1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 神奈川県
  5. 横浜市
  6. 【2022年】横浜市のペインクリニック おすすめしたい6医院

【2022年】横浜市のペインクリニック おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/01/17  更新日:2022/03/24

横浜市で評判のペインクリニックをお探しですか?
横浜市は神奈川県の市のひとつで、日本ペインクリニック学会のペインクリニック専門医が在籍しているなど様々なペインクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、横浜市でおすすめできるペインクリニックをご紹介いたします。
※2022年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

横浜市で評判のペインクリニック6医院

たいクリニック

  • 駅徒歩5分

たいクリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

相鉄線 鶴ケ峰駅 徒歩5分

神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-5-2

診療時間
9:00~12:30
14:45~18:15


【所属・資格など】
・日本麻酔科学会指導医
・日本ペインクリニック学会専門医
・日本頭痛学会
・医学博士
・日本医師会認定産業医

たいクリニックはこんな医院です

たいクリニックphoto

横浜市旭区のたいクリニックは、相鉄線が通る鶴ケ峰駅より徒歩5分の好アクセスで、ペインクリニックとして頭痛や目の奥の痛み、肩・首などの運動器の痛み、手の痛み・しびれなど、さまざまな「痛み」を軽減・緩和する治療が行われています。ペインクリニックは痛みの軽減に特化した診療科で、痛みが原因でお仕事や日常生活に支障が出ているという方などのお悩みに対応し、痛みを解消することでQOL(生活の質)の向上を目指されています。長時間歩くことができないほどの運動器の痛みや、手術やけがの後の痛みにも対応しているそうです。五十肩や腰部脊柱管症候群といった整形外科の疾患から、網膜中心動脈閉塞症などの眼科の疾患、閉塞性動脈硬化症などの循環器の疾患など、多面的に痛みの原因を調べ、適切な治療が行われています。

たいクリニックの紹介動画

たいクリニックの特徴について

たいクリニックphoto

・幅広い治療法を提案!

たいクリニックでは、痛みの部位や原因に応じた治療を提案されています。神経やその周辺に麻酔を打って神経の伝達を抑えることで痛みを和らげる「神経ブロック」や、腰痛や肩の痛みといった運動器のお悩みがある方へのスーパーライザーやキセノンといった治療器具を使用した理学療法、ストレスなど精神面の不調に起因する痛みへの心理療法、東洋医学の考え方も取り入れたオーダーメイドの漢方薬の処方、顔面痙攣や眼瞼痙攣、痙性斜頚など筋肉の異常収縮から生じる症状を軽減するボトックス治療など、幅広い治療法に対応しているそうです。ご自身の症状にはどんな治療が適しているか、まずは相談してはいかがでしょうか。

・ペインビジョンを導入!

一口に痛みと言っても、痛みの種類や程度、頻度などは人それぞれでどんな痛みなのかを的確に伝えることは難しいため、たいクリニックでは、ペインビジョンを導入されています。ペインビジョンは痛みを定量的に測定できる機器で、痛みを具体的な数値で表すことができるため、ご自身の痛みについて理解してもらえるか心配という方も、安心して治療に臨めるのではないでしょうか。また、ペインビジョンの計測データは労災などの客観的な症状の資料としても利用できるそうです。

・頭痛でお悩みの方もご相談ください!

慢性的な頭痛を市販薬で抑えて過ごしているという方や、原因不明の頭痛で日常生活で不便が生じているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。たいクリニックでは、頭痛の治療に精通した医師が治療を担当しており、つらい頭痛を解消してより生き生きと過ごしていただけるよう医師と看護師でサポートされています。つい痛みを我慢してしまうという方も、一度相談することをおすすめします。

もう少し詳しくこのペインクリニックのことを知りたい方はこちらたいクリニックの紹介ページ

ひよしペインクリニック

  • 駅徒歩3分

ひよしペインクリニックphoto引用:https://www.hiyoshi-pain.jp/

東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅 徒歩3分

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-17-36

診療時間
9:00~12:00
13:30~17:00

※完全予約制

ひよしペインクリニックはこんな医院です

ひよしペインクリニックphoto引用:https://www.hiyoshi-pain.jp/

ひよしペインクリニックは、痛みの原因を取り除くことや、患者さんが痛みと向き合えるようにサポートしているクリニックです。

ペインクリニック内科では、片頭痛・緊張性頭痛・三叉神経痛・非定型顔面痛・舌痛症・頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症・頚椎症性神経根症・頚椎捻挫・肩関節周囲炎・帯状疱疹・変形性膝関節症などの、痛みに対する治療が行われています。痛みの緩和を図るために、ブロック注射・認知行動療法・漢方薬といった治療が実施されています。

漢方薬の治療であれば、患者さんの体質・症状・ライフスタイルなどを総合的に考慮し、ひとりひとりに適した漢方薬の処方を行うことができるそうです。副作用が比較的少なく身体に優しい治療方法なので、多くの方が取り組むことができるでしょう。

ひよしペインクリニックの特徴について

・痛みにより異なる治療を実施!

急性期の痛みであれば、ブロック注射や鎮痛剤により痛みを和らげることで、痛みの慢性化を防ぐことができるそうです。一方、慢性的な痛みの場合には、患者さんの生活習慣や心の状態が痛みに影響を及ぼしている場合もあり、患者さんの話に耳を傾け、ひとりひとりに適した治療の提案がなされています。

身体の関節の痛みに対する治療であれば、ストレッチや生活習慣の改善などの指導も実施した総合的な治療が行われています。

・痛みと上手に付き合えるようサポート!

身体が心地よいと感じる習慣を行ったり、適度に身体を動かしたりすることで、痛みを緩和できるそうです。日常生活の中で、痛みを強く感じる時と痛みが緩和している時の違いを、患者さん自身で理解できるようにサポートしています。

患者さん自身が痛みを受け入れて客観的にとらえることができるようになれば、痛みと上手に付き合っていくことができるそうです。

もう少し詳しくこのペインクリニックのことを知りたい方はこちらひよしペインクリニックの紹介ページ

横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニック

  • 駅徒歩1分

横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニックphoto引用:https://bashamichi-skinpain.com/

横浜高速鉄道みなとみらい線 馬車道駅 4番出口 徒歩1分
本町4丁目バス停留所 徒歩2分
JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅 徒歩7分

神奈川県横浜市中区海岸通5-25-2-24

診療時間
9:30~13:00
15:00~19:00

★:15:00~18:30
※ペインクリニック外来は火曜日・金曜日(予約制)
※受付終了時間は新患の方は診療終了15分前まで、再診の方は診療終了10分前までです。

横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニックはこんな医院です

横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニックは、皮膚科の診療に加え、痛みを緩和する治療を行っているクリニックです。

皮膚科では帯状疱疹後神経痛などで、強い痛みが残ってしまう患者さんがいるそうです。そういった患者さんに対して、痛みを緩和することによる患者さんの生活の質を向上させるサポートが行われています。鎮痛剤を処方するだけでなく、慢性的な痛みの悪循環を断つことを目指した治療を実施しています。

院内はバリアフリーになっており、車椅子の方やベビーカーを押した方も他の人の手を借りることなく、診療室まで入ることが可能です。キッズルームや授乳室も用意され、子育て中の方が通院しやすい環境が整えられています。また、待合室や診療室は定期的に消毒を行うことで、感染症対策にも力を入れています。

横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニックの特徴について

・他科と連携して治療を提供!

横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニックでは、皮膚科で治療を受けながら痛みを軽減する治療を受けることができます。

また、帯状疱疹後神経痛・肋間神経痛・突発性難聴・顔面神経麻痺・肩こり・頭痛・腰痛など、様々な痛みに対する治療を行うことが可能で、患者さんが通院している整形外科・耳鼻いんこう科・神経内科などと情報交換を行い、連携しながら治療を行うこともできるそうです。

・麻酔薬を活用した治療を実施!

痛みを感じている神経の周辺に痛み止めの薬を注射する、神経ブロックが行われています。加えて、神経ブロックを行うのには不安があるという患者さんに対しては、電気の力を利用して麻酔薬を皮膚から身体の内側に入れるイオントフォレーシスと呼ばれる治療にも対応しているそうです。

イオントフォレーシスは、痛みの少ない治療方法なので、痛みが苦手といった方も安心して取り組むことができるでしょう。

もう少し詳しくこのペインクリニックのことを知りたい方はこちら横浜馬車道 皮膚科・ペインクリニックの紹介ページ

かねむらクリニック

  • バス停留所から徒歩2分

かねむらクリニックphoto引用:https://www.kanemura-cl.com/

中田小学校バス停留所 徒歩2分
横浜市営地下鉄ブルーライン 中田駅 徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン 立場駅 徒歩8分

神奈川県横浜市泉区中田北2-6-14 アイエイチビル2 1F-B

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

※神経ブロック療法は月曜日・水曜日・金曜日・土曜日の午前のみ

かねむらクリニックはこんな医院です

かねむらクリニックphoto引用:https://www.kanemura-cl.com/

かねむらクリニックでは患者さんに癒しを提供することを心がけており、中でも痛みに対する治療に力を入れているクリニックです。

急性期の痛みや慢性の痛みなど、様々な痛みの治療を行ってきた経験のある医師が、治療に携わっています。神経ブロック療法・服薬治療・リハビリテーションなど、患者さんの病気や症状に合わせた治療が提案されています。

手術などの治療が必要な患者さんに対しては、治療が受けられる医療機関を紹介し、途切れることなく必要な治療を続けられるようにサポートしているそうです。痛みは早期に治療を開始することにより早期に症状を改善することができるそうなので、痛みが気になっている方は遠慮せずにかねむらクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。

かねむらクリニックの特徴について

・痛みを緩和する神経ブロックを実施!

神経ブロック療法とは、痛みが軽減する時間を作ることにより、痛みを徐々に和らげていく治療方法のことです。加えて、神経ブロック療法により血液循環が改善することで、自己回復力を向上させて痛みが緩和するだけでなく、症状をできるだけ取り除けるようにも努めているそうです。

神経ブロック注射を行う際には、細い針を使用することで、注射の際の痛みが少なくなるような配慮もなされています。

・個々に適した薬の処方!

痛みを和らげる内服薬には、消炎鎮痛剤・神経障害性疼痛治療薬・麻薬系鎮痛薬・筋弛緩薬・漢方薬など様々な種類があり、患者さんの年齢・痛みの種類・生活習慣などを配慮したうえで、それぞれに適した薬が処方されています。

また、内服治療を行う際には、副作用にも注意する必要があるため、痛みだけでなく胃腸や腎機能など身体全体の状態を把握しながら治療を行っているそうです。

もう少し詳しくこのペインクリニックのことを知りたい方はこちらかねむらクリニックの紹介ページ

かわはら整形外科ペインクリニック外科

  • バス停留所から徒歩1分

東高校入り口バス停留所 徒歩1分
西寺尾建功寺前バス停留所 徒歩1分
JR横浜線・東急東横線 菊名駅 車で5分

神奈川県横浜市鶴見区馬場1-5-22

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:9:00~13:00

かわはら整形外科ペインクリニック外科はこんな医院です

かわはら整形外科ペインクリニック外科は、何でも相談できる身近なクリニックとして地域住民の方から親しまれているクリニックです。力を入れている診療科目の中に、運動器の痛みや神経の痛みをはじめ、がんや帯状疱疹など多岐に渡る痛みの治療に対応した、ペインクリニック外科・ペインクリニック内科があるそうです。

内服治療・神経ブロック注射・物理療法・リハビリテーション・認知行動療法など様々な治療方法の中から、患者さんの病気や症状に合わせた治療方法を組み合わせて提供しています。例外もあるそうですが、大抵の場合には保険適応で治療を受けることが可能だそうです。

治療を行う前には患者さんの症状や治療方法について丁寧な説明が行われるので、安心して治療に専念することができるでしょう。

かわはら整形外科ペインクリニック外科の特徴について

・専門医による診療を実施!

院長は日本ペインクリニック学会認定の専門医かつ、日本麻酔科学会認定の麻酔専門医であり、痛みに関する治療の知識を豊富に有しているそうです。怪我などが原因で起こっている急性期の痛みか、あるいは関節痛や腰痛などの慢性的な痛みかを見極め、専門的な知識をいかしつつ、痛みの種類や原因に適した治療の提案がなされています。

入院治療が必要だと判断した場合には、適した病院を紹介するなど継続的なフォローも行われています。

・約40種類のブロック注射に対応!

神経ブロック注射には約40種類ほどの種類があり、患者さん症状に合わせた神経ブロック注射が選択されています。超音波やX線透視装置を使った神経ブロック注射を行うことも可能だそうです。

また、注射を行う際には痛みが少なくなるように、細い針を使用するなどの工夫もなされています。神経ブロック注射により血流が改善することで、痛みの緩和だけでなく自然治癒力が高まる効果も期待できるそうです。

もう少し詳しくこのペインクリニックのことを知りたい方はこちらかわはら整形外科ペインクリニック外科の紹介ページ