できない場合もあり、このクリニックではそのような患者様にコントラスト感度測定を行い早期治療を行っています。また、大学の所属している経験豊富な医師が診療から手術までシームレスに担当されています。手術中の様子は録画しており、実際にどのような治療を行っているかを希望すれば手術の様子をビデオで確認することができます。また、手術後は保護メガネだけで帰宅ができ、手術した目ですぐ見ることができるそうです。

・傷の少ない治療で丁寧かつ短時間で手術が可能!

超音波で水晶体を砕き吸引する方法を用い、短時間で手術が終了するようになりました。手術は角膜の周辺を、小さく切開するだけですので、傷口を縫う必要はありません。術後もクリニック内で家族や付き添いの方とゆっくりとお休みいただきお帰りいただけるので、患者様の負担が減り日帰り手術か可能とのことです。また、通いやすい環境づくりに取り組まれ、大学病院との密な連携によるフォローアップ体制も充実しており、安心して手術を受けられるそうです。

・2種類の眼内レンズからライフスタイルにあったものを選べる!

白内障になると、白濁した水晶体の代わりに眼内レンズを挿入しますが、眼内レンズはあらかじめ設定した距離に焦点が合うようになっています。眼内レンズは、合わせる焦点の数によっていくつかの種類に分類されます。単焦点レンズ、多焦点レンズ(2焦点眼内レンズ、焦点深度拡張型レンズ、3焦点眼内レンズ)のいずれにも、乱視矯正機能のあるトーリックレンズという種類があります。術後のライフスタイルに併せたレンズの選択ができることが配慮した手術が提供されています。また、自費診療となる多焦点眼内レンズは、近くにも遠くにもピントが合うため、術後はメガネやコンタクトに頼らない生活ができると言われています。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら川崎・多摩アイクリニックの紹介ページ

梅の木眼科クリニック(横浜市)

  • バス停留所目の前

梅の木眼科クリニックphoto

バス:梅の木 下車 目の前
相鉄本線 西谷駅 北口 徒歩7分
相鉄本線 上星川駅 車で5分

神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷1-25-21

診療時間
9:30~12:30
14:30~18:00

★:9:30〜12:00
▲:9:30〜13:00
☆:手術のみ(一般外来は受け付けておりません。)
【所属・学会等】
・日本眼科学会 眼科専門医

梅の木眼科クリニックはこんな医院です

梅の木眼科クリニックphoto

梅の木眼科クリニックは、一般的な眼科診療をはじめとした眼科領域のさまざまな症状に対応されています。日帰りでの白内障手術にも対応されており、患者さんの不安や負担をできる限り軽減できる手術を心がけられているそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。
白内障手術は、濁った水晶体を取り出して眼内レンズ(人工水晶体)を挿入する治療法です。眼内レンズは、ピントの合う点が1点のみの「単焦点眼内レンズ」と、複数の点にピントを合わせられる「多焦点眼内レンズ」の両方に対応されています。ご予算やライフスタイルなどに応じて眼内レンズを選択していただくことが可能です。

また、診療から手術を含めた治療まで、眼科専門医の資格を持つ経験豊富な院長により行われています。最初から最後まで一人の医師が対応してくれるのは安心できるポイントと言えるでしょう。

梅の木眼科クリニックの特徴について

梅の木眼科クリニックphoto

・通いやすいクリニック!

相鉄本線が通る西谷駅の北口から徒歩7分の場所にあり、駅から歩いて通える便利な立地環境に位置しています。また、「梅の木」バス停留所の目の前にあり、3台分の駐車場を完備しているため、様々な交通手段で通っていただきやすいクリニックです。

院内は、お子さん連れの方にも利用していただきやすいよう、キッズスペースや授乳室、おむつ交換台などを完備されています。幅広い年齢層の方に通っていただきやすい環境が整えられているのは嬉しいですね。

・患者さん一人ひとりに丁寧でわかりやすい診療!

患者さんに寄り添った診療を心がけ、信頼関係を大切に距離を縮めた上で治療を行うことを目指されています。治療説明の際は模型や写真を見せながら視覚的にもわかりやすい説明を心がけられているので、納得して治療に臨んでいただけるのはもちろんのこと、治療への不安軽減にもつながるでしょう。

眼の手術に強い恐怖心を抱く方もいらっしゃると思いますが、信頼関係を築いた上で不安を解消できるように丁寧な説明を行っている梅の木眼科クリニックなら、安心して治療をお任せすることができるのではないでしょうか。

・落ち着いて手術を受けることができるように手術日を設定!

落ち着いて手術に専念できるよう、毎週月曜日午前と水曜日を手術日とされています。手術日は一般外来は受け付けず、手術のみを受け付けられているので、患者さんにとっても落ち着いて手術を受けていただくことができるでしょう。
また、白内障手術を行う場合は、どの程度不便さを感じているかや、患者さんのご事情などを踏まえ、相談しながら手術の時期を決定されているそうです。ご都合に合わせて手術日を決められるのは嬉しいですね。

もう少し詳しくこの白内障対応クリニックのことを知りたい方はこちら梅の木眼科クリニックの紹介ページ

かやま眼科クリニック(川崎市)

  • 駅徒歩1分

東急田園都市線 梶が谷駅 徒歩1分

神奈川県川崎市高津区末長1-9-1 スタイリオ梶が谷MALL6F

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:30

★:9:30〜13:00
▲:手術のみとなります。
※コンタクトレンズ未経験で初めて作製をご希望の方、眼底検査を希望の方は診察終了時間の1時間前までに来院ください。
※コンタクトレンズ・メガネの処方をご希望の方、視野検査をご希望の方は診察終了時間の30分前までに来院ください。
【学会・資格等】
・日本眼科学会 眼科専門医
・眼科PDT研究会

かやま眼科クリニックはこんな医院です

かやま眼科クリニックphoto

かやま眼科クリニックは、「患者さんと共に歩む眼科医療」をコンセプトに、加齢などに伴い視力低下を引き起こす“白内障”の治療に注力されています。白内障は、レンズの役割を担う水晶体が白く濁ることで生じ、視界のぼやけや光をまぶしく感じる症状があるそうです。水晶体の透明度を観察する細隙灯顕微鏡検査や、目の柔らかさを測定する眼圧検査、光の屈折度を測定する屈折検査を行い、症状の進行度を丁寧に確認し治療を行っています。また、厚生労働省の定める先進医療施設基準を満たした眼科クリニックとして、高い医療技術を有する「先進医療認定施設」に認定されているので、先進医療である“多焦点眼内レンズを使った白内障手術”の、先進医療特約の給付を受けることができるそうです。

かやま眼科クリニックの特徴について

かやま眼科クリニックphoto

・安全性の高い白内障手術を目指して!

かやま眼科クリニックでは、15分程度で完了する日帰りの白内障手術が行われています(※術前・術後の経過観察が必要です)。院長は、大学病院や地域基幹病院での臨床経験が豊富なことに加え、術中の眼内圧変動の減少が期待できる灌流制御システムを搭載した新しい白内障手術装置を導入し、白内障が進んで水晶体が固くなっているケースでも安全な治療を行えるよう、角膜内皮を守る精密な白内障手術に努めているそうです。

・安心して受けられる白内障手術!

院長は、日本眼科学会認定の眼科専門医として培った高い技術と知識をお持ちの医師です。白内障手術を受ける方への手術方法の説明や、疑問や懸念点を伺うカウンセリングは、院長自らが行われています。眼の手術にご不安のある方も、専門医として患者さんに寄り添った治療を提供されているかやま眼科クリニックなら安心して治療をお任せできるのではないでしょうか。

・インフォームドコンセントに基づいた患者様のニーズに応えられる!

白内障手術では、濁った水晶体を人工の眼内レンズに交換する処置を行っています。眼内レンズには、近くか遠くか1ヶ所にピントが定まる単焦点眼内レンズと、両方にピントが定まる多焦点眼内レンズを取り扱われています。多焦点眼内レンズは基本的には自由診療となり、事前に診察や検査を行い、適応するか調べる必要があるため、手術前にしっかり医師と相談した上で、レンズをお選びいただいているそうです。かやま眼科クリニックでは、白内障による視力低下や視界の霞みなどで日常生活に支障が出て、ご不安な患者さんの思いに寄り添い、インフォームドコンセントを重視した診療を行われています。治療への要望や疑問について親身に寄り添い、十分に納得できるよう分かりやすい説明を心掛けられています。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらかやま眼科クリニックの紹介ページ