1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 東京都
  5. 豊島区
  6. 【2022年】豊島区の糖尿病内科 おすすめしたい7医院

【2022年】豊島区の糖尿病内科 おすすめしたい7医院

公開日:2022/03/24  更新日:2022/09/27
豊島区の糖尿病内科 おすすめの医院

豊島区で評判の糖尿病内科をお探しですか?
豊島区は東京都の区のひとつで、夜間診療に対応していたり、日本糖尿病学会認定の糖尿病専門医が在籍しているなど様々な糖尿病内科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、豊島区でおすすめできる糖尿病内科クリニックをご紹介いたします。
※2022年9月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

豊島区で評判の糖尿病内科7医院!

大塚北口診療所

  • 駅徒歩1分

大塚北口診療所photo

アクセス・住所・診療時間

JR山手線 大塚駅 北口 徒歩1分
都電荒川線 大塚駅 徒歩1分

東京メトロ丸の内線 新大塚駅 徒歩8分

東京都豊島区北大塚2-6-12 KSK大塚医療ビル

診療時間
9:00〜13:00
15:00〜20:00

★:15:00〜19:00
【所属・学会など】
・日本外科学会 外科専門医
・日本救急医学会 救急科専門医
・日本消化器外科学会
・日本医師会
・日本スポーツ協会

大塚北口診療所はこんな医院です

大塚北口診療所photo

豊島区北大塚にある大塚北口診療所では、糖尿病の治療に注力し、豊島区の地域医療に貢献されています。のどの渇きや異常な空腹感、尿の量が多くなるなど、糖尿病と思われる症状がある方や、健康診断で血糖値について指摘された方、血縁者に糖尿病の方がいらっしゃる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。完全予約制で、栄養指導も行っているそうです。また、幅広い疾患に対応されており、内科全般や外科全般を扱う総合診療科のほか、循環器科や消化器科、整形外科、脳神経外科、呼吸器科、リハビリテーションも行っているそうです。

大塚北口診療所の特徴について

・一人ひとりにあった糖尿病治療!

糖尿病内科では、必要な検査を行うだけではなく、患者さんのお話を丁寧にヒアリングすることで、それぞれにあった内服薬やインスリンの処方を行われています。また、栄養指導なども含めて相談を受け付けられているそうです。
糖尿病は、遺伝的な要因に加え、過食や慢性的な運動不足などの生活習慣の問題によって発症する病気と言われています。糖尿病治療は、早期発見・早期治療・合併症予防が重要となるため、現在治療中の方はもちろん、血糖値が高い方や、ご家族に糖尿病の方がいらっしゃる方なども、一度大塚北口診療所に相談してみてはいかがでしょうか。

大塚北口診療所photo

・眼科や病院と連携!

大塚北口診療所は、大塚北口眼科を併設しているほか、関連病院の東京北部病院にて教育入院も実施されています。糖尿病の合併症として、糖尿病が原因で目の中の網膜が障害を受けて視力が低下する糖尿病網膜症があります。目と身体の両方から合併症を治療してもらえるのは安心できるポイントです。また、教育入院とは、患者さんやご家族の方に糖尿病への理解を深めてもらうことを目的として行われるものです。日々の血糖コントロールなどがうまくいかない方などにおすすめできる取り組みです。

・オンライン診療に対応!

大塚北口診療所では、2020年11月からオンライン診療を行われています。お手持ちのスマートフォンやパソコンなどを利用することで、ご自宅や職場などから受診していただくことが可能です。電話通話による電話診療にも対応されているので、スマートフォンやパソコンをお持ちでない方もオンライン診療を受けていただくことができます。待ち時間なく受診でき、院内感染のリスクもないため、クリニックへの通院に不安のある方は、一度オンライン診療をご利用されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちら大塚北口診療所の紹介ページ

東長崎駅前内科クリニック

  • 駅徒歩30秒

東長崎駅前内科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

西武池袋線 東長崎駅 北口 徒歩30秒

東京都豊島区長崎4丁目7-11 マスターズ東長崎1階

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

★:9:00~13:30
【所属・資格など】
・日本消化器病学会 消化器病専門医
・日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
・日本肝臓学会 肝臓専門医
・日本内科学会
・日本消化管学会
・日本ヘリコバクター学会

東長崎駅前内科クリニックはこんな医院です

東長崎駅前内科クリニックphoto

豊島区長崎の東長崎駅前内科クリニックは、西武池袋線が通る東長崎駅の北口より徒歩30秒の好アクセスで、地域密着の医療を提供されています。東長崎にお住まいの方やお勤めの方、沿線をご利用の方の生活と健康に寄り添い、健康維持・増進を支えるパートナーとして日々診療を行っており、なかでも糖尿病の検査・治療と重症化予防に注力しているそうです。糖尿病は様々な原因でインスリンの分泌に異常が生じる疾患で、重症化すると糖尿病腎症や糖尿病網膜症、糖尿病神経障害につながる恐れもあります。重症化を防ぐためにも、健康診断や人間ドックで血糖値の異常を指摘されたという方や、つい甘いものや脂っこい食事バランスに偏ってしまうという方は管理栄養士も複数在籍しており、栄養指導も実施しているそうなので、食事管理な苦手な方でも安心して通院できるポイントですね。東京大学付属病院や日本大学医学部附属板橋病院、順天堂大学医学部付属病院(本院、練馬病院)といった高次医療機関とも緊密に連携しており、より専門的な検査や治療の環境が必要と判断された場合もスムーズに適切な医療へ繋げられる体制となっています。

東長崎駅前内科クリニックの特徴について

東長崎駅前内科クリニックphoto

・生活習慣病の管理についてご相談ください!

東長崎駅前内科クリニックでは、糖尿病はもちろん、高血圧や高コレステロール血症、痛風といった生活習慣病の検査・治療に注力しており、慢性疾患をうまくコントロールすることで重篤な状態を防ぐことができるよう尽力されています。有楽町線沿線や東武東上線沿線をご利用の方や、椎名町や江古田、桜台の方々からもアクセスしやすい場所にあり、地域に根ざした医療でより良い人生をサポートできるよう日々高品質な診療が行われています。

・内科的疾患についてもお任せできる!

院長は日本内科学会認定の認定内科医、日本消化器病学会認定の消化器病専門医の資格をお持ちのベテランの先生です。糖尿病疾患をお持ちの患者さんは、他の生活習慣病の合併や動脈硬化の進行による内科的疾患の合併症も多く診られるそうで、頸動脈エコーなどの検査、治療どちらも対応しているそうです。
消化器系のがんの合併が糖尿病のかたに多いため、胃がんや大腸がん、肝臓がん、膵臓がんといった消化器の腫瘍などについても検査精通している先生のため、全身の様々な疾患について相談できる頼もしい医院です。病気の領域によって担当科が細分化される医療機関とは異なり、地域に根ざした医院だからこそ、糖尿病のほかにも循環器疾患を併発している患者さんや消化器に気になる症状のある患者さんにもきめ細やかな診療を提供されています。喉の渇きや手足のしびれ、痛みなど、糖尿病が疑われる症状にお悩みの場合はもちろん、身体の気になる症状をなんでも相談できるかかりつけ医としてもおすすめです。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちら東長崎駅前内科クリニックの紹介ページ

巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニック

  • 駅徒歩3分

巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックphoto引用:https://yamaguchi-dm.com/

アクセス・住所・診療時間

JR山手線 巣鴨駅 徒歩3分
都営地下鉄三田線 千石駅 徒歩4分

東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル3階

診療時間
9:00~13:00
15:30~18:30

※午前の最終受付は12:30です。

巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックはこんな医院です

巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックphoto引用:https://yamaguchi-dm.com/

巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックは、糖尿病に特化した診療を提供している豊島区の内科クリニックです。1型糖尿病や2型糖尿病、妊娠糖尿病やその他の病気による糖尿病の治療に対応しています。

院長は日本糖尿病学会の糖尿病専門医と研修指導医の資格を有しています。それにくわえて、日本内科学会の総合内科専門医にも認定されていますので、糖尿病はもとより、内科全般の管理が可能とのことです。高血圧や脂質異常症などといった生活習慣病の治療も提供されています。

クリニックは、JR山手線巣鴨駅より徒歩3分、都営三田線千石駅より徒歩4分の立地にあります。複数の路線からのアクセスに優れており、豊島区以外からも受診しやすいことでしょう。

巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックの特徴について

・総合的な視点での糖尿病管理!

糖尿病の発症には生活習慣だけでなく、生まれ持った素因も関係していると言われています。根本的に治療する方法は現時点ではみつかっていないそうです。そのため、巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックでは、血糖値を正常に近づけ、できる限り合併症が起こりにくい状態にする管理に力を注がれています。

糖尿病症の合併症には、網膜症や心筋梗塞などが挙げられます。糖尿病だけでなく、そのほかの生活習慣病のケアも行いながら総合的に管理していくことで、患者さんの豊かな人生をサポートしてくれます。

・グルコースモニターで血糖変動を把握!

持続グルコースモニターを完備されています。この装置は、皮下組織に専用のセンサーを装着し、連続的にグルコース濃度を計測するものです。機器の進歩により、小型ながら、誤差の少ない計測が可能になったそうです。

この装置を使用することで、1日の血糖変動を細かに把握することができ、患者さんの状態にあった治療を提案することが可能となるそうです。糖尿病治療を希望される方は、機器が充実している巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちら巣鴨山口内科・糖尿病内科クリニックの紹介ページ

たじま医院

  • 駅徒歩5分

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ副都心線 池袋駅 C9出口 徒歩5分
JR各線 池袋駅 西口 徒歩6分
西武池袋線 池袋駅 徒歩10分

東京都豊島区池袋2-61-5

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※最終受付は午前・午後ともに診療終了の15分前です。

たじま医院はこんな医院です

豊島区のたじま医院は、地域のプライマリードクターとして、糖尿病内科の診療を提供しているクリニックです。一般的な内科の診療も行われており、小さなお子さまからご高齢の方まで幅広い年齢層の治療に対応しています。

糖尿病のなかでも、2型糖尿病は、体質に加え、生活習慣が影響を与えていると言われています。管理栄養士による栄養相談や食事療法も行われていますので、原因の1つとなる食生活の改善も期待できます。

早期に治療を開始することで、少ないお薬で過ごせる可能性が高まるそうです。インスリン注射も最小限量に留められるよう、さまざまな工夫が施されています。また、糖尿病ネットワーク1型ライフや日本IDDMネットワークなどを紹介し、患者さん同士の交流や情報交換にも力が入れられています。

たじま医院の特徴について

・フリースタイルリブレで血糖計測の負担を軽減!

糖尿病の治療中は、インスリンの量を決めるために、ご自身で指先に針を指し、少量の血を出して、1日に数回程度血糖の測定を行う必要がありました。患者さんのなかには、負担に感じる方もいらっしゃったことでしょう。

たじま医院では、針を刺さずに血糖の変動を測定するフリースタイルリブレが導入されています。血糖値そのものを測定する装置ではないため、指先での血糖測定も必要となりますが、患者さんの負担を軽減することができるそうです。

・インスリンの補充方法を2種類から選択可能!

1型糖尿病は、すい臓で十分なインスリンを生成することができない状態のことをいいます。そのため、インスリンの欠乏を補う治療が行われます。

たじま医院の1型糖尿病治療では、ペン型の注射器を使って1日に4〜5回程度注射する頻回注射法と、小型の携帯型ポンプを使用して少量ずつ注入し続けるインスリンポンプ療法が選択可能です。ご自身のライフスタイルに合った糖尿病治療を希望される方は、一度たじま医院に相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちらたじま医院の紹介ページ

池袋久野クリニック

  • 駅徒歩2分

アクセス・住所・診療時間

JR各線 池袋駅 東口 徒歩2分

東京都豊島区南池袋2-26-5 アイアンドイー池袋ビル9階

診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30

★:9:00~11:00
※初診は完全予約制

池袋久野クリニックはこんな医院です

池袋久野クリニックは、池袋駅東口より徒歩2分の立地にある便利な内科クリニックです。腎臓内科をはじめ、内分泌・代謝・糖尿病内科、循環器内科、人工透析内科の幅広い診療に対応しています。なかでも糖尿病内科の診療に力が注がれており、専門的な治療が可能とのことです。

大学病院で20年以上の診療経験を持つ院長による、科学的根拠に基づいた医療が提供されています。患者さんの立場に寄り添い、分かりやすい説明と情報開示を心がけているそうです。

生活習慣の乱れは、寿命を縮めることにもつながるため、できるだけ早期に負の連鎖を断ち切ることが大切だといわれています。池袋久野クリニックでは、糖尿病だけでなく、高血圧や脂質異常症、高尿酸血症などその他の生活習慣病もあわせて治療することができます。

池袋久野クリニックの特徴について

・家族同席で40分かけてじっくり行う栄養指導!

池袋久野クリニックでは、専門的な知識を持った管理栄養士が、一人ひとりの患者さんに適した食事のアドバイスを行なっているそうです。血液検査や、普段の食生活や生活習慣をヒアリングした上で、個人に応じたプランを考え、サポートしてくれます。

栄養指導は完全予約制となっており、およそ40分かけてじっくり相談することができます。また、ご家族の方も同席し、その場で情報を共有することも可能です。糖尿病の改善に向けての取り組みが、より実践しやすくなることでしょう。

・血液検査で自覚症状の乏しい糖尿病をチェック!

日本では、100人に7人が糖尿病であるといわれており、身近な病気の1つです。糖尿病を放置していると、網膜症や腎臓障害、神経障害、脳梗塞などの合併症が生じる可能性が高まります。

池袋久野クリニックでは、できる限り早期に糖尿病を発見し、速やかに治療を開始することが大切にされています。糖尿病かどうかは血液検査で確かめることが可能です。初期は自覚症状が乏しいといわれていますので、気になる方は一度検査だけでも池袋久野クリニックで受けてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちら池袋久野クリニックの紹介ページ

せきや内科クリニック

  • 駅徒歩9分

アクセス・住所・診療時間

JR山手線 大塚駅 徒歩9分
東武東上線 北池袋駅 徒歩9分

東京都豊島区上池袋1-37-22 レジディアタワー上池袋1F

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00

★:9:00~12:30

せきや内科クリニックはこんな医院です

せきや内科は、糖尿病や高血圧、脂質異常症、痛風などさまざまな内科の診療を提供している豊島区のクリニックです。大学病院で糖尿病などの生活習慣病について学んだ医師による診療が行われています。

患者さんの年齢やライフスタイル、遺伝的な素因に着目し、一人ひとりに適した治療方針を考えているそうです。内科全般の診療に対応していますので、かかりつけ医として頼ることもできるでしょう。

また、糖尿病をはじめとする生活習慣病の発症や重症化を防ぐことを目的とした、メタボリックシンドロームに特化した特定健診も実施されています。自覚症状の乏しい糖尿病の予備軍の方も、速やかに治療へと導いてくれます。

せきや内科クリニックの特徴について

・継続的なコントロールで健康を維持!

現在のところ、糖尿病は完治させることが難しいといわれています。しかし、糖尿病そのものを治すことは困難でも、血糖値を正常に保つことで、合併症のリスクを低下させることは可能とのことです。

せきや内科では、血糖値を正常に保つ上で、継続的なコントロールが重視されています。医師の指導のもと、食事療法と運動療法を行い、患者さんご自身でコントロールできるように努めているそうです。

・早期治療で糖尿病の三大合併症を防ぐ!

糖尿病を放置していると、血中のブドウ糖が血管にダメージを与え、さまざまな合併症を招くといわれています。特に、糖尿病網膜症と糖尿病神経障害、糖尿病腎症は糖尿病の三大合併症とも呼ばれており、日常生活に大きな影響を及ぼします。

三大合併症を防ぐためには、早期に治療を行うことが大切だそうです。軽度の糖尿病の場合、食事療法や運動療法だけでも、血糖値が正常に戻る可能性が高いといわれています。糖尿病の合併症が不安だという方は、継続的なサポートを行なっているせきや内科クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちらせきや内科クリニックの紹介ページ

ファミリークリニックしいなまち

  • 駅徒歩1分

アクセス・住所・診療時間

西武池袋線 椎名町駅 南口 徒歩1分

東京都豊島区南長崎1丁目25-26 ファーマシティⅡ2F

診療時間
9:00~12:45
16:00~18:30

※15:00~16:00は予防接種・乳児健診・各種検査(予約制)です。

ファミリークリニックしいなまちはこんな医院です

ファミリークリニックしいなまちは、内科と小児科、糖尿病内科の診療を扱う豊島区のクリニックです。日本糖尿病学会専門医による診療・管理が行われています。

豊島区の国民健康保険加入者を対象とした特定健診も実施されており、糖尿病をはじめとする生活習慣病の検査も受けることができます。特に初期の糖尿病は自覚症状が乏しいため、対象の方は毎年の検査が勧められています。

糖尿病の治療では、食事療法と運動療法、薬物療法が基本となるそうです。可能な限り、食事の量や食べ方についてアドバイスする食事療法で対応されています。

ファミリークリニックしいなまちの特徴について

・小児糖尿病から成人の糖尿病慢性合併症まで幅広く対応!

ファミリークリニックしいなまちは、日本糖尿病学会専門医が在籍するクリニックとして、お子さまの糖尿病から大人の糖尿病の合併症まで幅広く対応しています。院長は、大学病院で糖尿病をはじめとする生活習慣病の治療や小児医療に従事していたため、0歳から100歳までさまざまなライフステージの方を診ることができるそうです。

患者さんと力を合わせて、病気の治療に取り組むことが大切にされています。分からないことがあれば、納得するまで丁寧に説明してくれますので、糖尿病の治療を考えている方は一度ファミリークリニックしいなまちに相談してみてはいかがでしょうか。

・日本小児科学会専門医と日本糖尿病学会専門医のダブルライセンス!

ファミリークリニックしいなまちの院長は、日本小児科学会専門医と日本糖尿病学会専門医のライセンスを持っています。一般的な小児診療はもちろん、お子さまの糖尿病の治療・管理も可能とのことです。

お子さまでもインスリン注射と血糖測定が続けられるよう、優しくサポートしてくれます。小児医療のプロでもありますので、保護者の方も何でも相談しやすいことでしょう。

もう少し詳しくこの糖尿病内科のことを知りたい方はこちらファミリークリニックしいなまちの紹介ページ

おすすめの糖尿病内科クリニック7医院まとめ

相談する医院の選び方や好み、先生との相性などは人それぞれだと思います。ご要望にあわせて、じっくり糖尿病内科クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?