【2020年】江戸川区の眼科♪おすすめしたい5医院

公開日:2020/08/25  更新日:2020/09/01

江戸川区で評判の眼科をお探しですか?
江戸川区は東京都の区のひとつで、日曜診療や、夜間診療に対応しているなど様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、江戸川区でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2020年8月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

江戸川区で評判のおすすめ眼科5医院!

小菅眼科

  • 駅徒歩6分

小菅眼科photo引用:https://www.kosugeganka.com/

JR総武線 小岩駅 徒歩6分

東京都江戸川区西小岩3丁目23-10

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

※最終受付は終了の15分前です。

小菅眼科はこんな医院です

小菅眼科photo引用:https://www.kosugeganka.com/

小菅眼科は、東京都江戸川区の眼科です。JR総武線・小岩駅から徒歩6分の場所に位置しており、好アクセスです。駐車場はないため、車で通院する場合は近隣の駐車場を使用することとなっています。木曜・日曜・祝日を休診日とし、平日は17時まで診療を行っているほか、土曜日は昼12時まで診療可能となっています。平日になかなか時間が取れない方でも通いやすく便利です。診療内容は、結膜炎やドライアイ、白内障や緑内障、お子さまの屈折異常弱視・斜視などの検査・診断・治療などを扱っています。診療を行う院長は女医さんのため、男性の医師に物怖じしてしまうお子さまでも、安心して診療を受けられるでしょう。なお、問い合わせなどは電話にて受け付けています。

小菅眼科の特徴について

・定期的な目の検診で健康を守る!

眼球乾燥症、いわゆるドライアイは、涙の量が減少することで角膜や結膜に影響を及ぼす病気のことを指します。市販の目薬を使用することで終わらせてしまう人も多いかもしれませんが、シェーグレン症候群や、全身の粘膜に影響が出るスティーブンス・ジョンソン症候群などのような、他の病気の一症状として現れている場合もあり、注意が必要です。特に、軽度のドライアイでコンタクトレンズを使用している人は角膜感染症を引き起こしやすいと言われているため、定期的な目の検診を推奨されています。

・患者さんを尊重した診療スタイル!

小菅眼科では、患者さんに合った治療を大事にしています。そのため、治療前にはきちんと病状や治療方法などに関して説明・カウンセリングを行います。それを踏まえ、患者さん自身が納得の上で治療を受けられるよう、いっしょに治療方針を決めていきます。また、そのためには患者さんとの信頼関係が欠かせません。患者さん自身を尊重すること、個人情報の順守なども徹底しています。そして、静かで清潔な院内環境で、相談しやすい環境、リラックスできる環境をつくりだしています。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら小菅眼科の紹介ページ

丹呉眼科

  • バス停留所から徒歩1分

東葛西9丁目バス停留所 徒歩1分
東京メトロ東西線 葛西駅 車で8分

東京都江戸川区東葛西9-3-3 アリオ葛西店2F

診療時間
10:00~12:30
14:30~18:30

★:14:30~17:30
※コンタクトレンズの装用が初めての方は予約制となります。
※初診の方、最終来院から5年以上経ってる方の最終受付は終了の30分前です。
※木曜日が祝日の場合は休診になります。

丹呉眼科はこんな医院です

丹呉眼科は、東京都江戸川区の眼科医院です。大型ショッピングモール・アリオ西葛西の2階に入っており、葛西駅から都営バスで「葛西臨海公園駅前行き」または「コーシャハイム南葛西行き」で、「東葛西9丁目」下車すぐです。車での通院時はアリオ西葛西の駐車場を無料で利用することができます。木曜を休診日とし、平日は18時半まで、土曜・日曜・祝日も17時半まで診療を受け付けているため、ライフスタイルに合わせて通いやすく便利です。診療内容は、眼科一般、小児眼科に加え、糖尿病・高血圧の眼科検診、眼瞼けいれんや飛蚊症のほか、眼精疲労、ドライアイや、眼鏡・コンタクトレンズ処方、各種レーザー治療など、幅広く取り扱っています。

丹呉眼科の特徴について

・迅速かつ正確な診療を、リラックスできる空間で!

丹呉眼科は、患者さんの立場に立って考えられた、過ごしやすい環境も魅力のひとつです。バリアフリーで、広々とした待合室や検査室は、どんな年齢の方も使いやすく、ゆったりと過ごすことができます。また、迅速かつ正確な目の診療を可能にすべく、さまざまな機器を装備。1分間で近視や遠視、乱視、角膜異常などを検査できるオートレフケラトメーターや、糖尿病網膜症や網膜はく離などの治療を行うレーザー光凝固装置など、さまざまな検査、治療を可能にしています。

・お子さまの視力の正しい発達をサポート!

視力の発達段階にあるお子さまは、視機能を充分に発達させることが重要。何らかの原因で正しく発達していない場合(=弱視)は、早いうちの治療が必要です。お子さまがテレビを近くで見る、頭を傾けて物を見る、目を細めるなどしている場合は、弱視の可能性があるため、一度相談してみるのが良いでしょう。原因を診断するとともに、例えば眼帯や眼鏡を利用する場合によっては手術を行うなどの治療を行い、正しい視力の発達をサポートします。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら丹呉眼科の紹介ページ

高地眼科医院

  • 駅徒歩1分

JR総武線 小岩駅 徒歩1分

東京都江戸川区南小岩7丁目26-15

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

高地眼科医院はこんな医院です

高地眼科医院は、東京都江戸川区の眼科医院です。JR小岩駅から徒歩1分の場所に位置しており、非常に好アクセスです。木曜・日曜を休診日とし、平日は18時まで診療可能。土曜も12時まで受け付けているので、平日はなかなか時間が取れない人でも、ライフスタイルに合わせて通いやすい診療スケジュールとなっています。診療内容は、眼科一般診療に加え、眼鏡・コンタクトレンズ処方も取り扱っています。(円錐角膜治療用の特殊コンタクトレンズは火曜と金曜の午前中のみ受け付け)各種保険診療も扱っており、新患も随時受け付けているため、まだかかりつけの眼科医院がないという方にも、通いやすいでしょう。なお、問い合わせなどは電話にて受け付けています。

高地眼科医院の特徴について

・地域密着で目の健康を守る!

高地眼科医院は、小岩に開院してから80年近く、地域の眼科医として、人々の目の健康に貢献してきており、安心感があります。時代とともに眼科の研究も進み、緑内障や網膜症など、失明につながるような病気も診療・治療が可能になってきています。どんな疾病でも、早期発見・早期治療が重要です。各種保険診療含めさまざまな診断・治療ができる眼科なので、目に違和感があるときの診療はもちろん、定期的な目の検診なども受けるとよいでしょう。

・ちょっとした違和感から眼鏡の処方まで!

目のかゆみや痛み、ドライアイなどはつい市販の目薬での症状緩和させる人も多いですが、なんらかの目の病気からくる症状であることも多く、早いうちに原因をとらえ、治療することが大切です。また、高地眼科医院では、眼鏡やコンタクトレンズの処方も行っているので、裸眼で過ごしているけど見えにくいという方、さらには、すでにコンタクトレンズを使用しているけれど合わない、といった方への検査・処方も可能です。新患も随時受けつけているので、あまり眼科に慣れていない人でも、目の違和感や見えにくさなどを感じている人は相談しやすいでしょう。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら高地眼科医院の紹介ページ

あおば眼科

  • 駅徒歩3分

東京メトロ東西線 葛西駅 徒歩3分

東京都江戸川区中葛西5-32-7 共立ビル1F

診療時間
9:00~12:30
14:30~18:30

★:14:00~16:00

あおば眼科はこんな医院です

あおば眼科は、東京都江戸川区の眼科医院です。東京メトロ葛西駅から徒歩3分の場所のビル1階に位置し、非常に好アクセスです。木曜・日曜・祝日を休診日とし、平日は18時半まで診療可能となっており、土曜も16時まで受け付けているため、平日に時間が取れにくい人でも通いやすい、便利な診療スケジュールとなっています。院長は日本眼科学会の認定眼科専門医でもあり、安心感があります。医院では一般眼科診療を行っており、花粉症、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、白内障、緑内障、眼精疲労、糖尿病網膜症への診断・治療のほか、コンタクトレンズ・メガネ処方など、幅広く取り扱っています。なお、予約や問い合わせは電話にて受け付けています。

あおば眼科の特徴について

・幅広い検査・治療が可能!

あおば眼科では、花粉症による目のかゆみなどへの診療も行っています。その際には、目薬のほか、鼻に効く点鼻薬や、鼻と目の両方に効く飲み薬なども処方しているので、「目だけじゃなく鼻もつらい」という花粉症の方でも安心です。また、子どもへの眼鏡・コンタクトレンズ処方も行っており、視力検査の結果を踏まえ、眼科医とお子さま、保護者の方の3人で話し合って、眼鏡が必要かどうか、話し合って決めてくれるので、「実際に見えているのかどうか」「本当に必要なのか・必要じゃないのか」を、納得の上で、一緒に決めることができます。

・コンタクトレンズは多彩なラインナップ!

コンタクトレンズは視力向上のために有用である一方で、角膜のダメージやアレルギーの原因になる場合もあります。医院では、患者さん本人もわかりやすいよう、目の状態をテレビモニターに映して説明をしてくれるほか、それらを踏まえ、目の表面状態の改善のためにより合ったコンタクトレンズの処方なども受けられます。また、コンタクトレンズは1日使い捨てから2週間使い捨て用、さらにはカラーコンタクトなど、それぞれ多彩に取り揃えています。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらあおば眼科の紹介ページ

葛西かもめ眼科

  • 駅徒歩9分

東京メトロ東西線 葛西駅 徒歩9分

東京都江戸川区東葛西2-9-10 クリスタルビル401

診療時間
9:30~12:30
14:00~17:00

葛西かもめ眼科はこんな医院です

葛西かもめ眼科は、東京都江戸川区の眼科医院です。東京メトロ東西線・葛西駅より徒歩9分の場所に位置しており、通いやすい立地です。木曜・日曜を休診日としており、平日は17時まで診療可能となっています。土曜も12時半まで受け付けているため、平日に時間が取れない人でも通いやすい診療スケジュールといえます。院長は女医さんで、日本眼科学会の認定眼科専門医。子どもからお年寄りまで相談しやすく、安心感もあるでしょう。診療内容は、充血や疲れ目、結膜炎、ドライアイ、白内障、その他、お子さまの視力に関する相談などの一般眼科診療に加え、メガネの処方や、アレルギー検査など、幅広く取り扱っています。なお、問い合わせなどは電話にて受け付けています。

葛西かもめ眼科の特徴について

・患者さんの安心を考えた院内環境!

葛西かもめ眼科では、患者さん自身が安心して治療を受けられるよう、そして満足できるよう、丁寧でわかりやすい説明と正確な診療を心がけています。その方針は院内の環境・設備にも現れており、温かみのある広々とした、待合室や小さいお子さまが過ごせるキッズスペース、バリアフリー設計など、幅広い年齢の患者さんが通院しやすく・過ごしやすいよう心がけられています。また、院内にも車いすがあるため、借りることができます。設備面でも緑内障の検査機器や、結膜炎・角膜炎・白内障などがわかる検査機器なども院内に完備し、正確な診療に役立てています。

・20分程度で完了!アレルギー検査も実施!

目のかゆみや痛みなどの違和感からお子さまの視力に関する相談、メガネ処方などさまざまな診療を受けることができる葛西かもめ眼科では、アレルギー検査も行っています。目に現れる症状だけでなく、例えばせきやくしゃみなども含め、どんなものに対してアレルギー反応が出るのかを検査するものです。指先から採血し、20分程度でハウスダスト系や花粉系、動物系など、アレルゲンを特定します。アレルギー反応が出てから医院にかかって薬を処方されるという対策ではなく、患者さん自身アレルゲンを避けるという対策が打てるようになります。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら葛西かもめ眼科の紹介ページ

おすすめの眼科クリニック5医院まとめ

眼科の選び方は人それぞれだと思いますが、目の病気などで治療や手術が必要な場合は、少しエリアを広げてでも信頼できる眼科を探したいものだと思います。江戸川区内の眼科には様々な選択肢があることがわかりました。日本眼科学会認定の専門医が在籍しているなどはわかりやすいポイントですが、網膜硝子体手術に対応している、白内障や緑内障の日帰り手術に対応しているなど、、、ご要望にあわせて、あなたにふさわしい眼科クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?