1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 東京都
  5. 【2022年】東京都の難聴外来 おすすめしたい6医院

【2022年】東京都の難聴外来 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/08/01
東京都-難聴外来
東京都で評判の難聴外来をお探しですか?
東京都は、日曜診療や夜間診療に対応しているなど、さまざまな難聴外来の選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめできる難聴外来をご紹介いたします。
※2022年7月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

目次 -INDEX-

東京都で評判の難聴外来

医院名所在地最寄り駅診療時間休診日
AIC八重洲クリニック東京都中央区日本橋2-1-18 C-road Bldg4F日本橋(東京都)午前: 月水金土 9:00~13:00 火木 10:00~13:00 (科目毎時間・曜日あり/要電話確認) 午後: 月~土 14:00~17:00(科目毎時間・曜日あり/要電話確認) その他: 月~金 18:00~21:00(科目毎時間・曜日あり/要電話確認)日・祝
オトクリニック東京東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-8 ダヴィンチ千駄ヶ谷B1F千駄ヶ谷午前: 月~土 9:30~12:30(予約優先) 午後: 月~土 14:00~17:00(予約優先)日・祝
国際医療福祉大学三田病院東京都港区三田1-4-3赤羽橋午前: 月~土 8:30~11:30(受付時間) 午後: 月~土 12:30~16:30(受付時間)日・祝・年末年始
富士見台診療所東京都練馬区富士見台2-34-4
東京都立小児総合医療センター東京都府中市武蔵台2-8-29西国分寺午前: 月~金 9:00~17:00 土 9:00~12:30 (紹介/予約制)日・祝
神尾記念病院東京都千代田区神田淡路町2-25御茶ノ水午前: 月~土 8:00~16:00(受付時間)第2.4土・日・祝

東京都で評判の難聴外来

AIC八重洲クリニック

  • クレジットカード可
  • 夜間診療
  • 専門医在籍
  • 駅徒歩5分以内
  • AIC八重洲クリニック引用 : https://www.m-satellite.jp/

AIC八重洲クリニックの特徴

AIC八重洲クリニックでは、難聴の症状がある患者さんに対してさまざまな検査を行い、原因究明に努めているとのことです。
「聴覚検査」は防音室で小さい音をどこまで認識できるかを測定します。「ストレス度の検査」は無理し続けてしまったことで心身に大きな負担をかけていないかの問診を行います。その他にも三半規管や眼の振動に異常がないか、MRIやCT検査、レントゲン検査を行い、身体の状態を詳しく調べます。これらの検査で耳の問題はどこから起こっているのかを診断するそうです。
難聴の症状があらわれる病気としては、内耳もしくはメニエール病が挙げられるとのこと。同クリニックでは、患者さん一人ひとりに合わせて生活指導や薬物療法を行います
考えられる病名や治療法については、クリニックのホームページで詳しく解説していますので、そちらもあわせて確認するとよいでしょう。

AIC八重洲クリニックの待合室は飛沫感染を防止するためにビニールシートを設置しています。また、混雑を避けるために完全予約制としている点も安心できるポイントではないでしょうか。またスタッフ全員のマスク着用、患者さんと近くで接するスタッフに関してはフェイスガードをして対応しています。
集団感染のリスクを考え、基本的に家族の付き添いはできないため注意してください。

東京メトロ銀座線・東西線・都営地下鉄浅草線 日本橋駅 徒歩1分

東京都中央区日本橋2-1-18 C-road Bldg4F

診療時間
18:00~21:00

東京都中央区にあるAIC八重洲クリニックは、耳鳴り・難聴・めまいのための外来を設置しているクリニックです。循環器内科や乳腺外科、放射線科などもあり幅広く医療を提供しています。こちらの外来は、患者さんの状態を詳しく把握したうえで治療にあたれるよう設立されました。患者さんの状態を知るために、聴覚検査やストレスレベルの検査、三半規管や視覚が正しく機能しているかの検査などさまざまな検査を行います。
最寄り駅は日本橋駅で、駅から徒歩約1分の近さです。JR東京駅からでも徒歩4分で到着するのでアクセスのよさも魅力です。
診療時間は毎週水曜の18時~21時までです。週1回、短時間の診療ですので、スケジュールの調整は必要です。水曜日以外は休診日となるものの、診療は完全予約制で、毎月第二水曜日の15時から翌月分の予約を電話にて受け付けています。

AIC八重洲クリニック

オトクリニック東京

  • 駅徒歩5分以内
  • オトクリニック東京引用 : https://otoclinic-tokyo.com/

オトクリニック東京の特徴

オトクリニック東京では、難聴の治療を通して社会的に孤立しないようなサポートも行っています。同クリニックの難聴の治療方法は、難聴の検査後、患者さんの症状に合わせて手術・補聴器の調整・聴覚トレーニングなどを実施しています。早期発見できれば、聴覚の回復が期待できる病気もあります。老化によるものだと諦めるのではなく、一度診療を受けてみることをおすすめします。

オトクリニック東京では、補聴器の音の刺激に慣れてもらうためのトレーニングや調整に力を入れています。補聴器は聞きたい音だけではなく、さまざまな音を拾うため、不快に感じてしまうケースもあるとのこと。
補聴器の効果を確認するために補聴器適合検査を行いながら、患者さんそれぞれの聞こえかたをしっかり確認します。そのうえで聞こえに合わせて補聴器を調整していくそうです。
音の不快感を軽減するために、はじめは音量を絞って使用し、徐々に音量をあげて調整していきます。
トレーニングの期間は最低でも3カ月を推奨しているため、同クリニックでは定期的に通うことをおすすめしています。

中央本線 千駄ヶ谷駅 徒歩2分

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-8 ダヴィンチ千駄ヶ谷B1F

診療時間
9:30~12:30
14:00~17:00

東京都渋谷区にあるオトクリニック東京は、耳鼻咽喉科全般に対応しているクリニックです。難聴や耳鳴りの治療、補聴器の調整などに対応しています。受付や待合室は明るくて清潔感のある内装です。待ち時間をリラックスして過ごせるでしょう。
同クリニックは、今後さらに増加していくであろう高齢の難聴者に対応するために開設したそうです。聴覚障害と向き合っていくためにベストな解決策を患者さんとともに考えていくことをモットーとしています。
最寄り駅は千駄ヶ谷駅と都営大江戸線の国立競技場駅で、どちらも駅から徒歩約2分という近さです。詳しい道順はクリニックのホームページにて写真付きで紹介しています。車での来院の場合、専用駐車場はないため近隣の時間貸し駐車場を利用してください。診療時間は午前9時30分〜12時30分、午後は14時〜17時までです。休診は日曜・祝日となります。
こちらのクリニックではWEBもしくは電話での予約を受け付けています。予約は前日までに行って行ってください。予約なしでも診療は受けられるものの、待ち時間を短縮するためにも予約してからの来院をおすすめします。また初診時はスマホもしくはPCからホームページにアクセスし、WEB問診への入力をしたうえで来院するとよりスムーズです。

オトクリニック東京

国際医療福祉大学三田病院

  • クレジットカード可
  • 中国語対応
  • 専門医在籍
  • 英語対応
  • 韓国語対応
  • 駅徒歩5分以内
  • 駐車場あり
  • 国際医療福祉大学三田病院引用 : https://www.ihwgroup.jp/

国際医療福祉大学三田病院の特徴

国際医療福祉大学三田病院の難聴外来は毎週月・水・金の午後に診療を行っています。精密な聴力検査やCT・MRIによる画像検査から、難聴の原因を見つけ出します。また必要に応じて遺伝子解析も行っています。
原因を特定したら、病気や症状に合わせて内服薬での治療、補聴器装用の提案、手術などの治療を行います。
これまでは補聴器が合わない患者さんに対しては、手話の習得や唇の動きを読む訓練、筆談などで対応することが一般でした。しかし人工内耳を埋め込む手術を受けるという選択肢もあるとのこと。この治療法は補聴器を試したものの、音声によるコミュニケーションが難しい、または外耳道や内耳の治療を受けても難聴の問題を抱えている患者さんが対象となるそうです。さらに、保険適用となったことで、より選択しやすい環境が整ってきたといえるでしょう。人工内耳を埋め込む手術は先天性難聴の患者さんも対象となります。難聴に悩んでいる人は一度国際医療福祉大学三田病院に相談してみてはいかがでしょうか。

国際医療福祉大学三田病院は難聴だけではなく、あらゆる病気の治療を行っています。なかでもがん診療においては力を入れており、東京都認定がん診療病院の認定を受けています。その他にも小児科、眼科、形成外科、リハビリテーション科、泌尿器科、脳神経外科などを設置し、チーム医療を行っています。

都営大江戸線 赤羽橋駅 赤羽橋口出口または中之橋口出口 徒歩5分

東京都港区三田1-4-3

診療時間
12:30~16:30

東京都港区にある国際医療福祉大学三田病院は、難聴外来、音声外来、アレルギー性鼻炎外来、いびき外来などを設置している病院です。
温かみのあるサービスの提供を理念としているこちらの病院では、良質な医療の提供だけではなく、患者さんのプライバシーを尊重し、診断内容や治療方針について詳しい説明を心がけているそうです。そのうえで患者さんの意思を尊重した治療を行っているため、納得したうえで治療を受けられます。院内は待合室やエントランスロビー、院内の廊下などは気持ちが落ち着く雰囲気ですので、リラックスして過ごせるでしょう。
最寄り駅は大江戸線の赤羽橋駅で、駅から徒歩約5分の近さです。車で来院する場合は地下駐車場を利用してください。
診療時間は毎週月曜・水曜・金曜日の午後12時30分~16時30分までです。完全予約制となっています。診療日が少なく、診療自体も短時間なため、早めに予約を取ることをおすすめします。予約は電話にて受け付けています(14時~17時30分まで)。

国際医療福祉大学三田病院

富士見台診療所

  • 専門医在籍
  • 英語対応
  • 富士見台診療所引用 : https://www.ans.co.jp/

富士見台診療所の特徴

富士見台診療所では耳鼻咽喉科全般の診療を行っています。難聴に関する検査については小児から大人まで対応しており、水曜日の午後は人工内耳手術に関する相談も受け付けています。また一般外来で補聴器の必要があると判断された場合は、補聴器外来で補聴器のレンタル、購入の相談が可能です。痛みや耳だれ、聞こえにくい、めまい、耳鳴りなどその他の耳に関する症状に対しては、手術でも使用する顕微鏡で詳しく原因を調べます。

富士見台診療所は「富士見台聴こえとことばの教室」と併設しています。こちらの教室では赤ちゃんから一人ひとりに合った療育を目指しており、あらゆる方法で聴覚を刺激していきます。難聴で他者とのコミュニケーションや言葉の発達が遅れることがないよう、歌や制作活動、運動、ゲームなどを通して子どもに音の存在や意味に気付いてもらうことを大切にしています。人工内耳へスムーズに移行できるよう療育プログラムを用意しています。
子どもが心豊かに育っていけるよう、家族の皆さんが前向きに難聴と向き合っていけるよう、「あせらず くらべず あきらめず」を理念とした教室です。
社会福祉法人富士見会では、診療所とことばの教室の他にも「青い鳥保育園」も運営しており、0歳児から受け入れています。
子どもの難聴や子育てで悩んでいる場合は、富士見台診療所とあわせて聴こえとことばの教室や保育園に通うことも検討してみるとよいでしょう。

西武池袋線 練馬高野台駅 徒歩8分

東京都練馬区富士見台2-34-4

診療時間
9:30~12:30
14:00~17:00

東京都練馬区にある社会福祉法人富士見会富士見台診療所は、耳鼻咽喉科全般の診療を行っている診療所です。聴力の検査が難しい小児にも対応しており、ことばの教室や保育園と併設している点が最も大きな特徴です。水曜日の午後は東京医療センターで手術を行っている医師が診療を行っているため、手術で回復が可能かどうかの相談もできます。
患者さんに安心して受診してもらえるよう、居心地のいい院内、相談しやすい雰囲気を心がけているそうです。
最寄り駅は西武池袋線の練馬高野台駅で、駅から徒歩約8分のところにあります。富士見台駅からは徒歩約10分です。駐車場はないため、公共の交通機関を利用するとよいでしょう。
診療時間は、午前は9時30分〜12時30分、午後は14時〜17時までです。受付は診療終了の30分前までとなっています。予約制ではないため、時間に余裕をもっての来院をおすすめします。休診日は水曜午前、土曜、日曜、祝日です。

富士見台診療所

東京都立小児総合医療センター

  • クレジットカード可
  • 中国語対応
  • 予約制
  • 専門医在籍
  • 英語対応
  • 韓国語対応
  • 駐車場あり
  • 東京都立小児総合医療センター引用 : https://www.tmhp.jp/

東京都立小児総合医療センターの特徴

東京都立小児総合医療センターの耳鼻いんこう科では、耳・喉・鼻・首の幅広い症状に対応しています。耳の症状だと「聞こえにくい」「耳に水がたまっている」「耳だれが出てくる」「鼓膜に穴があいている」子どもを対象としています。
難聴と診断された場合は、症状に合わせて手術治療、補聴器の調整、療育施設の紹介を行っています。また、遺伝子研究科とともに、より詳しい難聴の原因についても調べていきます。

東京都立小児総合医療センターでは東京都で小児医療の拠点として、子ども中心の医療を提供しています。設備の充実はもちろんのこと、身体の治療だけではなく精神面のサポートにも力を入れています。子どもの医療については学校や福祉施設、行政機関と協力して行うべきであるという考えのもと、医師、看護師、心理士、ソーシャルワーカーなどがチームとなって治療にあたっています。
また子どもの家族に対してのサポートにも取り組んでいます。子どもが入院した場合、付き添いをする家族が快適に過ごせるようにリフレッシュルームを用意しています。リクライニングチェアとシャワー室があります。もしくは医療センターから3分のところにある宿泊施設(ドナルド・マクドナルドハウス)を一泊1,000円で利用できます。医学書や病気に関する書籍がある図書館はどなたでも利用可能です。

JR中央線 武蔵野線 西国分寺駅 徒歩15分

東京都府中市武蔵台2-8-29

診療時間
9:00~12:00
13:00~16:00
●:第一・第三水曜日

東京都立小児総合医療センターは東京都府中市で耳鼻いんこう科を設置している病院です。耳鼻いんこう科では、難聴の他にもいびき、睡眠時無呼吸症、中耳疾患、めまいなどの症状に対して診療を行っています。子どもの状態に合わせて外科・形成外科・リハビリテーション科などと協力して治療を進めていきます。東京都で小児医療の中心となっている病院だけあって、循環器科・血液・腫瘍科、外科、心療内科など幅広い医療を提供しています。また患者さんである子どもとその家族の精神的なケアにも積極的に取り組んでいます。
最寄り駅は西国分寺駅で、徒歩15分ほどの場所にあります。バスを利用する場合は統合医療センター行きのバスに乗ると5分ほどで到着します。車で来院する場合は、最大564台分の駐車場(有料)を利用できます。
難聴外来の診療は第一・第三水曜日の午後13時~16時までとなっています。救急以外の診療は原則として紹介・予約制です。こちらの病院での診療を希望する場合は、かかりつけクリニックの紹介状が必要となります。そのうえで、予約センターに連絡してください(平日9時~17時、土曜日9時~12時30分まで)。

東京都立小児総合医療センター