【2021年】千葉県の下肢静脈瘤治療♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/01/08  更新日:2021/03/12

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

千葉県で評判の下肢静脈瘤対応のクリニックをお探しですか?
千葉県には、日帰り手術に対応している、治療経験豊富な医師が在籍しているなど、様々な下肢静脈瘤対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、千葉県でおすすめできる下肢静脈瘤対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

千葉県で評判の下肢静脈瘤対応のクリニック6医院

うのさわクリニック

  • 駅徒歩1分

うのさわクリニックphoto

東武アーバンパークライン 運河駅 西口 徒歩1分

千葉県流山市東深井382-20

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※下肢静脈瘤の診療は予約制となります。
【所属学会・資格など】
・日本循環器学会 循環器専門医
・日本胸部外科学会
・日本血管外科学会
・日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医、修練指導者
・日本外科学会 外科専門医、指導医
・日本循環器学会
・日本脈管学会
・日本静脈学会
・日本アクセス研究会
・日本透析医学会

うのさわクリニックはこんな医院です

うのさわクリニックphoto

うのさわクリニックでは、足の静脈が太くなることで瘤が生じ、血流が滞る“下肢静脈瘤”の治療に力を入れられています。圧迫療法や硬化療法、レーザー焼灼術などの治療を行っており、症状や進行の度合いに合わせて治療方法を選択しているそうです。
また、内科や循環器内科、生活習慣病、心臓外科術後管理、健康診断・予防接種、透析関連手術などの診療にも幅広く対応し、心臓血管外科医として重症疾患に長きにわたり携わってきた院長により、豊富な経験と知識を活かした下肢静脈瘤の改善に尽力されています。
レーザー治療による日帰り手術(※術前・術後の経過観察が必要です)も行われているので、足のむくみや就寝時の足のつり、足の重みなどの症状でお悩みの方は、うのさわクリニックへ相談してみてはいかがでしょうか。

うのさわクリニックの特徴について

うのさわクリニックphoto

・下肢静脈瘤血管内焼灼術の高度な専門性!

うのさわクリニックphoto

うのさわクリニックでは、ふくらはぎの静脈に血液が溜まる原因となる、逆流している静脈をレーザーで焼きつぶし、機能を改善させる「レーザー焼灼術」が行われています。下肢静脈瘤に伴う足のだるさや痒み、足のむくみなどの症状がみられる方で、大伏在静脈と呼ばれる足の付け根から足首にかけた部分と、小伏在静脈と呼ばれる膝の裏から足首の部分に逆流がある場合に適応となり、下肢静脈瘤血管内焼灼術の実施医・指導を行う医師の資格をお持ちの院長が専門性の高い治療を行っています。レーザー治療は片足10分~20分とのことです。

・運河駅より徒歩1分で好アクセス!

うのさわクリニックphoto

うのさわクリニックは、東武アーバンパークライン「運河駅」西口より徒歩1分の場所にあり、柏駅から電車で約10分の好アクセスです。また、2021年6月には駐車場の増設予定もあるそうなので、お車での通院も便利です。下肢静脈瘤は、初期段階では見た目のほかに特段の症状が見られない場合が多いそうですが、進行した場合は皮膚の硬化や皮膚潰瘍、出血などに繋がるリスクもあるため、気になる症状のある方は早めの受診をおすすめします。

・レーザー治療はもちろん「グルー治療」にも対応!

うのさわクリニックphoto

うのさわクリニックでは、レーザー焼灼術による治療のほか、弾性ストッキングを着用する圧迫療法や、静脈瘤のある部分に硬化剤を注入し、その上から弾性ストッキングと弾性包帯で圧迫することで、血管を潰して固める硬化療法で症状の改善を目指されており、2019年12月から保険適用になったグルー治療にも対応しているそうです。下肢静脈瘤の治療についての不安やお悩みにも真摯に対応してくれるので、気になる症状のある方は、うのさわクリニックにご相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちらうのさわクリニックの紹介ページ

田中医院

  • バス停留所から徒歩1分

田中医院photo引用:https://tanakacl.net/

袖ヶ浦高校前バス停留所 徒歩1分
JR内房線 袖ヶ浦駅 車で5分

千葉県袖ケ浦市神納2-10-7

診療時間
9:00~12:00
14:30~17:00

田中医院はこんな医院です

袖ケ浦市に根づき約38年地域の患者さんの病状の改善をサポートしてきた田中医院は、平成30年5月から循環器内科・下肢静脈瘤専門外来を追加されたそうです。心臓や血管の病気を主に治療し、内科や小児科、呼吸器科の診療も行われています。

下肢静脈瘤の治療は患者さんの病状に合わせて行われ、治療内容や病状もわかりやすく丁寧に説明してもらえるそうです。

医院はJR袖ヶ浦駅より徒歩20分、駐車場も完備されているのでお車での来院もできます。診療時間は9時~12時/14時30分~17時、休診日は水曜日午後・木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日です。

田中医院の特徴について

・気軽に検査ができる下肢静脈瘤!

田中医院では加齢によって症状が出やすい、下肢静脈瘤の検査が気軽に受けられる体制になっています。検査は問診・視診・触診の他にエコー検査を行い、大体10分~15分程度で終わる簡単なもので、痛みはないのだそうです。

治療が必要な場合は、検査後にイラストを用いてわかりやすく説明してもらえるため、安心して治療に臨めるでしょう。不安を感じている方は治療の必要性がない場合でも検査してもらえるそうなので、一度受診してみてはいかがでしょうか。

・患者さんの症状に合わせた痛みの少ない治療!

下肢静脈瘤の治療は、圧迫療法・硬化療法・レーザー治療を用いた日帰り手術から患者さんにあったものを提案してもらえます。圧迫療法では、市販のストッキングとは異なる特殊な編み方をしたストッキングで脚を強く圧迫し、心臓へ血液を戻りやすくできるそうです。

硬化療法は、幹部の静脈へ硬化剤を注入する治療法です。弾性の包帯で圧迫して血管を閉塞させると症状の改善が期待できると言われています。レーザー治療は日帰り手術は30分~1時間程度で完了する痛みの少ない手術なので、痛みに敏感な方も安心して治療できるでしょう。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら田中医院の紹介ページ

加賀谷正クリニック

  • 駅徒歩2分

加賀谷正クリニックphoto引用:https://www.kagaya-clinic.jp/

JR武蔵野線・京成成田空港線・北総線 東松戸駅 徒歩2分

千葉県松戸市東松戸3-7-19

診療時間
9:00~11:00
16:00~18:00

★:16:00~19:00
▲:9:00~12:00
※日帰り手術は11:00~16:00
※初診の最終受付は終了の30分前です。

加賀谷正クリニックはこんな医院です

加賀谷正クリニックでは、日帰り手術の専門クリニックとして内科・外科領域の治療が行われているそうです。日本外科学会に認定された専門医が在籍しており、豊富な経験と知識を生かした診療が行われています。

特に下肢静脈瘤治療では、患者さんの病状に合わせて治療法を提案してくれるそうです。日帰りレーザー手術以外にも気軽に始められる保存療法も提供されています。

医院までのアクセスはJR武蔵野線東松戸駅より徒歩1分とアクセス良好で、15台分の駐車場も完備されています。診療時間は9時~11時/16時~18時、11時~16時は日帰り手術専門時間です。

加賀谷正クリニックの特徴について

・保存的療法から行う下肢静脈瘤治療!

下肢静脈瘤の治療は、日帰りレーザー手術の他にも様々な治療法が提供されています。小さな下肢静脈瘤であれば圧迫ストッキングを用いた保存療法、もしくは患部のある静脈へ硬化剤を注射する硬化療法が選べるそうです。

ストッキングを着用するだけで治療ができる保存療法は、1足4000円前後から治療が開始できるので、比較的気軽に治療が始められるでしょう。硬化療法も注射をするだけのため簡単に治療ができ、傷跡なども残らないそうなので、治療を検討している方は一度相談されてみてはいかがでしょうか。

・忙しい方でも安心の日帰りレーザー手術!

加賀谷正クリニックでは下肢静脈瘤の治療に、保険適用で受けられる日帰りレーザー手術が行われています。手術は片足30分~60分程度で終了し、局所麻酔と静脈麻酔を使用するそうなので手術中は痛みを感じにくいそうです。

手術後はリカバリールームで休憩し、異常がなければ帰宅ができるとのこと。また手術の翌日、数日後など術後の経過観察のために通院が必要になるものの、安静にしていれば普段通り生活できるので安心して治療に臨めるのではないでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら加賀谷正クリニックの紹介ページ

東京あしの血管クリニック 柏院

  • 駅徒歩5分

JR常磐線・東武アーバンパークライン 柏駅 東口 徒歩5分

千葉県柏市中央町5番地19号 ニホンメガネビル201号

診療時間
10:00~18:00

※完全予約制
※詳しい診療時間などは医療機関に直接ご確認ください。

東京あしの血管クリニック 柏院はこんな医院です

東京あしの血管クリニック 柏院は、下肢静脈瘤の治療を専門的に行っているクリニックです。丁寧な診察と10分程度で完了するスピーディーな検査が特徴で、病状に合わせた治療法も検査結果を元にわかりやすく説明してもらえます。

治療は通院で行う医療用弾性ストッキングを用いる保存療法を始め、硬化剤を患部へ注入する硬化療法、大きな下肢静脈瘤にも効果的な日帰りレーザー治療などがあります。(※経過観察が必要)患者さんの体に負担の少ない治療法を提案してもらえるので、安心して治療に臨めるのではないでしょうか。

医院はJR柏駅より徒歩6分、完全予約制になっているので電話での予約が必要です。初診受付時間は10時~18時、月曜日のみ9時~13時で、休診日は水曜日・日曜日・祝日です。

東京あしの血管クリニック 柏院の特徴について

・軽度であれば注射だけで治療が完了!

東京あしの血管クリニック 柏院では軽度の下肢静脈瘤であれば、硬化剤を注射する硬化療法を推奨されています。クモの巣状の下肢静脈瘤に効果的で、患部の血管に硬化剤を注射して包帯で圧迫することで治療が完了するそうです。

治療後の生活制限もなく、普段通り生活できるため忙しくて手術が受けられない方も安心でしょう。病状によっては受診が難しい場合もあるそうなので、医師と相談してみてはいかがでしょうか。

・痛みや合併症が少ない日帰り手術!

東京あしの血管クリニック 柏院では、患者さんへ負担の少ない下肢静脈瘤の治療に尽力されているそうです。日帰りレーザー手術は全身麻酔の必要がなく痛みやダウンタイムの少ない治療法で、血栓や合併症なども起きにくい治療だと考えられています。

治療は30分程度で完了し、術後に異常がなければ徒歩で帰宅することも可能です。安心して受けられる手術とのことなので、気になる方は一度受診されてみてはいかがでしょうか。(※経過観察が必要)

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら東京あしの血管クリニック 柏院の紹介ページ

津田沼血管クリニック

  • 駅徒歩3分

JR総武本線 津田沼駅 徒歩3分

千葉県習志野市谷津1-16-1 モリシア津田沼2階

診療時間
9:00~17:00

★:シャント外来のみ
※最終受付は終了の30分前です。
※予約制

津田沼血管クリニックはこんな医院です

血管外科専門クリニックである津田沼血管クリニックは、日帰り手術を行っているクリニックです。(※経過観察が必要)忙しい方でも安心して治療が受けられる診療体制を整え、入院が必要な場合は提携医療機関を紹介してもらえます。

豊富な経験を備えた専門医が下肢静脈瘤の治療や透析を受けるための内シャント造設など、血管に関する治療全般に対応されているそうです。中でも下肢静脈瘤の治療では、体への負担が少ない治療法を提案してもらえるので安心して治療に臨めるでしょう。

医院までのアクセスは、JR津田沼駅よりすぐの商業施設2Fにあります。原則予約制となっており、診療時間は9時~17時、休診日は日曜日・祝日です。

津田沼血管クリニックの特徴について

・下肢静脈瘤治療を専門的に行う専門医!

日本外科学会に認定された専門医や、日本血管外科学会に認定された血管内治療医と、高い技術力を持っている多くの医師が在籍しています。下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医として多くの下肢静脈瘤治療を行い、患者さんの苦痛を解消されているのだそうです。

下肢静脈瘤血管内焼灼治療は、静脈の内側へ針を指して患部を焼いてつぶす治療なので、切開数も少なく回復が早いと言われています。豊富な経験を生かして患者さんにあった治療法を提案してもらえるため、安心して治療に専念できるでしょう。

・切らない治療で体への負担を軽減!

津田沼血管クリニックでは患者さんへの体の負担を軽減するために、切らない下肢静脈瘤治療を提案されているそうです。治療法には術や薬を用いない医療用弾性ストッキングを用いた保存療法を始め、硬化剤の注射を行う硬化療法、足の付根で血管をしばって血液の逆流を食い止める高位結紮などがあります。

また血管を内側から焼いてふさぐレーザー治療やラジオ波治療も推奨されているそうです。日帰り手術で保険適用もできるそうなので、気になる方は一度相談されてみてはいかがでしょうか。(※経過観察が必要)

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら津田沼血管クリニックの紹介ページ