ジェネリック医薬品とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、特許の満期を迎えた医薬品と同等の効果をもった成分の等しい後発の医薬品のことを指します。先発医薬品に比べて低価格であるという特徴があります。

メリット

・先発医薬品に比べて費用が安いことが多い
・過去につくられた薬と同じような効果効能なので、安全性も比較的高い
・長期間服用する薬はとくに費用の差が出やすいので、生活習慣病などの治療に向いている
・味などの飲みやすさが先発医薬品に比べて改善されていることが多い

デメリット/副作用

・新薬の場合、発売間もないとジェネリック医薬品がないことがある
・長年飲み続けてきた先発医薬品がジェネリック医薬品に代わる場合、患者さんによっては見た目や味の変化に抵抗を感じる可能性がある

治療期間

病気の種類によって服用期間は変わります。1週間程度の短期間の場合もあれば、数年にわたって飲み続ける場合もあります。

費用相場

薬によって相場は変わりますが、発売時の価格は原則として先発医薬品の7割程度の価格であることが多くなっています。